旧・東海道筋に残る「竹内家」の建物です.付近の家には,連子格子が復元され,この竹内家には,「馬つなぎ輪」が残っています.格子戸の下に見える黒い金具と輪が,その「馬つなぎ輪」です.連子格子(れんじこうし)とは,細い角材を竪に並べ,その竪子間の空きを竪子の見付き寸法の1~3倍ほどとった格子をいうようです.明治以降に現れたと説明している資料があります.また,京都では,仕舞多屋(しもたや)で多く使われたので,「仕舞多屋格子」とも呼ばれたそうです.