日本一やかましいといわれる,石取祭が行われるのが,この春日神社です.祭は,毎年,8月の第1土曜・日曜に行われます.町屋川で取った白石を春日神社に奉納するための祭で,賑やかしのため,鉦・太鼓をたたいて練り歩いたことに始まるそうです.この青銅の鳥居は,「勢州桑名に過ぎたるものあり.銅(かね)の鳥居に二朱女郎」と唄われています.鳥居の向かって左には,道しるべとした「志るべ石」も残っています.鳥居の奥が山門,山門の奥に参道があり,その正面には桑名神社と,中臣神社とがあります.