旧・東海道の「七里の渡し」跡です.写真の右手が揖斐川になります.旧・東海道は,徳川家康の軍事戦略上,宮(名古屋市熱田区)から桑名までは,海上七里のルートにされました.文字通り,七里(27.5㎞)を船で渡ったようです.写真に写っている鳥居は,「伊勢一の鳥居」といわれ,伊勢神宮の遷宮の際に,内宮の鳥居がリサイクルされ,新しくなります.桑名に転居してきてまもなく,この鳥居の「お木曳き」に参加した記憶があります.現在は,修景工事の最中で,残念ながら,眺めはよくありません.