花・植物

2022年9月27日 (火)

やっとモズがやって来ました

Dsc08563c Dsc08556c  曇りのち雨という予報です。雨は夕方くらいからの見込み。最高気温は、29.7℃。湿度が高いようで、今日も蒸し暑くなっています。いつも通り、7時半から散歩へ。住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀南公園、外堀、入江葭町、吉津屋町、京町、寺町と6.3㎞。冒頭の写真は、住吉神社。昨日と同じく、揖斐長良川の中州には、ダイサギが1羽見えました。が、昨日よりさらに小さいので、写真は割愛。右の写真は、住吉ポンプ場のところにいたハクセキレイ。

Dsc08597c_20220927143501  住吉水門のところを通ったら、アオサギが飛び立ち、川口水門へ。七里の渡し跡から幡龍櫓を回って、川口水門の下流側から覗いてみたのが、左の写真。若いアオサギさん。揖斐川あたりでときどき見るアオサギのように思います。このあと、柿安コミュニティパークから九華公園へと向かう途中で、何カ所かからモズの鳴き声が聞こえてきました。が、その姿は見つけられず。

Dsc08681c_20220927143501  九華公園では、いつものところにアオサギさん。今日は後ろ姿。視線を左に向けたときにパチリ。このときも、モズの鳴き声が聞こえ、近くの相撲場のところにエゾビタキ1羽と、エゾビタキかコサメビタキかがもう1羽。写真は撮ったものの、遠くて、曇っていて暗い写真。これも割愛。

Dsc08716c  奥平屋敷跡を歩いていて、立ち止まって堀の方を見たら、目の前にイソシギ。しばらく、気づかれませんでした。近くにいた散歩友達のYさんを呼んで、二人で観察。Yさんは、イソシギは初めて。「シギというから、もっと大きな鳥かと思った」そうです。奥平屋敷跡では、ムシクイらしき鳥も来たものの、はっきりとは確認できず。その後、ヤマガラ、ハクセキレイ、ドバトなども登場。ヤマガラははっきり見たものの、写真は逆光で真っ黒(笑)。

Dsc09073c Dsc08938c  朝日丸跡を歩いていたら、ヤマガラとシジュウカラの混群が登場。ヤマガラ3羽ほどと、シジュウカラ5~6羽。シジュウカラには、右の写真のように若者が混じっています。昨日見た混群と同じグループかも知れません。また、今年はヤマガラの当たり年のような気がしてきました。

Dsc09343c  このあと、二の丸跡の方に散歩友達のSさんが来たので、そちらへ行って話していたら、頭上から本日の真打ちの鳴き声が聞こえてきました。そう、モズです。ようやく姿を見られました。オスのモズが、松の木のてっぺんに来て高鳴き。縄張り宣言ですが、しばらく鳴いて、南の方へ飛んでいきました。モズは、さらに鎮国守国神社の境内でも2羽を目撃しました。

Dsc09427c_20220927143401  Dsc09439c_20220927143401 アーちゃんは、今日も野球場南の堀のところでお休み中。マッタリしています。九華公園の外周遊歩道、二の丸橋の袂・南側にやっとヒガンバナが咲いてきました。以前はもっとたくさんあったのに、パラパラとしかありません。

Dsc09444c  貝塚公園で見たモズの証拠写真(苦笑)。オス。九華公園の二の丸跡から南に飛んだモズがいましたので、それかも知れません。

Dsc09530c  余談。今日は、散歩中と、昼ご飯のあとに珍しく電話がかかってきました。1日に2回もというのは、ほとんどないのです。散歩中の電話は、マンションの管理会社から。昼ご飯のあとは知人から。「小1の男の子で、ひらがなが書けないが、何か良い教材は?」という相談。ひょっとしてと思って状況を確認したら、発達性読み書き障害の可能性が高いと思われました。筑波大学にいらした宇野彰先生によれば、7~8%のお子さんに何らかの程度の読み書きの苦手さがあるそうです。しかし、世間では、自閉スペクトラム症や、ADHDほどは認知されていません。学校の先生方の間でも広く知られているとはいいがたい状況で、苦しんでいるお子さんはたくさんいると思います。中には「自分はバカだから読んだり、書いたりできない」と思い込んでいることもあります(私の経験でもそう思っているお子さんは少なからずいました)。以前、マイブックスに紹介しました「うちの子は字が書けないかもと思ったら」などの本が分かりやすいと思います。

| | | コメント (0)

2022年9月25日 (日)

貝塚公園でエゾビタキ

Dsc06748c  今朝は、最低気温が16.8℃と寒いくらいでした。散歩をしていた10時頃までは、曇天。その後晴れて来て、日中は28.5℃。いつものように、7時半から散歩。長島方面に行くことも考えたのですが、曇っていたので、いつものコースへ。これだけ涼しければ、野鳥もいるだろうと期待したのです。住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀南公園、外堀、入江葭町、紺屋町、南魚町、田町、三崎通と6.3㎞。

Dsc06761c Dsc06820c  住吉神社から三の丸水門に行く途中、揖斐長良川の中州を眺めますと、ダイサギとアオサギが、計2羽ずついるのが見えました。左の写真は、住吉神社から見てやや東北の方角。ここには以前は、たくさんのアオサギが集まったところですが、この2~3年はそういう光景は見られなくなりました。

Dsc06868c  九華公園で、まずはアオサギさん。今日は、神戸櫓跡にある高い松の木のてっぺんにいました。九華橋の近くの樹上に来るのと同じ個体と思うのですが、たまにこちらにいます。何か理由があるのか、気分によるのかは不明。奥平屋敷跡では、3周もしたのに、ドバト、キジバト、ヒヨドリしかいませんでした。

Dsc06883c  鎮国守国神社の境内も、今日は静か。土曜日の台風で、社の裏側には、さらにたくさんのギンナンが落ちていました。カワウも、カメも、カルガモもいません(苦笑)。

Dsc06919c Dsc06947c  公園の外周遊歩道の東側で、ようやくコゲラとシジュウカラを見つけました。ただし、曇っていましたし、よく動きますので、ようやく捉えたのがバレバレ。

Dsc07174c  貝塚公園では、ヤマガラや、シジュウカラの混群に出会ったのですが、このときは写真は撮れず。その後、四阿の方へ行ったら、小型の灰色っぽい野鳥が飛ぶのに気づきました。そっと追いかけたら、こちらのように、エゾビタキでした。

Dsc07406c Dsc07462c  その後、また、ヤマガラやシジュウカラに遭遇。合計10羽近く。公園の東側のエリアにて。かなり高いところで、どちらもエサ探しをしていました。これもなんとか撮ったというだけです(苦笑)。

Dsc07541c_20220925145301  という風で、期待した割に鳥果は上がりませんでした。しかし、そろそろモズがやって来る頃ですし、これからが本番です。今週は、9月も最終週。水曜くらいには、来週から始まる非常勤の講義のレジメ原稿を送って印刷をお願いしなければなりません。金曜午後は、また歯科治療に行かねば。

| | | コメント (0)

2022年9月21日 (水)

九華公園でコサメビタキ……桑名市博物館で秋季企画展「秋、ものや想ふ」を見てくる

Dsc05634c  日中は27.3℃になりましたが、朝は、なんと18.8℃。涼しいというか、肌寒いくらいでした。一気に秋になった感じ。いつものように、7時半から散歩へ。住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀公園、桑名市博物館、京町、常盤町、御坊さん、寺町と6.3㎞。涼しくなったから、今日こそ鳥が出てくるか、と期待しましたが、さてどうだったでしょう?

Dsc05674c Dsc05725c  住吉神社の前から長良川河口堰の方を見たら、ダイサギらしき姿。超証拠写真(苦笑)。遠すぎます。このほか、コサギが1羽、通過していったのですが、気づくのが遅れ、上手く撮れず。ずっとあまり鳥はおらず、柿安コミュニティパークで、ハクセキレイが1羽。

Dsc05919c  九華公園では、アオサギさんは、神戸櫓跡の松の木のてっぺんに。この色模様からすると、いつもは九華橋の近くの樹上にいるアオサギさんと思います。今日は、ヒヨドリがけっこうたくさんいました。涼しくなって戻ってきたように思います。

Dsc05895c  奥平屋敷跡も静かで、ハシボソガラスが2羽いたのみ。しばらくすると、南東側のエリアに小型の野鳥。コサメビタキ。スズメより小さく、13㎝。夏鳥として日本に来ます。九華公園では、9月から10月初めくらいに見ることがあります(たとえば、2021年10月5日:九華公園でコサギとコサメビタキ……貝塚公園も重点観察地域に勝手に指定(微笑))。去年は、9月の終わりから10月初めにかけて滞在していました。しばらくいてくれると嬉しいところ。

Dsc06150c Dsc06254c_20220921170301  ほかには、神戸櫓のところでシジュウカラの群れ。5~6羽くらい。若者と成鳥とが入り交じっていました。かなり高いところを移動していましたので、見上げて写真を撮っていたら、首が痛くなりました(苦笑)。

Dsc06262c_20220921170301  カルガモのアーちゃん(たぶん)は、野球場の南の堀のところにいました。久しぶりに見ました。このあと、貝塚公園にはハシボソガラスしかいませんし、内堀公園ではヒヨドリとスズメ。

Dsc06319c Akimonoposter  桑名市博物館。9月10日から10月10日まで秋季企画展「秋、ものや想ふ―中世もののふ物語をそえて―」が開催されていますので、これを見てきました。今回の展示は、とくに紅葉と月が取り上げられています。月を眺めてもの想うのは、昔から変わらないようで、名歌、名画がたくさんあります。唐の都から大和を偲んだ阿部仲麻呂を描いた「望郷図」や、月明りに見える故郷の道に想いを馳せる「いつか来た道」などが出品されています。また、「もののふ物語」に関連しては、平家物語や北条時頼・曽我兄弟などの逸話を題材にした絵画を見ることができます。2階では、「北村けんじ―ぼくがサムライになった日―」と、「刀剣セレクション3―四日市市立博物館所蔵刀剣より―」とが併せて開催されています。北村けんじさんは、地元・多度の小学校教員を務めながら、児童文学作家でもありました。『ぼくがサムライになった日(金の星社、1983年)』、『うりんこの山(理論社、1968年)』などの作品があります。右の画像は、桑名市博物館のサイトからお借りしました。

Dsc06321c_20220921170201  こちらは、いつも博物館1階に展示されている、1点だけ撮影可能な出品。「短刀 銘 村正」とあります。村正の特長としては、薄い重ねや、表裏そろいの刃文、ふくらの枯れた刃先、茎(なかご)がたなごといったことがあります。この短刀は、重ねが厚く、切っ先の肉付きもあって、がっしりとした印象があり、村正の特長から外れるところもあるものの、全体的には村正のと口調を備えているそうです。2階の「刀剣セレクション3」では、「刀 銘 河内守国助」の刃文が印象的でした。

Dsc06330c Dsc06332c  昨日からお彼岸になりましたので、御坊さんにお参りしてきました。わが家は真宗大谷派で、実家の方に檀那寺はあるものの、遠いので、最近は御坊さんにお参りしています。 

Dsc05804c Dsc05963c  ヒガンバナ。あまり代わり映えはしませんが、アングル、背景など、ちょっとだけ工夫しています。

Dsc05715c  明日は、朝から雨の予報で、金曜も1日雨となっています。「晴歩雨読」ですから、サボっている管理組合の仕事や、非常勤の講義のレジメでもつくることにしましょう。ウォーキングは、土曜以降に延期せざるをえないでしょう。

| | | コメント (0)

2022年9月20日 (火)

シロバナヒガンバナ

Dsc05161c  台風14号、結局、わが家あたりではさほどの雨は降らず、風が強かったということで、被害はありませんでした。ただ、市内では高齢の女性お二人が、風にあおられてケガをなさったというニュースが流れていました。さらに、風は吹き返しの風の方が強くて、今日の11時には最大風速10.2m/sを記録しています。天気は、台風一過のすっきりした青空とは行きませんでしたが、最高気温は27.6℃で過ごしやすい。

Dsc05167c  朝は家事を済ませ、8時20分から散歩。住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀南公園、外堀、入江葭町、吉津屋町、新築公園、京町、南魚町、田町、三崎通、桑名七里の渡し公園と5.9㎞。台風の後には、「珍しい鳥が、強風で飛ばされて来たり、風から避難したりしてきていないか?」と期待するのですが、今までそんなうまい話はありませんでした。もちろん、今日も。むしろ、鳥は少ないのが実際。この写真は、木曽御嶽山。

Dsc05227c Dsc05283c  柿安コミュニティパークでハクセキレイ。ほかにはムクドリが多数集まっていました。九華公園には8時40分ころ到着。いつものアオサギさんも、さすがにこの強風で来ていませんでした。鳥も概して少なく、スズメ、ドバトくらい。散歩友達もいません。

Dsc05363c Dsc05500c  鎮国守国神社の境内でシジュウカラやコゲラの鳴き声。探すと、九華招魂社の方にいました。左の写真は、シジュウカラの若者。右は大人。10羽弱の群れでした。

Dsc05348c_20220920154401  そこにコゲラも混じっていました。2羽いたと思います。この写真は、そのうちの1羽。

Dsc05309c Dsc05313c  九華公園内では、台風の影響で、木々の枝が折れて落ちていたり、葉っぱが散っていたりしています(左の写真)。桜も松も老木が多いのです。右は、鎮国守国神社の本殿の裏手。イチョウの木が何本もありますので、ギンナンが大量に落ちています。

Dsc05541c  九華公園の外周遊歩道の東南を歩いたら、二の丸堀の橋の向こうにダイサギが来ているのが見えました。歩いていたところからは、150メートルほど先。「これはチャンス!」と思ったのですが、走ると危ないので、早足(苦笑)。しかし、写真に写っているにの丸橋のところに行った時には、すでにダイサギの姿はなし。残念。残念といえば、鎮国守国神社にお参りして、再び北門の方から社務所裏の堀に行った時に、カワセミが飛んだのですが、見失いました。この後、貝塚公園にはハシボソガラスしかいませんでしたし、ほかの公園ではスズメくらい。

Dsc05554c_20220920154301 Dsc05602c  田町から三崎通あたりの県道613号線沿いには、ヒガンバナ、シロバナヒガンバナが毎年咲きますので、見てきました。2箇所くらいにシロバナヒガンバナが咲いているのを見つけられました。

Dsc05196c  午後からは歯科受診。まだしばらく通わなければなりません。明日までは天気は良さそうですが、その後木曜からは雨模様。金曜にウォーキングに行こう時計隠しているのですが、ちょっと無理かも知れません。

| | | コメント (0)

2022年9月18日 (日)

雨の止み間に散歩……ヤマガラ、キセキレイにイソシギ

Img_1572c_20220918153201  大型で猛烈な台風14号が気になります。14時現在、屋久島付近にあり、北北西へ毎時20kmで進んでいるそうです。中心気圧は930hPa、中心付近の最大風速は45m/sと、やはり伊勢湾台風並の強さです。東海地方には、明日の夜から明後日の朝、最接近する見込みで、警戒が必要です。今朝は、7時頃まで雨。その後もYahoo!天気を見ていると、「○分後から雨が降ります」という表示で、散歩を迷っていましたが、8時半頃には青空も見えてきて、1時間くらい、雨は大丈夫そうでしたから、思い切って歩いてきました。住吉神社、九華公園と歩き、九華公園で、空模様が怪しくなってきましたし、また、30分後から雨ということで、引き返してきました。結局、住吉神社まで戻ってきた辺りから雨に降られました(苦笑)。冒頭の写真は、住吉神社から見た東の空。

Img_1460c_20220918153201 Img_1510c_20220918153201  散歩に出てすぐ、諸戸氏庭園でヤマガラ、シジュウカラ、コゲラの鳴き声や、木をつつく音が聞こえてきました。見ていると、住吉入江沿いのソメイヨシノの木に出て来ましたので、ちょっと引き返して撮影。このときは、曇天で、枝かぶりなども多く、証拠写真です。ヤマガラは少なくとも2羽、シジュウカラは5~6羽。

Img_1526c_20220918153201  こちらはコゲラ。コゲラは1羽しかいなかったようです。思い切って出て来て良かったと思ったのですが、雨に濡れると嫌でしたから、持ってきたカメラは、超望遠コンデジ(Canon Poweshot SX65HS)。曇天で少し暗いと、このくらいの写真になります。

Img_1586c_20220918154201  台風襲来に備えて、揖斐川沿いの水門は全て閉じられています。ここは、川口水門。七里の渡し跡があるところ。天気は怪しいのですが、私のように、散歩の虫がウズウズする人はやはりいらっしゃるようで、何人か歩いたり、ランニングしたりしておられました。

Img_1689c_20220918153201  九華公園には8時50分に到着。北門を入ってすぐの堀にカワセミ。堀に落ちた木の枝に止まっていました。木の陰に隠れて接近しようとしたら、逃げられました。残念。代わりに、小型の黄色い野鳥が堀の対岸に見えます。キセキレイでした。川の中流~上流部でよく見られ、九華公園では年に1~2回見ます。ラッキーでした。

Img_1708c_20220918153201  九華橋近くの樹上に来るアオサギさんも、いつも通りにいました。毎日、ほぼ必ずいてくれますので、まさにバードウォッチングの「救いの神」です。

Img_1817c_20220918153201  奥平屋敷跡で、散歩友達のWさん。私と同じで、空模様を見ながら、散歩に出ようかどうしようか迷っていたといいます。ここの南側で、イソシギ。つい先日も、2回ほど見ました。過去にも1回見ると、数日間、滞在していたと思います。冒頭に書きましたように、この辺りから風も強くなり、空模様もかなり怪しくなってきましたので、北大手橋、七里の渡し跡、住吉神社を通って帰宅。歩いたのは、3.8㎞。ほぼ1時間。最後に降られるという、よくあるパターン。

Img_1727c_20220918155001 Img_1731c_20220918155001  繰り返しになりますが、台風が心配です。皆様もお気をつけください。今週は、火曜日に歯科治療。台風の最中になるでしょうか? 金曜・祝日は、名古屋へウォーキングに行こうと計画しているのですが、今のところ雨の予報。先週も書いていたと思いますが、いよいよ10月からの非常勤の授業のレジメ、もう1回見直さないといけません。ヒガンバナは、九華公園の管理事務所の近くにて。

 

| | | コメント (0)

2022年9月16日 (金)

アオサギさんくらいですねぇ

Dsc03115c_20220916164701  午前中から割とよく晴れました。最高気温は、31.6℃と高くなったものの、散歩中は楽になりました。真夏のように汗びっしょりにならずに済んでいます。今日は7時半から住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀南公園、外堀、入江葭町、吉津屋町、新築公園、常盤町、常信寺、寺町と6.0㎞ちょうど。

Dsc03125c_20220916164701 Dsc03172c_20220916164701  住吉神社の前から揖斐長良川の中州を見ると、ダイサギの姿が1羽。以前は、中州にアオサギやダイサギがよく集まっていましたが、最近はあまり見なくなりました。幡龍櫓のところでは、ハクセキレイ。

Dsc03225c  柿安コミュニティパークでは、スズメ。巣立ってきて間もないように見えます。この直前、親からエサをもらっていました。Wikipediaによれば、繁殖は3~8月に行われるということですから、今の時期に巣立ってきたのも不思議はなさそうです。

Dsc03240c_20220916164701 Dsc03301c  さらに柿安コミュニティパークの西にある堀で、アオサギの若者を発見。堀の西側の石垣の上を歩いていました。見ていると、右の写真のように、ダイビングして、エサをとろうかという雰囲気に。「これは、これは」と期待してみていたのですが、残念ながら、漁は諦めてしまい、このあと身繕いに。

Dsc03348c  アオサギを見ていましたので、九華公園にはいつもより20分くらい遅く、8時過ぎに到着。九華橋近くの樹上には、いつものアオサギさん。今日は、「寝落ち寸前」という感じ(微笑)。このアオサギさんは、いろいろなところを見せてくれ、まさに「役者なぁ」と思います。

Dsc03424c Dsc03476c  管理事務所の南では、今日もシジュウカラとコゲラ。ただ、高くて、葉の茂った木にいて、なかなか写真が撮れないのです。シジュウカラとコゲラは、この後、神戸櫓のところでも見ました。公園内を順番に移動しているのです。九華公園でのバードウォッチングだけでなく、今日のバードウォッチングは、ここまで。貝塚公園ではハシボソガラスのみ。新築公園ではスズメだけという風でした。

Dsc03362c_20220916164801 Dsc03406c  九華公園では、今日もヒガンバナの撮影に挑戦(というほど大げさなものではありませんが……)。左の写真は、光の当たり具合がまあまあかと。右は、ちょっと見上げるアングルから青空を入れて撮ってみました。これらは、管理事務所の近くにて。

Dsc03640c  こちらは、鎮国守国神社の境内で。背景がもっと全面的に暗い方が、ヒガンバナの赤色が映えたと思います。シロバナヒガンバナなど、色違いも探しているのですが、散歩コースではまだ見かけません。

Dsc03696c Dsc03718c  常信寺で、左の写真は、ヤマボウシの実。リンク先の説明によれば、「8月から9月に紅橙色に熟し、果肉は粘質で甘く生食できます」ということですが、お寺のものを勝手にいただくわけには行きませんねぇ(苦笑)。右は、同じく常信寺に咲いていたムラサキナツフジ

Dsc03501c_20220916164801 0916weatherforecast  オマケ。九華公園の奥平屋敷跡で鳥を探しに回っている時、見上げた空に月。月齢でいうと18.9。明後日18日が下弦の月。今日までは天気は良かったのですが、明日からの3連休は台風14号が襲来するということで、心配です。大型で非常に強い台風になったといいます。桑名辺りでは、18日(日)~20日(火)にかけて大きな影響が出るという予報です。

| | | コメント (0)

2022年9月15日 (木)

九華公園で目の前にカワセミ!!

Dsc03103c  30℃にはならないという予報でしたが、30.3℃。微妙なところですが、真夏日になりました。ただ、昨日ほどは暑くはない感じ。今朝も、家事を済ませ、8時20分から散歩。住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀公園、紺屋町、吉津屋町、新築公園、常盤町、老松公園、寺町と6.4㎞。

Dsc02967c Dsc02884c_20220915151401  朗報です(微笑)。といっても私にとって、ということですが……。九華公園で、カワセミを目の前で見て、これらの写真を撮ることができました。公園内を半周して、鎮国守国神社の境内を抜け、社務所裏の堀端に来たら、カワセミ登場。最初は、ソメイヨシノの木に止まり、今イチのポジショニングでしたが、移動してくれたおかげで、カワセミから数メートルのところまでいけたのです。600mmズームで撮って、多少トリミングしています。ここしばらくどこへ行ってもカワセミは、見るだけで欲求不満が募っていましたが、これで一気に解消しました。

Dsc02476c Dsc02505c  さて、それ以外の鳥見はあまり芳しくありませんでした。揖斐川沿い、川口水門と三の丸水門の間の堤防にアオサギ。いつもいる若者のようです。住吉水門のところから見ました。この位置にいるアオサギは、水門や堤防の上の道路から、他に見られるところはないのです。右は、柿安コミュニティパークの電柱にいたカワウさん。このカワウさんも、よくここにいる同じカワウのように思います。

Dsc03044c Dsc02539c  九華公園では、カワセミ以外に見たのは、シジュウカラ。10羽近くの群れが、管理事務所前にいたのですが、ちょうど頭の真上で、枝や葉っぱの多いところで、上手く撮れず。アオサギの写真は、今日は、友人と出会ってしゃべりながら撮ったら、ピンボケ(苦笑)。しかし、アオサギさんは、いつものように、九華橋近くの樹上にいました。他に、これも写真としてはまったく不出来ですが、カルガモ1羽。いたという記録(苦笑)。

Dsc02569c_20220915151401 Dsc02596c  ヒガンバナ。鎮国守国神社の境内にて。かなりたくさん咲いてきましたので、ちょっとは工夫して撮れそうです。左の写真はクローズアップ。右は、もうちょっと後ろがボケると良かったのですが、絞りの値を調節しないといけません。

Dsc03073c  この後、貝塚公園では今日もハシボソガラスのみ。他の公園には、スズメがいたくらい。この花は、九華公園の南にあるお宅で撮らせてもらいました。Google Lensで検索すると、ダリアと出てくるのですが、ダリアなのでしょうか? 花や葉は、キク科のもののようです。

Dsc03105c  余談というか、自分の記憶のため。6月にそれまで使っていたパソコンが壊れ、富士通のESPRIMO FH56/E3(FMVF56E3LB)を買いました(2022年6月8日:江戸橋での仕事は中間地点を通過……パソコンのその後)。Windows11にアップグレード可能で、SSDが搭載されている、Windows10のデスクトップPCということでこれにしたのですが、Windows11にまだアップグレードをしていませんでした。先日、コンビニでパソコン雑誌を見ていたら「もうWindows11にアップグレードしても大丈夫」という記事が出ていましたので、今朝、散歩中にアップグレードを実施。帰宅して、再起動をしたり、Windowsアップデートをしたりして、2時間半ほどで作業を完了しました。今のところ、以前から使っているソフトもプリンタなど周辺機器も無事に動いています。また、さほど違和感もなく使えています。起動スピードは、Windows10のときより、若干早くなった印象があります。

| | | コメント (2)

2022年9月14日 (水)

九華公園でヤマガラとシジュウカラ

Dsc02458c_20220914145701  今日の最高気温は、34.3℃。昨日より少しだけ高くなっています。いったいいつまで暑いのか? と思えてきます。散歩から帰って、午前中はエアコンなしで過ごしていますが、昨日も今日も、昼くらいから風もなくなり、一気に蒸し暑くなります。朝は家事を行い、8時20分から散歩へ。住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀南公園、外堀、入江葭町、吉津屋町、新築公園、常盤町、寺町と5.9㎞。1時間50分コース。

Dsc02070c  今日も、揖斐川の住吉水門と川口水門との間にアオサギさんが1羽。このところ、住吉水門から三の丸水門の間に若いアオサギがよくいます。このアオサギさんも若者ですから、同じアオサギかも知れません。

Dsc02100c Dsc02106c  九華公園のいつものアオサギさんも、いつものところにいます。今日は、身繕い中。身繕いをしながらも、ときどきは動作を中断し、顔を上げて廻りを確認します。アヤシいやつがいないかチェックしているのでしょう。アオサギを見ていたら、神戸櫓跡の方から、ヤマガラやシジュウカラ、コゲラの鳴き声が聞こえてきました。探したものの、姿は見えず。

Dsc02201c_20220914145701 Dsc02245c_20220914145701  ところが、管理事務所前から奥平屋敷跡へ行こうとしたら、またもや鳴き声が聞こえてきました。それも頭上から。探しました。今度こそいました(微笑)。ヤマガラは、ちょっと見上げる感じになり、シジュウカラは枝の多いところでイマイチではありますが、一応、写真が撮れました。

Dsc02322c Dsc02333c  奥平屋敷跡では、エゾビタキを探したものの、今日は影も形もなし。代わりにいたのは、カワラヒワが1羽。他は、スズメも、ドバトもおらず。やむを得ず、先日、鳥小屋に来た文鳥を1枚。「文ちゃん」と呼びたくなります。

Dsc02374c  九華公園に着く前、三の丸水門のところで散歩友達Yさんに会い、九華公園でWさんに出会ったほか、人はあまり歩いていません。ヒガンバナも増えてきていますが、まだ、鎮国守国神社の本殿の裏など、日陰が中心。アングルを工夫しようと思ってはいるものの、なかなか難しい。こちらは、一応光の当たり方がおもしろいかと思ったもの。

Dsc02420c  貝塚公園、先日、サンコウチョウを見て以来、ここも鳥は少なく、今日はスズメとハシボソガラス3羽。暑そうで、3羽とも嘴を開けています。

Dsc02409c_20220914145701 Dsc02414c  またまた、鳥が少ないので、花の観察(微苦笑)。シロバナハギと思います。九華公園の外周遊歩道の南のお宅で咲き始めました。その近くで、ムクゲ。ムクゲは他でも、もっと前から咲いていますが、今シーズン写真を撮ったのはたぶん初めて。

Dsc02444c_20220914145701 Dsc02440c  寺町商店街。10時開店の少し前。三八市のない、平日はこんな風で、閑散としています。「寺町」と書かれた旗が秋バージョンに変わっていました。

Dsc02450c_20220914152201  このところの暑さのせいか、モチベーションがイマイチ湧いてきません(苦笑)。依頼されたこともあるので、やらなければないのに。夏バテとか、秋バテとかいわれますが、そうではない気がします。先週の市民大学ゼミナール郷土史学科のまとめは、一通りは完成しましたから、プリントアウトしてこれから確認するつもり。

Dsc_0317c  もう9月もちょうど半ばになりますから、そろそろ非常勤の講義資料をもう1回、一通り見た方が良いかも知れません。そうそう、書き忘れていましたが、先週、非常勤先の先生から、「来年度も講義をお願いします」というご依頼をいただきました。ありがたいことです。現在お世話になっているところの非常勤講師の定年は、確か70歳。3月生まれですので、来年度は68歳、再来年度は69歳、再来年度末で70歳を迎えますから、元気で呆けていなければ、あと2年半働くことができます。

| | | コメント (2)

2022年9月13日 (火)

九華公園でイソシギ

Dsc02029c_20220913151801  朝からよく晴れています。今朝は23.7℃と涼しかったのに、日中は33.6℃と猛暑日に近い気温。もう9月も中旬なのにと思います。それはさておき、今日も朝7時半から散歩。住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀南公園、外堀、入江葭町、吉津屋町、京町、南魚町、田町、三崎通と6.4㎞。そんなに歩いたか?と思います。真夏の頃よりは、歩く距離が少し長くなりました。さすがにあの頃は、朝歩き始める頃から暑かったのですが、今はそこまでは暑くはありません。今日、30℃を超えたのは11時頃。

Dsc01884c  いつものように住吉神社のところから揖斐川を眺めると、川口水門と三の丸水門の間にアオサギが見えます。300mほど先。回り込んで近くで見たいとは思うものの、このアオサギがいるところは、堤防からも水門のところからも死角になるのです。

Dsc01921c_20220913151801  スズメは見るものの、ほとんど鳥は見ません(苦笑)。九華公園に到着。あのアオサギさんは、いつものところにいました。が、お休み中(苦笑)。起こすのもかわいそうですから、写真を撮ってそのまま退散。奥平屋敷跡で、先日から滞在しているエゾビタキらしき鳥は、屋敷跡を移動しているのですが、なかなか良いポジションには来てくれません。もう1種類、小型の猛禽類のような鳥が、何かを追いかけているところを一瞬、目撃。ドバトと似たような大きさでしたが、形は明らかに猛禽でした。どちらも写真は撮れず、残念。

Dsc01949c  と思って、朝日丸跡を歩いていたら、小さいシギが野球場方面へ飛ぶのが見えました。60mほど先にいます。600mmズームで撮って、大トリミングしたのが、この写真。1~2年に1回くらい、九華公園でイソシギを見ます。今日のバードウォッチングは以上(苦笑)。それでも、エゾビタキにも、小型猛禽にも欲求不満が残ったのですが、これでかなり解消できました。ちなみに、貝塚公園では、何も見られませんでした。

Dsc01935c  鎮国守国神社や、九華公園では少しずつヒガンバナが増えてきました。実はあまり好きな花ではないのですが、季節が感じられますので、ついつい撮影しています。散歩コースの他のところでは、まだ咲いているのを見ません。シロバナヒガンバナも探そうと思っています。

Dsc02012c_20220913151901 Dsc02018c  鳥が少なかったので、また、自分のために花の勉強(微笑)。左の写真は、イソトマ(ローレンティア)。地中海沿岸やアフリカなどが原産。右は、マリーゴールドでしょうか。詳しく見ると、さらに色々の種類に分かれるようです。あちこちで咲いているのを見かけますが、名前と花とが私の中で結びついていませんでした(微苦笑)。

Dsc_0316c  アサガオ、今朝は計5輪。「茂君」の方(写真奥の方)は、まだまだつぼみが出て来ます。もう一方は、そろそろ限界かも知れません。また、最近は取り上げていませんでしたが、メダカもまだ飼っています。ただ、最近は、数が減り、今は15匹ほど。プラスティック製の睡蓮鉢が住み処Dsc01454c 。高齢化が進んだためなのか、卵を産まなくなっています。よく分からなくなっていますが、3年以上生きているメダカもいるように思います。

| | | コメント (2)

2022年9月11日 (日)

サンコウチョウ、ヒガンバナ、アオサギ3連発(微笑)

Dsc00466c  朝からよく晴れて、日中は32.4℃になっています。散歩をしてくると、さすがに汗をかなりかきます。今朝も7時半から散歩。住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀南公園、外堀、入江葭町、吉津屋町、新築公園、常盤町、寺町と6.5㎞。アピタ桑名店にも行こうと思ったものの、新築公園で力尽き、帰宅(苦笑)。力尽きたのは、貝塚公園で珍しい鳥に出会い、それをなんとか撮影しようとウロウロしたため(微笑)。

Dsc01258c  その貝塚公園で出会った珍しい鳥とは、こちら。サンコウチョウのオス。尾があまり長くありませんので、若いオスと思います。2014年9月28日にサンコウチョウのメスと思われる鳥をちらっと見たことはありますが(2014年9月30日:9月28日(日)の散歩写真から……コサメビタキ、ヤマガラ、コゲラ、シジュウカラ、センダイムシクイ(?)、正体不明の鳥など)、それ以来。密かに、ずーっと見たいと思っていました。2年前に九華公園で管理人さんが見たとおっしゃったのですが(2020年8月9日:九華公園でサンコウチョウの目撃情報)、そのときは確認できませんでした。小さな冠羽があり、目の周りとくちばしは、きれいなコバルト色をしています。日本では本州・四国・九州・沖縄に夏鳥として渡来し、平地から低い山のうす暗い林で繁殖します。今日見かけたのも林の中のあまり明るくないところでした。いったん見失ったのですが、最初にいたところに戻ったら、サンコウチョウもそこに戻っていました(微笑)。

Dsc00690c Dsc00729c_20220911142401  もう1つ、今日のトピックス。ヒガンバナが咲き始めていました。場所は、鎮国守国神社の境内。本殿の裏手で、日があまり当たらないところです。咲いていたのはまだ1輪だけ。しかし、ヒガンバナは、右の写真のように、ニョキニョキとたくさん出て来ています。いつも、早くから咲くのは、桑名市シルバー人材センターの敷地内なのですが、そこは雑草が繁っていて、まだヒガンバナは見えてきません。九華公園の二の丸橋の南側の袂も毎年たくさん咲くのですが、そこもまだ芽が出て来ていません。

Dsc00496c_20220911142501 Dsc00552c  さて、散歩の始めに戻って、アオサギさん3連発。左の写真は、住吉水門のところにいたアオサギさんの若者。ここにはときどき、アオサギが来て佇んでいます。右の写真は、柿安コミュニティパーク西の堀のところにいた、アオサギさんのやはり若者。エサを探していたのか、堀の石垣をゆっくりと移動していました。ここまでで「今日は、アオサギさんデー」かと思いました(笑)。

Dsc00570c Dsc00614c_20220911142501  九華公園でも、いつもの九華橋近くの樹上にアオサギさんの大人。これで、「アオサギさん3連発」。当初の幸運も、まずは、ここまで。ドバトや、スズメが少しいたくらい。カワラヒワは、奥平屋敷跡でちらっと登場(右の写真)。

Dsc00763c Dsc00752c  天気は良かったものの、九華公園を散歩する人はかなり少なく、人にはほとんど出会いませんでした。

Dsc00990c_20220911142401  このあと、貝塚公園へ。まず出会ったのは、シジュウカラ。これも若者のようです。青い虫をくわえて、食べていました。このあと、公園内某所でサンコウチョウを見つけたという次第。

Dsc01391c_20220911142401  野鳥は、拙宅近くの住吉入江でイソヒヨドリのメス。「何か飛んできた!」「ヒヨドリじゃないぞ!」と思ったら、イソヒヨドリだったということです。

Dsc00588c  という次第で、サンコウチョウを見られ、アオサギさんも3連発で、なかなか良い散歩でした。中秋の名月も過ぎ、ハギもかなり咲いてきて、少しずつ秋になっていってもらいたいところです。今週は、土曜日にマンション管理組合の理事会。他にはとくにアポはありません。一昨日、非常勤先から後期の授業について連絡が来ました。もう一度、授業のレジメを見直しておいた方が良いかも知れません(微笑)。

Dsc00641c Dsc00653c  オマケ。鎮国守国神社のギンナン。銀杏の木にもたくさん実がついていますが、すでに落ちているギンナンも多数。まだ熟していないものも多数落ちていて、もったいない。「桑名ほんぱく」の申し込みが始まったのですが、是非参加したいと思っていた企画、今朝、ネットを見たらすでに満員御礼で、残念。今年こそ、出遅れないようにと思ったのに。

| | | コメント (2)

より以前の記事一覧