桑名市のマンホールには,地元の名産や名所を図案化したものが使われています.これは,その1つである「蛤」バージョンです.中には,カラー版もあります.現在,地元で取れる蛤の量は激減していて,養殖も試みられています.地元産の蛤は,桑名でも高級料亭に行かないと食べられません.われわれにとっては,「その手は桑名の焼き蛤」ではなく,「その手は朝鮮産の焼き蛤」となってしまっており,洒落にもなりません.