花・植物

2023年2月 8日 (水)

今シーズン初のウメジロウ……九華公園には今日もミサゴが登場

Dsc08590c_20230208163701  午後から北西の風が強くなりましたが、気温は上がって暖かい日です。いつも通り、7時半から住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀南公園、外堀、入江葭町、吉津屋町、新築公園、常盤町、常信寺、寺町と6.6㎞。九華公園で時間を費やしてしまい、3時間15分もウロウロしていました(微笑)。

Dsc08601c_20230208163701 Dsc08644c_20230208163701  諸戸氏庭園前でハクセキレイが2羽。揖斐川には今日もシラウオ漁の船が3組、出ていました。カンムリカイツブリが2羽見えたのですが、遠くて写真にならず。七里の渡し跡では、ヒドリガモが18羽、休んでいました。ほかにはオオバンが1羽。柿安コミュニティパーク西の堀には、今日もキンクロハジロのオスが3羽。

Dsc08672c_20230208163701 Dsc08733c_20230208163701  九華公園では、鎮国守国神社の社務所裏の木にアオサギと、ゴイサギが2羽。ゴイサギ、最初は1羽しか気づかず、右の写真を撮ったときも、奥にもう1羽いたのは、肉眼では見えていませんでした。アオサギもゴイサギもこのあと飛び立って初めてゴイサギが2羽いるのに気づいた次第。

Dsc08705c  近くの堀には、今日もコガモのペアが1組。最近、ここによくいます。

Dsc09072c Dsc08872c  奥平屋敷跡は、今日も静かで、ヒヨドリやムクドリはまったく来ませんでした。ドバトも2羽のみ。スズメは数羽。ここについた8時頃、ツグミとシメが、それぞれ1羽。

Dsc09140c  しばらく待っていると、モズのオスが登場。奥平屋敷跡では、これがすべて。ここで鳥たちが食べるものがないためでしょう。

Dsc09228c_20230208163701 Dsc09309c_20230208163701  朝日丸跡で、ジョウビタキのメス。アオサギさんは、今日も辰巳櫓跡の松の木にいます。このあと、コサギも近くに2羽来たのですが、写真は撮れず。近づこうとしたら逃げられました。

Dsc09380c Dsc09424c  本丸跡でジョウビタキのオス。花菖蒲園の柵にやって来ました。すぐ近くにシメもいたのですが、樹上に逃げました。木陰に入ってしまい、暗い写真に。本丸跡の中央にエノキの大木があり、その下で餌をよく拾っています。

Dsc09705c Dsc09599c_20230208163601  このとき、堀の上空にミサゴがやって来ました。数100枚の写真を撮ってしまいました(苦笑)。最初は1羽のみでしたが、あとからもう1羽が登場。残念ながらダイビングシーンは見られませんでしたが、しっかりと楽しめました。

Dsc08848c_20230208163701 Dsc08994c_20230208163701  カモ、今日は、合計47羽。キンクロハジロが33羽、ハシビロガモが10羽、ヒドリガモが1ペア、ホシハジロのオスが2羽、メスが1羽。右の写真は、奥平屋敷跡の南の堀での様子。堀に落ちた枝が休憩場所にちょうどよいようで、ハシビロガモやヒドリガモが集まってきます。

Dsc09273c_20230208163701  Dsc00021c ユリカモメは、17羽。堀に浮かんでいたり、野球場のフェンスに止まっていたりです。

Dsc00092c  貝塚公園では、まず、ツグミ。先日も書きましたが、昨シーズンは何話書いたのですが、今シーズンは、今のところ1羽しかいないようです。

Dsc00184c_20230208163501 Dsc00263c_20230208163501  シロハラは、今日も2羽を確認。左のシロハラは、四阿近くによくいます。右のシロハラは、南西側のエリアにたいていいます。

Dsc09942c Dsc09978c_20230208163601  昨日、梅や河津桜の写真を撮ってきましたが、曇天でしたので、今日、リベンジ。まずは、鎮国守国神社のもの。九華招魂社の参道脇にあるものです。昨日と同じ梅です。

Dsc00506c Dsc00476c  こちらは、寺町商店街の河津桜。左の写真は、昨日と同じ木の花。右の写真は、今日新たに咲いた、別の河津桜。写真を撮っていたら、そばを通った方が、「あ、咲いていますね」といっていかれました。

Dsc00383c Dsc00361c_20230208163501  常信寺では、今シーズン初の「ウメジロウ」。常信寺の紅梅はよく咲いてきて、けっこう見応えがあります。

Dsc09912c  オマケ。ミサゴの写真をパソコンで見ていたら、こちらに視線を向けているものがありました。よくいえば、カメラ目線なのですが、猛禽類からにらまれたとなると、ちょっとビビります(微笑)。

| | | コメント (4)

2023年2月 7日 (火)

寺町商店街の河津桜が咲き始めました……午後から散歩

Dsc07966c  曇りの1日でしたが、最低気温が6.0℃もあった上に、最高気温は14.9℃となり、暖かい日でした。午前中は、予定通り、市役所の会議に出席してきました。詳細は書けませんが、子どもたちの発達(心理的にも、運動面でも)に、コロナやスマホ・タブレットの使用(というより、これらへの依存)が大きく影響してることを痛感してきました。また、経済的に苦しいご家族では、子どもたちのことを気にする余裕がない様子も見受けられ、社会全体で支援していく必要があると考えられます。14時から、住吉神社、九華公園、歴史を語る公園、京町、寺町と4.4㎞ほどを散歩してきました。

Dsc08505c Dsc08531c  まずは、こちらから。寺町商店街に河津桜の並木がありますが、1本の木で5~6輪咲いているのを見つけました。去年は、2月11日に一輪、ほころんでいるのを見つけましたから(2022年2月11日:河津桜、一輪綻ぶ暖かさかな)、それに比べるとやや早い開花。5~6輪咲いていますから、例によって、勝手に開花を宣言します(微笑)。明日は晴れる予報ですから、もう一度行ってもっとキレイに撮ってくることにします。

Dsc07970c  Dsc08086c 午後からの時間、野鳥たちはさほど多くはありません。拙宅前の住吉入江には、ハシビロガモが1羽。ここでハシビロガモを見たのは、ひょっとしたら初めてかも知れません。揖斐川では、カンムリカイツブリが2羽。ほかにキンクロハジロのオスばかり、6羽ほどが、2ヶ所に点在していました。

 Dsc08038c_20230207162301 Dsc08061c_20230207162301 七里の渡し跡では、ヒドリガモのオスが1羽と、メスが3羽。この時期、つがいになっていることが多いのですが、どうなっているのでしょう。

Dsc08019c_20230207162301  さらに、ホシハジロのオスも1羽がいました。あとでも書きますが、九華公園の堀に、教は、ホシハジロのオスの姿がありませんでしたから、いつもはそちらにいる個体かも知れません。柿安コミュニティパーク西の堀では、オオバンが2羽。

Dsc08248c Dsc08271c_20230207162201  九華公園では、奥平屋敷跡でツグミの鳴き声を聞き、また、シロハラが飛ぶのを確認しましたが、いずれもこの時点では姿は見えず。朝日丸跡で、シメが1羽。さらに、野球場のグラウンドにもシメ。距離が近いので、同じ個体かも知れません。

Dsc08393c Dsc08458c  鎮国守国神社の境内でシロハラ。ここによくいますが、今シーズン、ここで撮ったのはたぶん初めて。公園の外周遊歩道を回って、歴史を語る公園に向かうため奥平屋敷跡の南側に来たら、奥平屋敷跡にシロハラがいました。見るからに違う個体であることが分かります。九華公園には、シロハラは2羽いると考えられます。

Dsc08141c Dsc08156c  カモたち、今日は暖かいためか、皆、活動的でした。合計55羽。キンクロハジロ(左の写真)が37羽、ハシビロガモ(右の写真)が12羽、ヒドリガモが2ペア、ホシハジロは、オスはおらず、メスだけが2羽でした。

Dsc08445c_20230207162201  ユリカモメは、45羽。何組か餌を与える人があり、賑やかでした。今日は、午後からということもあってか、サギたちはまったくいませんでした。アオサギ、コサギなどは午前中しかいないのかも知れません。

Dsc08365c Dsc08351c_20230207162201  ところで、鎮国守国神社の境内では、梅がさらに開花してきました。紅梅は、拝殿のところや、旧桑名城天守台跡のところで咲いてきているのですが、九華招魂社の参道の脇で白梅や、ピンクの梅がかなり咲いていました。立春を過ぎ、暖かくなってきて、いよいよ季節が移ろいつつあるのを実感できます。恩師のお一人が、私の趣味を形容して、「レンズを通した自然観察」とおっしゃったことがありますが、これにも改めて納得しています。もっと多様な視点で、さまざまなものに目を向けていきたいと思っています。

| | | コメント (0)

2023年2月 6日 (月)

九華公園にミサゴ

Dsc05640c  朝は0.9℃と冷えましたが、日中は12.9℃で、風も弱く、散歩日和です。まったくいつもと同じく、7時半から住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀公園、京町、寺町と5.5㎞。やや短めでしたが、九華公園と貝塚公園で鳥に引かれてウロウロしたため、時間切れとなったのです。概ね10時半頃には帰宅というのを目安にしています。

Dsc05762c  拙宅マンションの玄関を出て、敷地内のプレイ・ロットにさしかかったら、シロハラがやって来たのですが、すぐに茂みに入ってしまい、見ただけ。ときどき、シロハラが来ています。その後、しばらく鳥影はなし。揖斐川では、今日はシラウオ漁の船が4組も出ていました。多いということは、たぶん豊漁なのでしょう。

Dsc05673c Dsc05687c_20230206164201  漁船の周りに数羽のユリカモメが飛んでいて、なかには図々しく、漁船に止まるものもいます。見ていると、川にダイビングするユリカモメもいますが、何かをとったのかどうかまではよく見えません。はまぐりプラザにある「食堂はまかぜ」では、この時期限定で(3月上旬くらいまで)「しらうお丼」が食べられます(¥1,500)。一度しか食べたことはありませんが(2015年2月5日:はまぐりプラザでしらうお丼を食し、ユリカモメを堪能……カンムリカイツブリ、今日も登場)、もう一度食べたい気がします。

Dsc05800c_20230206164201 Dsc05838c_20230206164201  七里の渡し跡では、ヒドリガモが15羽も休んでいました。ほかにはオオバン2羽にコガモが2羽。柿安コミュニティパーク西の堀には、今日もキンクロハジロが4羽。オオバン1羽もいましたし、ツグミも登場したのですが、写真は撮れず。

Dsc05932c_20230206164201 Dsc05971c  九華公園では、鎮国守国神社の社務所裏にゴイサギとホシゴイ。初めは、ゴイサギ2羽しか見つけられなかったのですが、別のところから糞が落ちてきて、よく探したら、ホシゴイが1羽いました。鳥を見つけるとき、動くか、鳴くかするとその存在に気づくのですが、糞で分かるのはサギくらいかも知れません。

Dsc05879c  北門を入ったところの堀には、コガモのペアが1組。九華公園にコガモはたまにやってくるのですが、いるのはたいていここの堀で、吉之丸堀や二の丸堀などには行きません。三ツ又池公園などでは、広いところにも平気でたくさんいるのですが、ほかのカモたちと相性が悪いのかなどと思ったりしますが、本当のところは不明。

Dsc06038c Dsc06059c_20230206170101  管理事務所近くでメジロが2羽。管理事務所あたりから奥平屋敷跡の入り口まで追いかけて、ジョウビタキのオス。今日は、なかなかよい感じです(微笑)。

Dsc06199c Dsc06257c_20230206164301  しかし、奥平屋敷跡では、シジュウカラがいたのと、モズが、写真の撮りにくい位置に出て来たくらい。シメもいましたが、超証拠写真でしたから、割愛。小1時間待ったものの、ヒヨドリもドバトもムクドリもほとんど来ませんので、諦めて、次へ向かったところ……。

Dsc06534c_20230206164301  ミサゴが二の丸堀の上空に出現。しばし、九華公園の堀の上空をゆっくりと回っていたのですが、獲物は見つからなかったようで、数分で姿を消してしまいました。しかし、ミサゴが見られましたから、それなりに満足。今度は、ダイビングして獲物を捕るシーンを見たいものです。

Dsc06930c Dsc06915c  辰巳櫓跡の松の木には、アオサギとコサギが1羽ずつ。アオサギさんはすっかり恒例のメンバー。コサギも、ときどきここにいます。

Dsc07039c_20230206164301  本丸跡でジョウビタキのオス。松の木の高いところからは、カワラヒワの鳴き声があちこちから聞こえてきますが、姿は見つけられず。

Dsc07125c_20230206164401 Dsc07341c  公園の外周遊歩道の南で、ヤマガラの小さな群れに出会いました。5羽ほど。最近、シジュウカラやコゲラと一緒ではありません。少しずつ移動しながら、エサ探しをしていましたので、しばらくこれについて、膨大な枚数の写真を撮ってしまいました(苦笑)。

Dsc06241c Dsc06822c  カモたち、今日は合計64羽(コガモは別)。キンクロハジロが40羽、ハシビロガモが18羽、ヒドリガモが2ペア、ホシハジロが1ペア。ハシビロガモのオスたち、多くが左の写真のように「男らしく」なってきました。

Dsc07083c_20230206164301  ユリカモメは、26羽。餌をやる人は、今日はなく、野球場のフェンスで待機していました。

Dsc06853c  覚えのためのメモですが、数日前からカワウが木の枝をくわえて飛んでいるのを見るようになりました。神戸櫓跡の松の木にたむろしているのですが、その中に繁殖期を迎えた2羽がいつも一緒にいるところがあります。ここの松の木の枝以外にも、枝が置いてあるようにも見えるのですが、今ひとつハッキリはしません。しばらく注意して観察を続けようと思っています。

Dsc06808c_20230206164301  もう一つ。ツツジをよく見たら、芽のようなものが出て来ていました。冬芽(とうが)というのか、頂芽(ちょうが)というのか、花芽なのか、もう少し調べてみないといけませんが、ちょっと嬉しくなったので、とりあえず載せておきます。

Dsc07632c Dsc07697c_20230206164401  貝塚公園では、今日もビンズイを見られました。今日見たのは、2羽。また、シロハラも。先日見たシロハラは幼い感じだったのですが(2023年2月 3日:城東地区でケリ……余談は節分の鬼と、ヴィアティン三重デザインの飛び出し坊や)、今日見た個体は大人のようで、別の個体と思えます。ほかにいたのは、カワラヒワとハクセキレイ。カワラヒワはあちこちで計10羽くらい。ハクセキレイは1羽。

Dsc07810c  内堀公園に入ろうとしたら、ジョウビタキのオスが出迎え。懸命に餌を探していましたので、出迎えてくれたわけではありませんが……。ほかにはカワラヒワ、スズメ。そういえば、カワラヒワをあちこちで見るようになりました。そろそろ繁殖の準備をするのでしょうか。

Dsc07887c  寺町商店街には、河津桜の並木があります。いつも、今頃になると、いつ咲くかがとても気になります。今日のつぼみは、この写真のような感じで、咲くまでにはもう少し時間がかかるように思います。

Dsc07905c  住吉入江まで戻ってきたら、今日もまたオオバンが2羽。これも恒例のメンバーというかんじです。

Dsc06628c  午後からも暖かかったので、定例の内科受診へ。いつもの同級生&主治医なのですが、今年から本格的に電子カルテを導入しています。診察を終えて会計までの時間がかなり短縮されていましたが、入力には苦労しているようで、今日もまた「タッチタイピング、どうしたら速く、正確にできる?」「コーチングに来いよ」などといわれました。「ホームポジションをきちんと身につけ、あとは、何ごともトレーニング」と答えてきましたが、「どうしても我流が出るよなぁ」といっています。明日、午前中は、教育委員会の会議。午後、雨が降っていなければ、散歩に行きたいところ。写真は、上と同じミサゴの別シーン。

| | | コメント (0)

2023年2月 5日 (日)

貝塚公園でビンズイを確認……揖斐川に「しろちどり」登場(微笑)【シロチドリの写真を追加(2/6)】

Dsc04007c  今日も暖かい日になっています。気温は12.5℃、風は弱く、散歩日和です。7時半から住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀南公園、外堀、内堀公園、歴史を語る公園、中橋、江戸町、川口町、七里の渡し跡から住吉神社経由で帰宅。6.5㎞。出がけに藤原岳を見たら、珍しく雲が湧いてきて、南の方に流れていました。

Dsc04019c Dsc04030c_20230205150801  揖斐川には今日も、シラウオ漁の船が出ていました。2組。船が出ていると、水鳥はほとんどいません。カンムリカイツブリだけが、船のいないところに5羽ほど。

Dsc04071c Dsc04112c  こちらは、しろちどり。といっても鳥ではありません。三重県警水上警察隊の警備船。木曽三川でも活動できるよう小型の船で、四日市港に配属されています。本日の伊勢大橋での不発弾処理のために出動してきたのかと思います。長良川にも航行規制がかかるのです。

Dsc04153c  Dsc04166c 柿安コミュニティパーク西の堀まで来たら、ようやく鳥。コガモのオスが4羽、メスが3羽、上陸してお休み中。堀には、キンクロハジロのオスが2羽。

Dsc04257c_20230205150801 Dsc04317c  8時前に九華公園に到着。鎮国守国神社の社務所裏にアオサギさんがいました。ここでアオサギの写真が撮れたのは久しぶり。アオサギの手前には、ホシゴイもいます。ここにいたゴイサギは3羽、ホシゴイも3羽でした。

Dsc04381c Dsc04516c  奥平屋敷跡では、ジョウビタキのオスとハクセキレイ。ヒヨドリ、ドバト、ムクドリはほとんど来ず。メジロが通過したり、カワラヒワが少し姿を見せたりしたくらい。

Dsc04645c  アオサギさんは、辰巳櫓跡の松の木にもいました。鎮国守国神社の社務所裏にいたアオサギと比べると、目のあたりの青い模様が異なりましたから、別個体。

Dsc04539c_20230205150801 Dsc04527c_20230205150801  カモ、今日は、82羽と今シーズンでも多い方でした。キンクロハジロが58羽、ハシビロガモ(右の写真)が17羽、ヒドリガモが2ペア、ホシハジロのオス(左の写真)が1羽にメスが2羽。

Dsc04680c  ユリカモメは、合計35羽。今日は、九華公園で見た野鳥は以上。

Dsc04671cDsc04663c  鎮国守国神社では、表参道に「華まつり」の提灯が掲げられていました。昨年から始まったのです。紅梅は少しずつ花が増えています。

Dsc04757c_20230205152801 Dsc04995c  貝塚公園では、まずはツグミ。昨シーズンは、複数いたのですが、今年はまだいても1羽くらい。カワラヒワも、何組か見られました。

Dsc04933cDsc04975c_20230205150701  貝塚公園で初めて確認したのは、ビンズイ。3羽が一緒に行動していました。ビンズイは、林の縁や草地にいますから、貝塚公園にいても不思議はないのですが、ここで見たのはたぶん初めて。そーっと、ゆっくり動くと数mあとをついて行けました。

Dsc05122c Dsc05232c  さらに証拠写真ながら、ウグイス。苦労したのですが、ちょっとピントが甘い(苦笑)。シロハラも、今日は証拠写真。逃げられたのを追いかけました。ほかに見たのは、ヒヨドリ、ハクセキレイ。内堀南公園では、ジョウビタキのメスを見たのですが、近寄ろうとしたら逃げられて、行方不明。内堀公園では、ムクドリだけ。

Dsc05326c Dsc05291c  歴史を語る公園の堀では、オオバンと、キンクロハジロのオス2羽。ここの堀には、たいてい、少数ながら、オオバン、キンクロハジロがいます。カワセミを見たこともあります。この歴史を語る公園に来たのは、中橋のゴイサギ&ホシゴイを久しぶりに確認しようと思ったからです。

Dsc05342c Dsc05355c  そのゴイサギ&ホシゴイたち、1月半ばに見に来たときには、この歴史を語る公園の東側の木にいました(2023年1月16日:七里の渡し跡にオカヨシガモ、貝塚公園にはイカル)、今日は、以前よくいた、中橋の北の木に移動していました。歴史を語る公園の向かいは、念仏宗のビルの陰になって日当たりが悪かったり、葉がすっかり落ちたりして居心地がよくないのかという気もします。

Dsc05429c_20230205150701  今日は、堀の東側の木に13羽のゴイサギとホシゴイ、西側の木にホシゴイが1羽。

Dsc04178c_20230205150801 Dsc05505c  江戸町を通ったのは、柿安料亭本店が改装中だという話を聞いたので、一応見ておこうと思った次第。1月16日から3月2日まで改装休業中だそうです。自分でも撮った写真がどこかにあるはずですが、探すのが大変ですから、リンク先をご覧下さい。まぁどなたかにでもご招待いただかないと、ご縁はないお店です(微苦笑)。

Dsc05543c_20230205150701 Dsc05550c  川口町では、旅館山月を見てきました。南側からの様子はまだ見ていませんでした。コンクリート造りの建物の西側、門から入ったところには和館とでもいうべき和風の建物がありましたが、それはもう完全に解体されていました。ということはメインの建物も取り壊しなのでしょう。跡地は、どのようになるのでしょう?

Dsc05529c  ついでに七里の渡し跡にある伊勢一の鳥居を東海道側から撮影。いつもの散歩では、伊勢一の鳥居の向こう側を通って、右端に見えている蟠龍櫓の方へ行くのです。

Dsc05637c_20230205150601 Screenshot_20230205114628c  不発弾処理についての余談。9時過ぎに市役所から通行規制、航行規制を開始したというメールが届きました。伊勢大橋東詰交差点付近が現場ですから、散歩コースやわが家の玄関先からは見えません。帰宅したときに撮った伊勢大橋の写真が左。通行止めで車はまったく走っていません。11時半頃に不発弾処理は無事に終わったようで、11時42分に右のようなメールが届きました。無事に終わって、何よりです。市役所や自衛隊の皆様には大変お疲れ様でした。

Dsc05634c_20230205150601  今週は、定例の内科受診に行ってこないと、常用薬が切れてしまいます。火曜日午前中は、教育委員会の会議があります。市役所まで出かけなくてはなりません。土曜日は、マンションの管理組合の理事会にオブザーバーで出席する予定。日曜は、近鉄ハイキングの酒蔵みてある記へ行こうと思っています(水郷 蟹江散策と山田酒造「醉泉」・「最愛」)。蟹江の山田酒造。山田酒造さんは、JRさわやかウォーキング(2018年3月4日:今日は、JRさわやかウォーキング「老舗造り酒屋できき酒と蟹江のまちを散策」へ(予告編))で訪ねたことがあります。早いもので、もう5年も前でした。写真は、木曽御嶽山と、その向かって左に見える雪山は乗鞍岳。

1ffd226b 5f131b3c 【追記(シロチドリの写真)】 シロチドリ(白千鳥)の写真を追加しておきます。左の写真は、町屋川にて(2022年1月29日:今シーズン初の町屋川プチ遠征……コロナワクチンの第3回接種の予約をしました【鳥名を修正しました(1/30)】)、右の写真はなばなの里の駐車場にて(2020年9月27日:プチ遠征でミサゴ、モズ、シロチドリ、ひのとり)、それぞれ撮影したものです。シロチドリは三重県の鳥ですが、数が減っているといわれます。

| | | コメント (2)

2023年2月 2日 (木)

ホオジロのペアと、ヤマガラ・コゲラに大接近

Dsc01297c  朝のうちは曇っていて、冷え冷えとしていましたが、昼前後から晴れ間が覗くようになると、暖かく感じられます。最高気温は9.0℃。いつものように、朝7時半から住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀南公園、外堀、吉津屋町、大央町、新築公園、老松公園、寺町と回って6.7㎞。よく歩きました。

Dsc09450c Dsc09503c  諸戸氏庭園前のソメイヨシノにシジュウカラが1羽。最近ここで鳥を見るのは、珍しい。住吉入江には、オオバンが1羽。このほかにヒドリガモが1ペア。

Dsc09897c  揖斐川は、やや波立っていて、鳥影はあまりありません。カンムリカイツブリが4羽ほど。今日も、十万山の南端には、アオサギがいるのが見えます。ただし、三の丸水門のところから見て、400m以上も先ですので、写真は無理。

Dsc09850c Dsc09834c_20230202154101  七里の渡し跡、今日は賑わっていました。オカヨシガモは今日もペアでいました。ヒドリガモは、30羽も! ほかにオオバンが1羽、コガモのオスが1羽、キンクロハジロが5羽。

Dsc09722c  旅館山月の裏手で、ふと振り返ったら、ホオジロのペア。ちょうどよい感じに並んでくれました。手前にいるのが、オス。以前から、このあたりではときどき、ホオジロを見かけていたところです。柿安コミュニティパークでは、スズメやハクセキレイがいたほか、西の堀にキンクロハジロが2羽、オオバンが3羽。

Dsc00051c_20230202154001  九華公園では、鎮国守国神社の社務所裏の木にゴイサギとホシゴイ。見に行く前にホシゴイが1羽飛び出してきました。その後見えたのは、ゴイサギが1羽だけだったのですが、このゴイサギとともに、別のホシゴイも飛び立ったのです。さらに、パソコンで写真を見ていたら、左の写真の左端にもゴイサギが写っていました(トリミングしてしまいましたので、ここには見えません)。寒いからといって、テキトーに見ていてはいけないということです(苦笑)。

Dsc00350c  相撲場のところでヤマガラやコゲラに出会ったのですが、曇天であったこともあり、これはという写真は撮れず。奥平屋敷跡では、ツグミとシメ。シメは木のてっぺんにて上手く撮れませんでしたので、写真は載せていません。ほかにはヒヨドリが少しとドバトが来たくらい。

Dsc00491c Dsc00560c  朝日丸跡で、ヤマガラとコゲラ。今日は、よく出会いました。コゲラは2羽で、ヤマガラは数羽。シジュウカラも少しいました。この混群が移動していくタイミングに、あちこちで上手くあったということでしょう。

Dsc00590c_20230202154001 Dsc00415c  カワラヒワも、この頃朝日丸跡にたくさんいます。アオサギさんは、今日も辰巳櫓跡の松の木にいましたが、声をかけても起きず(苦笑)。ユリカモメは、私が九華公園を歩いている間には、やって来ませんでした。

Dsc00819c_20230202154001 Dsc01241c_20230202154001  さらに今日は、もう一度、ヤマガラたちの混群に遭遇。九華公園の外周遊歩道の東あたりで、です。とくにヤマガラとコゲラは、まさに目の前にやって来たのです。左のヤマガラの写真はほとんどトリミングしていません。右のコゲラは、ノートリミングです。寒かったのですが、今日はけっこう恵まれました。ほかに、ミサゴも九華公園の堀の上空を旋回していたのですが、曇天で上手く撮れなかったのは、ちょっと残念。

Dsc01281c  ほかの公園では、これという鳥には出会いませんでした。寺町を歩いていたとき、トビが旋回していたのですが、これも上手く撮れませんでした。住吉入江まで戻ってきたら、オオバンが1羽。出がけに見たオオバンと同じかも知れません。

Dsc01298c  昨日、老害にならないようにというようなことを書きました。PRESIDENTオンラインを読んでいたら、漫画家の弘兼憲史さんが、「これができないと孤独な老後が待ち受ける ……75 歳・弘兼憲史が『60代になったら徹底すべし』と説く会話中の態度」という記事を書いておられました(『弘兼流 60歳から、好きに生きてみないか』(三笠書房)の一部を再編集したものです)。その中で、産婦人科医・昇幹夫さんの「逆らわず いつもニコニコ 従わず」ということばを紹介しています。高齢者がこれを実践していたら、嫌われることはないし、自分を見失うこともありませんと書かれています。また、「人間とは補完し合う関係ではないでしょうか。おたがい、足らないものを補い合う関係です。その典型が夫婦・男女ですが、『若者と老人』という関係も大いなる補完関係にあると思います」とも述べられています。後者は、人間関係論では「相補性」といわれますが、対人魅力に影響する要因の1つ。「逆らわず いつもニコニコ 従わず」、これ、私のモットーの1つにくわえようかと思ったりしています(微笑)。

| | | コメント (2)

2023年2月 1日 (水)

2月に入ったのに、氷

Dsc09321c  予報では気温が上がるということでしたが、7.5℃止まり。朝は氷点下で、氷が張っていましたし(冒頭の写真は、御坊さん(桑名別院本統寺)にて)、ほぼ曇りで冷たい1日です。いつものように、7時半から散歩へ。住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀公園、紺屋町、新築公園、常盤町、老松公園、常信寺、御坊さん、寺町と6.0㎞。

Dsc08493c Dsc08497c  揖斐川には、鳥影はなく、十万山の南端にアオサギがいるのが見えたくらい。七里の渡し跡では、オカヨシガモ。住吉水門や、ここでときどき見かけます。

Dsc08503c_20230201153901  七里の渡し跡にはほかに、ヒドリガモが10羽と、コガモのオスが1羽、オオバンのオスが1羽。

Dsc08581c_20230201153901 Dsc08646c  柿安コミュニティパークに、珍しくシメがいました。幸い気づかれずに割と近寄れました。シジュウカラとメジロも桜の木に。

Dsc08535c_20230201153901  コミュニティパーク西の堀には、キンクロハジロが3羽。

Dsc08695c  九華公園で、鎮国守国神社の社務所裏にはゴイサギが1羽のみ。危うく見逃すところでしたが、通り過ぎてから振り返ってみて気づいた次第。

Dsc08796c Dsc08910c  奥平屋敷跡、昨日より一段と静かでした。ヒヨドリも、ドバトも、ムクドリも、ハクセキレイも来ません。スズメが少しと、メジロが3羽ほど。ほかにいたのは、ヤマガラが3羽くらいとシメ1羽。こういう風ですと、寒さがより身にしみる気がします。

Dsc09089c Dsc08992c  本丸跡では、ツグミが1羽。このツグミ、最初は地上に降りて餌をとっていました。遠くから見たら、ツグミとハクセキレイしか目に入らなかったのですが、シメが今日も片隅に写っていました(苦笑)。右は、その失敗の証拠写真。

Dsc09105c  そのハクセキレイも一応載せておきます(笑)。

Dsc08972c  アオサギ、今日も辰巳櫓跡の松の木にやって来ました。「やって来ました」というのは、われわれが二の丸跡を歩いていたら、ちょうど飛んできてここに降りたということ。

Dsc08714c Dsc08841c  カモ、今日は合計74羽。キンクロハジロが51羽と増えました。ハシビロガモは16羽といつも通り。ヒドリガモは2ペア。ホシハジロは、今日はオス1羽にメスが2羽。

Dsc09129c  ユリカモメは、45羽。餌をやる人があったので、大騒ぎのシーンもありました。

Dsc09168c_20230201154001  九華公園の外周遊歩道を歩いて行ったら、南東にある照明灯にアオサギが乗っていました。辰巳櫓跡にいたアオサギがこちらに移動したのです。この写真、10mほどのところから撮ったのですが、アオサギはすでに私に気づいていて、いつ逃げるか、タイミングを計っているとき(笑)。

Dsc09220c Dsc09291c  貝塚公園も静かでした。ヒヨドリがほとんどいないからです。鳥はなかなかいなかったのですが、あちこち歩いていたら、ジョウビタキのメスに遭遇。たまにここで出会います。内堀公園、新築公園では、いずれもわずかなヒヨドリやスズメのみ。常信寺の山門のところで、ジョウビタキのオス。

Dsc09343c_20230201154001 Dsc09392c_20230201154001  住吉入江まで戻ってきたら、まずはカワラヒワのペア。そして、ジョウビタキのメス。ただし、入り江の対岸の2階建てのお宅のてっぺんに。

Dsc09251c  寒い日でしたが、常信寺では紅梅の開花が少し進みました。明後日が立春ですから、そろそろ少しは暖かくなってほしいものです。

Dsc09306c  ところで、今日は水曜日。散歩友達から「あれ? 講義は?」とたずねられましたが、先週で終了。「大雪があったから、追試がある」といったら、「それには給料が出るのか?」と聞かれました。どうなのでしょう? 学校まで行かないので、たぶん出ないのでしょうねぇ。常信寺には、ミモザもあります。近いうちにこちらも咲くでしょうか。

 余談を追記。岸田首相、このところ、リスキリングやら、政務秘書官の公用車観光やら、あれこれ問題となっています。土産を買うのが、政務秘書官の公務であるという見解にはひっくり返ります。個人的には、安部さんや菅さんより少しはマシかと期待していたのですが、不明の至りでした(私自身が、ということ)。岸田さんは、コモンセンスがずれている人だなと思っていたのですが、むしろ問題の本質に気づかない(気づけない)人なのではないかという気がしてきました。つまり、大変失礼ながら、浅慮ではないかと思います。別の表現をすれば、浅はかです(どちらもほぼ同義語ですから、いいかえる意味はほとんどありません)。さらに、今いろいろと問題になっていることは、個々に問題になる/すべきことではなく、背景に構造的な問題があるように思います。そうだとすれば、小手先の対応をいくら重ねても、解決にはなりません。それこそ、問題の本質は何かを見極めて議論することが必要不可欠です。政治家の皆さんは、いつまでも昭和のパラダイムにとらわれているように見えてしまいます。パラダイム転換をするには、世代交代が手っ取り早い気がします。かくいう私も、「老害」などといわれぬよう十分に自覚しなくてはなりません。

| | | コメント (0)

2023年1月31日 (火)

「ウメジロウ」ならぬ「松メジロ」……ジョウビタキのオスにも接近

Dsc07230c_20230131143301  天気は良いのですが、朝は、-1.6℃と冷えました。日向は暖かく感じますが、最高気温は7.2℃。少し家事をして、7時50分から散歩。住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀公園、紺屋町、新築公園、常盤町、寿町、八間通と6.3㎞。

Dsc07296c Dsc07279c  天気がよいのでもう少し鳥がいるかと思ったのですが、揖斐川までは、何も見ず。揖斐川にも、カンムリカイツブリが3羽くらいと、キンクロハジロが1羽で、少ない。七里の渡し跡には、ヒドリガモが8羽。

Dsc07317c Dsc07328c  柿安コミュニティパーク西の堀には、キンクロハジロが3羽、コガモのメスが2羽に、ヒドリガモが1ペア。

Dsc07376c  しかし、小型の野鳥はほとんどおらず、メジロ1羽に出会ったくらい。

Dsc07393c  九華公園では、鎮国守国神社の社務所裏の木にゴイサギが2羽にホシゴイが1羽。ほとんどが上手に隠れていて、ホシゴイが1羽、飛び出して気づいた次第。

Dsc07547c  奥平屋敷跡は、極めて静か。ヒヨドリも2羽しか見ず、ドバトやムクドリもほとんど来ません。コゲラが2羽。先日も、すぐそばで一緒に2羽が行動しているところを見ましたが(2023年1月23日 :久しぶりにヤマガラたちの混群に遭遇)、同じような感じ。

Dsc07665c Dsc07655c  メジロは、「オン・ステージ」かと思うほど、ずっといました。いわば「松メジロ」(微少)。現場でもよく見て、たくさん撮ってきた写真も見てみると、松ぼっくりの下の樹皮をつついているようです。食べ物になるのでしょうか。

Dsc07579c Dsc07621c  シメもやって来たのですが、あまりよいところには来てくれず、証拠写真。ハクセキレイは、今日は1羽のみでした。

Dsc07928c_20230131145801  朝日丸跡では、ジョウビタキのオスが大接近してくれました。少し離れて写真を撮っていたのですが、私が動かずにいたら、だんだんと近づいてきて、最終的には1mちょっと先に来ました(微笑)。

Dsc08189c Dsc08252c  鎮国守国神社の境内でも、ジョウビタキのオス。本丸跡では、ツグミ。見つけたときには、カワラヒワも数羽、近くにいました。

Dsc08136c_20230131143201 Dsc08102c  神戸櫓跡には、コサギが2羽。奥平屋敷跡にいるときに見つけたのですが、ちょっと遠かったので、本丸跡の花菖蒲園のところから撮影。

Dsc07794c_20230131143301 Dsc07781c  カモは、合計82羽。キンクロハジロが増えて65羽、ハシビロガモが13羽、ヒドリガモが1ペア、ホシハジロも1ペア。

Dsc07973c  ユリカモメは、一時的に11羽が飛来したものの、すぐにいなくなってしまいました。この写真で右手奥にある野球場のフェンスにいつもいるのですが、いません。中央左に写っている照明灯にはカワウが集まっているのですが、今日はカワウもここにはいません。

Dsc08291c Dsc08319c  貝塚公園でも、ジョウビタキのオスと、ハクセキレイ。ほかにヒヨドリやカワラヒワ、メジロもいましたが、やはり少ない。

Dsc08355c  新築公園。先日も書きましたが、昨シーズンは、ジョウビタキのオスがよくいたのですが、やはり今年はここには来ていないようです。ときどき、ハクセキレイを見ます。

Dsc08183c Dsc08169c  ところで、鎮国守国神社の境内の紅梅、いったん咲き始めたものの、その後寒くなり、雪も積もりましたから、開花は進んでいません。拝殿前にあるドウダンツツジが、芽吹いてきました。

Dsc08394c Dsc08397c  帰宅して玄関前から撮った写真。名古屋駅方面に向かって左の奥に見えるのは、たぶん中央アルプスの山並み。冬、天気がよいと見えます。木曽御嶽山も、今日はよく見えます。御嶽山に向かって、左手には乗鞍もうっすらと見えました。

| | | コメント (0)

2023年1月30日 (月)

鎮国守国神社でしだれ梅が開花……「花なしウメジロウ」の写真も(笑)

Dsc06411c Dsc06414c  晴れときどき曇りという予報でしたが、朝から雪でも降りそうな雲。多度山の方は雪が降っていたかも知れません。藤原岳は、このところずっと麓の方まで白くなっています。今朝は、7時45分から散歩へ。住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀南公園、外堀、内堀公園、京町、寺町とほぼいつも通り。5.1㎞というデータですが、ちょっと少ないような気がします。

Dsc07082c  こんな冷たい感じの日ですが、鎮国守国神社の境内では、しだれ梅が一輪、開花していました。温まる感じがして、ホッとします(微笑)。

Dsc06417c_20230130130101 Dsc06436c  さて、バードウォッチングについて。まずは、住吉ポンプ場のところでカワラヒワのペア。カワラヒワの大半はペアで行動していますが、まだ巣材を運んでいるのは見ません。住吉水門の内側には、ヒドリガモが2ペアと、キンクロハジロのオスが1羽。

Dsc06457c_20230130130801 Dsc06524c_20230130130101  揖斐川には今日もシラウオ漁の漁船が何組か出ていました。数が多いということは、今年は豊漁なのでしょうか。漁船が多いので、カンムリカイツブリは2羽のみ。住吉水門のところには、ヒドリガモが11羽ほど。川にいたのは、これですべて。

Dsc06494c_20230130130901 Dsc06537c  七里の渡し跡には、コガモのオスが4羽にメスが2羽。柿安コミュニティパーク西の堀には、キンクロハジロが3羽。三の丸公園からコミュニティパークあたりには、ムクドリが10羽くらいいたのみ。今日はヤマガラなどの姿はありません。

Dsc06633c Dsc06642c 九華公園には8時10分頃に到着。寒いので歩いている人は極めて少なくなっています。奥平屋敷跡、今日は静かで、ヤマガラ、コゲラ、メジロはいたものの、松の木の高いところにばかりで、写真が撮れません。ほかに見たのは、ハクセキレイとシメ。シメも、くぼんだところにいたので、上半身のみの証拠写真です(苦笑)。

Dsc06810c Dsc06933c_20230130130201  二の丸跡では、ツグミ。ほかに、奥平屋敷跡からジョウビタキのオスと、シメがいるのが確認できたのですが、遠くて、証拠写真以下。朝日丸跡では、ウグイスを一瞬だけ目撃。しかし、写真はとても撮れませんでした。アオサギは、今日もまた辰巳櫓跡の松の木にいました。先日も書きましたが、日によっている位置が微妙に違います。

Dsc06951c Dsc07014c  本丸跡でもツグミ。何か丸いものをくわえていますが、ダンゴムシのようなものかと思われます。ビンズイ2羽もいました。

Dsc06875c  朝日丸跡で、モズのオス。昨日と同じあたりで、同じモズのような気がします。

Dsc07107c_20230130130201  鎮国守国神社の境内で、「花なしウメジロウ」。しだれ梅の花を撮っていたら、近くの梅の木にやって来たのです。ウメジロウの季節も間もなくと思うと、期待が高まります。

Dsc06549c Dsc06564c  カモたち、今日は合計51羽。キンクロハジロが27羽、ハシビロガモが18羽、ホシハジロはオス、メスとも1羽ずつ、ヒドリガモは2ペアというラインナップ。キンクロハジロが減っています。

Dsc06573c2  こちらは、ハシビロガモ。近くで、ちょうどよいアングルで撮れました。何がちょうどよいかというと、嘴にあるブラシのようなものが撮れたのです。ハシビロガモは、水面に嘴をつけて水ごと食物を吸い込み、嘴にあるこのブラシのようなもので食物だけを濾し取り水だけを吐き出して採餌するのです。

Dsc07159c  ユリカモメは、30羽ほど。こんな寒いウイークデイでは、誰も餌をやりに来ませんから、ずっと野球場のフェンスの上などで待機しています。

Dsc07190c  貝塚公園ではヒヨドリやカワラヒワがいたものの写真を撮るほどではありません。こちらは、内堀公園にいたジョウビタキのオス。これまでのところ(13時半現在)、今日の最高気温は7.6℃ですが、13時には5.6℃。日も当たっていませんから、このあとは、暖かくして過ごすことにしましょう(微笑)。

| | | コメント (0)

2023年1月29日 (日)

ウ~ン、一通りいたので良しとするか(微笑)

Dsc04901c_20230129142001  1月も29日になりました。散歩友達のWさんが「早いな。もう1月が終わろうとしている」といっていました。本当に早いものです。という次第で、今朝も7時半からいつものように散歩へ。住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀公園、紺屋町、新築公園、常盤町、常信寺、寺町と5.6㎞。今朝も氷点下まで冷え、藤原岳は麓まで雪が積もっているのが見えます。天気は良いのですが、風はやはり冷たい。

Dsc04948c_20230129142001 Dsc05009c_20230129141901  揖斐川では、シラウオ漁が行われていました。住吉神社から柿安コミュニティパークまでの間で見たのは、2組の漁船。このあたりで見たのは、住吉入江にいたキンクロハジロのオス1羽、住吉水門のところにいたヒドリガモが数羽。漁船が出ていたため、カンムリカイツブリは少なく2羽のみ。

Dsc04969c Dsc04974c  七里の渡し跡では、ヒドリガモが1ペア、コガモのメスが1羽のほか、オオバンとキンクロハジロが1羽ずつ。

Dsc05083c_20230129141901Dsc05129c  柿安コミュニティパークでは、今日もヤマガラが2羽。一緒に行動していたのは、メジロ2羽。シジュウカラやコゲラは、見当たりません。

Dsc05041c_20230129141901Dsc05058c_20230129141901  ヒヨドリもいたのですが、その数は少なく、皆おとなしいのが、かわいそうではあるものの、笑えてしまいます。日頃の「暴れん坊」ぶりは、なりを潜めています。食べられないためでしょう。ツグミもいたのですが、藤棚の陰でちょっとくらい写真。

Dsc05074c  西の堀には、キンクロハジロが3羽とオオバンが1羽。コガモのペアが石垣に上陸して休んでいました。

Dsc05155c Dsc05167c_20230129145301  九華公園には8時前に到着。北門を入ったところの堀にはオオバン1羽。毎シーズン、1月になってから九華公園でオオバンを見るようになります。しかし、数はせいぜい1~2羽。たぶんオオバンが食べるものはあまりないのでしょう。鎮国守国神社の社務所裏の木には、今日もゴイサギが1羽。

Dsc05233c Dsc05551c  奥平屋敷跡は、今日も比較的静か。ヒヨドリはわずかで、ドバトもときどき来るくらい。スズメはほとんど来ません。待っていたら、ようやくツグミが登場。ジョウビタキのオスもやって来たものの、写真がちょっと撮りにくいところでした。

Dsc05303c Dsc05498c  さらに待つと、コゲラ、シジュウカラ、メジロの群れが登場。コゲラは、最初は木の高いところにいたのですが、かなり長い時間滞在している間に低いところまで降りてきて、そばで写真を撮っていても気にしない様子でした。食べ物を探すのに夢中という感じでした。

Dsc05780c  メジロは、松の木にたくさんたかっていました。花が少ない時期ですから、松の実に嘴を突っ込んで、何かを食べているようです。鳥たちにとって、この大寒の頃は、食べ物探しに苦労するようです。

Dsc06016c_20230129141901 Dsc06068c_20230129141901  アオサギさんは、今日も辰巳櫓跡の松の木にいましたが、じきに飛び立って、吉之丸堀の北東隅にある揖斐川からの導水口のところへ移動。今日は、揖斐川から水を入れていて、カワウもたくさん集まり、ユリカモメも騒いでいましたから、魚が入ってきていたのだろうと思います。ただし、どの鳥たちも、魚を捕まえたところは見ていません。

Dsc06003c Dsc06145c  二の丸跡では、木陰にシメ(左の写真)。また、本丸跡にもシメがいました。たぶん別の個体だろうと思います。

Dsc06165c Dsc06239c  本丸跡には、ツグミも1羽。しかし、ちょっと遠かったので、こんな証拠写真。このあと、鎮国守国神社の境内でシロハラが水たまりで水を飲んでいるのを見つけたのですが、写真には収められませんでした。残念。ユリカモメは、今日は23羽ほど。

Dsc05186c_20230129145301  カモたち、今日は合計44羽。ちょっと減少傾向でしょうか。キンクロハジロが25羽、ハシビロガモは17羽、ヒドリガモは今日は1ペア。キンクロハジロが減っていますし、ホシハジロはいませんでした。日取りももいつもは、2ペアいたのに、今日は1ペアのみ。

Dsc06258c  貝塚公園では、ジョウビタキのオス。ほかにヒヨドリ、カワラヒワがいたのですが、数は少ない。ツグミは鳴き声を聞いたものの姿は見られず。シロハラもいません。内堀公園でも、ヒヨドリとスズメのみ。新築公園では、ハクセキレイ1羽とスズメ。昨シーズン、ここにはジョウビタキのオスがよく来たのですが、今シーズンはまったく見ていません。

Dsc06351c_20230129141901 Dsc06330c_20230129141901  常信寺では、紅梅とミツマタの花をチェック。紅梅は、前回よりも花が増えてはいましたが、大雪や寒さのせいでしょうか、思ったほどは増えていませんでした。ミツマタも、開花が止まったかのような感じです。

Dsc06409c  ところで、この間で江戸橋での非常勤の授業は、試験を終えましたので、私の仕事としては、追試験の採点とその成績評価を除いて、完了。学校まで出向く機会は、4月までありません。したがって、今週は特にスケジュールはなし。来週の日曜には、伊勢で近鉄ハイキングがあり(全国新酒鑑評会金賞受賞蔵「伊勢萬内宮前酒造場」をたずねる)、行きたいなと思うのですが、ただ、伊勢萬内宮前酒造場では、甘酒のふるまいがあるものの、酒蔵見学はできないというので、思案のしどころ(微苦笑)。試飲もなさそうなのです。また、この日(2月5日)は、朝9時から伊勢大橋の架け替え工事現場で見つかった不発弾処理が予定されていますので(こちら)、要注意。三ツ又池や長良川河口堰方面に行くと、帰りは国道23号線を回ってこないといけなくなりかねません。

| | | コメント (2)

2023年1月28日 (土)

鎮国守国神社で紅梅が咲く……九華公園でミサゴとトビ

Dsc03283c_20230128153701 Dsc04813c_20230128153701  今朝も冷え、氷点下でした。日中も天気はよいものの、北風は冷たくなっています。藤原岳は麓の方まで白くなっていますし、多度山もうっすらと雪化粧。住吉入江の南の端は、凍っていました。寒かったのですが、いつものように、7時半から散歩へ。住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀南公園、外堀、内堀公園、京町、寺町と5.7㎞。

Dsc03935c  寒かったのですが、鎮国守国神社の境内では、紅梅が数輪、咲いていました。毎年同じことを思うのですが、厳しい寒さが続く中でも、季節は少しずつ移ろいつつあります。寺町にある河津桜も、つぼみが少しだけ大きくなってきたように見えました。

Dsc03351c Dsc03338c  住吉水門のところには、オカヨシガモのペアが1組。ときどきここで見ます。普段はどこにいるのか、ちょっと気になります。ほかに、ヒドリガモが13羽、キンクロハジロが2羽、オオバンが1羽、同じあたりにいました。

Dsc03378c Dsc03391c_20230128153801  揖斐川には、カンムリカイツブリが3羽ほど。波が荒いときにもよく来ています。七里の渡し跡の西側にある旅館山月では、建物の周囲に足場が組み上がってきています。写真の奥にある和風の建物にもシートがかかっています。解体工事なのかと思っていますが、まだ分かりません。

Dsc03438c Dsc03517c_20230128153801  柿安コミュニティパークでは、ヤマガラとコゲラ。 ヤマガラは数羽いたのですが、コゲラは右の写真の1羽だけでした。ほかにはヒヨドリが少しとスズメたち。西の堀には、キンクロハジロが4羽。

Dsc03559c  九華公園では、昨日まで北門を入ったところの堀に翼を傷めたコサギが1羽いたのですが、今日はどこにも見当たりませんでした。鎮国守国神社の社務所裏の木には、ゴイサギが1羽。公園は、全体に静かな印象。これは、ヒヨドリやムクドリ、ドバトが少ないから。

Dsc03611c_20230128153801 Dsc03668c  奥平屋敷跡も静かだったのですが、いつものように1時間ほど鳥待ち。まずは、メジロが3羽ほど。植え込みの中にいて、あまりよく見えませんでしたが、一応写真に収められました。ツグミも登場。

Dsc03703c  シメもちらっとやって来ましたが、地上には降りてきませんでした。ほかに来たのは、ヒヨドリが少しと、ドバト。今日は、ハクセキレイは来ません。

Dsc03767c_20230128153801  朝日丸跡では、久しぶりにモズのオス。秋にこのあたりにやって来た頃は、よく見るのですが、冬本番になるとあまり見なくなるのは、なぜなのでしょう。

Dsc03846c  本丸跡で、ジョウビタキのオス。ビンズイ2羽も見たのですが、逃げられてしまいました。

Dsc04020c_20230128153801  鎮国守国神社の境内では、シジュウカラ2羽。何かを懸命に食べているところ。

Dsc03571c Dsc03599c  カモは今日は、少なく、合計38羽。キンクロハジロが激減して、18羽。ハシビロガモも18羽。ヒドリガモは1ペア。ホシハジロは見当たりませんでした。ユリカモメは、80羽以上。野球場のフェンスに止まっていったのですが、写真を撮ろうとしたら、飛び立ってしまい、失敗。

Dsc04190c Dsc04436c  本丸跡を歩いていたら、堀の上空にミサゴ。奥平屋敷跡にいるときも、ちらっと見たのですがすぐにいなくなってしまっていたのです。ミサゴは2羽が飛んでいました。ミサゴが飛び去ったら、続いてトビが登場。今日は、三ツ又池や河口堰に行こうかとも思ったのですが、いつものコースにして大正解(微笑)。

Dsc04527c_20230128153701  コサギは、吉之丸堀に水平に突き出た松の木に3羽。これがもっともよく撮れた写真。今日は、アオサギはどこにもいませんでした。

Dsc04640c Dsc04599c  貝塚公園では、ジョウビタキのメスと、メジロ。ほかにヒヨドリとカワラヒワ。シロハラをいつも探すのですが、今日はまったく見られませんでした。

Dsc04767c_20230128153701 Dsc04883c  内堀公園では、ジョウビタキのオスが待っていました。ここのジョウビタキは、特に愛想がよい感じです。住吉入江まで戻ってきたら、オオバンが3羽。2羽はペアで行動しています。

Dsc03281c_20230128153801  明日も天気は良く、気温はもう少し上がりそうな予報です。昨日、水曜に実施した試験の成績を報告しましたが、夕方、事務から受け取った旨の連絡があり、本試験についてはこれでdutyは完了。追試験は、本試験から1週間以内に申請が必要です。学生たち、きちんと手続きをとっていることと思います。追試験の日程は、2月中旬に3日間予定されていますが、具体的にはまだ決まっていません。

| | | コメント (2)

より以前の記事一覧