花・植物

2021年10月25日 (月)

冷たい雨の1日

Img_4698c_20211025144601  ほぼ終日雨で、最低気温12.9℃、最高気温15.1℃となっていて、寒い感じの1日です。散歩は早々に諦め、江戸橋での仕事の準備と、「歩いて伊勢参りツアー」のコースマップづくりをしていました。10時半を過ぎてから、駅方面とエディオンに用があったのですが、有給休暇を取って家にいた息子がクルマに乗せていってくれ、あまり濡れずに済みました。楽チンです。午後は読書中。

Img_4627c_20211025144601 Img_4632c_20211025144601  ベランダ園芸もアサガオが終わってしまい、楽しみが激減。お見苦しい写真ですが、今はこのような状態で、少しずつ種を取っていますが、それもまもなく終了の見込み。シラサギカヤツリや、金のなる木、万年青は何れも青々としています。金のなる木はかなり大きくなったのですが、我が家にお金が増える兆候はありません。

Img_4641c_20211025144601  「おつまみ枝豆栽培キット」の枝豆は、7つほど実がなっています。もう食べられそうなものもありますし、未だ成長途中のものもあります。もう少しだけ待つことにしています。

Img_4690c_20211025144601  先週は多用でしたが、今週は今のところ水曜の江戸橋での仕事と、週末、歩いて伊勢参りツアーの13回目を予定しているくらい。しかし、そろそろ来月計画している相談会の資料が届く見込み。資料が来たらまた読み込み、分析を行わなくてはなりません。「散歩生活ときどき、仕事」のペースで行けるのがいいのですが、どうでしょう? 

| | | コメント (0)

2021年10月15日 (金)

カワラヒワは集団見合いの季節か?

Img_0728c_20211015163201  アメダスのデータでは、最高気温は26.9℃なのですが、日当たりのよい我が家のリビングでは午後から、30℃を越えていました。本当に暑い(苦笑)。真夏に比べると、太陽の高さが低くなり、部屋の奥まで日差しが入るようになって、リビングに居候している我がデスクは、日差したっぷりの状態なのです。いささかげんなりしています。日曜からは気温が下がるようですが、10月中旬なのにこの暑さは堪りません。

Img_0347c_20211015163301 Img_0338c  昨日は、江戸橋での授業のQ&A、推薦図書の選定、相談会に関する連絡などと、多用でした。一通り、キリがつき、今日はいつも通り散歩。7時40分から住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀公園、紺屋町、吉津屋町、京町、常磐町、老松公園、八間通、参宮町と回って6.8㎞。揖斐長良川の中洲には、今日もダイサギの姿が1羽。河口堰にほど近いところですので、住吉神社の前からは500m以上のところ。

Img_0378c Img_0382c_20211015163301  三の丸公園から三の丸水門、さらに揖斐川右岸の高水敷では、このところ、草刈り作業が行われています。前にも見たことがありますが、乗用草刈り機。シバウラのSH-1750(ハンマーナイフモア)という機種。かなりハイスペックで、河川を始め、スキー場などの急斜面で快適に、また、安全に除草作業ができるというのがセールスポイント。こういう働くクルマ、子どもみたいでお恥ずかしいのですが、どうも気になります。

Img_0422c_20211015163201  九華公園には8時過ぎに到着。アオサギさんは、また、九華橋近くの樹上にいました。掃除を担当しておられる女性が、「あんなにズーッとじっとしていられるなんてすごい!」とおっしゃっていました。確かにそうです。ヒヨドリの他にメジロの鳴き声も聞こえています。

Img_0451c_20211015163201 Img_0521c_20211015163201  奥平屋敷跡では、散歩友達のYさん、Wさん。Yさんは鳥見友達でもあります。二人で鳥を見て回っていたら、Wさんが「今日もか?」と冷やかしてきます(苦笑)。そうです、今日もあまりいないのか? という意味。「パチンコみたいで、大当たりもあれば、スッカラカンもありますからねぇ」とお返し(微笑)。天気はよかったものの、メジロとカワラヒワ。ただし、カワラヒワは10羽くらいの群になって、賑やかでした。ものの本によれば、カワラヒワは秋に集団見合いをするといいますから、それなのかも知れません。ちなみに、ここ2~3日ドバトもほとんど来ません。「スズメも来ないなぁ」と話していたら、シルバー人材センターから草刈り作業に来ているMさんが、「スズメならおれんところの近くの田んぼに仰山おるでぇ」と。かねてから想像していたように、田んぼ方面に行っているようです。

Img_0533c_20211015163201 Img_0549c_20211015163201  二の丸跡でもカワラヒワたち。左の写真のカワラヒワ、松の種のようなもをくわえていました。Yさん曰く、「今日は、カワラヒワ・ショーだ」。

Img_0610c_20211015163201 Img_0602c_20211015163201  朝日丸跡では、ハクセキレイ2羽。右の写真に写っているハクセキレイさんは、片脚。右足がありませんでした。チョンチョンと飛ぶように移動していましたので、よく見たらこんなハンディを持っていました。

Img_0555c_20211015163201  アーちゃん、今日も元アヒル小屋のところでお休み中。ここか、野球場の南の堀かが好みの場所。

Img_0640c_20211015163201  鎮国守国神社にお参りし、北門から社務所裏をもう一度チェックして野球場の南に来たら、別の散歩友達のご夫婦に会い、話をしていたら、頭上からハクセキレイさんが、会話に入ってきました(苦笑)。けっこうよく通る、大きな声で鳴くので、ビックリ。

Img_0684c_20211015163201  貝塚公園。あちこちで知り合いに会って、話していたので、10時前に到着。もう何もいないかと思ったのですが、オスのモズがいて、救われました(微笑)。他にはカワラヒワ、ヒヨドリなど。九華公園でも、貝塚公園でも、ムシクイの仲間やコサメビタキを見なくなりました。もう抜けて行ってしまったのかも知れません。

Img_0700c_20211015163201  内堀公園に行く途中で撮ったヒヨドリ。最近、散歩コースでも増えてきました。時に20羽とかの集団で飛んでいるのを見ます。これからさらに増えて、賑やかになることと思います。

Img_0704c_20211015163201  寺町近くの花屋さんの店頭にあまり見たことがない植物がありました。今回もGoogle画像検索で調べたところ、「フォックスフェイス(ツノナス)」と判明。熱帯アメリカ原産の一年草だそうです。黄色いのは、実ですが、観賞用だそうです。

Img_0742c_20211015163201  九華公園には、カモはまだ来ていませんでした。河口堰はどうかと思い、帰宅して、玄関先から65倍ズームで撮影。写真のあたりにいつもキンクロハジロなどが集まっているのですが、今のところまだまったく見えませんでした。

Img_0720c_20211015163201  オマケ。九華公園前管理人のOさんに久しぶりにお目にかかり、このようなものをいただきました。「東海道 桑名宿」と書いた木製の名札(私などには、迷子札か?)。ただし、名前などは、テプラのようなもので印刷して貼った方が良さそうです。いつもながら、器用でいらっしゃる。Oさん、あの桑名城御城印をゲットしてこられたそうですが、「mamekichiさん、買うのは止めときな。印刷やったけど、ちょっとなぁ……」だったとか。

| | | コメント (0)

2021年10月13日 (水)

行きはよいよい 帰りは怖い(苦笑)

Dscn4597c  水曜日、後期の非常勤の授業の2回目でした。朝6時台から7時台にかけてそれなりに降っていたのですが、出勤する頃には青空が見えてきました。天気予報は、芳しくなかったものの、これなら大丈夫かと思ったら、江戸橋に近づくにつれ、雲が増えてくる始末。それでも、非常勤先に着くまではセーフ。同じ時間に非常勤で授業をしていらっしゃる女性の先生が、「昼過ぎまで、天気が持ちますかね?」とおっしゃっていたのですが、講義をしている最中から空模様が怪しくなってきました(苦笑)。

Dscn4605c  講義を終えて、外に出ると小雨。これでは、志登茂川への寄り道もできません。江戸橋駅に着いて、電車を待っていたら、また空が明るくなってきたという、ちょっと忙しい天気で、タイトルのように「行きはよいよい 帰りは怖い」です(苦笑)。桑名へ帰ってきたら、薄曇り。朝降って以来、降っていないようでした。

Dscn4604c  今日の授業の出席者は47名と、前回から4名増加。前回来て、今日来ていない学生や、その逆もあります。明日から「履修登録確認期間」で、まだ受講者名簿は確定しません。担当の先生から、来年度も、同じ科目について非常勤講師の依頼がありました。非常勤講師の定年は確か70歳ですので、丈夫で、不始末をしでかさなければ、今しばらく講義をさせてもらえそうです。

Img_9883c 帰宅後は昼食を済ませ、取り敢えず出欠確認だけを終了。一息ついていたら、動きたくなくなっています(爆)。明日中にQ&Aが書き上げられればよいかなどと思っています。写真は、昨日の散歩の時、総合福祉センターのところで撮ったコスモス。

1634031784484-1c 1634031830844c  余談。「おつまみ枝豆栽培キット」のその後。枝豆は、現在のところ、4つ登場しています。とはいえ、そのうち1つは、豆粒くらい(豆に向かって「豆粒」とはこれいかに?)。御用とお急ぎでない方は、右の写真を篤とご覧ください。葉っぱの裏側、手前に小さくあるのが、お分かりいただけると思います。食べるには、まだもうちょっとというところ。

| | | コメント (0)

2021年10月11日 (月)

今頃アサガオが発芽してきました(驚)

Img_9594c_20211011171601  一昨日は「歩いて伊勢参りツアー」、昨日は出張相談と出かけることが続き、いささかお疲れ(苦笑)。しかし、散歩は欠かせません(微笑)。いつも通り、7時半から散歩。住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀公園、京町、南寺町、老松公園、寺町と歩いて来ました。我が家の前まで帰ったのは10時半。そこで知り合いに会って話し込んでしまい、帰宅は11時(笑)。午後から、郵便局まで出かけ、歩いたのは、合計6.6㎞。出がけは曇っていたものの、9時過ぎから晴れてきて、28.1℃。さすがに真夏ほど汗は掻かなくなりました。

Img_9082c_20211011171601 Img_9110c_20211011171601  諸戸氏庭園前で、カワラヒワが数羽。このあたりでも、九華公園でもしばらくカワラヒワはあまり見ませんでした。「戻って来た」という感じ。これは、ひょっとすると今日は、鳥がたくさんいるかもと、勝手に期待を高めます。桑名七里の渡し公園は、休園日で植栽管理作業。ふと見たら、ススキが目に入りました。最近、散歩コースではあまりススキは見ない気がします。

Img_9144c_20211011171601  住吉神社の前から揖斐川を眺めたら、アオサギさん。川口水門の少し下流、右岸の堤防の上に堤防を向いて佇んでいました。たいていは、川に向かっているのに、変わったヤツ。このあと、柿安コミュニティパークを歩いていたら、かなり上空を猛禽類が通過。写真は不鮮明(苦笑)。大きさはカラスくらいか、それよりやや小さめ。シルエットは、翼が短めで尾が長いものでした。

Img_9241c_20211011171601  九華公園。いつもの九華橋のところにはアオサギはおらず。神戸櫓跡の高い松の木のてっぺんにいました。以前は、カワウがよく集まっていたところ。あちこちきちんとチェックしないと行けません。見逃します。

Img_9197c_20211011171601 Img_9284c_20211011171601  奥平屋敷跡。今日は、コサメビタキとムシクイの仲間がいたのですが、これが実によく動く。ちっとも落ち着いていないのです。さらに、曇ったり、照ったり。曇っているときれいに撮れませんし、色が出ません。ヘンに照っていると、右の写真のようになってしまいます。そのため、証拠写真を量産(苦笑)。

Img_9348c_20211011171601  奥平屋敷跡では、今日は、カワラヒワもたくさん。二の丸跡のクスノキのてっぺんには、モズがいるのが見えました。野球場では、ハクセキレイ。と、ほぼ諸戸氏庭園前で期待したとおりの展開になってきました。が、写真の出来は、必ずしも満足できませんねぇ。なかなか思うようには行かない、ということ。

Img_9435c Img_9470c  鎮国守国神社にお参りして、北門から社務所裏の堀に行ったら、コサギ。堀に降りていたのですが、社務所裏の木に移動。アオサギさん、この時はいつもの、九華橋近くの樹上でお休み中。

Img_9474c_20211011171601  アーちゃんは、元アヒル小屋のところでお休み中。それなりに鳥たちもいましたし、コサメビタキやムシクイも回数だけは十分見られましたので、まぁこれで良し。

Img_9487c_20211011171601  野球場の南の堀には、こちらのカメさん。ミドリガメではありませんが、顔はイシガメのような感じですが、色が違います。クサガメとも違います。雑種なのかも知れません。

Img_9495c_20211011171601 Img_9547c_20211011171601  貝塚公園も丁寧に見て回りましたが、ヒヨドリの他、カワラヒワ、メジロ、シジュウカラが確認できたのみ。ここでも、写真はイマイチ。フライキャッチャーや、ムシクイ、キビタキなどは今日はまったく見られず。

Img_9056c_20211011171701 Img_9063c_20211011171701  余談その1。諸戸氏庭園の祭車庫。土壁で修復されると書きましたが、壁塗りがかなり進んできていました。壁土の色が黒っぽい気がします。実家も土壁でしたが、もっと、いわゆる「黄土色」の薄い色だった記憶があります。歴史散歩で、田舎へ行くと土壁の家が残っていますが、それらも同様。特別な土を使っているのか、何か混ぜてあるのか? 知りたいですねぇ。

Img_9027c Img_9033c_20211011171701  余談その2。ベランダ園芸のアサガオ。2鉢とも、たぶんほぼ終了。もうホントにつぼみはなさそうです。ときどき、種を取っていますが、今朝よく見たら、今頃発芽してきていました! 大きい方の鉢です。かなり出遅れていますが、どうしたのでしょう? また、これからどうなる?? 水はやり続けようと思っていますが……。

Img_8050c_20211011181301  昨日の出張相談、今日、報告書を仕上げて郵送してきました。お子さんの特徴に合わせ、必要な説明は尽くしたと自分では思うのですが、お役に立つと良いなと思います。今週は、水曜日の江戸橋の仕事があるのみ。週末にまた「歩いて伊勢参りツアー」に行くかも知れません。写真は、しばらく前にとった、貝塚公園の渋柿。

| | | コメント (0)

2021年10月 8日 (金)

今日は、モズ・デー

Img_7655c_20211008171801 Img_8156c  上天気で、朝夕は秋のような空なのですが(冒頭の写真)、日中は、夏の空(右の写真)。季節が入り交じっているというか、1日の間に交代するというか。散歩も後半になると、暑く感じました。今日の最高気温は、29.4℃。私は公園や、日陰のある街中を歩いていますが、揖斐川右岸の堤防を伊勢大橋まで往復する散歩友達は、日陰がなくてフラついたといっていました。いつものように7時半から歩き始め、住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀公園、紺屋町、新築公園、常磐町、老松公園、寺町と6.1㎞。帰宅は11時(笑)。自宅前に戻ってきたところで散歩友達に会い、30分も話し込んでいました。

Img_7751c_20211008171801 Img_8035c_20211008171801  今日は、モズ・デーでした。九華公園、貝塚公園、老松公園でそれぞれオスのモズを1羽ずつ確認。九華公園と貝塚公園で見たモズは、ひょっとすると同一個体かも知れません。九華公園から貝塚公園は、直線距離で300mほど。九華公園にいたモズが、立教小学校を越えて、貝塚公園方面に飛んで行くのをときどき見ます。左の写真は、九華公園で見たモズ。右は、貝塚公園でのモズ。

Img_8142c_20211008171801  こちらは、老松公園にいたモズ。九華公園からは直線距離で600m以上。600m離れていると、たぶん別のモズ(縄張りも別)と思うのですが、秋~春先の縄張りの広さがどれくらいなのでしょう? 「繁殖期の行動圏の広さは、止まり場所の分布などによるが,およそ1~4ha.」というデータがありました(こちら)。1ヘクタールは、100m四方の広さ。こちらのブログには、観察結果から、「秋の縄張りの範囲は、400〜500mくらいなのでは?と思いました」とあります。

Img_7858c_20211008171801 Img_7916c_20211008171801  さらに、九華公園には、今日は3羽のアオサギさんがいて、ビックリ。3羽同時には見られなかったのですが、鎮国守国神社にお参りしてから、再び北門の方から、相撲場あたりに来たら、次々と3羽が出て来たのです。左右の写真のアオサギさんは、別の個体。3羽もいたのは、たぶん初めて。

Img_7695c_20211008171801  さて、散歩の初め、住吉神社の前から揖斐川右岸の堤防を見たら、住吉水門のところにダイサギが1羽。写真を撮ろうと堤防の上から見下ろしたら、逃げられました。逃げた先は、七里の渡し跡の川口水門の上流側へ。そこからさらに下流側には、アオサギ。

Img_7719c_20211008171801  蟠龍櫓のところに来たら、イソヒヨドリのメスが飛んで来て、櫓に。久しぶり。鳥は少ないものの、ここまででダイサギ、アオサギ、イソヒヨドリを見られれば、上出来(微笑)。

Img_7960c_20211008171801 Img_7977c_20211008171801  九華公園では、この頃カワラヒワがほとんど見られません。ヒヨドリは、このところだんだんと増えてきています。他には、ドバト、キジバトくらい。今日は、ハシボソガラスもいません。モズ、アオサギ以外に見たのは、ハクセキレイ(野球場)、アーちゃん(野球場南の堀)。

Img_7811c_20211008171801 Img_7833c  九華公園には、今日もヌートリアがいました。見つけたのは、昨日と同じく、北門を入ったところの堀。南からやって来て、堀に落ちているブロックの上に乗って、身繕い。汚い水でも平気なようですが、身繕いは入念に行っていました。案外きれい好きなのかも知れません。草刈り作業に来ていらっしゃるシルバー人材センターの方に伺うと、柿安コミュニティパーク西の堀にも出没していたようです。

Img_8100c_20211008171801  貝塚公園、勝手に「重点観察地域」に指定しましたので、かなり粘ったものの、モズの他には、カワラヒワのみ。いつぞやも書いたのですが、天気がよいと野鳥も多いと期待したくなるのですが、そうそうおいしい話はありません。

Img_8050c_20211008171801  貝塚公園には、柿の木が何本かあるのですが、こちら、実がたくさん残っていますし、鳥もほとんど食べに来ません。散歩友達がいうには、渋柿だそうです。九華公園の外周遊歩道南にある柿の木、去年、「柿の木レストラン」と呼んでいたところは、今年は柿の実が少なく、鳥も集まって来ません。

Img_7640c_20211008171801  午後からは、歯科治療。今回は、下の歯すべてを治してもらってます。歯はガタガタ(苦笑)。「歯がなくなって、ジジイの道まっしぐら」であります。亡くなったオヤジの体質をしっかりを受け継いでいるようで、やむを得ません。

Img_8168c_20211008171901  余談。au Walletのショッピングで、これを買ってしまいました。難だったか忘れたのですが、3,000ポイントをもらって、その有効期限が今月末。あれこれ探したところ、この蓬莱 渡辺酒店の「日欧米5大酒類コンクール金賞受賞酒飲み比べセット」が、送料込みでちょうど¥3,000。さらに、500円引き(微笑)。なので、買ってしまったという次第。ホドホドにしないといけません。

Img_7769c_20211008171801  明日は、「東海道・伊勢街道歩いて伊勢詣りツアー」の第11回の予定。津・高茶屋から松阪・六軒まで歩きます。最近は、雨に祟られていましたが、久しぶりに晴れ予報。濡れる心配をせずに歩けそうです。明日のコースには、松浦武四郎の生家や、その記念館があります。

| | | コメント (0)

2021年10月 7日 (木)

今日は、ヌートリア・ウォッチング@九華公園(笑)

Img_7364c_20211007144601  夜半から未明にかけて雨。日中は曇天。気温は26.6℃で昨日ほど上がりませんでしたが、ちょっと蒸す感じ。昨日の授業のQ&Aは、早く目が覚めて、夜明けまでに完了。朝食後、家事の合間にチェックして送りました。今書いたように、今朝は、故あって、家事を一通りこなし、8時半から散歩。住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀南公園から内堀、新築公園、常磐町、老松公園、寺町と6.1㎞。遅く出たのと、九華公園で久しぶりに元管理人のOさんとKさんに出遭い、ずいぶん長い時間しゃべっていた結果、鳥はあまり見られず。そもそもいなかったのか、もう遅かったのか、定かではありません。

Img_7449c_20211007144501 Img_7464c  先週の土曜(10月2日)に九華公園でヌートリアの目撃情報がありました。今日、9時45分頃、吉之丸堀にかかる橋にいた散歩をしている人が、「しっぽの長い変な生き物が泳いでいる!」と騒いでいました。遠かったのですが、どうもヌートリアらしい。

Img_7484c_20211007145401  鎮国守国神社を回って、北門の方から相撲場に行こうとしたら、南から泳いでくる生き物。さっきの生き物です。やはりこれは、ヌートリア。散歩友達のご夫婦も、これを見つけて追いかけて、戻って来たくらい(微笑)。元管理人のKさんもやって来ました。

Img_7488c_20211007144601 Img_7519c  堀の北の端で水から上がって身繕いをしたり、堀の中から落ちていた木の枝か根を拾って、食べていました。けっこう可愛らしく見えてしまいます。沼狸(しょうり、ぬまたぬき)、海狸鼠(かいりねずみ)、洋溝鼠(ようどぶねずみ)、舶来溝鼠(はくらいどぶねずみ)などとも呼んだそうですが、ネズミ目(齧歯目)ヌートリア科。草食性。南アメリカ原産の特定外来生物。餌をやったりすることはで来ません。

Img_7386c_20211007144601 Img_7400c_20211007150201  さて、時間もずれていたので、野鳥はあまりいません。住吉神社のあたりにはスズメが10羽以上。三の丸公園ではヒヨドリ。ヒヨドリは、暑い間はほとんど姿を見ませんでしたが、徐々に戻って来ている印象があります。右の写真は、他に鳥がいないと行けないと思ってとった「保険」(苦笑)。柿安コミュニティパークにはハクセキレイ2羽。成鳥のオスと、若者。

Img_7564c_20211007144501 Img_7571c_20211007144501  九華公園でもヒヨドリの声がよく聞こえます。奥平屋敷跡にはドバト、カワラヒワ、ハシボソガラス。ここで話に夢中になり、バードウォッチングは疎かに。その後、公園内では、キジバトなど。グラウンドでは、ハクセキレイ。グラウンドの南の堀には、アーちゃん。

Img_7534c  鎮国守国神社にお参りしてから、ヌートリアを見たあと。社務所の裏にアオサギが飛んできました。今日は、重役出勤のようです。

Img_7579c_20211007144501  貝塚公園も静かだったのですが、「重点観察地域」に指定しましたので(苦笑)、諦めずに鳥の出待ち。四阿で待っていたら、コサメビタキがやって来てくれました。いやぁ、待ってよかった。

Img_7609c_20211007144501  そのあと、内堀南公園のところを歩いていたら、北の内堀の方からモズの鳴き声。民家の屋根の上のテレビアンテナに止まっていました。

Img_7354c  アサガオ、まだ今日も1輪。葉っぱはほとんど枯れてしまい、花は小さくなっていますが、咲いています。

Img_7423c_20211007144601 余談。九華公園の管理事務所に写真のようなポスターが貼ってありました。しばらく前から人気のある「御城印」。ついに桑名城にも登場し、昨日から、宿場の茶店ハジメ桑名市物産観光案内所で販売されています(九華公園ではないのが、不思議ですが、管理会社に販売を委託できないのでしょう)。1枚¥300。ずいぶん以前から、旧桑名城である九華公園の管理事務所にも問い合わせがあったり、直接訪ねてこられたりしていたそうです。せっかくだから1枚買っておこうかと思ったり、もったいないよねと考え直したりしています。本多忠勝入封420周年記念で発売されました(こちらに情報があります)。

| | | コメント (0)

2021年10月 6日 (水)

速報:枝豆の実がなりました(微笑)

 夕方気づきましたので、速報(とはいえ、まったく個人的な興味、関心ですから、お気遣いなく)。

Img_7353c_20211006202201  あの「おつまみ枝豆栽培キット」に実が1つなりました。このキット、8月24日に種を蒔きました(2021年8月24日:天気はまだスッキリせず……枝豆栽培キットに挑戦(微笑))。説明書によれば、「発芽から約1ヶ月半後から節ごとに実がつきます。実が大きく膨らんだら、実が柔らかいうちに収穫しましょう」となっています。今日はまだこの1つ。実とはいえ薄くて、ペラペラ。節ごとに実がつくといいますから、もっと実がついてくるはず。ちなみに、発芽したのは、8月29日(2021年8月29日:枝豆が発芽しました……九華公園にはコゲラとシジュウカラが登場)。発芽から今日までは、1ヶ月と8日です。食べられるのは、もう少し先。

| | | コメント (0)

2021年10月 5日 (火)

九華公園でコサギとコサメビタキ……貝塚公園も重点観察地域に勝手に指定(微笑)

Img_7328c_20211005162601  9月並の陽気が続いています。今日も、29.6℃まで気温は上がって、蒸し暑く感じます。朝は、20.4℃でしたから、10℃近く差があり、ちょっと堪えます。いつも通り、7時半から散歩開始。住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀南公園、外堀、入江葭町、吉津屋町、京町、寺町と、一応6.2㎞。貝塚公園で鳥を追いかけて、グルグル回りましたので、たぶんこれよりたくさん歩いています。帰宅は11時(苦笑)。いつもならサッサと通り過ぎる貝塚公園で1時間もいたのが、長くなった理由。

Img_6764c_20211005162801 Img_6787c_20211005162801  桑名七里の渡し公園の上空をコサギらしき鳥が1羽、通過。揖斐長良川の中洲には、ダイサギ1羽と、その従者のように控えるカルガモ1羽。七里の渡し公園には、モズがいたものの、カメラを構えている間にいなくなってしまいました。住吉神社に行ったとき、公園の方からモズの鳴き声が聞こえたのですが、どこにいるかは分からず。

Img_6834c_20211005162801 Img_6855c_20211005162801  十万山の南端には、今日もアオサギさんがいました。65倍ズームで撮って、かなりトリミングしています。昨日もいたアオサギではないかという気がしますが、遠くて分かりません。柿安コミュニティパークには、スズメが数羽。

Img_6888c_20211005162801  九華公園には8時に到着。今日は、アオサギがいなかった代わりにコサギ1羽。最初は、堀で餌を探していたのですが、私が通ったら、鎮国守国神社の社務所の裏の木に逃げました。写真はその時のもの。私が通り過ぎて、九華橋から見ると、再び堀に降りていました。

Img_6953c_20211005162801  奥平屋敷跡は、今日も静か(苦笑)。写真が撮れたのは、ハクセキレイ1羽のみ。カワラヒワは上空を通過するだけ。南の端で、コサメビタキらしき鳥を見かけたものの、確認できず。ハシボソガラス、ドバト、ムクドリ、ヒヨドリ、キジバトなどいつものメンツは揃っていました。メジロの鳴き声も聞こえたのですが、姿は見当たらず。

Img_6982c Img_7024c_20211005162801  二の丸跡では、キジバトとヒヨドリ。ヒヨドリは、少しずつ増えてきました。朝日丸跡に来たら、コサメビタキ。2羽いたように思うのですが、確信はありません。さらに、朝日丸跡と二の丸跡の間にあるクスノキにムシクイの仲間。ただ、これはまさに証拠写真(苦笑)。

Img_7048c_20211005162701  吉之丸堀には、アーちゃん。遠くから見たら、他の種類のカモのように見え、一瞬、ぬか喜び(苦笑)。早い年には、今頃もうカモがやってくるのです。日曜日に木曽川にコガモ、ヒドリがもがいたとひらいさんが書いておられましたので(2021.10.03 お散歩日報(ウェルカモ))、もうすぐと期待が高まっています。

Img_7056c Img_7060c_20211005162701  九華公園の外周遊歩道の南にあるソメイヨシノの木に鳥の巣があったと、散歩友達のYさんが教えてくださったので、確認。何の巣か、確認中。「実物 日本鳥の巣図鑑」というサイトがあるのです。判明したら、追記します。

Img_7099c_20211005162701  貝塚公園では、まず、モズ。北門を入って正面の高い木のてっぺんにいました。モズは、高い木などのてっぺんにいて、自分がどこにいるか教えてくれます(微笑)。このあと散歩友達Sさんと、女性のバードウォッチャーさん(以前もここで出遭った方)。このバードウォッチャーさんに、コサメビタキ、ムシクイ、キビタキがいたと教えてもらい、モチベーションがアップ。

Img_7148c_20211005162701 Img_7155c_20211005162701  いろいろと見たものの、写真は、うまく行かず。リベンジが必要。本来なら載せるようなものではありませんが、自分自身を奮起させるためと、記憶のために、チョー証拠写真ですが、載せておきます(「お前、何をやってんだ!?」といわれることは覚悟)。キビタキのオス。左の写真では、中央に小さく写っています(取り敢えず、シャッターを押したという次第)。右は、ピンぼけ。

Img_7218c_20211005162701 Img_7237c_20211005173501  左は、ムシクイの仲間。女性バードウォッチャーさんは、2種類いたとおっしゃいました。右は、コサメビタキ。その他にも、このあたりではほとんど見ない鳥がいるともおっしゃっていました。これからしばらくは、貝塚公園もじっくり見て回ることにします。

Img_7310c_20211005162601  他には、メジロとシジュウカラ。あまりペケ写真ばかり載せるのもどうかと思いますので、メジロは割愛。

Img_6941c_20211005162801  ヒガンバナは、花はすっかりオシマイ。「葉見ず花見ず」の別称通り、花が終わりましたので、葉っぱがでてきています。花が終わって、秋に鱗茎1個から長さ30~50 cm の細い葉をロゼット状に数枚出して、緑を保ったまま冬を越し、ほかの植物が葉を茂りだす初夏(4 - 6月頃)に葉を枯らして、地上部は見えなくなります。

Img_7134c_20211005162701 Img_7140c_20211005162701  こちらは、貝塚公園で咲いている花。ずっと以前から気になっていたのですが、写真を撮ろうと思うと、花が傷んでいたりして、チャンスを逃し続けていました。Google Imageで検索したら、すごいですね、出て来ました(今頃、分かったのか!?)。ユッカ蘭だそうです。厚葉君が代蘭(あつばきみがよらん)が和名。リュウゼツランの仲間。これでスッキリ(微笑)。ということで、貝塚公園内を1時間ほどウロウロ(爆)。

Img_7069c_20211005162701  ところで、明日は、いよいよ非常勤の後期の講義が始まります。予定から1週間遅れ。遅れたのは、大学で行うコロナワクチンの職域接種が遅れたため。当初は、8月中旬に職域接種だったのが、1ヶ月ずれ込んだのです。接種翌日は、休みにするため、オリエンテーション日程が取れなくなって……という次第。結局、講義15回+試験1回が、講義15回の中で試験を実施となって、マイナス1回。新しい内容を考えていたのですが、今年度は必要なくなりました。講義の内容&レジメは、4回分を準備済み(微笑)。

| | | コメント (0)

2021年10月 4日 (月)

九華公園でコサメビタキ……午後は歴史講座へ

Img_6713c_20211004162901 Img_6699c_20211004162901  好天が続いています。今日も上天気で、気温も29.0℃。朝はいつものように散歩、午後からは、忘れずに市民大学郷土史学科の講義に行ってきました(微笑)。しかし、今日の空は、夏の空のようでした。冒頭の2枚は、何れも散歩帰りに撮ったもの。右の写真は、住吉入江のところから見た東の空。夏の雲です。

Img_6344c  さて、朝はいつも通り、7時半から散歩開始。住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀南公園、外堀、入江葭町、新築公園、常磐町、老松公園、寺町と5.8㎞。相変わらず、鳥は少ないのです。ブロ友のひらいさんは、昨日、木曽川でコガモとヒドリガモのメスを確認したそうですから(2021.10.03 お散歩日報(ウェルカモ))、そのうち九華公園や大山田川にもやって来るかと思います。

Img_6395c_20211004162901 Img_6407c_20211004162901  証拠写真からですが(苦笑)、揖斐長良川の中洲には、ダイサギとアオサギ。ダイサギは、長良川河口堰に近いところに、また、アオサギは、中洲・十万山の南端に、それぞれいました。この十万山の南端のところは、ときどきアオサギが佇んでいます。好みの場所なのか、餌が取れるのか、と思えます。

Img_6446c_20211004162901  九華公園にもアオサギさん。いつも通り、九華橋の近くの樹上。近くでメジロを見かけたものの、撮影には失敗。ヒヨドリの鳴き声がよく聞こえるようになってきました。

Img_6497c_20211004162901 Img_6522c_20211004162901  奥平屋敷跡では、コサメビタキ。太陽の光に白く輝く、小さなものが見えました。それがコサメビタキのお腹。数分、このあたりを移動してから、どこかに去ってしまい、それっきり。

Img_6543c_20211004162901  キジバト。珍しくない鳥ですが、木の枝を折ってはくわえていきます。キジバトの繁殖は、ほぼ周年だそうですから、今から営巣するのでしょう。この他、カワラヒワもいたものの、写真が撮りやすいところには来ず。

Img_6563c_20211004162901 Img_6572c_20211004162901  今日も鳥が少ないので、やむを得ず、スズメとカワウ。スズメは、しばらく前よりはよく見るようになった気がします。カワウについて、最近ほとんど取り上げていませんが、ずっと前から2~3羽ずつくらいしかいないようになっています。堀で漁をする姿もまったくといってよいほど見なくなっています。河口堰でも少なく、このあたりにはあまり来なくなったのではないかと思います。

6e3f28c0  ところで、散歩友達のYさんが、10月2日(土)、野球場の南の遊歩道の堀で、ヌートリアを目撃したそうです。前から来ていることがあったかも知れませんが、私としては初めて(スマホ写真も見せていただきました)。左の写真は、2019年2月15日に弥富の三ツ又池公園で撮ったもの(河口堰とM池公園へ……セグロカモメ、ホオジロ、ミコアイサ、ケリ、帰りにプチ歴史散歩)。揖斐川からの導水路の流入口近く、いつもアーちゃんがいる石の上にいたとか。揖斐川からやって来たのかも知れません。ちなみに、アーちゃんは、今日は不在。ヌートリアを嫌がったか?

Img_6664c_20211004162901  貝塚公園では、シジュウカラ。モズの鳴き声も聞いたような気がしたものの、姿はなし。他には、ヒヨドリ、メジロ、カワラヒワ。

Img_6671c_20211004162901  貝塚公園の近くのお宅で、キンモクセイ。今シーズンは、ウッカリしていて確認し忘れていました。先月からあちこちで咲いていたはずなのに(微苦笑)。

Dscn4526c Img_6731c_20211004162901  午後からは、パブリックセンターでの市民大学郷土史学科の講座へ。先月は(9月6日の予定)、まん延防止等重点措置が発令されていて、休講でしたから2ヶ月ぶり。今日からは、戊辰戦争の話ですが、まずはそのバックグラウンドということで、殿様の関連系図の話。将軍家、御三家、御三卿、桑名藩などの殿様を中心とした関連系図をみながら、きょうだい、姻戚、養子縁組などの話。ひと言でいうと、江戸後期の幕政を担った人や、中心人物は、(養子なども含め)かなり血縁関係があったとなります。この系図が力作。講師の先生、いつも系図や年表を詳しくつくってくださいます。9月の休講の分は、11月29日になりました。レギュラーが、11月22日と12月6日ですので、この間、3週連続して、市民大学郷土史学科があることになります。いやぁ、アタマが爆発せずについて行けるか、心配ですねぇ。

Img_6334c_20211004172501 Img_6721c_20211004172501  オマケ。アサガオ、先日、もうオシマイかと書きましたが、まだまだ。今朝は、1輪。明日咲きそうなつぼみも1つ。

Img_6390c_20211004172901  どうでもよい(ホントは、よくはないかも)余談。パブリックセンターから帰宅して1時間。ゆっくりしていたら、センターから電話がありました。こういうときはあまりよくないことが浮かびます。「知らないうちに、何か不始末をしでかしてきたか?!」などと(爆)。「靴を間違えてお帰りになりませんでしたか?」と尋ねられました。大丈夫、今のところ、今日、何番の靴箱に入れたかまで覚えています(微笑)。しかし、何ごとも「明日は我が身」です。気をつけないと。それにしても、センターの方、お疲れ様です。

| | | コメント (0)

2021年10月 2日 (土)

20211002長良川河口堰・なばなの里

Img_6312c_20211002170201  好天。風は、北寄りの風が、5m/sほどとかなり強いものの、お出かけ日和。気温は、30℃を越えましたが、さほど暑い感じはしません。ブロ友のひらいさんのブログ2021.09.29 臨時更新)で、長良川河口堰にサギがたくさん集まっている写真がありましたので、今日は河口堰へ行こうと計画していました。そこへ、ひらいさんから、ついでになばなの里へもというお誘いをいただき、タイトルのように、長良川河口堰で待ち合わせ、ひらいさんの年間パスポートでなばなの里へ連れていっていただきました(微笑)。なばなの里では、ダリヤ・コスモスまつりを開催中。

Img_5238c_20211002165601 Img_5266c_20211002165601  長良川河口堰へ行く前に上之輪新田に立ち寄って来ました。そろそろ稲刈りが行われ、サギが来ていないかと思ったのです。北半分は稲刈りが済んでいましたが、いたのは、ダイサギが1羽のみ。その他、ハクセキレイ、キジバトを1羽ずつ。モズの鳴き声を聞いたのですが、姿は確認できませんでした。

Img_5271c  鳥を探していたら、大阪へ向かう「ひのとり」が通過。ひのとりを見ると、反射的に写真を撮ってしまうのです(笑)。滞在15分ほどで長良川河口堰へ向かいます。

Img_5369c_20211002165701Img_5452c_20211002165701  長良川河口堰には9時前に到着。ひらいさんとは、ここで9時過ぎくらいに待ち合わせ。管理橋の上は、さすがに風が強い。帽子が飛ばされそうなくらい。何度も書いていますが、このように広々としていて、水があるところは、本当に気持ちが良い。心が解放される気がします。

Img_5315c_20211002171401 Img_5325c_20211002171401  長良川左岸(東側)の魚道上流側には、ダイサギ1羽と、コサギが6~7羽。覗いたら、コサギたちは驚いて、飛び回り、どこかへ飛び去ったものや、魚道の別の所に移動したものなどがいます。

Img_5351c_20211002165701 Img_5448c_20211002165701  同じく左岸下流側では、コサギが1羽、魚道に降りてエサ探し中。管理橋の上では、ハクセキレイが数羽、戯れていました。

Img_5500c_20211002165801 Img_5470c_20211002165801  西側へ移動。堰の下流側にあるオレンジ色の柱の上に猛禽類らしき姿。この写真は、65倍ズームで撮った上にトリミング。それでもこれくらいにしか写りません。ミサゴが、かなり大きな魚を捕まえてきて、食餌中でした。その前、閘門の上流側には、ひっそりとアオサギさんがいました。

Img_5403c Img_5560c_20211002165801  親水広場に降りていったのですが、新伊勢大橋の架け替え工事が、始まっていました。令和6年度完成見込みだそうです。工事は、10月以降、川の水が少なくなる時期に行われます。工事は、親水広場の北の端、ちょうど伊勢大橋の中堤交差点のすぐ南で行われています。

Img_5541c_20211002172201 Img_5529c_20211002165801  また、親水広場にあるアユの孵化試験を行う水路では、孵化試験に向けて準備が行われていました。こういう具合でしたので、親水広場には鳥はほとんどいません。見かけたのは、イソシギ2羽と、ヒヨドリの群れのみ。いつもならたいていいるハクセキレイもいません。管理橋の西側に戻るときに、ひらいさんと出会い、なばなの里へ。今の時期、10時開園なのです。

Img_6281c_20211002170201 Img_5651c_20211002165801  花市場には来ていたものの、なばなの里に入るのはたぶん、去年の4月21日以来(2020年4月21日:その後の御衣黄、河口堰でコムクドリ、某所でケリは営巣……なばなの里は花ひろばのみ公開中)。この1週間前にも行っています(2020年4月14日:御衣黄、ベゴニアガーデンそして押し寿司……藤が丘デザイン公園となばなの里へ)。冒頭にも書きましたが、現在、ダリヤ・コスモスまつりを開催中。そして、ひらいさんのブログで見ていたオオオニバスとオニバスを是非とも見たいと思っていたのです。

Img_5667c_20211002165801  まずは、オリーブの木。樹齢1,000年といわれるオリーブの大樹です。スペイン・カタルーニャ州からやって来て、2019年6月にここ(地ビール園前ひろば)に植樹されたもの。幹囲約4m、高さ3.5mあるそうですが、植樹されたときの写真と比べると、向かって左や中央のところは枯れてきているように見えます。

Img_5700c Img_5709c_20211002165801  オオオニバス。チャペルの南、ベゴニアガーデンの入り口の東の池にあります。右は、その花。浮水葉は、直径2m以上になるそうです。花も大型で、直径30cmにもなるといいます。

Img_5809c_20211002165901  こちらは、花ひろば方面に向かう橋の南にあるオオオニバス。葉っぱは、やはり大きい。大人でも葉っぱに乗れそうな気がします。

Img_5741c_20211002165901 Img_5781c  オニバス。全国的にも珍しいオニバス(鬼蓮)の生息地で、三重県で見られるのはなばなの里だけだそうです(こちら)。

Img_5789c_20211002165901 Img_5796c_20211002165901  オオオニバスにもあるようですが、オニバスの葉には鋭いトゲがあります。これは、遊歩道の所に説明のために置かれていたものを撮影。たしかに痛そうなトゲがたくさん生えています。

Img_5862c_20211002175601 Img_6033c  いよいよ花ひろばへ。ここでダリヤ・コスモスまつりが行われています。右の写真は、もっとも奥にある展望台の1階から見たもの。この花ひろばは、「日本最大級」とか。確かに広いのです。かなり歩き回りました。

Img_6110c_20211002170101 Img_6114c_20211002170101  コスモスは、ほぼ満開。眺めながら歩く人、スマホやカメラで写真を撮る人、皆さんそれぞれに楽しんでおられます。私も、あちこちでたくさん写真を撮って、しっかり楽しませてもらいました。ちなみに、今日1日で1,000枚以上の写真を撮ってきて、娘に呆れられました(苦笑)。

Img_5923c_20211002170001  ダリヤは、まだこれからという印象でしたが、それでもたくさんの品種が咲いていました。もともと植物には疎いのですが、ダリヤには園芸品種がかなりあるようで、とてもフォローしきれません。名札がないと、名前はサッパリ見当がつかず。もっとも、その品種をつくり出した人が、独自に命名しているのでしょうから、それもやむを得ないかも。

Img_5916c_20211002170001 Img_5908c_20211002170001  ここからはひらいさんにご教示いただいたネタ(ひらいさんのブログにも記事がありました)。これは、「大恋愛」という種類のダリヤ。

Img_5893c Img_5897c_20211002170001  その少し西にこちら「愛の旅路」という種類のダリヤが咲いています。

Img_5901c_20211002170001 Img_5905c_20211002181301
 そして、これら2種類の間に「浮気心」というダリヤが植えられているのです。残念ながら、「浮気心」はまだ咲いておらず。これら3品種、毎年並んで植えられているのだそうです。さすが、なばなの里の熱心なファンのひらいさん、目の付けどころが違います。

Img_6047c_20211002170101 Img_6052c_20211002170101  イルミネーションは、まだ工事中。今年は、10月23日(土)からの予定。メインテーマは、いつもより低いもののようです。しかし、左右の幅は広そうだといいます。メインは、たぶん山。それ以上は、さすがのひらいさんも、まだ想像がつかないとか。

Img_6240c  ひらいさんのお蔭でなばなの里をしっかり楽しんできました。せっかく来たからには、行楽気分を少しでも味わいたいと思い、ソフトクリーム。¥400。ルタオのジャージーミルクです。ルタオは、北海道・小樽にある洋菓子店「小樽洋菓子舗ルタオ」。

Img_6232c_20211002170201 Img_6242c_20211002170201  さらに、去年春のリベンジ(微苦笑)。去年の春は、永餅屋老舗のなばなの里限定「さくら安永餅」があるはずだったのですが(2020年4月14日:御衣黄、ベゴニアガーデンそして押し寿司……藤が丘デザイン公園となばなの里へ)、コロナで閉園その他でゲットできなかったのです。今日は、「伊勢茶安永餅」を売っていましたので、それを土産に買ってきました(8本入り、税込み¥1,000:長島温泉限定のようです。ここの他には、ジャズドリーム長島でも売っているそうです)。賞味期限は、10月4日ですが、今日はまだ食べておりません。食レポは、明日にでも。

Img_6324c_20211002185701 Img_6319c_20211002170201  ということで、秋の行楽を楽しんできました。歩いた距離は、測定不能ですが、歩数は帰宅した時点で10,091歩。6㎞近くは歩いたと思います。右は、我が家の玄関先から見た長良川河口堰となばなの里。父方の叔父がかつて、「お前は良いところに住んだなぁ」といいましたが、本当にそう思います。

Img_6162c_20211002170201  明日は、午前中、名古屋で特別支援教育支援員養成講座で講師を務めてきます。行楽気分から、気持ちを切り替えないといけません。

| | | コメント (4)

より以前の記事一覧