大学

2021年4月28日 (水)

案の定、雨(苦笑)……コロナワクチン接種券届く

Dscn3812c  案の定、雨になりました(苦笑)。昼くらいまではもつか、と期待したのですが、出勤する頃からポツポツと降ってきて、江戸橋駅で電車を降りる頃には、傘が必要なくらい降っていました。帰りは、往きよりも空は明るかったものの、出勤時と同じくらいの雨。折りたたみ傘で十分な降り方でしたから、まだよい方と思いましょう。授業の方は、いささか時間が押してしまい、最後はちょっと端折り気味。授業の始めに、前回の質問、感想についての補足説明を行うのですが、今日は、それに時間を取り過ぎました。しかし、学生の皆さんの反応(出席票に書く質問、感想の内容や、量から見て)は悪くはないと思います(自己評価ですから、高めに捉えているかも)。透明アクリル板には少しは慣れた気がしますが、マスクをして1時間半の講義をするのは、相変わらず疲れますし、暑くて参ります。

Dscn3810c  今年度初めての時にも見たのですが、今日も非常勤先のグラウンドでヒバリを目撃(微笑)。オスが鳴いていましたし、姿もしっかり確認。まさに「バードウォッチングができる学校」です。校内で今までに見ているのは、ヒバリ、ツバメ、ハクセキレイ、モズ、スズメなど。今日はハクセキレイの写真を紹介し、グラウンドや住宅地、駅にもいると話したのですが、次はヒバリを取り上げないと(微笑)。

Dscn3815c  ところで、昼過ぎに帰宅したら、市役所から「新型コロナウィルスワクチン 無料接種券」が届いていました。接種券の他、接種のお知らせ、説明書(ファイザー社製)、予診票2部、市からの案内(新型コロナウィルスワクチン接種について)、接種日について(65歳以上)が同封されています。桑名市の高齢者対象のワクチン接種は、かかりつけ医で受けることになっています。予約開始は5月10日、接種開始は5月19日以降。高齢者を優先するのが、本当によいかどうか分かりませんが、せっかくのことですから、ありがたくワクチンを接種してもらおうと考えています。週末には、内科の定例受診に行くつもりですから、その時に相談することにします。

| | | コメント (4)

2021年4月21日 (水)

今日は暑くてお疲れ……江戸橋、前期2回目もたぶん無事終了

Dscn3790c  江戸橋での仕事、今年度前期2回目でした。が、桑名でも今日は、最高気温27.8℃と、暑い。天気がよいのはありがたいのですが、さすがにいきなりこんなに暑くなると、疲れます(苦笑)。暑くても、寒くても文句をいうのです(爆)。いつものように、桑名駅を8時40分に出る松阪行き急行に乗車。非常勤先には9時半過ぎに到着。10時半から12時までが授業。前回同様、透明アクリル板に囲われながら、しゃべるのですが、なかなか慣れません。初回の時にも書きましたが(2021年4月14日:透明アクリル板に囲まれつつ、江戸橋での仕事は無事に終わったか(笑))、学生たちの表情が分かりにくいのです。しゃべった内容が理解されたかどうかを判断するのに、表情は有効な非言語的コミュニケーションなのです。ついつい、アクリル板の横から眺めてしまいます。暑い中、マスクをして1時間半話しをするのは、ちょっとした苦行。これ、暑くて、疲れるのです。

Dscn3793c Dscn3797c  まぁ、しかしながら、2回目も何とか無事に講義は終えられたと思います。12時に講義を終え、江戸橋駅に向かいますが、今日も、ちらっとだけ志登茂川に寄り道。しかし、水鳥はほとんどいません。キンクロハジロが数羽と、遠くにカモらしき姿も見えたのですが、あいにく単眼鏡を忘れ、確認はできず。キンクロハジロでないカモもいたと思います。江戸橋駅を12時20分の名古屋行き急行に乗車。帰宅後は、出欠チェックとQ&A(補足説明)書き。何だか疲れてしまい、能率はあがっていません。まだ1/5くらい。

Dscn3787c  帰って郵便物を確認したら、教育委員会から就学支援委員会と、特別支援教育推進協議会の案内。就学支援委員会は6月から計4回の会議。特別支援教育推進協議会は、今年度は1回のみで、それもZoomでの会議の予定とのこと。天気がよく、気温が高いのは明日までといいます。いつも通りの散歩に行くか、長島の水辺のやすらぎパークへボタンでも見に行くか、思案中。

 ところで、三重県の今日の新型コロナ感染者数は、何と57名(こちら)。病院でのクラスターや、幼稚園児の感染もあったそうです。愛知県も312名と300名を越え、これは94日ぶりだとか。予断を許しません。

 

| | | コメント (2)

2021年4月20日 (火)

コゲラが巣をつくっているところを見つけました(コゲラの巣作り、YouTubeの動画へのリンクを追加しました)

Img_8680c_20210420143801  天気予報の通り、よく晴れて、暖かくなっています。最高気温は、14時現在で22.8℃。ただ、室内にいると、ちょっと肌寒く感じたりします。毎日の行動パターンの通り、今日もまた7時半から散歩開始。住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀南公園、外堀、内堀、京町、寺町、三崎通と6.3㎞。今日は、ツバメの巣チェックをしてきました。

Img_8846cImg_8896c  今日のハイライト。散歩途中で、コゲラが巣作りをしているところを見つけました。場所は、書かないでおきます。この場所は、去年も少し穴を掘りかけたところだったと記憶しています。コゲラが、コンコンと木を叩く音がしたので、探したところ見つけたという次第。まだ、親鳥の身体が入るくらいにしかなっていません。卵を産み育てるには、もっと奥深く、また奥を広く掘る必要があります。

Img_8894c_20210420143801 Img_8975c_20210420144901  しばらくコンコンとつついては、木くずを放り出しています。左の写真をクリックして拡大していただくと、コゲラの嘴あたりに木くずが写っています。右の写真は、コゲラが放り出して、地面に落ちた木くず。赤丸をつけたのがそれら。これでしばらく、また楽しみができたということ(微笑)。

Img_8723c_20210420143801 Img_8728c_20210420143801  さて、散歩の初めから。諸戸氏庭園あたりにはスズメだけ。住吉入江、今日は、水鳥はゼロ。住吉神社前に来たら、南東の空にヒヨドリの大群。こんなにいたのか! と思うくらいの数が北の方へ一斉に飛んで行きました。「気持ち悪い!」と思われるかとは思いますが。

Img_8737c_20210420143801  住吉水門と川口水門との間には、ヒドリガモが18羽。堤防の上にも、また、川にも。川にいたヒドリガモたちは、藻を食べているようでした。このヒドリガモたちも、もう北の国へ帰っていくのでしょう。

Img_8761c_20210420143801 Img_8766c_20210420143801  三の丸公園(左の写真)には、ツグミが1羽(右の写真)と、ムクドリ2羽、スズメ2羽。これですべて。木々が青々としてきたのは気持ちよいのですが、鳥が少ないのはいかにも淋しい。柿安コミュニティパークでは、ドバトが10羽ほどと、ムクドリが数羽。他には、西の堀の方に、ツグミが1羽。

Img_8806c Img_8839c  九華公園も静かでした。ヒヨドリの声もほとんどしません。先ほど見たヒヨドリたちには、九華公園にいたものも含まれていたのかも知れません。ドバト、スズメも少ない。奥平屋敷跡では、今日もシメがやって来ました。4月後半までいることがあります。さらに、ツグミも1羽。

Img_8831c_20210420143801 Img_8944c_20210420143701  他には、カワラヒワ数羽や、ハクセキレイのオス1羽。スズメもときどきやって来ます。

Img_8939c_20210420143701  カモは、今日は合計31羽。すべてキンクロハジロです。暖かいためか、あちこち泳ぎ、潜って餌を採ったり、身繕いをしたりして過ごしていました。このあと、貝塚公園では、今日もツグミがたくさん。きちんと数えられませんでしたが、5羽ほどいたと思われます。

Img_9103c_20210420143701  ツバメの巣チェックでは、京町と三崎通を見て回ってきました。このエリアにツバメの巣は6ヶ所あります。そのうち、今日見て回ったとき、巣に親ツバメがいたのは、2ヶ所。桑名市博物館の巣(左の写真)と、三崎通にある巣(ここは写真を撮ろうとしたら、親ツバメは巣を出てしまいました)。これまでに親ツバメがいたのは、このほかに京町のお宅と、呉服屋さんの2ヶ所で、計4箇所。今年もツバメのヒナが見られると思います。

Img_9148c_20210420143701  京町公園で一休みしていたら、寺町商店街の方からイソヒヨドリの鳴き声が聞こえてきました。歩きながら探したら、とある商店の屋根の上にいました。日曜も、寺町でイソヒヨドリのオスを見ています。我が家あたりでも早朝、イソヒヨドリの鳴き声が聞こえることがよくありますし、少し離れたマンションにお住まいの方も、同じことをおっしゃいます。

Img_9163c_20210420143701 Img_9167c  ところで、三崎通から帰宅途中、宝殿町を通ったのですが、ここに地蔵寺があります。その境内に藤の木があります。前にも何度かみていたのですが、あまりはっきりと記憶には残っていませんでした。が、近くまで行ったら、思い出したので、見てきたのです。藤棚になっていたのかも知れませんが、あまり手入れされていないようです。しかし、右の写真のように、最近見た中ではもっとも見事な花の房があったのです。案外身近なところに、こういうよいものがあるということかも知れません。

Img_8990c Img_9048c_20210420143701  明日は、江戸橋での仕事、今年度2回目の予定。天気もよく、気温も夏日になるくらいに上がるという予報で、ありがたいことです。明日からは、本格的に講義の内容に入ります。またあの透明アクリル板に囲われたところから話しをするのかと思うと、ちょっとイヤですが、やはり、学生たちと直接会うことができるのは楽しいことです。先週の様子からして、志登茂川には、すでに水鳥はあまりいないとは思うのですが、ちょっとだけ道草して、覗くだけはしてこようと思っています。

Img_9079c_20210420143701  余談。三重県では、今日・4月20日から5月5日まで、県独自の「緊急警戒宣言」が出されました。4月13日以降、昨日までの日々の感染者数は、23、29、26、36、28、21、15名となっています。4月18日現在で直近1週間の新規報告数(10万人あたり)は10.22人で、先週1週間と比べ1.21倍になっているそうです。変異株に感染する方も増え、また、県外に由来する感染が多い、事業所でのクラスター発生も増えています。県境を越えての不要不急の移動は控えるよう要請されています。養老孟司さんの言い方を借りますと、「高齢者自身が、不要不急の存在だ」となりますが(苦笑)、感染しないよう、基本的な予防策を確実にとって過ごすことにします。

【付記】 コゲラの巣作り動画をYouTubeにアップしました。リンクはこちら

| | | コメント (0)

2021年4月14日 (水)

透明アクリル板に囲まれつつ、江戸橋での仕事は無事に終わったか(笑)

Dscn3775c  今年度初めて、そして、1年3ヶ月ぶりの(2020年1月15日:江戸橋での授業も最終日、来週は筆記試験)江戸橋での仕事の日でした。昨年9月に遠隔授業説明会に出かけていますが(2020年9月8日:遠隔授業講習会のついでに新しい桑名駅もチェック)、それから数えても7ヶ月ぶりに江戸橋まで行ってきました。雨も心配しましたが、6時までには上がりました(微笑)。授業は、朝10時半からですが、以前と同じように、桑名駅を8時40分発の松阪行き急行に乗車。江戸橋までは、ほぼ40分。¥700。

Dscn3736c  江戸橋駅からは、徒歩10分あまりで到着。非常勤講師室で出勤簿(歴史的用語かも)に捺印したあと、待機しながら、授業内容や、パソコンがきちんと動くか、確認します。今日のところ、この時間、私以外の非常勤講師の先生には遭遇せず(もっとも私は前の授業が終わる頃には教室に向かいます。パソコン、プロジェクタの準備をするため)。

Dsc_0101c  透明アクリル板に囲まれて授業をすることになると書いていましたが、その実物がこちら。向かって左に教卓がありますが、三方を囲まれています。愚息は、「大統領みたい」といいましたが、防弾ガラスではありません。娘は、「囲われて、とらわれている!」といいましたが、まさにそんな感じ。実際に講義をしてみると、対面授業といいつつも、学生たちとは少し隔絶された感じ。学生たちの表情も今ひとつ見にくいのです。助手の先生に他の先生からの評判を伺ったら、「圧迫感がすごい」というのがあったそうです。これでパワーポイント、マイクを使い、1時間半の授業。マスクをしていると、やや暑く感じ、マイクを使うとはいえ、疲れます。密かに「2割増しくらいもらえないかなぁ」などと思ったり(苦笑)。今日のところは、オリエンテーション。本格的な授業は来週からですが、気になるのはコロナの感染状況。三重県、今日は29件です(こちら)。

Dscn3738c  非常勤先、いつぞやバードウォッチングができる学校と書いたことがあります。授業のときは、Nikonのコンデジしか持っていきませんので、ズームが効きませんが、左の写真のように、今日はツグミを撮影。他に、ツバメが飛び交っていましたし、グラウンドでは揚げ雲雀が聞かれました(微笑)。

Dscn3739c Dscn3741c  また、帰りには、早速、寄り道というか、道草というか(笑)。おぼろタオルの工場南から細い道を通って、志登茂川を見てきました。左の写真では、奥が江戸橋。右の写真は、川の上流方向。鳥はあまり見えませんでしたが、それでも何種類かはいました。

Dscn3762c Dscn3765c  左の写真に写っているのは、キンクロハジロ。他にこの近くには、たぶんコガモが数羽。下流方向には、よく見たら、アオサギさんが1羽。

Dscn3745c Dscn3760c  他に、ダイサギかコサギたちや、カワウさんもいます。写真は撮れませんでしたが、ユリカモメらしき鳥も1羽飛来。

Dscn3768c Dscn3728c  さらに、恒例により、江戸橋方面に回って、常夜燈と道標を確認してきました。伊勢街道伊勢別街道との追分にあります。安永6(1777年)に建てられた津市内最古の常夜燈。かたわらに立つのは、明治22(1889)に再建された高田本山専修寺への道標。この手前側を伊勢街道が、また向こう側に伊勢別街道が通っています。江戸橋駅から非常勤先に行くには少しだけ、この伊勢別街道を歩きます(右の写真)。ここに非常勤に行くのは、もちろん仕事なのですが、ちょっと寄り道/道草をすると、私の趣味ワールドが展開されるのです(微笑)。こんなよいことはありません。ちなみに、誤解なきよう申し添えますが、仕事はきちんと役割を果たしています(そのつもり)。

Dscn3777c  帰りに、江戸橋駅で名古屋行き急行を待っていたら、特急ひのとりが通過。今日は、通勤途中で4回ほど遭遇し、「ひのとり、よく走っているな」と思ったら、名古屋から大阪難波へは、7~21時に出ていました(こちら)。特急12200系が引退しましたし、しばらくほとんど乗らない間に、近鉄特急の顔ぶれも変わってきてしまっています。

 第1回の授業は、無事に終えられました(たぶん)。あとは、今まで通り、学生たちの質問、感想を読んで補足説明をつくらねばなりません。

 

| | | コメント (0)

2021年4月 7日 (水)

九華公園でもツツジ開花……今日はツグミがまったくおらず、黙って帰ったか?

Img_4615c  気持ちよく晴れました。気温も21度を超えて、散歩日和。いつもと同じく、7時半から住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀公園、新築公園、常磐町、京町、南魚町、田町、三崎通から桑名七里の渡し公園によって6.8㎞。自画自賛ではありますが、よく歩いています。これでちょうど3時間。

Img_4485c_20210407154801  今日は、九華公園でもツツジが咲き始めているのを見つけました。去年とまったく同日(2020年4月7日:九華公園でもツツジ、ドウダンツツジが咲き、藤の蕾も膨らむ)。場所も同じあたりで、外周遊歩道の南東角、キッチン寿さんの前のところ。ちなみに一昨年は、4月12日でした(2019年4月12日:ツツジとボタンが咲きました……桜の水鏡と花筏はうまく行かず、ココログの不具合も続きプンプン)。

Img_4327c  さて、鳥見の方は、毎年、この時期恒例ですが、あまり鳥がいないため成果は上がらず。とくに、今日は、ツグミをまったく見なくなりました。いきなり帰ったのかと思えるくらい。住吉水門のところへ行くまでに見たのは、スズメとムクドリ。住吉水門と川口水門(七里の渡し跡)の間の堤防には、ヒドリガモが2ペアと、コガモが1ペア(もっとも奥がコガモ)。七里の渡し跡でもコガモ1ペア。三の丸公園では、ムクドリのみ。柿安コミュニティパークには、ドバトとスズメ。とまぁ、こういう次第。

Img_4338c_20210407154901 Img_4474c_20210407154801  九華公園では、露店がほとんど撤収していました。北門のところに3軒だけ残っていますが、営業はしないような感じ。九華公園でも鳥は少なくなっています。散歩する人も、いつものメンバーのみ。

Img_4351c_20210407154901 Img_4434c_20210407154901  奥平屋敷跡では、いつもながら(などと書くといけませんが)、シロハラとシメ。ただし、シメは今日は、少なくとも2羽がいました。ひょっとしたら、3羽だったかも知れません。他には、スズメ、カワラヒワ、ドバト、ムクドリ。二の丸跡、朝日丸跡ともに、カワラヒワのみ。

Img_4439c_20210407154901 Img_4500c_20210407154801  カモは、合計35羽。ハシビロガモが1ペア、ヒドリガモが2ペア、他はキンクロハジロ。ごくたまに餌をやる人があり、そういうときは、キンクロハジロたちが大騒ぎ。オオバンは、今日はいませんでした。

Img_4511c_20210407154801 Img_4492c_20210407154801  このところ姿を見なかったのですが、今日は、ハクセキレイが1羽。オス。これは、外周遊歩道の南、立教小学校の体育館のところにて。今日の鳥見は、これくらい(苦笑)。貝塚公園では、草刈り作業が行われていて、鳥はほとんどいません。内堀公園にはムクドリ、新築公園ではスズメ。

Img_4467c  ところで、九華公園では、先日、花菖蒲の植え替えが行われていました。主に、本丸跡にある花菖蒲園にて。他の2箇所は、去年のものが残っていますので、菖蒲があまり生えていないあたりに、補ったくらい。しかし、ただ単に植えただけで、土の入れ替えや、整備はされていません。これで、今年咲くか、疑問だというのが、散歩友達共通の見方。花菖蒲は、定期的な植え替え、施肥、そして乾燥させないよう十分に水やりすることが必要なのですが、こうした手入れが行われていないのです。

Img_4458c_20210407154901 Img_4540c_20210407154801  その他、九華公園で目立つのは、藤と八重桜。ただし、どちらも数が少ないのは残念。本丸跡の藤棚は、心配しましたが、けっこう花が咲き、つぼみが膨らんで来ています。奥平屋敷跡にある八重桜は、かなり花が咲き、見事になってきました。

Img_4560c_20210407154801 Img_4578c_20210407154801  京町と、三崎通では、ツバメの巣を見てきました。ツバメは、この頃、あちこちを飛んでいるのを見ます。京町にある呉服屋さんの巣の近くでは、ツバメが電線に止まって休んでいたり、巣の様子を見に来たりしています。しかし、まだ巣を直したり、巣に就いていたりするところは見ません(左の写真)。三崎通の商店にある巣は、いつの間にか壊れてしまっていました。こちらの巣の近くでは、まだツバメを見ていません。

Img_4552c_20210407154801  散歩コースにある立教小学校では、今日は、入学式が行われたようで、親御さんとともに新一年生たちが登校してきていました。桜はまだ、完全に散ってはいません。コロナ禍の中での学校生活のスタート、早く慣れていってくれることを願います。上級生たちは、休み時間なのか、先生とサッカーに興じていました。

Img_4601c_20210407154801  たびたび非常勤のことを書いています。非常勤先では、明日から授業開始。私の担当科目は、来週水曜日から。1週間前ですので、今日は、授業資料をpdfにして、助手の先生にメールで送り、印刷などをお願いしました。対面授業は、去年1月15日以来(2020年1月15日:江戸橋での授業も最終日、来週は筆記試験)。この間、研修会などでごくたまに話しはしていましたが、本格的な授業はこの時以来。久しぶりだからといって、ドキドキするようなことはありませんが、授業はライブの方が良い気がしています。学生たちと直接出会うのが楽しみ。ただし、今時の状況ですから、感染対策は怠りなくしなければなりません。たぶん、透明アクリル板に囲まれた教壇から話しをすることになると思います(苦笑)。

 

| | | コメント (0)

2021年4月 5日 (月)

八重桜、フジ、ボタン、ハナミズキが咲きました

Img_3977c_20210405150401 Img_3982c  10時頃までは曇り空、その後は晴れてきましたが、かなりの強風。最大で8m/sほどの風。気温は18.8℃まで上がったものの、北風で寒く感じます。いつも通り、7時半から散歩。住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀公園、京町、新築、常磐町、寺町と6.5㎞。冒頭の写真は、マイソメイヨシノ、右の写真は諸戸氏庭園前の桜並木。昨日の雨でかなり散ってしまいました。

Img_3833c_20210405150401  強風でしたので、九華公園の堀も波立ってしまい、今シーズンは、水鏡はこれというものは撮れませんでした。花筏に期待したものの、あまりよくありませんでした。左の写真は、九華公園南西側の堀のあたりの様子。

Img_3818c  九華公園では、ソメイヨシノに代わって、八重桜が咲き始めたものの、八重桜はほんのわずかしかありません。こちらは、奥平屋敷跡の南西端にある八重桜。二の丸跡にも古木があったのですが、今日、よくよく見たら、枯れてしまったようで、つぼみもついていませんでした。残念。

Img_3750c_20210405150501 Img_3616c_20210405151401  花の話題で書き始めましたので、先にそれらを。九華公園本丸跡の藤棚、心配しましたが、無事に花が咲いていました。去年ほどではありませんが、花はそれなりに咲いてくれそうな感じです。九華公園に行く前に見た柿安コミュニティパークの藤棚でもつぼみが大きくなっていました(右の写真)。

Img_3861c_20210405150401 Img_3769c_20210405151701  こちらは、貝塚公園で見つけたツツジの花。九華公園でも、貝塚公園でも、ツツジのつぼみはかなり大きくなってきていて、近いうちにもっと咲きそうな感じでした(右の写真は、九華公園の外周遊歩道の東で撮ったもの)。

Img_3926c_20210405150401

 九華公園でも数輪、咲き始めていましたが、左の写真は、御坊さん(桑名別院本統寺)で見つけたボタンの花。このあたりでボタンといえば、長島水辺のやすらぎパークにある牡丹園。去年は4月下旬に行きましたが、盛りを過ぎているものもありました(2020年4月28日:河口堰でコアジサシ、コムクドリ、ヒレンジャク、ササゴイ、長島水辺のやすらぎパークで牡丹……プチ遠征を楽しみました)。今年はもっと早めに行かないと。

Img_3939c_20210405150401  三崎見附跡近くのお宅では、ハナミズキ。去年は、4月18日に「ハナミズキも咲いている」と書いていました(2020年4月18日:夕方の散歩……ハナミズキも咲いています)。しかし、それにしても今年は、花という花が、皆早いこと。

Img_3523c_20210405150501 Img_3538c_20210405150501  さて、バードウォッチングの話題。桑名七里の渡し公園で、シメが7羽も集まっていました(左の写真は、そのうちの4羽)。一度にこんなにたくさんのシメを見たのは、初めて。七里の渡し公園では、他にツグミ1羽、ドバトやムクドリ数羽ずつ。ムクドリの中には、以前、三の丸公園で見かけた白変種も混じっていました。

Img_3511c_20210405150501 Img_3573c_20210405150501  住吉入江には、ヒドリガモが5羽。オス1羽にメス4羽と、一見ハーレム状態(微笑)。ただし、よく見ていると、ペア1組の側にメスが3羽いるという感じでした。朝、散歩に出た頃は、右の写真のような空で、風も強く、揖斐川も波が立っていて、水鳥はいません。

Img_3607c_20210405150501 Img_3591c_20210405150501  七里の渡し跡には、ヒドリガモが8羽。堀にいたのですが、そのうち、写真のように上陸して草を食べ始めました。他には、オオバンが1羽。三の丸公園には、ツグミ1羽(右の写真)とムクドリ数羽。ジョウビタキは、すっかり見なくなりました。

Img_3630c_20210405153501  九華公園、花見客は、さすがにもういません。というよりも、今日は、強風で歩いている人自体が少ないのです。露店は、まだ営業しているところもありますが、お客さんは期待できない気がします。花見客が多かった間、ゴミも大量に出て、管理人さんは苦労しておられました。朝、出勤して、公園内を一回りすると、90リットル入りの袋にいくつもゴミを拾うそうです。「この季節、1日中ゴミ拾いだ」とこぼしておられます。

Img_3660c_20210405150501Img_3678c_20210405153801  さすがに野鳥も少なく、奥平屋敷跡では、シロハラ1羽とツグミ1羽。この時は、曇天に強風もあってか、他にはスズメ、カワラヒワが少し来たくらい。いつもなら1時間近く鳥を待っているのですが、さすがに今日は30分で撤収。二の丸跡でシメの鳴き声、ツグミ1羽。朝日丸跡でシメを見たものの、写真は撮れず。

Img_3664c_20210405150501  このところもっともよく見るのは、スズメ。数は多くはないのですが、散歩コース、九華公園のあちこちで姿を見ます。どの鳥も繁殖シーズンで、そちらに忙しいのでしょう。早ければ、ゴールデンウィークに入る頃にはヒナが出てくるでしょう。たとえば、スズメ、去年は4月30日にヒナが登場しています(2020年4月30日:スズメのヒナが登場……九華公園のキンクロハジロは5羽のみ)。このあと、貝塚公園ではシジュウカラ、シロハラを見たものの、写真はうまく撮れず。

Img_3909c_20210405150401  非常勤先は、昨日(4/4)、入学式が無事に終わったということです。講義開始は4月8日(木)。私の出番は、来週水曜(4/14)から。今日付で三重県知事の新しいメッセージが出て、とくに若い世代に感染が広がり、クラスターも発生しているため、若い世代向けに注意が喚起されています。私の授業は、対面授業となっていますが、受講者数の多い授業では遠隔授業になっています。大教室が少なく、あまり人数が多いと、学生同士の間隔がとれないためと思います。遠隔授業が一概によくないとはいえないことは、昨年の経験で分かりました。いずれにしても、よりよい授業のために、学生たちとコミュニケーションを取って少しでも改善を図るのが大切です。

| | | コメント (0)

2021年3月18日 (木)

ウグイスの証拠写真(笑)

Img_3873c_20210318170201  風も弱く、よく晴れて、気温も上がって、春爛漫という感じ。散歩日和でもあります。故あって家事を済ませ、8時25分から散歩開始。いつもよりほぼ1時間遅れ。住吉神社、九華公園、貝塚公園、あーちゃんのおかず屋さん、内堀公園、京町、南魚町、田町、桑名七里の渡し公園と、ちょうど6.0㎞。今日も散歩友達は少なく、2時間あまりで帰宅。冒頭の写真は、九華公園のソメイヨシノ。

Img_3941c  まずは、証拠写真から(苦笑)。「証拠写真なんか、載せるな」といわれそうですが、九華公園によくいるものの、めったに撮れない鳥なのです。ウグイス。神戸櫓跡の東にあるツツジの植え込みを移動していました。まだ囀ってはいません。地鳴きのみ。ずっと狙っていたのですが、ようやく撮れたのが、これ。

Img_3604c_20210318170301 Img_3607c_20210318170301  さて、こちらは、諸戸氏庭園前にあるマイソメイヨシノ。かなり膨らんで、ピンク色になってきたつぼみもありますが、まだ咲いてはいません。去年は3月23日に咲きましたが、九華公園のソメイヨシノと同じ日の開花でした(2020年3月23日:散歩コースのあちこちでソメイヨシノが開花……春爛漫という感じ)。

Img_3619c_20210318170301  諸戸氏庭園あたりは鳥はいません。住吉入江には、メスのキンクロハジロが1羽いただけ。桑名七里の渡し公園には、写真のように、カワラヒワ数羽がいたほか、スズメとドバトの集団。この頃、ハクセキレイ、キセキレイは見なくなりました。

Img_3626cImg_3641c_20210318170301  揖斐川には、オオバンが1羽泳いでいただけ。今日もシラウオ漁の船が2組。左の写真には、その昔あった「桜堤防」の桜並木が復元されています。ここのソメイヨシノはまだ咲いていないようです(右の写真)。ここも桜が咲くと、見事です。

Img_3643c_20210318170301 Img_3666c_20210318170301  下流方向を見ると、川口水門の手前の堤防や、揖斐川にヒドリガモが10羽。ここ数日、カンムリカイツブリを見なくなりました。三の丸公園では、ツグミが2羽(右の写真はそのうちの1羽)。三の丸水門近くで、揚げ雲雀の鳴き声が聞こえたのですが、姿は見つけられず。

Img_3670c_20210318170301  柿安コミュニティパークでは、メジロ。1羽のみでいました。他には、スズメたちと、ハクセキレイが1羽。いつもより時間が遅いせいか、鳥たちが少ない気がします。

Img_3685c_20210318170301 Img_3973c_20210318170201  九華公園では、まず、カモ。合計39羽。ハシビロガモは、オス・メスとも2羽ずつ、ホシハジロのオスが2羽。今日は、ヒドリガモは見当たらず。他は、キンクロハジロばかり。ちなみに、ユリカモメ、最近姿を見せませんでしたが、今日は、2羽。

Img_3700c_20210318170301  奥平屋敷跡には、8時45分頃。いつもなら、ここでの鳥見が終わる時間に近い頃。しかしながら、ジョウビタキのオスは出てきてくれました。だんだん親しくなったような気がします。すぐ近くに寄ってきて、ポーズを取ってくれます(微笑)。

Img_3766c Img_3810c  他には、いつものメンバー。シロハラとシメ、それぞれ1羽。ただし、どちらもあまりよい写真は撮れていません(苦笑)。

Img_3785c Img_3828c  昨日もいたのですが、モズ。それも今日は、オス・メスのペアでいました。ただし、ペアでいたところは、ピンぼけ写真。

Img_3842c_20210318170201  二の丸跡では、ツグミ。グルッと回って、鎮国守国神社の社務所裏に再び行くと、シジュウカラが鳴いていました(写真はありません)。

Img_3991c_20210318170201 Img_4008c  外周遊歩道の東では、メジロ3羽。南側では、ジョウビタキのオス。今日は、証拠写真が多い(苦笑)。

Img_4033c_20210318170201  さらに、外周遊歩道の南では、イソヒヨドリのオスが登場。イソヒヨドリのオスは、久しぶりに見られました。今日の九華公園は、モズも見られ、イソヒヨドリのオスにも会え、ラッキー。

Img_4094c Img_4112c_20210318170201  貝塚公園では、ここでのお馴染み、シロハラと、ツグミ。公園内を回っているときに、西側からツバメの鳴き声(リンク先で聞けます)が聞こえたので、急いで探しに行ったものの、見つかりませんでした。他には、メジロ、カワラヒワ、シジュウカラがいました。モンシロチョウ、今日も飛んでいたのに、写真は撮れませんでした。残念。内堀公園では、ヒヨドリ、カワラヒワ。

Img_3688c_20210318170301 Img_3679c_20210318170301  ところで、九華公園では、ライトアップの準備が行われていましたし、露店の準備がされていました。今のところ、露店は9店舗ほど。昨日午前中はありませんでしたので、午後から準備したのでしょう。さくらまつりそのものをしないところも多いのに、いいのかという気もします。去年は、「飲食を伴う宴会は自粛するように」という告知が出ましたが、今年は今のところ、そういう告知はありません(2020年3月24日:「飲食を伴う宴会等の自粛のお願い」も出ました@九華公園)。やはり、ブルーシートを敷いて、場所を取っての宴会はマズいような気がします。

Img_4152c_20210318170201  江戸橋方面の非常勤の仕事、進展がありました(微笑)。まず、全15回の講義資料、一通り、準備を終えました。今年度は、遠隔授業バージョンに修正しましたので(授業回数も減りました)、対面授業バージョンに戻すとともに、内容の加筆修正を施したのです。もう一度、見直すつもりです。きちんとチェックするには、印刷して読み直した方がよいのですが、300数十枚のスライドがあり、インクをかなり消費するなぁと思案中(エコタンクのプリンタ(EPSON EW-M752T)にしましたので、以前よりはコストはかからないのですが)。もう一つは、演習。担当の先生に相談したところ、「簡易飛沫防止衝立」を用意していただけることになりました。ネットで調べると、高いものは数千円の値段でしたが、安いものでは¥900以下で買えるようです(たとえば、モノタロウでありました)。ポータブルタイプもあります。持ち運ぶ需要もあるということなのでしょう。

| | | コメント (0)

2021年3月17日 (水)

九華公園でもソメイヨシノ開花……イカル再び、モンシロチョウも飛ぶ

Img_3368c Img_3385c_20210317170001  よく晴れて、気温も上がった(16.9℃)のですが、風が強くてかないません。最大風速は、9.4m/sだとか。昨日、「明日にでも九華公園のソメイヨシノが咲く」と書きましたが(2021年3月16日:貝塚公園でソメイヨシノ開花)、ドンピシャ。昨日、蕾がたくさん膨らみ、ピンク色の花びらがよく見えていた、本丸跡のブランコ・藤棚の西側のところで、です。右の写真のように、1本の木で数輪咲いていますから、開花が宣言できます(微笑)。たぶん、こんなに早くからソメイヨシノが咲くというのは、とても珍しいと思います。今日は、住吉入江の南端の桜並木でも、花が咲いてきていました。市内のあちこちでソメイヨシノが咲いているのではないでしょうか。

Img_3051c_20210317170101  さて、散歩はいつも通り、7時半スタート。住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀公園、外堀、京町、寺町、桑名別院本統寺、田町、三崎通、住吉入江と回って、7㎞。よく歩きました(苦笑)。桜とツバメを探して、です。マイソメイヨシノは、まだ咲いていません。ツバメは、今日は見当たりませんでした。残念。今日は、どういうわけか散歩友達にほとんど会わず、3時間弱で帰宅。

Img_3063c_20210317170101 Img_3055c  諸戸氏庭園は今日も静か。桑名七里の渡し公園には、ドバトがたくさんと、数羽のカワラヒワ。住吉入江には、メスのキンクロハジロが1羽(左の写真)と、ヒドリガモのペアが1組。

Img_3086c_20210317170101 Img_3094c  揖斐川には、シラウオ漁の船が出ていました。今年はよく獲れるようです。今日もまた、住吉水門の下流側の堤防にヒドリガモの集団。その数、34羽。このところ、毎日のようにこの光景が見られます。三の丸公園では、ツグミが2羽のみ。

Img_3130c_20210317170101  柿安コミュニティパークでは、水門のところの木にイカルが10羽ほど。もういなくなったと思っていましたので、ちょっとうれしい(微笑)。近寄りすぎたのか、イカルは南の方へ飛び去ってしまいました。他には、ツグミ、スズメなど。

Img_3157c_20210317170101 Img_3171c  8時前に九華公園に到着。北門や、相撲場のあたりでは、ウグイスの地鳴きが聞こえました。今年は、まだ、囀ってくれません。カワラヒワが少し。奥平屋敷跡では、ツグミに、お約束のシロハラ。

Img_3180c_20210317170001  今日は、散歩友達がどなたも現れず、一人でウロウロしていたら、ここにもイカルが登場。セキセイインコの鳥小屋近くに10数羽が登場。しかし、散歩の人が通ったら北の方へ逃げてしまい、待っても戻ってこず。

Img_3198c_20210317170001 Img_3255c_20210317170001  さらに、ジョウビタキのオスが足元に登場。しばらく近くを巡回し、遊んでくれたような感じ。鳥小屋近くにいたら、南東エリアに何か来たのを発見。そっと近づいたら、モズのオス。いったん立教小学校方面に飛んだものの、鳥小屋近くにやってきました(右の写真)。

Img_3312c_20210317170001 Img_3271c  さらに、さらにシメもやって来ました。今日は、桜も咲きましたし、鳥もいろいろ来て、ラッキー・デー。鳥小屋のセキセイインコ、右の写真は巣立ってきたヒナではないかと思います。白いインコは3羽しかいなかったのに、4羽目がいたのです。

Img_3490c_20210317165901 Img_3492c_20210317165901  カモは、合計43羽。ハシビロガモはオス、メス2羽ずつ。ホシハジロのオスが2羽、ヒドリガモは2ペア。他はキンクロハジロ。カルガモ、オオバンも1羽ずつ。これらの写真は、ハシビロガモのオスですが、向かって右のクローズアップ写真ではよく見ていただくと、嘴の脇にある「ブラシ」が写っています。水と餌を一緒に吸い込んで、これで食べ物を漉し採っています。

Img_3343c_20210317170001 Img_3339c_20210317170001  二の丸跡、朝日丸跡では、それぞれツグミ1羽ずつ。写真は、二の丸跡にいたツグミが、ミミズらしきものを咥え、呑み込む直前。苦手な方は、クリックしないでください。二の丸跡では、ジョウビタキのオス1羽と、ハクセキレイ1羽も見ました。

Img_3379c_20210317170001 Img_3388c_20210317170001  いつものように、鎮国守国神社にお参りし、柿安の方から公園の北門、相撲場を再びチェック。最近、ときどき社務所裏にゴイサギがいるというのですが、私は今のところ、確認できていません。本丸跡のソメイヨシノをもう一度撮っていたら、そこへジョウビタキのオスがやって来ました。サクラの花とコラボ写真が撮れたらいうことなしだったのですが、そうそうおいしい話はありません(微苦笑)。本丸跡では、シジュウカラが鳴いていたものの、姿は見えず。最近、ヤマガラ、シジュウカラを見なくなりました。メジロはときどき見かけます(寺町の河津桜のところには相変わらず、出て来ています)

Img_3483c_20210317165901 Img_3443c_20210317170001  吉之丸堀にかかる橋の欄干で、ハクセキレイ。野球場の南にあるしだれ桜も、少しずつ花が増えています。もうすでに春爛漫という感じになってきました。近いうちに、どこかで「一人花見」でもしないとと思っています。

Img_3528c_20210317165901  貝塚公園は静かでした。ツグミを1羽見たほかは、ハシボソガラス、キジバト。写真は撮れなかったのですが、モンシロチョウが飛んでいました。内堀公園では、カワラヒワ。

Img_3550c_20210317165901 Img_3545c_20210317165901  今日は、彼岸の入りですから、寺町では桑名別院本統寺にお参りしてきました。親鸞聖人の銅像のところでユキヤナギが満開でした。

Img_3565c_20210317165901  初めにも書きましたが、ツバメが来ていないか、今日も昨年の巡回ルートを歩いたものの、見られませんでした。写真は、田町の商店にある巣。去年、ここからもヒナが巣立っています。

Img_3580c  住吉入江沿いにあるお宅のシモクレン。これで咲いている、ということでしょう。

Img_3517c_20210317174901  ところで、非常勤先から来年度の正式な依頼文書、学事日程、時間割が届きました。前期は4月8日から開講。全15回の授業+期末試験1回で、8月の第1週まで続きます。新型コロナウィルスの感染者数、三重県ではこのところ1桁台となっています。このまま落ち着いていればよいのですが、変異株に感染した方も県内で出ていますので、気になります。私の担当授業は、4月14日スタート。対面授業、大教室使用で、毎週水曜2限(10時半~12時)の予定。少しずつ準備を進めていますが、力を入れないといけません。グループに分けた演習を計画しているのですが、感染予防の観点からこれを実施してよいかどうか、一度確認しておいた方がよさそうです。

| | | コメント (2)

2021年3月 5日 (金)

雨読にて、4月からの授業準備をしつつ、昔の大学の授業を思い出す

0305weatherforecast030507rain  昨日の散歩では、3回ほど雨宿りを強いられましたが、今日は終日、雨予報。雨雲レーダーを眺めていても、時折、雲の隙間はあるものの、出かけたら、雨に見舞われること間違いなしという感じ。それ故、早々に散歩は諦めました。

Img_7759c_20210305152501 Img_7749c_20210305152501  我がモットーにしたがい、「雨読」の日。ということで、火曜日に引き続き(2021年3月2日:結局、終日、蟄居……午前中は4月からの授業準備に着手)、4月からの授業の準備。授業は、パワーポイントを用いています。もうこれなしでは話ができないかも知れません(笑)。必要な図表、話のポイントなどがすべて入れてあります。昔、大学のセンセイは、古びたノートを毎年、繰り返しそのまま使って、読み上げていたなどという話がありますが、少しずつバージョンアップを図っています。

Maeda Yokose  今、自分が書いた話から思い出したのですが、私が大学に入学したのは昭和48(1973)年。初めの2年間は、教養部に所属し、一般教育を中心とした授業。2年生の後半からは専門過程の授業が始まりました。文学部哲学科心理学専攻というところです。当時、教授でいらした先生方は、戦前の旧東京帝国大学のご卒業。心理学概論の授業に初めて出席して、ひどく驚いたことがありました。それは、教授が教室にいらっしゃったかと思うと、おもむろにご自分のノートを開いて、読み上げて行かれるのです。3、4年生の先輩方は、さも当然という風にそれをひたすら筆記しています。あとからあれこれ見聞きして分かったのは、あのやり方はたぶん戦前の旧帝大ではデフォルトの授業スタイル。今もそのノートは残してあります。ところどころ、メモがとれず、あとから同級生で、それぞれのメモを付き合わせて空白を埋めたり、ミスを訂正したりした跡があります。今の授業スタイルとは、まさに隔世の感があります。

Img_7729c_20210305144201  午前中の雨量はさほどでもありません。アメダスには記録が出ないくらい。「これなら歩けたかも」と思いつつ、パソコン画面とにらめっこ。11時くらいからは本格的な雨。散歩は、また明日。

| | | コメント (0)

2021年3月 4日 (木)

今日の散歩は雨宿り3回(苦笑)……ハクモクレン咲く

Img_7462c_20210304153801  昨日とは一転して、曇天。午前中はときどき、小雨。気温は、昨日とさほど変わらない11.8℃なのに寒く感じます。やはりソーラーパワーは偉大です。散歩途中、九華公園で3回も雨宿りを強いられました(苦笑)。いつも通り、朝7時半の散歩開始。住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀公園、新築公園、アピタ桑名店(本屋)、常磐町、常信寺、寺町商店街と6.6㎞。

Img_7504c_20210304153801 Img_7509c_20210304153801  内堀公園近くのお宅で、ハクモクレンが咲き始めていました。月曜日に通ったときには気づきませんでしたので、その後咲いたと思います。ジジイが言うのも何ですが、白い清楚な花。花は上向きに、閉じたような形で咲き、全開しません。これがコブシ(辛夷)と違うところ。

Img_7537c_20210304153701 Img_7553c_20210304153701  花続きで、常信寺にあるミツマタの花(左の写真)。ご承知の通り、この皮が和紙の原料になる木。右は、先日も載せましたが、同じく常信寺にあるサンシュユ

Img_7533c_20210304153701 Img_7564c_20210304153701  常信寺には、ジンチョウゲもありますし、山門前ではミモザも満開。これら常信寺の花は、毎年恒例の被写体としています。

Img_7250c_20210304153801 Img_7251c_20210304153801  さて、散歩の始めに戻って、諸戸氏庭園や桑名七里の渡し公園には鳥はおらず。住吉入江、今日は、ヒドリガモのメスが1羽いただけ。住吉神社にいる鳥を載せたことはほとんどありませんが、たまには。今日いたのは、カワラヒワ。普段は、ハシボソガラスか、スズメがいます。春先には、カワラヒワがいることがあります。

Img_7255c_20210304155301 Img_7272c_20210304153801  住吉水門の外側には、ヒドリガモが8羽。春先にときどき見られる光景。揖斐川には、今日も、シラウオ漁の漁船が2組出ていました。ヒドリガモと漁船に気を取られ、堤防にヒドリガモなどが上がっているのか、見忘れてしまいました(苦笑)。今月、66回目の誕生日を迎えますが、注意散漫になってきたか、ワーキングメモリーが弱くなってきたか(爆)。気合いで何とかなるなら、何とかしたいところ。

Img_7290c_20210304153801 Img_7302c  七里の渡し跡にもシジミ鳥の漁船。こういうときは水鳥は来ません。三の丸公園では、ジョウビタキのメス1羽に、ツグミ2羽。このメスのジョウビタキ、以前は、蟠龍櫓に近いところによくいたのですが、最近は、三の丸公園の南側エリアにいます。他は、ムクドリ数羽。柿安コミュニティパークにはスズメのみ。

Img_7321c_20210304153801 Img_7347c_20210304153801  九華公園に入ったものの、静か。管理事務所近くまで鳥影はなし。事務所のところで、カワラヒワ数羽。奥平屋敷跡で、まずはシロハラ。ほとんど必ずいてくれます。いわば「鳥見の救いの神」(微笑)。ツグミも、花菖蒲園あたりにたいてい出没してくれます。

Img_7362c_20210304153801 Img_7385c_20210304153801  しばし待っていると、シジュウカラが1羽のみやって来ました。昨日は、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロの混群で来ましたが、そうそううまい話は続きません。ジョウビタキのオスは、久しぶりに見られました。ジョウビタキ、さすがに人懐っこく、我々がいる近くを移動してくれます。

Img_7333c Img_7343c_20210304153801  ハクセキレイのペアも、たいてい来ます。写真はありませんが、ハシボソガラスのペアが、奥平屋敷跡にある松の木の高いところに巣作りをしています。余所から木の枝を運んで来たり、ここにある木から枝を折り取ったりして松の木にくわえていきます。

Img_7315c_20210304153801 Img_7318c_20210304153801  カモは、合計43羽。ヒドリガモが2ペア、ホシハジロのオスが2羽、ハシビロガモが6羽。他はキンクロハジロ。ハシビロガモが減りました。他には、オオバンが1羽、カルガモが2羽。ユリカモメは、今日は見当たりませんでした。初めに書きましたが、今日は、奥平屋敷跡にいたときに1回、吉之丸堀にある橋を渡っているときに1回、本丸跡を歩いているときに1回、雨宿り。折りたたみ傘は持っていたのですが、別に急ぐわけでもありません。奥平屋敷跡では大きな松の木の下で雨を避けていました。あと2回は、吉之丸堀の上にある四阿にて。

Img_7433c_20210304153801Img_7405c_20210304153801  鎮国守国神社で豊後梅を見ていたら、頭上から、聞いたような鳴き声。そばにあるセンダンの木のてっぺん近くにシメがいました。何かを食べている様子もあったのですが、何を食べているのかはよく分からず。

Img_7465c Img_7469c_20210304153801  辰巳櫓跡近くでジョウビタキのオス。外周遊歩道の南で、ツグミ。このツグミ、ミミズを引っ張っていました。右の写真でも、ツグミの足元にはミミズが写っていますので、苦手な方はご注意ください。

Img_7487c_20210304153801 Img_7500c_20210304153801  貝塚公園でもツグミばかり。例年、ツグミは一定数いたのですが、今年は少なかったのですが、今時分になって、貝塚公園にツグミが増えてきました。

Img_7520c_20210304153701  内堀公園でもツグミ1羽。このあと、アピタに立ち寄って、新書と文庫本を探したものの、欲しいものはありませんでした(結局、いったん帰宅した後、三洋堂書店へ行って入手)。常信寺、寺町へ。

Img_7577c_20210304153701 Img_7585c_20210304153701  寺町の河津桜。満開から、少し盛りを過ぎつつあります。ごく一部で葉桜となってきていました。今年もしっかり楽しんできたものの、まだまだ(苦笑)。

Img_7682c_20210304153701 Img_7606c_20210304153701  桜並木の根元のあちこちに、花がそのまま落ちているのを見ます。これは、スズメの仕業。メジロのように蜜が吸えませんので、花の根元を折り取って蜜を吸うので、このように花がそのまま落ちてしまうのです。今日も「現行犯写真」を撮ろうと思ったのですが、うまく行かず。

Img_7633c_20210304153701  ところで、非常勤先からメールが届き、卒業式、卒業記念パーティーを3月20日に催すものの、人数制限をするので、非常勤講師には案内を差し控えるということでした。教えた学生たちが巣立っていくのを祝いたい気持ちは十分にありますが、セレモニーは大の苦手。非常勤の立場では一度も出席したことはありません。しかし、「案内を控える」といわれると、ちょっと淋しい気もします。勝手なものだと一人苦笑しています。卒業する皆さんには、新型コロナのこともあり、大変厳しい世の中ですが、幸あれと願っています。

| | | コメント (2)

より以前の記事一覧