旧・桑名城跡にある鎮国守国神社です.松平定綱公を祭っています.定綱公は,慶安4年(1651年)になくなった後,鎮国公と呼ばれたそうです.松平定信公が,守国公と呼ばれています.定信は,文政12年(1829年)になくなっています.守国公は,絵画をよくしたようで,天明7年(1787年)の自画像「松平定信像」も残されています.神社は工事中でしたので,ブルー・シートがかけられていました.