大学

2022年5月18日 (水)

絶好のウォーキング日和なのに……

Dsc_6452c  朝は12.4℃と肌寒い感じでしたが、日中は久しぶりによく晴れて、26.8℃と暑いくらいになりました。私にとっては、絶好のウォーキング日和ではありますが、残念ながら、今日は、江戸橋方面での仕事。いつも通り、桑名駅を8時40分に出る五十鈴川行き急行で出勤。江戸橋駅を12時42分発の名古屋行き急行で帰宅という、判で押したような行動パターン。写真は、帰りに江戸橋駅で撮ったもの。

Dscn5281c  出勤途中、車窓から見える景色も、田植が済み、青々としてきて気持ちよく感じられるようになりました。やはり、水田があり、稲が植わっている景色はいいものです。

Dscn5288c 1652837342516c  授業は、昨日も書きましたように、今日で5回目。これで1/3を無事に終了したはず。学生たちの出席率も約95%と好調。授業がおもしろくて出てくるというのであれば、それに越したことはありません(微笑)。だんだんと暑くなっていきますから、マスクをして1時間半話をするのが、苦行になっていきます。加齢効果もあるでしょうが、授業をして帰宅すると疲れたと思うようになりました。今年度は、出席票に氏名と日付しか書いていないというものが、ほとんどありません。まぁ、学生たちが、出席票に書いてくれる質問、感想、コメントを励みに何とか責任を果たしましょう。

Dscn5292c  非常勤講師控え室の前の軒下に、昨年、コシアカツバメがつくった巣が残っています。今年もコシアカツバメが来るかと思ったのですが、これまでのところ確認されず。それどころか、スズメが利用しているようです。助手の先生の情報でもスズメが出入りしていたそうですし、非常勤講師控え室前でスズメのヒナの鳴き声がよく聞こえていますから。今年は、また、去年校舎のところにあった巣にも、ツバメは来ません。ちょっと残念。

Dscn5293c  「こんなに天気がいいと、寄り道していかなくてはなりませんね」と助手の先生からもいわれましたが、もちろんです(微笑)。ちょうど干潮に向かう時間ですし。しかし、残念ながら、今日は、ご覧の通り、鳥はまったく見当たりませんでした。ウ~ン、これからの季節、志登茂川でのバードウォッチングは、難しくなります。

Dscn5299c  いささか余談。こちら、近鉄名古屋線の江戸橋駅。三重大学前という副駅名があり、急行停車駅で、利用者は少なくありません。

Dscn5301c Dscn5302c  最近、駅員さんがいなくなりました(調べたら、昨年9月から「改札口での窓口業務を廃止」とありました)。左の写真で、自動改札機に向かって右にインターフォンが設置されています。右の写真は、駅事務室の窓ガラスに貼ってあったもの。「定期券は発行しておりません」「用があるお客様は、インターフォンでお話しください」と書かれています。急行も止まり、利用者もそれなりにあるのに、こういう具合では、そのうち無人駅がデフォルトになるのかも、などと思ったりします。

Img_2510c Dscn5313c  ベランダ園芸のその後。サギソウは、今日で到着から1週間。今のところ、5鉢すべてが順調に成長しています。アサガオは、3鉢に種を蒔きましたが、こちらもすべて順調です。

Dscn5315c  「おつまみ枝豆」は、まだ芽が出て来ません。もうしばらく待ってみましょう。

| | | コメント (0)

2022年5月11日 (水)

2週間ぶりの江戸橋での仕事……サギソウが届きました

Dscn5261c  ゴールデンウィーク明けの水曜日で、2週間ぶりの江戸橋での仕事でした。学生たちも連休を挟んで、しかも2週間、間が開いていますから。授業に出てくるのも大変だったかも知れません。出席率は、約87%でしたが、これまでの授業を見る限り、これが普通のようです。今日で4回目の授業ですが、すでに3回、2回と欠席している学生もいます。ドロップアウトしてしまわないかとても気になります。ちなみに、今日は、朝早い時間の天気予報ではあまりよくなかったのですが、授業を終えて帰る頃からは晴れ来ました。助手の先生からは、「今年度は今のところ、天気に恵まれていますね」といわれました(微笑)。巡り合わせですが、ありがたい。

Dscn5264c  これまで何回も書いていますが、非常勤講師控え室の前にコシアカツバメの巣があります。最初は、普通のツバメの巣があったのですが、去年は、コシアカツバメがやって来て、このような徳利型の巣になりました。今年はまだツバメは見ていないのですが、助手の先生によれば、「スズメが出入りしているような気がします」ということでした。今日も、確かに近くの電線では、スズメのヒナのような鳴き声が聞こえてきていました。校舎棟にも、ツバメの巣があったのですが、今年はまだ来ていないようです。今頃来ていないとすれば、今年はツバメは来ない可能性が高い気がします(残念)。

Dscn5268c  授業が終わってから、いつものように寄り道したものの、潮加減はご覧のような状態。四日市港の潮汐表では、干潮が8時42分、満潮は14時28分。潮が満ちてくる途中で、志登茂川にいたのは、カワウ1羽のみ。サッサと江戸橋駅に向かいました(苦笑)。

Img_2288c_20220511184201 Img_2274c_20220511184201  ところで、今日のメインの話題は、「ベランダ園芸第3弾」。ネットで発注しておいたサギソウが、今日届くことになっていました。16~18時の配達を指定しておいたのですが、17時過ぎに届きました。植物をネット通販で買ったのは初めての経験で、どんな風に届くのか心配していたのですが、右の写真のように、厳重に梱包していただいてありました。昨年、育てるのに失敗しましたので、リベンジを図るということです。

Img_2277c_20220511184201 Img_2284c_20220511184201  緩衝材を取り除くと、こんな風です。合計で5鉢を購入(写真にはそのうち4鉢が写っています)。上左の写真のように、すでに芽が出て来ています。今日のところは、取り敢えず、梱包を解いて、受け皿に載せてベランダに並べ、水をやったというところまで。植え替えをするかどうかは、また調べて考えることにします。これで、枝豆、アサガオに続いて第3弾ですから、鉢の置き場所についてもよく考える必要がありますが、それはまた明日。

| | | コメント (0)

2022年4月27日 (水)

非常勤先で「揚げ雲雀」

Dscn5256c  朝方は雨でしたが、幸いなことに、出勤しようとした頃には上がりました(微笑)。ラッキーです。今年は今のところ、非常勤の日には降られていません。この調子で行きたいと強く願っています。気温は25℃ほどでしたが、ちょっと湿度が高い感じ。いつものように、桑名駅を8時40分に出る五十鈴川行き急行で出かけました。去年の今頃は、電車も空いていてほぼ必ず座れたのですが、今年は、四日市あたりまでは座れません。

Dscn5258c  授業の履修登録者名簿は連休明けでないと届きませんが、これまでの出席状況からは、36~7名と思っています。欠席者はいるものの、ごく少数。皆、熱心に聞いています。昔のように、私語があるとか、スマホをいじっているとか、飲食をしているという学生は皆無。まぁ、これくらいのクラスサイズでは、そういうことをしていたらすぐにバレますから(苦笑)。授業後、二人の学生が質問、相談に来て、非常勤先を出たのは12時20分を過ぎていました。

Dsc_6383cImage  今日は、帰りに津駅に行って、蜂蜜まんを買ってくるようにという指令が下っていました。連休に家内の実家に行くときの土産にするのです(冷凍しておけば大丈夫)。それ故、いつものように、志登茂川への道草はしていません。江戸橋駅に急いで、12時35分の津新町行き普通に乗って、津駅へ。津駅東口に蜂蜜まん本舗の売店が常設されているはず。なのでしたが、改札を出て、いつも売り場があるところへ行ったら、ご覧のような状況。ガ~ン!

Dsc_6382c  何と、水曜日は定休でした。うっかりしていたというか、定休日であるなどとはまったく想定外。しばし、この前で呆然としてしまいました。

Dsc_6390c  気を取り直してというか、津駅まで行っていると帰宅も当然遅くなりますから、駅ビル2階の津チャムで昼ご飯を食べていこうと思っていました。飲食店街には、まだ行ったことがない丼物の店や、サイゼリアもあったのですが、よく行く美濃味匠へ。弁当、総菜の店で、イートインができます。弁当を買ってイートインすると、味噌汁をサービスしてくれるのです。

Dsc_6385c Dsc_6387c  今日は、「お好み弁当 桜草」(税込み¥702)をチョイス。ご飯も白米とわかめご飯から選べましたので、わかめご飯にしました。結構人気がある店で、弁当や総菜を買っていく方も多く、また、私のようにイートインする方も入れ替わり立ち代わり。ちなみに、非常勤の帰りに、外食をしてきたのは、数えるほどしかありません。

Dsc_6394c 1_000000000546  昼食後、せっかくだからと津チャム3階の別所書店で新書や文庫本、三重県に関する本などを見てきましたが、これというものは見つかりませんでした。津駅発13時16分の名古屋行き急行で帰宅。桑名駅には、14時3分。いつもより1時間~40分遅い時間。いつぞやもそうだったのですが、津駅のホームで電車を待っている間に、駅ナカファミマで平治煎餅を買ってしまいました(苦笑)。平治煎餅が24枚、筒袋に入って、税込み¥540。どうということのない普通の煎餅ですが(桑名でいえばかぶら煎餅)、好みなのです。

Dscn5255c Dscn5249c  ところで、これを書いている時点では、出欠チェックを終え、Q&Aに着手したところです。非常勤先には、ツバメはまだ来ていません。グラウンドなどを普通のツバメが飛んでいるのは見るのですが、巣には来ていません。また、今日は、グラウンドで「揚げ雲雀」を何度も見ました。右は、証拠写真。助手の先生に話したら、たいそう驚いておられましたし、「先生、授業どころではありませんね」というご指摘(苦笑)。授業はきちんと行ってきました。

| | | コメント (0)

2022年4月20日 (水)

江戸橋での仕事、前期2回目……エレベーター・リニューアル工事の完了検査は未体験ゾーンでした(微笑)

Dscn5213c  よく晴れました。散歩日和なのですが、今日は、江戸橋方面での仕事。前期の2回目。いつものように早めに出かけ、非常勤先には9時半過ぎに到着。授業は2時間目で、10時半から12時。学生は30数名。前回授業の補足説明(Q&A)は、質問への回答だけでなく、学生の感想やコメントも取り上げていますが、これがお陰様で好評でした。ほかの学生が考えたことが分かって、見方や考え方が広がった、参考になったという感想が今日の出席票に書かれていました。

Dscn5205c Dscn5211c  先週も書きましたが、バードウォッチングもできる非常勤先です(微笑)。江戸橋駅を降りて、市営駐輪場の近くで、電線にツバメ。ツバメはよく飛び交っています。非常勤先近くには、住宅街が広がっています。そこによくいるのは、ハクセキレイ。今日もあるお宅の屋根にいました。気分よく、楽しみを持って通勤できます。

Dscn5220c  非常勤講師控え室の前にあるツバメの巣。去年、コシアカツバメがいましたが、今年はまだ見ていません。もう1箇所、校舎棟にも巣があります。助手の先生も、私の影響(悪影響?)を受けて、ツバメの巣を気にしてくださっていますが、今年はまだ見たという話はありません。授業の最後にちょっとだけ脱線させてもらい、野鳥写真を学生たちに見せてきました(微笑)。そのうち、道草や寄り道の効用も説こうと思っています。

Dscn5225c Dscn5221c  帰りは、いつものように志登茂川へ寄り道。上流方向(左の写真)には、何もいません。下流方向(右の写真)には、ダイサギが目に入ってきました。

Dscn5223c Dscn5229c  左の写真がそのダイサギ。餌を探しているように見えました。堤防道路を下流方向に行ったら、セグロカモメもいました(右の写真)。

Dscn5231c  さらに江戸橋に近いところでは、貝採りをしていると思われる方がお二人。ときおり見かけますが、プロの漁師さんなのか、趣味と実益で採っている方なのかは不明。

Dscn5233c  先日、初回の時に見てきませんでしたので、「江戸橋常夜燈」を見てきました。新年度の恒例行事と、個人的に&勝手に決めています。伊勢街道伊勢別街道との追分のところに立っています。津市内で最古の常夜燈で、安永6(1777)年に建てられたものです。

Dsc_6372c  帰宅したら、工事で出た廃材の搬出は、午前中に完了していたようで、お陰様でエレベーターは動いていました(微笑)。9階まで歩いて登る覚悟をしていたのですが、やはり楽チン。16時からは、「エレベーター・リニューアル工事完了検査」に立ち会ってきました。屋上(11階建て)にある機械室では、交換された巻上機や、新しい制御器も確認し、また、停電の際や、地震を感知した際のエレベーターの動作も体験するなど、まったく新しい経験でした。お叱りを受けるかも知れませんが、おもしろい体験ができました(微笑)。立場上、検査に立ち会ったのですが、むしろ役得だったかも知れません。「ヘェ~」「フゥ~ン」と感心してばかりいました。エレベーターは2基あり、もう1基は来月、リニューアル工事の予定。

| | | コメント (0)

2022年4月13日 (水)

非常勤前期初日は、無事に終了か?

Dscn5177c  江戸橋方面での非常勤の授業、前期の初日でした。桑名では27℃を越えましたが、津は24.5℃。しかし、ちょっと湿度が高かったようで、やや蒸し暑い感じでした。いつものように、桑名駅を8時40分に発車する五十鈴川行き急行に乗車。江戸橋駅には、9時22分に到着。非常勤先までは歩いて10分あまり。写真は、途中、近鉄の車窓から見える「長太(なご)の大楠」。樹齢1,000年を超えるといいますが、2020年の秋に落雷があり、樹勢が衰えているという話もあり、気になります(こちら)。

Dscn5184c  非常勤先には、9時半過ぎに着きます。授業は10時半からですから、かなり早いのですが、授業資料や、パソコンの作動を確認した後は、非常勤講師控え室でゆっくりさせてもらっています。左の写真で向かって右が教室棟、中央が図書館と研究室棟、左端が管理棟になっています。今日は、初回ですから、オリエンテーションと、学生たちの自己理解を促すために、社会的スキル尺度を実施。出席者は30名余り。小教室ですので、まあまあ。出席票に書かれた内容を見ても、反応は悪くない感じで、一安心。無事に終了したと思います。

Dsc_0058c  教室風景。今年度も、コロナ対策で、教卓は透明パネルで覆われています(苦笑)。学生たちとの間にバリアがあるような感じで、去年1年間も同じだったのですが、慣れません。窓とドアは、感染対策で常時開けてあり、換気できるようになっていますが、今日のようにちょっと蒸し暑いと、マスクをして1時間半しゃべるのは、けっこうな苦行。疲れますし、喉も渇きます。

Dscn5187c  出講する楽しみの一つに、ここではバードウォッチングができることがあります。非常勤講師控え室の前にツバメの巣があるのです。これは、コシアカツバメの巣。去年は、ここで子育てをしていました。他にもツバメの巣がありますし、グラウンドでは、ヒバリの鳴き声を聞いたこともあります。他にもハクセキレイ、ツグミ、モズなどがいたことも。何をしにいっているのか? といわれますが、仕事に行ったのに、趣味も楽しめるというありがたさ。

Dscn5194c Dscn5196c  12時に授業を終え、パソコンなどを片付け、出席票を受け取り、学生一人と話をして(聞きたいことがあるということで)、12時10分過ぎに非常勤先を出ました。駅に向かう途中、恒例の「道草」というか、「寄り道」(微笑)。駅に向かう途中、ちょっと入ると志登茂川に出るのです。ここで、鳥がいないか見てきました。これら2枚の写真は、上流方向。ダイサギらしき姿が3羽と、ガングロになったユリカモメが見えています。カモもいるようですが、種類は判別できず。

Dscn5199c  こちらは、下流の方向。江戸橋がかかっている方です。遠くに水鳥が見えますが、はっきりしません。冬(後期の授業に行っている頃)には、カモが何種類もいましたが、さすがにもう北の国に帰ったと思います。前期の間は、ここでバードウォッチングはあまり楽しめません。

Dscn5203c  帰りは、江戸橋駅を12時42分発の名古屋行き急行で、桑名駅には13時22分着。いささかお疲れですので、わが家のある9階まで階段を登るのはしんどかった(苦笑)。出欠チェックと、社会的スキル尺度の得点の集計だけ終了。Q&Aは、明日。明日は雨のようですし、ちょうどよい。

Dsc_0057c_20220413171001  オマケ。エレベーター・リニューアル工事で、エレベーターの中のパネルも一新されました。今までのものは、30年近く前のものでした。行き先階を押すボタンの位置がやや低くなりました。階数表示は液晶パネルになり、日付と時刻も表示されます。

| | | コメント (0)

2022年2月 2日 (水)

シメが地上に降りてエサ探し……レポートは閉め切られました

Img_7267c  相変わらず寒い日が続きます。今日の最高気温は、9.7℃。散歩している間は、よく晴れていましたが、午後からは雲も出て来ました。その散歩は、いつものように、7時半スタートで、住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀公園、紺屋町、新築公園から今日は、大央町を回って常信寺、御坊さん、寺町と6.7㎞。冒頭の写真は、七里の渡し跡にある松と、伊勢一の鳥居。

Img_7564c_20220202162901  今日のトピックスは、こちら。シメです。冬に九華公園に来る鳥で、そういう意味では珍しくはないのですが、何といっても今年はその数が少ない。さらに、地上に降りて餌を啄んでいるところは、今シーズン初めてでした。藤棚の柱に隠れて、数メートルまで近づいて撮りました(微笑)。

Img_7212c_20220202163001 Img_7245c_20220202163001  桑名七里の渡し公園で、ジョウビタキのメス。諸戸氏庭園でアトリを見て以来(2022年1月21日:諸戸氏庭園でアトリ、九華公園にはミサゴ)、この桑名七里の渡し公園のもっとも西の出入り口(諸戸氏庭園との境目)からあたりをチェックするようにしています。毎回いるのは、ヒヨドリくらいですが、ときどき、ジョウビタキやメジロなどもいます。住吉水門の内側には、ヒドリガモが26羽もいました。

Img_7248c_20220202163001  揖斐川には、カンムリカイツブリが点在。これも冬の風物詩といってもよいかも知れません。今日は、その数3羽。他には、中洲近くにキンクロハジロが2羽。そうそう、Img_7278c_20220202163001 最近は、揖斐長良川の中洲の「集合場所」にはアオサギは来ていません。三の丸公園で、メスのモズ。追いかけました(苦笑)。ツグミも2羽いたのですが、あいにくピンぼけ写真。

Img_7340c_20220202162901  柿安コミュニティパークで桜。やはり想像通り、柿安創業150周年記念の植樹でした。「感謝」と大きく彫られた石が填められ、これで完成のようです。まったく個人的には、九華公園に創業150周年に合わせて、150本くらい桜の木を植えていただいた方が、多くの方が感謝されるような気がします。

Img_7333c_20220202162901  コミュニティパーク西の堀で、こんなものが。パッと見た時は、「何じゃ、こりゃ?!」と思ったのですが、オオバンでした。カモがよくしているように、「お休み体勢」でいるのです。首を後ろに回して、嘴というか頭を羽毛の間に突っ込んでいます。オオバンがしているところは、初めて見ました。

Img_7381c_20220202165201  九華公園は、今日も静か。ヒヨドリが極端に少ないためです。しかし、今の時期、ヒヨドリたちは食べ物がなくて、困っているはず。相撲場あたりで、スズメ、メジロ、カワラヒワ。恒例により、奥平屋敷跡で鳥待ち。しかし、待てど暮らせど、今日は何もやって来ません。ずいぶん待った挙げ句、モズのオスが登場。カワセミは、今日は鳴き声も聞こえず。

Img_7368c_20220202162901 Img_7421c_20220202162901  久しぶりの登場ですが、奥平屋敷跡にある「九華すずめ食堂」。ここにまったくスズメが来なくなって、前管理人Oさんもずっと餌やりは中止しておられます。が、今日は、どなたかが白米をおいて行かれたようです。私がここに着いて、30分ほど経って、ドバトが白米に気づきました(ちょっと遅い気もします)。

Img_7431c_20220202162901  大賑わい。押し合いへし合いにはなりませんでしたが、それでもこんな風。この下にも白米がこぼれいていたのか、ドバトが10羽以上、餌を拾っていました。「九華ドバト食堂」、大賑わいの段。

Img_7462c_20220202162901 Img_7470c_20220202162901  カモは、合計68羽。ヒドリガモがⅠペアと、ハシビロガモが19羽(一部ダブってカウントしたかも知れません。よく動き回っていましたので)、キンクロハジロ。

Img_7579c_20220202162901 Img_7585c_20220202162901  ユリカモメは、33羽。右の写真のようなシーンも撮れました。目のあたりが痒かったようです。

Img_7592c_20220202162901  九華公園の外周遊歩道の南側でツグミ。ちょっと枝かぶりですが……。

Img_7616c_20220202162901  貝塚公園では、シロハラ。明るいところに出て来ていました。他には、メジロ、シジュウカラ、カワラヒワがいました。内堀公園では、カワラヒワとスズメ。常信寺の紅梅は、今日もまだ咲いていませんでした(微苦笑)。いち早く見たいという気持ちが押さえられないでいます。ちなみに、鎮国守国神社の梅はまだまだ。

Img_7222c_20220202163001  ところで、昨日がレポートの締切でした。23時58分に届いたものもあります。期限までに届いたのは、90.7%でした。ということは、未提出者があります。もったいないと思うのですが、期限までに届かないものは仕方ありません。取り敢えず、文字数が指定に収まっているかをチェック。約40名分をこれから読んで、成績をつけます。われわれの学生時代は、優・良・可・不可でしたが、今は、秀・優・良・可・不可で評価。成績提出締切は、2月17日ですが、なるべく早めに終えたいと思っています。明日の午前中は、リモートで会議。散歩に行きたいところですが、午後からでしょうか? 午後は風が出てきたり、曇ってきたりするのが多いので、どうでしょう? 写真は、住吉神社の常夜燈。西側から撮っています。今朝の写真。太陽は、常夜燈の火袋の向こうにあるのです。

Img_7642c_20220202162901  オマケ。スイセンの花。内堀公園にて。九華公園の奥平屋敷跡の南西の端にもあったはずですが、今年は咲きません。ヒガンバナ科で、鱗茎があって、多年にわたって咲くはずですが、抜かれてしまったのでしょう。

| | | コメント (0)

2022年1月31日 (月)

カワセミにミサゴで上出来のバードウォッチング

Img_6700c_20220131191301  早くも1月の末日になりました。ついこの間、正月だったのに、と毎年同じようなことを思います。進歩がないのかも知れません(苦笑)。非常勤の授業のレポート締切の前日です。今日19時現在で、提出率はほぼ50%に達しました。ただ、Wordのファイルまたはテキストファイルでメールに添付して提出と指定したにもかかわらず、pdfやGoogle Docsで送ってくる学生がいたり、レポートのファイルを添付しただけで、メール本文に何も書かずに送ってくる学生がいたりで、けっこう大変です。その都度「教育的指導」を入れていますので、余分な手間がかかります。

Img_6696c_20220131191301  散歩はいつも通り。このいつも通りというのが、重要(微笑)。7時半から住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀公園、紺屋町、新築公園、常磐町、常信寺、寺町と回って6.2㎞。九華公園の奥平屋敷跡に行くまでは、あまりパッとしませんでしたが、それ以降はなかなかでした。散歩友達にもたくさん会うことができました。

Img_6200c_20220131191301 Img_6030c_20220131191401  まずは、カワセミ。九華公園の奥平屋敷跡に登場。最近、ここによくやって来ます。奥平屋敷跡での鳥見をそろそろお開きにしようかという9時頃にやって来ました。ダイビング1回を披露し、たぶん海老を捕まえて、食べていました。ただし、逆光で光ってしまい、はっきりとは写っていません(右の写真)。

Img_6369c  さらに、貝塚公園に向かおうと、九華公園外周遊歩道の東側を歩いていたら、ミサゴがやって来ました。いったんは東の揖斐川方面に飛び去ったものの、再度登場。10分あまりいた間に、ダイビングを1回したのですが、魚を捕るのには失敗。しかし、私のいたところの上空を何度も旋回してくれたので、まあまあの写真を撮れました。

Img_5911c_20220131191401 Img_5915c_20220131191401  さて、話を元に戻します。諸戸氏庭園からはウグイスの地鳴きが聞こえていました。住吉入江にはオオバンが1羽いたのみ。揖斐川、川面は静かでしたが、水鳥は少なく、カンムリカイツブリが1羽。七里の渡し跡には、ヒドリガモのオスが2羽、メスが3羽。三の丸水門のところには、コガモが12羽(左右の写真)。

Img_5946c_20220131191401 Img_5952c  九華公園、今日もヒヨドリはほとんどおらず、静かです。北門から相撲場あたりでは、カワラヒワや、メジロ。シジュウカラの鳴き声も聞こえてきたのですが、姿は見当たりませんでした。ジョウビタキのオスも見たものの、写真は撮れず。

Img_6270c_20220131193701 Img_5938c_20220131191401  カモは、合計76羽。ハシビロガモ(右の写真)は16羽もいました。ヒドリガモは2ペア、他はキンクロハジロ。オオバンも1羽。

Img_6274c  ユリカモメ、合計15羽。今日は餌をくれる人もなく、二の丸堀の西側に降りたり、野球場の外野フェンスの上で休んでいたり。

Img_6000c_20220131191401  奥平屋敷跡では、上記のようにカワセミが来たほか、モズのオス。他には、ハシボソガラスが巣の材料にするのか、木の枝を咥えて飛んでいきました。ヒヨドリは2羽くらい来ただけ。このあと、外周遊歩道の東側でミサゴを見て、貝塚公園へ。

Img_6500c_20220131191301 Img_6558c_20220131191301  貝塚公園では、期待した以上の鳥果でした。公園に着いてすぐ、目の前をモズのオスが飛んでいったのです。追いかけて、追いかけてようやく、左の写真。さらに、公園の北西エリアで、ツグミ。このところ、貝塚公園で割とよくツグミを見るようになりました。ただ、その一方で、シロハラを見なくなって、ちょっと残念。

Img_6585c_20220131191301  内堀公園でベンチで休んでいたら、ジョウビタキのオスが姿を見せました。初めはちょっと離れたところに出て来たのですが、少しずつ移動して、数メートルのところに。さすがに人懐っこい鳥。こちらを十分に意識しているように思えてなりません。新築公園には何もおらず。

Img_6630c_20220131191301 Img_6638c_20220131191301  常信寺には、紅梅が咲いていないかと思って立ち寄ったのですが、まだでした。もうじき綻びそうなのですが、なかなか。期待が高すぎるのかも知れません(苦笑)。私には、せっかちなところがあるのです。ミツマタもつぼみの状態が続いています。

Img_6653c_20220131191301 Img_6681c_20220131191301  寺町交差点からほど近い、住吉入江の南端では、オオバン。玉重橋まで来たら、ツグミが出てきました。このツグミ、拙宅マンション東の住吉入江沿いにある植え込みによくいるツグミと思います。そっと近づくと、3メートル以内くらいまで行けます。

Img_6141c_20220131191401  冒頭に書きましたように、明日がレポートの締切。これから残り50%ほどのレポートが、怒濤のように届くはず。指定通りの書式で届いたものには、すべて「確かに受け取った」旨の返信をしていますし、指定に従っていない場合には修正を指示するメールを送っています。試験をするよりも手間がかかるのですが、まぁやむを得ません。ただ、小声で言いますが、レポート提出にしたので、この分はただ働きかも(苦笑)。試験をすれば、採点をする時間の分はともかく、監督に行く1コマ分の謝金は出るのです。などと書いておくと、レポートの分も忖度して謝金を支払ってくれないでしょうか??

| | | コメント (0)

2022年1月14日 (金)

またもや大雪……「風雲急を告げる」が現実に【追記しました(1/14)】

Img_6744c_20220114114001 Img_6643c  夜半から午前中まで雪という予報通りでした。予想外だったのは、三重県北部地域に、またもや大雪警報が発令されたこと。最大では、20cm近く積もったかも知れません。左の丸ポストは、諸戸氏庭園の主屋前にあるもの。8時10分頃、ゴミ出しと郵便を投函に行ったときに撮った写真。雪帽子を被ったような印象。右の写真は、朝5時過ぎに朝刊を取りに降りていったときに撮った、拙宅マンション内のプレイロットの様子。こんなに積もるとは思いもしませんでした。正午前のニュースでは、四日市で8㎝、いなべ市北勢町で22㎝の積雪といっています。

Img_6693c_20220114114001Img_6707c_20220114114001  これら2枚の写真は、8時少し前の様子。このときはさほど降っていませんが、雪は断続的に降っており、また、時々はかなり強く降ったりしました。いつもの時間の散歩は、固く禁じられました(苦笑)。

Img_6794c_20220114120601  11時頃には雪も上がり、よく晴れてきました。雨雲レーダーを見ると、まだ少し、琵琶湖から伊吹山の南側を通って、雲が流れてくる様子が見えますが、もう雪は大丈夫でしょう。

Img_6800c_20220114114001  ところで、昨日、「風雲急を告げるというか、予断を許さないというか、そういう状況になってきました」などと書いたのですが、それが現実になってしまいました。10時前、非常勤先からメールがあり、「1月17日(月)から31日(月)まで、対面授業は実施しません。なお、最終週に試験などが予定されていた科目もあろうかと思いますが、すべてレポートなどでの代替手段を講じることになります」という連絡がありました。三重県では、県独自の「感染拡大阻止宣言」も発出されていますから、やむを得ないかも知れません。ただ、急といえば急なことですから、達成感が得られない感じでいます。学生たちも、中途半端で放り出されたような気持ちになっているのではないかと心配します。きちんとしたレポート課題を考えないといけませんが、それは詳細についての連絡が来てからの仕事。

Img_6804c Img_6718c_20220114114001  オマケ。久しぶりに印税をいただきました。退職して11年目になるのに、です。2009年、退職する2年前にF村出版さんから出た「新 医療と看護のための心理学」の重版500部の分です(微笑)。珍しく「普通為替」ですから、郵便局に行かねばなりません。最後の2枚の写真、左は11時過ぎ、右は8時前。諸戸氏庭園の同じあたりを撮ったもの。

【追記(1/14 16時)】 詳細についての連絡が来てからレポート課題について考えるなどとのんびりしたことを書いていたImg_6754c_20220114114001 ら、何と、先ほど15時過ぎに早くもその連絡が来ました。それへの回答は、あのGoogle Formで。いやぁ、遠隔授業が行われるようになってから、非常勤の仕事関係では、このGoogle Formで調査、回答というのが活用されています。レポート課題、字数、締切を決め、学生諸君から直接メールで送ってもらうことにしました。今週の授業の補足説明の配布をどうしようかと迷っていたのですが、このレポート提出への返信&確認のメールに添付してデジタルデータで配ることにします。便利です。まだ、何とかついて行けています(爆)。しかし、表現が悪いのですが、今日は、このドタバタのうちに過ぎた感じ(苦笑)。写真は、諸戸氏庭園前にあるマイソメイヨシノが雪化粧したもの。

| | | コメント (2)

2022年1月12日 (水)

道草でウミアイサ……ツグミも増えてきたか?

Dscn5112c  今日から金曜日にかけては今シーズン最強の寒波襲来だそうです。朝、我が家あたりでは雪が降っていました。出勤の時間帯には、「吹雪」というともちろん大げさですが、そんな感じ。クルマで駅まで送ってもらったのですが、外に借りている駐車場に行くまでに、自分が真っ白になったくらい(苦笑)。最高気温は、5.9℃。

Dscn5119c  水曜日ですので、江戸橋での仕事。助手の先生や、同じ時間に講義に来ていらっしゃる非常勤の先生と「水曜日になると寒くなりますね」という話をしていました。以前は、「水曜は雨」というジンクスがありましたが、新たなジンクスができたのかも知れません。などと書いていると本当になりかねません。Q&Aのスライドで、一部ミスがあったものの、ほぼ大過なく終えられたと思います。残りは2回になったのですが、今日の三重県の新型コロナウィルスの感染者数は、一気に増えて111名。非常勤先からも、後期終了まで対面授業を続ける方針ではあるものの、2月に入ってからの補講は中止し、感染状況によっては最終週の講義は中止もありえるという連絡が来ています。最終週は、試験を予定していますから、これが中止になると困ってしまいます。う~ん、この連絡で、最後まで無事に授業が行われるよう、祈る気持ちになってきました。

Dscn5126c  さて、いろいろと気になることはありますが、仕事が終わった後は、道草というか、寄り道というか(微笑)。これ、かなり楽しみなので、やめられません。今日は事前に潮汐表を確かめなかったのですが、志登茂川に行ってみれば、写真のような状況。四日市港の潮汐表では、6時57分に干潮で、13時16分に満潮となっていましたから、満潮の1時間くらい前。

Dscn5131c  これはダメかと思ったものの、こちらに遭遇。後頭部がボサボサなので、ウミアイサと思います。まさか、ここで見られるとは思ってもいませんでした。メスなのか、若鳥なのか、もう少し調べたいと思っています。

Dscn5127c Dscn5137c  志登茂川の上流方向には、ユリカモメが浮かんでいました(左の写真)。下流の右岸の堤防には、コサギ、オナガガモ、マガモなどが上陸してお休み中(右の写真)。

Dscn5141c Dscn5135c  邪魔をしないよう、堤防道路の端っこを歩きながら、時々川を見下ろしていました。オナガガモ(左の写真)と、マガモのオス(右の写真)。

Dscn5133c Dscn5151c  キンクロハジロも川の中程に浮いていましたし、数は少なかったものの、ヒドリガモも見られました(右の写真)。このあたりでもっとも多いカモは、今日は、オナガガモ。キンクロハジロとマガモはせいぜい数羽、ヒドリガモは10羽足らずでした。

Dscn5147c  左岸には、セグロカモメらしき姿も見えます。という次第で、「ダメか」と一時は思ったものの、ウミアイサを見られ、結果オーライ。やはり、実際に見に行ってみないと分かりません。

Dscn5160c_20220112200901  ところで、今日は非常勤先のグラウンドや、近くの住宅街でも、桑名駅から自宅までの途中でも、それぞれ複数のツグミを見ました。地上に降りてきていたものもいましたが、大半は、写真のように電線に止まっていたり、屋根にいたりしています。ようやくツグミも増えてくるかも知れません。明日以降の散歩のときによく見てくることにします。

| | | コメント (0)

2022年1月 5日 (水)

小寒らしき1日……新年第1回目の非常勤

Dscn5050c Dscn5097c  今日も冷えました。最低気温は0.5℃、最高気温は7.2℃。午前中は風は弱かったのですが、江戸橋での仕事を終えて帰る頃からは、5m/s前後のかなり強い風で、寒さが身にしみました。今日は、二十四節気では「小寒」で、それらしい日ということです。新年第1回の非常勤の授業。出席率は、77%を越え、一安心。この77%も、当初の受講登録者数に対する比率です。これまでに欠席回数超過で、失格とせざるを得なかった学生がいますので、それを除くと93%となります。これなら、上出来(微笑)。今日で、トータル12回目が終了。残すところは、試験1回を含め、3回。この後期も無事ゴールに達することができそうです。

Dscn5052c  今日の授業も無事に終え、いつものように、志登茂川へ道草(微笑)。ちなみに、新年の中日新聞朝刊で、「道草」という連載記事がありますが、我が意を得たり。横道にそれますが、1月3日の第1回記事には、長野県伊那市の伊那中学校では、春秋の年2回、「道草の日」があると書かれていました。当初、生徒たちは「まっすぐ帰るように」と指導されてきたため、「どう道草すればよいのか」と戸惑ったそうです。私が教えている学生たちにも、ときどき「道草」や「寄り道」を勧めています。まれに「志登茂川を回って帰ることがあって、その時、水鳥がいた」などとコメントを書いてくれる、頼もしい学生もいます。

Dscn5054c Dscn5066c  さて、おぼろタオルの工場の脇から堤防に上がったら、もっとも近いところにいたのは、数羽のコガモたち。よく見ると、遠いところにも少しいました。

Dscn5056c Dscn5071c  上流側の合流地点あたりには、ユリカモメの集団。その向こうにも点々といます。右岸の堤防に近いところにも数羽のユリカモメ。

Dscn5089c Dscn5092c  さらに、オナガガモもあちこちにいますし、左岸の方には、セグロカモメらしき姿も。写真は、ちょっと横を向いたところで、ご愛敬。

Dscn5088c Dscn5085c  ホシハジロもオス、メスともにいましたし、キンクロハジロも今日は見られました。なかなかいろいろの種類がいます。

Dscn5093c 近いところにはほとんどいなかったのですが、ヒドリガモも。10分あまりの道草バードウォッチングですが、なかなかの鳥果でした。

Dscn5044c  ところで、小寒ということですが、我が家からも雪化粧した山がよく見えました。こちらは、朝出勤するときに見えた藤原岳。我が家の方を向いている東の斜面は、太平洋セメント藤原鉱山となっていて、石灰石が採掘されて、山容が変わるほどですが、そこにかなりの雪。

Dscn5101c  名古屋駅方面を見ると、日本アルプスの山並みと思われる山々が白くなっているのが見えます。さらに北の方を見ると、木曽御嶽山や、乗鞍岳も冠雪しているのが見えます。眺めはよいものの、こういう眺望が利くときは、冷えたときなのです。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧