大学

2021年10月20日 (水)

志登茂川にヒドリガモ、カルガモ、ダイサギなど……今日も強風の中、寄り道

Dsc_6254c  気温は、19.6℃と上がったものの、北西の風が強く、最大で8m/sを越えました。寒い日が続きます。今日は、江戸橋での仕事、後期3回目でした。なぜか出席者が41名と少なくなっていました。これまでの3回でもっとも多かったのは、47名。まさか、強風や寒さに負けたとか? 昨日が履修申告の確認期間の最終日でしたから、来週には確定した履修者名簿が届くはず。

Dscn4615c  授業が終わったところで、助手の先生から、「今日も、立ち寄って行かれますか?」と聞かれました(微笑)。行動パターンを熟知していらっしゃいます。強風でしたので、ちょっと迷ったものの、覗いてきました。志登茂川です。江戸橋駅まで戻る途中、おぼろタオルの向上の脇をちょっと入ると、志登茂川が見えます。ちょうど干潮が過ぎたくらいの頃合いでした。

Dscn4617c Dscn4619c  上流側でまず目に入ったのは、ダイサギ1羽。コンデジ(Nikon coolpix s7000)と単眼鏡を持っていたのですが、遠くにカモがいたものの、カルガモしか判別できず。パソコンで見たら、カルガモの中にヒドリガモらしきカモが数羽混じっていました(右の写真)。

Dscn4623c  さらに上流側の遠くにもカルガモなどがいるようでしたが、詳しくは分からず。超望遠コンデジや双眼鏡を持って行ければよいのですが、そうすると、いったい何をしにいっているのか分からなくなりますし、荷物が多すぎます(苦笑)。あくまでも仕事帰りの道草としての楽しみですから、ホドホドにしておきましょう。下流側には、アオサギが1羽飛来したものの、遠くて、コンデジではうまく撮れませんでした。

Dsc_6257c  帰宅後は、まず昼食。その後、一息入れて出欠確認。さらに、明日は終日、市役所の仕事ですから、本来ならば、補足説明に手を付けなくてはいけないのですが、何となく疲れてしまい、ついついダラダラと過ごしています(苦笑)。寄る年波のせいか、1コマの授業でも以前より疲れるようになった気がします。

| | | コメント (0)

2021年10月14日 (木)

大車輪でやってはいるものの、効率は低下(苦笑)

Img_9931c_20211014192901  日曜日からは最高気温が20℃くらいになるそうですが、今日はまだ26.7℃。日向を歩いていると暑く感じます。昨日はスッキリしませんでしたが、今日は上天気。仕事に行くとき上天気の方がよいような、仕事の時は、天気は少々悪くてもよいような、微妙。7時半から散歩開始。すべていつも通り(苦笑)。規則正しい? 住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀南公園、外堀、入江葭町、吉津屋町から新築公園、常磐町、老松公園、寺町商店街と5.9㎞。汗ばむくらい。

Img_9942c_20211014192901 Img_0001c_20211014192901  諸戸氏庭園のところでメジロが数羽。ちょっと遠かったのですが。他には、あのヒヨドリ。最近、賑やかです。揖斐長良川の中洲には、ダイサギが1羽。まぁまぁ(微笑)。

Img_0027c_20211014192901 Img_0035c_20211014192901 今日は、住吉水門が賑やかでした。まずは、ハクセキレイが3羽。戯れるようにして飛び回っていました。

Img_0046c  ハクセキレイに気をとられていたのですが、ふと見たらイソヒヨドリのメス。メスはちょっとくすんだような色ですが、今日は陽がよく当たって、それなりにきれいに見えました。

Img_0090c_20211014192901  九華公園では、今日は、アオサギは不在。コサギが1羽飛んで行くのが見えたのですが、降りては来ず。奥平屋敷跡では、なかなか鳥は来なかったのですが、シジュウカラ。しかし、証拠写真で、これだけ。カワラヒワは来たものの、ここでは撮れず。今日は、ドバトもムクドリもいません。ヒヨドリの天下。

Img_0148c_20211014193901 Img_0169c  カワラヒワの写真は、二の丸跡にて。その後、カワラヒワは朝日丸跡や本丸跡で見たくらい。キジバトも同様。例によって、天気はよいのに、鳥がいないパターン。アーちゃんは、野球場の南の堀にて。何ごともなかなか思うようにというか、期待通りには行かないもの(苦笑)。

Img_0199c_20211014192901  貝塚公園では、モズのオス。頭上で鳴いていたものの、なかなかよいアングルで撮れるところがなく、ウロウロ。ここでもヒヨドリは賑やか。他には、カワラヒワとキジバト。キジバトもあらゆるところにいます。老松公園では、ヒヨドリ。

Img_0153c_20211014192901  さて、昨日の授業の後処理。昨日は出欠確認だけで、やる気切れ(苦笑)。前期の頃も何度も書きましたが、マスクをして、1時間半授業をするのは、やはり疲れます。「寄る年波」もそこに加わっていますし。今日、散歩から帰ってきて、大車輪でQ&Aに着手。17時前に一通り終了。この作業、調べたり、考えたりしなくてはならず、けっこう大変なのです。後で見直すつもり。他に非常勤関係では、後期の担当科目の推薦図書を連絡する必要がありました。予算¥10,000以内で、その科目に関連する参考図書を図書館に推薦するのです。Q&Aを終えてから調べ、仕上げてこれはメールで連絡終了。しかしながら、目もショボショボ(苦笑)。

Img_0072c_20211014192901  明日も好天のようですから、散歩生活。「何はなくとも散歩」です。鳥がたくさん見られると良いのですが……。そろそろカモが来るかとか、今年はまだヤマガラが来ないなとか、いろいろと思うところがあります。土曜日は、「歩いて伊勢参りツアー」第12回の予定。今のところ曇りの予報。JR紀勢線・六軒駅から松阪駅まで。そういえば、前回のツアーの記事の本編がまだ書けていません(苦笑)。忙しいとはいえない日々ですが、効率が低下しているのです。

| | | コメント (0)

2021年10月13日 (水)

行きはよいよい 帰りは怖い(苦笑)

Dscn4597c  水曜日、後期の非常勤の授業の2回目でした。朝6時台から7時台にかけてそれなりに降っていたのですが、出勤する頃には青空が見えてきました。天気予報は、芳しくなかったものの、これなら大丈夫かと思ったら、江戸橋に近づくにつれ、雲が増えてくる始末。それでも、非常勤先に着くまではセーフ。同じ時間に非常勤で授業をしていらっしゃる女性の先生が、「昼過ぎまで、天気が持ちますかね?」とおっしゃっていたのですが、講義をしている最中から空模様が怪しくなってきました(苦笑)。

Dscn4605c  講義を終えて、外に出ると小雨。これでは、志登茂川への寄り道もできません。江戸橋駅に着いて、電車を待っていたら、また空が明るくなってきたという、ちょっと忙しい天気で、タイトルのように「行きはよいよい 帰りは怖い」です(苦笑)。桑名へ帰ってきたら、薄曇り。朝降って以来、降っていないようでした。

Dscn4604c  今日の授業の出席者は47名と、前回から4名増加。前回来て、今日来ていない学生や、その逆もあります。明日から「履修登録確認期間」で、まだ受講者名簿は確定しません。担当の先生から、来年度も、同じ科目について非常勤講師の依頼がありました。非常勤講師の定年は確か70歳ですので、丈夫で、不始末をしでかさなければ、今しばらく講義をさせてもらえそうです。

Img_9883c 帰宅後は昼食を済ませ、取り敢えず出欠確認だけを終了。一息ついていたら、動きたくなくなっています(爆)。明日中にQ&Aが書き上げられればよいかなどと思っています。写真は、昨日の散歩の時、総合福祉センターのところで撮ったコスモス。

1634031784484-1c 1634031830844c  余談。「おつまみ枝豆栽培キット」のその後。枝豆は、現在のところ、4つ登場しています。とはいえ、そのうち1つは、豆粒くらい(豆に向かって「豆粒」とはこれいかに?)。御用とお急ぎでない方は、右の写真を篤とご覧ください。葉っぱの裏側、手前に小さくあるのが、お分かりいただけると思います。食べるには、まだもうちょっとというところ。

| | | コメント (0)

2021年10月 6日 (水)

後期、江戸橋での仕事が始まりました

Dscn4530c  10月6日、水曜日。後期の江戸橋での非常勤の授業開始日でした。昨日も書きましたが、当初の予定では、先週から開始でしたが、コロナ・ワクチンの職域接種が遅れ、10月1日が後期開始。私の授業は、今日から。前期は、8月4日が定期試験でしたので、ほぼ2ヶ月ぶりに出かけて来ました。こちらは、裏門。いつも裏門から入ってきます。グラウンドを横切って、正面に見える管理棟に向かうのですが、工事中。フェンスをつくると書いてありました。

Dsc_6240c  授業は、10時半から12時。今日は、オリエンテーション。前期と同じく、透明アクリル板に囲まれています(微苦笑)。このアクリル板には、慣れたような、慣れないような微妙な感じ。学生との間には、数メートル以上の距離があります(今も昔も、学生たちは、前の方を空けて、後ろの方に着席することが多いのです)から、アクリル板がなくてもソーシャルディスタンスは保てますが……。受講者は40名あまり。過去の受講者数から推測したよりも10名以上少ない。「人気が落ちたか?」とも思ったりしましたが、まぁ気にしない。終了後、4年制大学に編入して心理学を勉強したいという学生が二人、話をしに来てくれました。

Dscn4542c Dscn4544c  帰り道、12時20分の電車には間に合いそうもありませんでしたので(というか、最初から確信犯なのですが)、志登茂川に寄り道。授業が終わって、潮汐表をスマホでチェックしたのです。ご覧のように、ちょうど干潮時刻。サギやカモの姿がありました。

Dscn4548c Dscn4560c  まず、上流側(上右の写真)には、ダイサギが2羽。下流側(上左の写真)には、ちょっと遠いところにアオサギさんが1羽。

Dscn4551c  下流側にはカモが3羽。一瞬、もう渡ってきたかと思ったのですが、ぬか喜び。よくよく見たら、カルガモのようでした。まぁ、まだ10月の初めで、今日など桑名では31.2℃もありましたから。またこれからも、返りに寄り道というか、道草をするつもり。それにしても、仕事のついでにバードウォッチングができるとは、何と恵まれた職場でしょう。ちなみに、今日は非常勤講師室の窓の外でモズやハクセキレイの鳴き声が聞こえていました(微笑)。

Dscn4565c  志登茂川経由で江戸橋駅まで行くと、これを観てこなくてはなりません(微笑)。伊勢街道と伊勢別街道の追分にある常夜燈と道標。何度みたか分からないくらいくりかえし見ています。津市内最古の常夜燈と、高田本山への道標。

Dscn4567c  12時40分の電車で帰宅。桑名までの乗車時間は、約40分ですので、片道の通勤時間は徒歩を含め1時間弱。まぁ、ちょうどよいくらい。出席チェックは終了。今日、自己理解の演習として実施した「シャイネス尺度」の集計も終えました。これから、あのQ&A作業。今回は、オリエンテーションですので、比較的短時間で済む見込み。

| | | コメント (0)

2021年9月14日 (火)

弱い雨の中、散歩に行くもアオサギとカルガモのみ(苦笑)

Img_7808c_20210914144401  8時半前くらいから、アメダスには記録されないくらいの弱い雨が続いています。7時過ぎにはまだ降っていませんでしたので、7時20分頃から散歩に出て来ました。今日は、降られることを覚悟の上で(苦笑)。住吉神社、九華公園あたりでは、ときどき細かい雨粒が落ちていました。貝塚公園の四阿で鳥を待っていた頃から、それなりに降ってきましたので、内堀公園、京町、寺町商店街を通って帰宅。1時間半、5.1㎞の散歩でした。

Img_7838c_20210914144301 Img_7956c_20210914144301  こんな日ですから、野鳥はほとんどいません。九華公園で、アオサギとカルガモ。これくらい。もちろん、ムクドリやハシボソガラスなどには出会いましたが、めぼしい鳥はいません。カルガモは、再び九華公園に居着いたようです。

Img_7859c_20210914144801 Img_7866c_20210914144801  九華すずめ食堂支店(左の写真)は、今日も、ハト食堂でした。本店の方は(右の写真)、昨日、ハトが餌を食べ尽くしたようです。

Img_7852c_20210914145001 Img_7878c_20210914144301 九華公園の管理事務所の南(左の写真)や、鎮国守国神社の境内(右の写真)、ではヒガンバナがグングンと伸びてきています。週末には満開になりそうな勢い。

Img_7926c_20210914144401 Img_7893c_20210914145701  左の写真は、咲き始めたヒガンバナの花。散形花序(さんけいかじょ)(花序は、複数の花が集団をなしているもの。散形花序は、花序軸の頂端に、ほぼ同じ長さの花柄をもつ多数の花が放射状についている花序)で真っ赤な6弁の花を放射状(輪状)に数個つけて咲きます。この数個の花は、一度には咲かないようで、順番に咲いていきます。おしべ、めしべはともに長く伸びています。毎日よく見ていると、いろいろなことに気づきます(微笑)。ちなみに、花茎を伸ばし、地上から顔を出してから1週間ほどで花を咲かすということです。

Img_7977c_20210914145801  九華公園の外周遊歩道の南あたりは、やはり今年はポツポツとしか出て来ていません。何らかの理由で球根(鱗茎)が失われたのでしょうか? 草刈り作業で球根まで除去することは考えられませんし。余談ですが、別名「曼珠沙華(まんじゅしゃげ)」といわれるのは知られています。これは、サンスクリット語で「天界に咲く花」という意味だそうです。おめでたい事が起こる兆しに赤い花が天から降ってくる、という仏教の経典からついた名前(こちら)。また、「葉見ず花見ず(はみずはなみず)」とも呼ばれることは、相当以前に書いた記憶があります。秋の彼岸の頃、いきなり茎が伸びて花を咲かせ、そして一週間ほどして花が終り茎も枯れてしまうと、今度は葉が伸びてきて緑のまま冬越しをします。春に球根に栄養をため、夏が近づくと葉は枯れて休眠期に入り、やがて彼岸の頃にまた一気に花を咲かせますが、花のあるときに葉はなく、葉のあるときに花はないという不思議な特徴から、このように呼ばれるのです。

Img_8003c_20210914144301 Img_8007c_20210914144301  寺町商店街。本来定休日である昨日・月曜日、三八市でしたので、今日はお休み。この間まで、旗が夏バージョンだったのですが、秋バージョンのモミジのデザインに変わっていました。

Img_7985c_20210914150601  帰宅後は、雨読の日。後期の非常勤の授業についてときどき書いていますが、昨日、助手の先生から「後期の日程が変更になっている」という情報が寄せられました。これを書いている時点では、正式な連絡がまだないのですが(ひょっとしたら、忘れられているか、連絡漏れかも知れません)、授業開始が1週間遅れ、筆記試験を実施するなら全15回の授業の中で実施することになるようです。非常勤先では、先週土日に、新型コロナのワクチンの「職域接種」第1回が行われています。モデルナ製ワクチンですので、第2回は、4週間後の10月9、10日に予定されています。この関係で、日程が遅れるようです。私は筆記試験をする予定ですので、授業回数は、1回減となります。正式連絡はないものの、これに対応すべく、授業資料の修正を始めたという次第。ついでに、見直し2回目(微笑)。明日は、晴れの予報ですから、フルスペックの散歩に出たいと思います。

| | | コメント (0)

2021年8月30日 (月)

暑くて歩いている人はいません……アサガオは8輪開花、カワセミは撮り逃がす

Img_3668c_20210830164401  連日の猛暑でいささかウンザリします。今日は、最高気温35.4℃。風は午前中は北寄りでしたが、昼前からは南風。午後からは、エアコンの効いた室内にいても、やる気が出ません(苦笑)。夕方になって、日が傾いてくると、少しモチベーションが湧いてくるのですが……。コロナが増えたためか、猛暑のためか、歩いている人はごくわずか。冒頭の写真は、住吉神社の前で撮りましたが、今日はここから柿安コミュニティパークまで、人にはすれ違わず。こんなことは珍しいのです。

Img_3665c_20210830164401  さて、散歩はいつも通り、7時半スタートで、住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀南公園、外堀、入江葭町、吉津屋町、新築公園、常磐町、寺町商店街と5.9㎞。10時半近くに帰宅。汗だくとまでは行きませんでしたが、かなり汗ビッショリ。九華公園では、いきなりカワセミが飛ぶのを目撃。相撲場近く、鎮国守国神社の社務所裏です。2回。しかし、写真は撮れず。カワセミはこのあと、貝塚公園に行くのに九華公園の外周遊歩道を歩いていたら、南側にも登場。そっと近寄って、シャッターを押した、まさにその瞬間、飛び立たれました。急いで確認したものの、カワセミの姿は写っておらず。残念。

Img_3744c_20210830164401  その九華公園、アオサギは今日も来ていました。ヘン顔(微笑)。アオサギの目は、下の方を見やすい位置についていますので、ヘン顔になります。アオサギはいつも楽しませてくれます。

Img_3758c Img_3791c_20210830164401  奥平屋敷跡では、今日も、カワラヒワが数羽。いずれも若い個体のようで、3~5羽くらい。写真のように、松の木のてっぺんあたりによくいますので、真上を見上げたりして、見るのも、写真を撮るのも大変。首が痛くなりますし、ひょっとしたら、ひっくり返るかと思ったりします(微苦笑)。

Img_3815c_20210830164401 Img_3804c  また、今日の奥平屋敷跡には、ヒヨドリの若い個体も来ていました。親鳥と思われる成鳥と一緒。自分でも、木の実を啄んでいましたが、親鳥が捕まえたアブラゼミをもらったりもしています。右の写真は、木の実を啄んでいたのですが、その後、まるで親鳥を呼ぶかのように大きな声で鳴いていたとき。逆に親鳥が「こっちへ来い」という感じで鳴いているのに、微動だにしないシーンもあって、なかなか見物でした。

Img_3751c_20210830164401  九華すずめ食堂は、昨日、Oさんが与えた餌は、きれいサッパリなくなっていました。しかし、餌を与えてしばらく(30~40分くらい)見ていても、その間にはスズメはやって来ません。管理人さんに伺うと、昼にはなくなっているということです。我々が去った後、スズメが来るのかと思っています。

Img_3875c_20210830164301  セミは、クマゼミはほとんどいなくなりました。今の主役は、ツクツクボウシですが、割と高いところにいて、姿は見えず。アブラゼミはまだそれなりにいます。

Img_3895c_20210830164301  九華公園も散歩する人は、いつものメンバーのみで、静か。子どもたちの姿はありません。今日出会った散歩友達もWさん、Yさん、前管理人のOさんと、ほとんど毎日顔を合わせる方たち。ベンチに座って一休みしながら、空を見上げると、いかにも夏休みの空という感じなのですがねぇ。

Img_3913c_20210830170801 Img_3916c_20210830164301  貝塚公園では、散歩友達のSさん。「暑いなぁ」と(苦笑)。いつも歩数比べをするのですが、今日は私が、この時点で約7,000歩と圧勝(微笑)。寺町商店街は、月曜定休。暑いときは、このアーケードが助かります。

Img_3934c_20210830164301 Img_3931c_20210830171901  散歩終わりは、拙宅前の住吉入江で一休み。ここにあるベンチが、いつも「休んでいけ、休んでいけ」というのです(^_^)  これは、以前にも何度か書いたことがあると思いますが(たとえば、2020年8月12日:九華公園で、アオサギ再び)、心理学用語で「アフォーダンス」といいます。

Img_3945c_20210830164301 Img_3948c_20210830164301  アサガオは、今日は、今シーズン最多記録。といっても、8輪。2鉢あり、あちこちに咲いていますので、全体像は1枚には収まりません。

Img_3954c_20210830164301  「おつまみ枝豆栽培キット」は、支柱というと大げさですが、立てました。ヒョロヒョロと伸びてきましたので、倒れそうだったのです。これからは日が多少とも当たるようにしないといけません。カーテン越しでも構わないそうです。しかし、これ1本だけでは、ビールのつまみにはほど遠いでしょうねぇ。

Img_3902c_20210830164301  余談。非常勤先から、前期の授業について、学生諸君からの授業評価の結果が届き、コメントを書いて送るようにという連絡がありました。ただ、登録学生42名中、回答者は8名(回答比率19%)。いかにも少ない。いつもは、授業でアンケート用紙を配って行うのですが、今回は、オンラインで実施。そのため、回答者が少なかったのでしょうが、19%ではねぇというのが、正直なところ。それに、自分の授業の評価結果しか知らされませんので、正直なところをいえば、「あぁ、そうですか」で終わってしまいます。つまり、比較の対象が何もないので、何ともコメントに困るのです。

 

| | | コメント (0)

2021年8月 6日 (金)

これで「夏休み気分」(微笑)

Img_7975c  8月6日、広島の原爆記念日ですが、マスコミはオリンピック一色で、例年に比べ取り扱いは小さくなっています。管総理は、式典で読み間違えたり、読み飛ばしたりだそうで、気持ちが入っていないのでしょう(すなわち、被爆にほとんど関心がないのが露呈しただけ。ここにも「今だけ、自分だけ、お金だけ」が反映されていると私はみます)。今日も暑くなっていますが、いつも通りの散歩生活。7時半スタートで、住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀公園、新築公園、常磐町、老松公園、寺町と6.2㎞。後述のように、散歩友達も少なく、2時間あまりで帰宅という「高速」散歩。冒頭の写真は、住吉神社の前から見た揖斐川の上流方向。誰も歩いていません(苦笑)。いよいよ、散歩する人は少なくなりました。今日は、三の丸水門近くに行くまで、誰ともすれ違わず。

Img_8130c_20210806124601 Img_8125c_20210806124601  人はいませんでしたが、鳥は少しだけ。船津屋さんの裏手の高水敷でホオジロのオス。右の写真のように、高水敷に1本だけ生えている木にいました。この頃、この辺から三の丸水門あたりで見るホオジロでしょう。真夏の時期にいてくれるのは、ありがたい。

Img_8210c_20210806124601  九華公園。散歩友達、今日はゼロ。公園で出会ったのは、管理人Fさんと、シルバー人材センターから草刈りなどに来ておられるMoさん、Muさんの3人のみ。前管理人のOさんも、私がいる間には来られず、九華すずめ食堂は準備中のまま。

Img_8232c_20210806124601 Img_8296c_20210806124601  本丸跡では、カワラヒワのヒナたち。ヒナというか、今年巣立った若鳥たち。若鳥たちだけで5~6羽の群れをなしていました。

Img_8279c_20210806124601  アオサギさんは、今日もいました。最近のお気に入りの場所。相撲場の近くからですと遠いのですが、九華橋西側のたもと近くの堀端に行くと、割と近くから見えます。ただし、足場が悪いので、ジジイには注意が必要。堀に転落する危険性なきにしもあらず(笑)。

Img_8262c_20210806124601 Img_8333c_20210806124601  他はスズメ。今年巣立ったヒナも、ずいぶん成長した感じになってきました。あちこちで見られます。その後、貝塚公園では散歩友達のSさん。「出て来たばかりなのに、もうベンチで休憩してるんや」と苦笑。内堀公園、新築公園、老松公園、どこもクマゼミ、アブラゼミばかり。

Img_8162c_20210806124601  猛暑の日の午後は、エアコンの効いた室内にいても、イマイチモチベーションが湧きません。寝っ転がって、読書が一番かという気がしています。

Img_7968c_20210806124701  ところで、一昨日の試験については、今朝早くに成績評価を再度確認し、メールで非常勤先に提出しました。先方からも受け取った旨、返事をいただけましたので、これで前期の仕事はコンプリート。しばし、夏休み気分が味わえます。週1コマの非常勤の授業とはいえ、それなりに責任があります。それをどうやら果たせたと思うと、ちょっとばかり開放された気になるのです(苦笑)。後期のスタートは、9月27日(月)の週から。後期の準備は少しずつ始めてはいますが、本格的には旧のお盆明けからやるつもり。写真は、桑名七里の渡し公園の百日紅、1つ前は、九華公園・奥平屋敷跡の萩。

【つぶやきを追記(8/6)】 冒頭に広島での平和記念式典で管総理が、読み間違えたり、読み飛ばしたりしたことについて少しだけ触れました。そこに「関心がないのが露呈しただけ」と書きましたが、たぶん、新型コロナで国民がどうなっているかにも関心がないのでしょう。それは、人の痛みに思いを致すということがないのか、そもそも他者の存在に関心がないからなのかも知れません。自分と、自分の身内のことにしか視野に入っていないのだろうなという気がします。

| | | コメント (0)

2021年8月 5日 (木)

ダイサギ2羽、アオサギさん、カワラヒワなどそれなりに……採点、成績評価は一応終了

Img_7663c_20210805143801  全国的に危険な暑さだそうで、13時までに38℃を越えたところもあるそうです。桑名では、14時現在、34.3℃。それにしても、暑い日が続きます。一昨日は雨、昨日は仕事であまり歩いていませんので、今日はいつも通りに散歩。7時半スタートで、住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀南公園、外堀、吉津屋町、京町、寺町と5.6㎞。さすがに汗だく。

Img_7690c_20210805143801 Img_7703c_20210805143801  揖斐長良川の中洲に、ダイサギが2羽。久しぶりにここでダイサギを見ました。以前は、ダイサギの他、アオサギもたくさん来たのですが、最近はサッパリ。ちなみに、一頃はあんなによく鳴いていたオオヨシキリの鳴き声は、この頃はまったく聞こえません。

Img_7713c_20210805143801  三の丸水門の近くで、ハクセキレイ。ただし、遠くへ逃げられましたので、あくまでもいたというだけの証拠写真(ダイサギの写真も同様ですが……)。

Img_7722c_20210805143801  柿安コミュニティパークでは、夏休みに入ってから、子どもたちがサッカーの練習をしているのを見ます。暑いのに、元気です。「子どもは風の子」といいますが、「太陽の子」でもあります。ここまで、散歩する方はきわめて少数(苦笑)。さすがにこの暑さでは、「止めておこう」となるのでしょう。

Img_7734c_20210805143801  九華公園には、7時50分に到着。最近の「例の場所」に、アオサギさん。鎮国守国神社の社務所の真裏から、「お気に入りの場所」を変えたようです。もう少し南にある、櫓の跡と思われるところに近い樹上。ここが新しいお気に入りの場所のようで、最近はここによくいます。堀の対岸からは、ちょっと遠いのが難点。

Img_7792c_20210805143801  奥平屋敷跡では、散歩友達のW、Y両氏と、前管理人Oさん。ここでは、スズメなど鳥が出てくるのと、Oさんがやってこられるのを待っています。Oさんが来られると、九華すずめ食堂が開店するのです(微笑)。スズメたちは今日もたくさん集まってきます。

Img_7758c_20210805143801  奥平屋敷跡では、珍しくというか、久しぶりにというか、カワラヒワが登場。若いカワラヒワのように見えます。この1羽のみ。他にいたのは、ムクドリ、ハシボソガラス、ドバト、キジバト。ツバメも、ときどき上空を飛んでいきます。鳥小屋のセキセイインコのヒナは、すべて巣立ったそうです。

Img_7896c_20210805143801  九華公園で見た鳥は、以上の通り。スズメ、カワラヒワ、ツバメ、ハシボソガラス、ドバト、キジバトのみ。左の写真は、朝日丸跡の九華すずめ食堂支店。こちらも、そこそこ賑わっています。

Img_7821c_20210805143801 Img_7857c_20210805143801  奥平屋敷跡では、珍しい光景を見ました。Oさんが持っているエサ箱からこぼれた餌を狙ってドバトが集まって来たのですが、ドバト同士でトラブル発生。5羽ほど集まっていたのですが、そのうち1羽が、近くに寄ってくるドバトに次々に突っかかっていったのです。

Img_7865c_20210805143801 Img_7893c_20210805143801  ドバト同士がときどき揉めているのは何度も見たことがありますが、これほどのトラブルは初めて。最初に翼をいきなり広げ、たぶんまずは音で威嚇。自分の姿を大きく見せようといういともあるかも知れません。それから、突き当たってつついたり、相手の上にのしかかったりしていました。このトラブルの様子もおもしろかったのですが、もっとおもしろかったのは、そばにいる他のドバト。「関係ないも~ん」という感じで、餌をつついているのです。

Img_7908c_20210805143801  こちらは、鎮国守国神社の鳥居の近くで見かけたスズメの若鳥。暑いので、口を開けています。カラスなども同じ行動をします。私の散歩も、今の時期は、耐暑訓練というか、修行というか、そのようなものですが、鳥たちにも暑さは応えるのでしょう。このあと、貝塚公園では散歩友達Sさんと出会い、先日に続き、スマホ教室。今日は、スマホとパソコンの接続について。10時20分頃帰宅。

Img_7679c_20210805143801  ところで、昨日の試験の採点その他。朝早く目が覚めましたので、採点の確認は、朝食までに済ませました。帰宅後、点数をExcelに入力。すでに江戸橋に非常勤に行き始めた頃から、レポートと試験の点数を入力すると、それらの合計点を求め、その合計点から成績評価を自動的に生成するよう、ワークシートに関数が入力してあります。平均点、標準偏差、最高点、最低点を求める他、秀・優・良・可・不可の人数もカウントするようにしてあります(などと書くと、さもよく使えるような印象かも知れませんが、これくらいは、まったくの初歩レベルで威張れたものではありません)。このあと、入力した点数にミスがないかを確認し、成績評価を一通り個別にチェック。今日はここまで。明日、もう一度、最終的に確認して、成績を提出する予定。ここまで終えられると、本当に前期の仕事がコンプリート。

Img_7904c_20210805143801  週末から来週にかけては、台風が2つ、続けて襲来するという予報が出ています。やれやれ、猛暑の後は、台風2つかぁとぼやきたくなります。

Img_7926c_20210805143801  余談。九華公園の隣に市民プールがあります。今年は、夏休み期間だけ営業しているのですが、閑古鳥が鳴いています。一昨年は、平日の朝でも賑わっていた記憶があります。これも、コロナの影響なのでしょうか。ちょっと寂しい気がします。

【追記(8/5)】 台風はその後(15時)に11号も発生し、3つとなっています。11号は、日本の東にあって、北に進んでいるそうですから、直接の影響はなさそうです。

| | | コメント (0)

2021年8月 4日 (水)

今日は、前期の期末試験……帰りに津駅の本屋へ行ったら伊勢街道ガイドブックを発見して喜ぶ

Dscn4391c  連日の猛暑です。今日も、桑名では34.2℃で、三重県には熱中症警戒アラートが発令されていました。朝5時半から、冒頭の写真のような空。当然のように、熱帯夜でした(25.2℃)。

Dscn4414c  今日は、江戸橋での前期の仕事の最終日。試験を行ってきました。非常勤先としても、今日が前期試験の初日。猛暑ですから、学生諸君もその準備には大変だったであろうと思います。受験資格のある学生たちは、皆出席。前列に座っていた女子学生に、「どう?」と聞いたら、「ヤバいです」だそうでした。「試験範囲が多い」ともいっていました。試験時間は1時間。30分経ったら退出可です。30分経過したところで、半数以上が退出していきました。出来具合は、一昨年に比べ割とよい印象。

Dscn4406c  採点は、帰宅して昼食を摂って、一休みしてから怒濤の勢いで、一通り終えました。詳細はもちろん、ここには書けませんが、筆記試験の平均点数は、満点の70%弱。平均点から見ると、難易度としてはまあまあでしょう。明日以降、採点を見直して、成績を評価し、その成績評価も再確認する予定。これが終わると、前期のdutyを果たせますので、安心して「夏休み」に入れます。後期は、9月の最終週から。この写真は、試験を終えて、帰る前に教室から南の方角を撮ったもの。三重県総合文化センターや、県立博物館がある辺り。

Dscn4399c Dscn4404c  前期最終日ですので、非常勤先にあるツバメの巣もよく見たのですが、非常勤講師控え室前のコシアカツバメはもういないようでした(左の写真)。校舎2階の通路のところの巣からは、スズメが飛び出していくのを確認(右の写真)。藁を敷いていたのは、やはりスズメでした。廃物利用というか(微笑)。桑名でも、養老鉄道をまたぐ高架橋の下にあったイワツバメの巣をスズメが利用しているのを見たことがあります。

Dscn4419c Dscn4423c  いつもより20分ほど早く終えることができましたので、江戸橋駅から松阪行き急行に乗車。反対方向です。津駅まで行き、駅ビルのChamへ。ここの3階に別所書店という大きな本屋さんがあるのです。帰りに桑名駅から歩いて、アピタ桑名店に寄ってもよいのですが、暑いので、津駅の本屋に行った方がよいと考えた次第。欲しかった文庫本の他、地元についての本のコーナーを見たら、伊勢街道のガイドブックを発見! いや、やはり津駅まで行ってよかった(爆)。本を3冊買って、とんぼ返り。いつも12時に講義を終えたとき、江戸橋から乗る電車に乗れました。

Dscn4425c  しかし、桑名駅からの帰り道の暑かったこと。左の写真は、桑名駅を降りて、自由通路から見た南の空。天気、よすぎます(苦笑)。ちょうど歩いて帰る頃が、今日の最高気温を記録した時間です。マスクをして歩いていると、けっこうしんどいくらい。

Dscn4395c Dscn4415c  余談。往きに江戸橋駅から非常勤先に行くとき、住宅街を通っていきます。ハクセキレイをよく見ますが、今日は、こんなシーンが撮れました。コンデジの割によく撮れました。もう1つの余談。非常勤先の近くに「ミエハク工業」という会社があります。講義に行き始めた頃から、何の会社か気になっていたのです。というのも、麦か大豆かを発酵させてような匂いがしていたのです。最近になってやっと調べたら、押し麦、麦茶など大麦を使った製品を主に作っているところでした。納得。

【オマケのつぶやき】 東京オリンピックも、政府のコロナ対策もグダグダになっています。いつぞや、令和の時代、諸々の背景にあるのは、「今だけ、自分だけ、お金だけ」という原理だと書きましたが、まさにその通り。さらに、このグダグダの背景にもう1つあるのは、根拠なき楽観主義のように思います。思いを語っておけば、あとは何もしなくても何とかなるとでも考えているのでしょう。今回の緊急事態宣言についての管総理の記者会見もひどい。あの「ご飯論法」以下というか、以前というか。「危機感を共有するために何が必要か」と問われて、「共有することが必要」と答えていました。トートロジー(同語反復)に過ぎません。学生の答案にトートロジーがあったら、当然、説明にはなっていませんから、バッテン。

| | | コメント (2)

2021年7月28日 (水)

前期の授業は、無事に(たぶん)終了

Dscn4380c 「いうまいと思えども……」であります。今日の桑名は、35.5℃(13時40分)。しかし、14時40分現在の全国の最高気温ランキングを見ますと、トップ10はすべて北海道。36℃、37℃を越えています。猛暑、お見舞申し上げます。私自身も、若くはありませんから、気をつけなくてはなりません。桑名の35.5℃は、13時40分の記録、ちょうど桑名駅を降りて、自宅に向かっている頃でした。道理で暑かったわけです。自宅にたどり着いたら、ヘトヘトでしたから。

Dscn4369c  今日は、江戸橋での授業、前期の最終回でした。学生諸君の出席票に書かれた感想や、コメントも概ね好評で、胸をなで下ろしています(お世辞という可能性も否定はできませんが……)。あとは、来週水曜日に試験をするだけですが、採点や成績評価に悩まないよう、しっかり準備して試験に臨んでもらいたいと切に願っています。昔、私が学生であった頃は、楽勝科目の教員は、「老人、外人、非常勤」といわれていました(微苦笑)。この3つの条件のうち、私には2つが当てはまっています(爆)。最近は、給付制の奨学金の導入などにともなって、出席管理や、成績評価を厳格にするようにというお達しがあります。それ故「単位をバラまく」などといった所業に及ぶことは憚られます。しかし、その一方で心情的には、「あれだけ熱心に聴講していたのだから……」という気持ちもあります。試験では、意地悪な問題や、ひねった問題は出題せず、素直に基本的な知識を問う問題にしてあります(少なくとも、私としては、そのつもり)。と、授業を終え、試験を前にしてあれこれ思っています。

Dscn4364c Dsc_0165c  非常勤講師控え室の前のツバメの巣。控え室に出入りするときに、この巣から親ツバメが飛び出してくることがよくありますので、カメラを持っていても、構える暇なし(苦笑)。来週もう1回、出勤しますから、その時がラストチャンス。もう1ヶ所の巣は、助手の先生からの情報で、ワラなどが敷かれているということで、授業が終わってから見てきました。スマホで撮ったので、右のような写真で、よく分からないかも知れません。ツバメは、ワラなどは敷きませんから、他の鳥が入り込んでいるのかも知れません。こちらも、また来週、チェックしてきます。

Dscn4372c  ツバメの巣を見ていましたので、いつもより、1本遅い、12時40分の電車になりました。しかし、猛暑でしたので、今日も志登茂川には寄り道はせず。帰宅して、昼食を摂ったものの、疲れてしまい、30分ほど午睡(苦笑)。その後、出欠チェックを済ませ、補足説明書きに着手。まだ1/4くらいしか進んでいません。明日は、再び、市役所での仕事の予定ですから、明日中の完成は難しいところです。

Img_6052c_20210728173701  余談。新型コロナ、東京での今日の新規感染者数は、過去最多の3,177人だそうです。埼玉や、沖縄も大変な状況のようです。全国では、新規感染者数は9,000人を越え、これまた最多とか。三重県は、今日は37人(こちら)、愛知県は265人(こちら)。専門家は、繁華街の人出はやや減少しているが、感染力の強いインド由来のデルタ株が拡大している影響から、東京五輪期間中の8月3日ごろに最多の水準に上る可能性を指摘しているそうです(こちら)。オリンピックを強行した上で/ものの、コロナ対策は相変わらず後手後手というか、辻褄の合わないこと(オリンピック関係だけ、特別扱いをするようなこと)をやっていますから、国民もマジメに感染対策を採ろうと思わなくなっていると私は考えています。利権、思惑ばかりにまみれたオリンピックを強行して、どうするの? と思うのであります。それにしても、マスコミは見事な掌返しで、恐れ入りました。とくにテレビは、かねてから思っていたように、「事あれば、大騒ぎするのが仕事」というきわめて個人的な仮説が検証できた気がしています。深刻な表情でコロナのニュースを伝えた直後に、「金メダル量産!」と嬉しそうに話しているのは、どうも信用なりません。私のような下々の者は、浮かれていないで、猛暑にも、コロナにも気を緩めず気をつけます。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧