パソコン・インターネット

2021年4月27日 (火)

カモはいなくなりました@九華公園……カワラヒワのヒナ、3ヶ所で巣に就くツバメ

Img_1446c_20210427153501  朝は7.9℃と、この時期にしては冷えましたが、その後は19℃を越えました。今週、よい天気は今日までという予報。明日は、江戸橋での仕事ですが、昼前から雨の可能性もあるとか(苦笑)。いつぞや、水曜日に江戸橋に行くときに限って雨という年があったのを思いだしてしまいます。それはさておき、今日もいつも通り、7時半から散歩。住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀南公園、外堀、内堀、京町、寺町と6.2㎞。京町あたりでは、ツバメの巣チェックをしてきました。

Img_1616c  今日も、鳥は少なく、桑名七里の渡し公園ではムクドリとカワラヒワ、住吉神社あたりでスズメとヒヨドリ、柿安コミュニティパークでドバト。九華公園につくまではこれだけ。九華公園も静かで、ヒヨドリの鳴き声はせず、メジロの鳴き声は聞こえたものの、木の高いところからで、姿は見えません。スズメは、公園内のところどころで見かけ、餌をねだるように近くへ寄ってきます。

Img_1518c_20210427153501 Img_1539c_20210427153501  奥平屋敷跡で待っていると、今日もカワラヒワのヒナが出て来ました。見ていると、1つのファミリーでヒナが2羽いるように見えます。鳥が少ない中、1時間ほど見ていたのですが、奥平屋敷跡やその周囲を移動しつつ、親が餌を採っては運んで来ているのが見えました。

Img_1620c_20210427153501 Img_1675c_20210427153501  ちょっと距離がありましたので、はっきりとは捕らえられていませんし、枝かぶりになってしまいましたが、これらの写真が撮れました。向かって左が、カワラヒワのヒナ。羽ばたいて、鳴き声を上げて餌をねだっています。右の写真は、餌をもらう瞬間。証拠写真であるのが、残念。

Img_1496c_20210427153501  シジュウカラも、1羽が、奥平屋敷跡や、二の丸跡を移動しています。声高らかに囀っているオスです。ペアの相手がまだ見つかっていないのかと、ちょっと気になります。余計なお節介ではありますが(苦笑)。上にも書きましたが、メジロの鳴き声は、九華公園でも、貝塚公園でも何か所かから聞こえるのですが、木の高いところからです。卵を抱いているか、ヒナの世話をしているのか、どちらかでしょうか。九華公園でのバードウォッチングは、以上(微苦笑)。ちなみに、昨日までいたキンクロハジロ、今日は見当たりませんでした。また、ツグミの姿もありませんでした。

Img_1486c_20210427155201 Img_1755c_20210427153501  公園内も、木々の葉が青々としてきています。左は、奥平屋敷跡の様子。今日も、九華公園で同級生K氏が、ツツジを見ていこうと思ったというのに出会いました。「お前の写真できれいそうだったからな」というのです(笑)。きれいなところを選んで写真を撮っていますので、「真を写している」ことに間違いはないのですが、全体ではなく、あくまで部分です。

Img_1790c  貝塚公園には、まだツグミがいました。その数、4羽ほど。しかし、例年の様子からすると、そろそろ姿は見られなくなる頃です。

Img_1764c_20210427153401 Img_1775c  少し前からトンボが飛び始めています。貝塚公園で、シオカラトンボを撮ってきました。左は、石に止まったメス。そして、何とすでに交尾をしているカップルがいたのには、ちょっと驚きました。考えてみれば、子孫を残すのが、大目的ですから、チャンスがあれば交尾するというのは当然かも知れません。

Img_1808c_20210427153401Img_1835c  ツバメの巣チェック。京町あたりで4箇所。左の写真は、桑名市博物館にある巣。3つありますが、そのうち1つの巣が、修復されているようでした。ここは、去年も繁殖していたところですから、今年も期待できます。右の写真は、京町にある呉服屋さんの巣。ここも3つの巣がありますが、そのうち1つに親がいました。

Img_1818c_20210427153401 Img_1832c_20210427153401  もう1ヶ所、京町のあるお宅の巣。ここでも、親ツバメが巣に就いていました。近くの電線にはもう1羽、ツバメの姿があります。田町、三崎通あたりの巣は、今日は見ていませんが、何回か見てきた限りでは、3ヶ所にある巣のうち、ツバメが来ていたのは、1ヶ所のみ。

Img_1895c_20210427153401  京町公園で一休みしていたら、イソヒヨドリの鳴き声が聞こえてきました。京橋町にある商店の屋上にいました。先日、御坊さん(桑名別院本統寺)の近くでも見ましたが、寺町、吉津屋町、拙宅近くから国道1号線の東側あたりを縄張りにしていると思います。今朝も、我が家の南の方角で早くから鳴き声が聞こえていました。

Nectablet  余談です。昨年末に、ちょっと迷った上でタブレットPCを新調しました(2020年12月24日:貝塚公園で今シーズン初めてシロハラ(ただし、証拠写真のみ)……年賀状は印刷、タブレットPCを新調)。NECのTE710/KAWです。快調に使っていたのですが、昨日、購入したビックカメラから葉書で、「不具合のお知らせ」が届きました。フルセグチューナーがついていて、地デジが見られるのですが、その不具合とか(ワンセグは見られるものの、TV機能の設定不良によりフルセグでのTV視聴ができないのだそうです)。タブレットPCで地デジは見ませんので、気づいていませんでした。フルセグだけの不具合なら、そのまま放置しておいてもいいなと思っていますが、どうしたものでしょう?

| | | コメント (0)

2021年4月16日 (金)

今日もまた「案の定、降られました」(爆)

Img_7592c_20210416122801 Img_7650c_20210416122801  予報が難しかったのか、朝のテレビなどの天気予報は、リソースによって微妙に異なっていました。結局、雨の降り始めは早く、空模様を見ていましたが、明るくなったので8時50分頃出かけました。しかし、危惧したとおり、三の丸水門あたりでまた降ってきました(苦笑)。傘は持っていたものの、九華公園の北門を入ったところにある四阿で雨宿り(右の写真は、雨宿り中に見た九華公園。鎮国さんの社務所裏あたり)。散歩コースは、住吉神社、九華公園半周、京町、寺町と、3.9㎞。寺町を出て、住吉入江まで来たら、また降ってきました。まぁ、こんなもの。

Img_7570c_20210416122801 Img_7578c_20210416122801  拙宅マンションの敷地内の小公園にツグミ1羽。ツグミ、ときどきここにいます。諸戸氏庭園あたりには、スズメしかおらず。桑名七里の渡し公園にもツグミと、ハクセキレイ1羽(右の写真)。

Img_7595c_20210416122801 Img_7601c_20210416122801  三の丸公園にもツグミ。2羽いました。他には、ムクドリくらい。三の丸水門まで来て、雨が降ってきたのですが、こういうときに限って、ヒバリが登場。オスのヒバリ。最近、このあたりでは見なかったのですが、巣をつくっているのか気になるところ。

Img_7639c Img_7623c_20210416122801  雨宿りは、20分ほど。近くにスズメ、ムクドリ、ドバトなどがやってきます。四阿あたりで餌をやる人があるからです。ツグミも来て、花壇に入ってエサ探し。こちらを向いてくれたら、もうちょっとマシな写真になったのに(右の写真)。

Img_7684c Img_7673c_20210416122801  鎮国守国神社、二の丸跡、奥平屋敷跡と回って来たものの、これという鳥はいません。カモは、40羽いたものの、すべてキンクロハジロ。ヒドリガモの姿はありません。

Img_7698c_20210416122801 Img_7717c_20210416122801  他には、吉之丸堀にカルガモが2羽いました。はっきり見分けはつきませんが、向かって左が、いつもいるカルガモのように見えます。その他、外周の遊歩道でカワラヒワ。京町でツバメの巣を見てきました。ツバメは飛んでいたものの、巣に来ているのはいませんでした。

Img_7690c_20210416122801  娘のノートパソコンがおかしくなり、「仕事に行っている間に見ておくように」といわれています(苦笑)。2~3日前にWindows10のアップデートをしてから、変です。最初は、Bluetoothが使えなくなり、マウスが動かず。調べたら、Bluetoothのドライバが見当たらなくなっていました(デバイスマネージャにも、アクションセンタにも出てこなくなったのです)。そのドライバの再インストールを試みたものの、初めのうちはやはり、デバイスマネージャ/アクションセンタに出てきません。何回か再起動をしたら、今度は、パソコン自体がうまく起動せず、「スタートアップ修復」が立ち上がるようになってしまいました(2回連続で起動に失敗すると、スタートアップ修復が動くようです)。その一方で、Bluetoothは回復したようで、マウスは動くようになっているという、よく分からない状況。いやはや。午後からの最重要課題です。

【パソコン後記(4/17)】 このノートパソコン(富士通:LIFEBOOK AH77/R)は2014年5月のモデルで(もともとWindows8.1でしたが、Windows10にアップグレード)、確か展示品を安価に購入し、2016年2月から使っていたもの。そういえば、先だって、購入した家電量販店から「5年の長期保証期間が切れる」というメールが来ていました。結局、スタートアップ修復も不可能、初期化も不可能でした。ということは、ハードウェア的に壊れたと結論(ハードディスクの可能性が高いかと思っています)。保証期間が切れた途端に壊れるとは、よくあるパターンで苦笑せざるを得ません。娘は仕事でパソコンを使うものの、リモートワークはありませんし、家で仕事はしません。動画を見るのが主な目的ですから、Chromebookを新たに購入することにして、一件落着。

| | | コメント (2)

2020年12月24日 (木)

貝塚公園で今シーズン初めてシロハラ(ただし、証拠写真のみ)……年賀状は印刷、タブレットPCを新調

Img_7242c   最高気温は8.2℃になったものの、終日曇天。アメダスを見ますと、今日の日照時間はたったの4分! 寒い1日です。今日は、散歩のスタートを元に戻して、7時35分。住吉神社、中橋、九華公園、貝塚公園、内堀南公園、外堀、再び貝塚公園から内堀公園、京町、南魚町と7.3㎞もウロウロ(苦笑)。10時半に帰宅。

Img_7218c_20201224164101  ウロウロした理由は、このため。貝塚公園で今シーズン初めて、シロハラを目撃したからです。しかし、最初は、このように後ろ姿や、ピンぼけ写真しか撮れなかったのです。そこで、時間をおくためもあって、内堀南公園や外堀あたりを回って、戻って来てもう一度確認しようと思ったのですが、チラッと姿は見えたものの、写真はやはり撮れず仕舞い。残念。明日以降の課題です。

Img_6955c  さて、諸戸氏庭園は、いつもならヒヨドリが賑やかですが、今日は静か。住吉入江には、キンクロハジロのオスが1羽のみ。今日は、オオバンも、ホシハジロのオスもいません。住吉神社前の揖斐川には、オオバンが4羽と、カンムリカイツブリが1羽。しかし、暗くて、遠くて、ボンヤリした写真にしかなりません。船津屋さんの裏手を歩いていたら、カモメらしき鳥が1羽、揖斐川の上流方向へ飛んで行きました。七里の渡し跡の奥の川口町の堀には、キンクロハジロのメスが1羽。あまり鳥がいなさそうな雰囲気(苦笑)。

Img_6996c  柿安コミュニティパークで、一瞬、イソヒヨドリのオスを目撃。植え込みの陰に隠れてしまいましたので、そっと近寄ったら、今度は逃げられました。それ故、証拠写真。先日見かけた若いオスのように思います(2020年12月21日:イソヒヨドリの若いオス……七里の渡し跡にてママチャリで京都→東京の若者に遭遇)。コミュニティパークでは、このほか、ハクセキレイ、ヒヨドリなど。

Img_7002c_20201224164201  中橋のところには、今日もゴイサギ、ホシゴイがいたのですが、数は昨日までほどではありませんでした。今日は、数えられImg_7011c_20201224164201 た限りでは、ゴイサギが5羽、ホシゴイが3羽。日も当たっていませんし、寒かったので、皆、ご覧のように、お休み体勢。まぁ、もともとが夜行性ですし。

Img_7020c_20201224164201

 九華公園では、今日もアオサギがいました。いつものように、鎮国守国神社の社務所裏の木です。こちらもお休み体勢だったのですが、声をかけたら、ほんの短い時間、顔を上げます。葉っぱが被ってしまった写真になっていますが、この位置からがもっともよいアングルなので、やむを得ず。

Img_7077c_20201224164101  カモは、59羽。微妙な増減を繰り返しています。ホシハジロのオスが1羽、ヒドリガモは2Img_7030c_20201224164101 ペア、ハシビロガモはオス6羽、メス4羽。他はキンクロ。ハシビロの採餌行動のアップ、とくに嘴のブラシを撮れないかとこの間からチャレンジしているのですが、なかなかうまく行きません。ユリカモメは、8羽のみ。今シーズン、今のところ最多で30羽ほどですから、昨シーズンに比べ、かなり少なくなっています。

Img_7120c_20201224164101  小型野鳥の姿は少なく、管理事務所近くでヤマガラとシジュウカラ。ヒヨドリはまあまあいますが、やかましいというほどでImg_7176c はありません。カワラヒワの姿もあまり見られず。

Img_7107c_20201224164101  ツグミは鳴き声はしているものの、数は多くありません。地上には余り降りてきていませImg_7194c ん。ハクセキレイは、公園内で数羽を見ます。メジロもいたものの、ピンぼけ(苦笑)。寒くて、日も当たらず、鳥も、人も少ない散歩。

Img_7206c_20201224164101  はあぶ工房Togetherのみかん売り場、バージョンアップしています。「買ってこなくてよい」といわれますので、出始めたときに試しに買っただけです。ここで売っているのは、多度みかんです。

Img_6981c_20201224164201  午後から、いよいよ? とうとう? 年賀状作成に着手。裏面の写真、文章は作ってあり、また、送付先のチェックも済んでいましたので、印刷作業。今回は、70枚。もっとも多かったときには400枚近くありましたが、退職以来減らしてきて、今年は「前期高齢者になったから、こちらから差し上げるのは失礼いたします」とさせてもらった方もたくさんあります。印刷は、1時間余りで終了。ミスはしでかさずに済みました(微笑)。あとは、それぞれにひと言を書き、明日、投函の見込み。

Laviete710  もう1つ。散々迷っていたのですが、タブレットPCを新調。これまでもNECのPC-TE510BALを使っていたのですが、充電がうまく行かなくなったのと(これは、購入の時、エディオンの店員さんが、ケーブルのコネクタが弱点だといっていたとおりの結末)、Android自体のエラー(それもかなり致命的なもの)が複数出現するようになったため、最近は使っていませんでした。もともと2015年7月発売で、Androidのバージョンは5.0でした。あれこれ調べたものの、ネットの評判を見ていると逆に訳が分からなくなり、エディオンの店頭で見て来て、同じNECのTE710/KAWを選びました(左の写真がそれ)。直販サイトでは、ブルートゥースのイヤフォンをセットにしたものもあったのですが、イヤフォンまで充電するのは面倒ですし、ワイヤレス・イヤフォンはいらないかと考え、本体、カバー、フィルムをビックカメラで購入。先ほど届きました。コロナ禍での自分へのクリスマスプレゼント(何のこっちゃ!?)。

| | | コメント (0)

2020年12月12日 (土)

オスのジョウビタキ・デー……Wi-Fiルータを新調し、超スピードアップ

Img_2742c  今朝は、8℃もあったのに、曇っていて寒い感じでした。散歩で通る住吉神社、今朝は、まだ常夜燈に灯りが入っていました。その散歩、今朝も7時半にスタート。住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀公園、京町、寺町と5.5㎞。土曜日になると、この時間でも歩く人はけっこういます。

Img_2763c_20201212171401  暗かったのでイマイチ写真ですが、柿安コミュニティパークでジョウビタキのメス。連続観察記録は途切れまImg_2782c したが、このあたりにいるのは間違いなし。さらに、コミュニティパークの西の堀には、コガモのオスが1羽。例年なら、七里の渡し跡に来るのですが、川口水門が工事中なので、こちらに来たのかも知れません。

Img_2785c_20201212171401  九華公園には、7時50分に到着。最近、本当にサギが来なくなりました。代わりにハクセキレイが出迎え。あたりには、ヒヨドリのけたたましい鳴き声が響いています。ツグミの声も聞こえますが、控えめ。ヤマガラやメジロが出てきたものの、こう暗くてはいけません。黒い写真になってしまいます。奥平屋敷跡でも、ヒヨドリ、ドバト、ムクドリくらい。河原鶸が2羽ほどやって来ただけ。

Img_2871c_20201212171401  カモ、今日は、71羽。微妙に増減を繰り返しています。今日は、ホシハジロのオスが2羽、ヒドリガモは2ペア、ハシビロガモImg_3009c_20201212171401 は9羽(オス6羽、メス3羽)。他はキンクロハジロですが、このほかにオオバンが1羽いました。左の写真、ハシビロさんの嘴のブラシを撮ろうとトライしているのですが、なかなかうまく行きません。

Img_2905c_20201212171401  ユリカモメは、10羽。野球場のフェンスにいたり、クスノキの実を啄みに来たり。今日は、私がいる間に餌をやる人は1組のみ。餌がもらえないと来ないのかも。

Img_2919c_20201212171401  今日はダメか、と思っていたら、ここから急展開(微笑)。ジョウビタキのオスが2羽、かなり接近Img_2933c_20201212171401 していました。本丸跡でのこと。しかし、縄張り争いをしている様子はまったくありませんでした。

Img_2980c_20201212171401  鎮国守国神社では、ヒヨドリの天下という感じで、ものすごく賑やか。再び、相撲場のところでようやくツグミの姿を捉えました。たくさんいるものの、まだ余り地上には降りてこないのです。タイミングが合うと、野球場や、本丸跡に10羽~40羽くらいがいます。

Img_3038c_20201212171501  貝塚公園では、ヒヨドリとメジロのみ。最近、本当にこれくらいしかいません。内堀公園では、常連のジョウビタキのオス。Img_3064c_20201212171501 ほとんど必ず出て来ます。前にも書きましたが、挨拶に来るような感じ。さらに、こちらは久しぶりに、でしたが、三崎見附跡近くの住吉入江沿いでも、ジョウビタキのオス。ホンの一瞬でしたので、露出の補正がうまく行かず、証拠写真。ということで、今日は、オスのジョウビタキ・デー。

Img_2888c_20201212171401  9時頃からは晴れてきて、日向では暖かく感じました。公園近くにお住まいの知人Nさんは、花壇の整理。「暖かくなってきたから、いまのうちにやらないといけないね」とおっしゃっています。80歳を超えた女性ですが、お元気で自転車で走り回っておられ、グラウンドゴルフもなさいます。

Img_2976c  帰宅してからは、居候しているリビングのデスク回りの片付け。「年末だから」とプレッシャーを受けております故(苦笑)。しかし、断捨離は難しい。とくに本の類いはいけません。ノロノロと片付けていたら、愚息が「さすがにもうこれではArcherax5001normal_1567751256896z イカン」としびれを切らして、Wi-Fiルータの新しいものをゲットしてきました。これまではNTTからのレンタルであるPR-400NEを使っていました。2年前にも落として破損し(これが2回目でした)、交換してもらったのですが(2018年10月23日:イソヒヨドリ、ホシゴイ、九華公園のカモは24羽……Wi-Fiルータ交換してもらったものの、結局同じ機種(苦笑))、このレンタル品、実はリユース品で、2011年製。さすがに10年前のものですから、私も先日、自分で買おうかと思案していていたところでした。新しいWi-Fiルータは、TP-Linkという会社のArcher-AX-50という機種。NTTのレンタル品は、光回線の終端処理が必要ですからそのままで無線LANカードだけを抜いて、この新しいWi-Fiルータをつなぎました。メーカの謳い文句は、「スピードと接続可能台数を大きく引き上げる革命的な新規格」ですが、さすがに速い。3倍くらいのスピードになった感じ。「接続可能端末も4倍」だそうですが、つながりにくかったのは、今まで、我が家内で電波の奪い合いをしていたのかも知れません。ご覧のように、見るからにハイテクで、よく働きそうです。

| | | コメント (2)

2020年10月10日 (土)

雨が止んで、3日ぶりに少しだけ散歩

Img_2705c_20201010165301  大雨警報も出ましたが、16時までの24時間雨量は、138mmでした。15時を過ぎて雨も止みましたので、3日ぶりに少し歩こうと、九華公園まで往復してきました。1時間ほどで、3.3㎞。雨が止んだためか、歩いている人はけっこうあります。九華公園では、ホシゴイ2羽と、ゴイサギ1羽が、いつものように鎮国守国神社の社務所裏にいました。カワセミも飛んでいたのですが、よく見えるところには止まってくれず、写真は撮れず仕舞い。ゴイサギの写真は、ピンぼけ(苦笑)。アオサギ、カモはいませんでした。知り合いのKさんに会って、しばし歓談し、気分転換(微笑)。

Img_2665c_20201010165301  午前中は、11時前に宅急便でプリンタが届きましたので、早速セットアップ。プリンタ自体のセットアップは30分ほどで終了。そこから、私のパソコン2台、娘のパソコン1台にドライバなどをインストールしてセッティング。古いプリンタのドライバなどは削除。スマホからも印刷できるように、スマホのアプリを修正。これが、昼食をはさんで2時頃までかかりました。お陰様で順調(微笑)。思ったほど大きくもなく、無事にデスクに鎮座。エコタンク仕様です。

Img_2667c_20201010165301  ところで、後期第1回目の遠隔授業の出欠確認は、今日の正午が締切。受講登録者は、今のところ、50名台後半と前期の1.5倍。質問、感想などを読むのもかなり時間がかかりますし、それに対する説明、コメントを書くのに取りかかったものの、なかなか進まず。来週からは課題を課しますので、そのチェックもしなければなりません。いやぁ、遠隔授業の方が、仕事量はかなり増えて大変です。手当も1.5倍くらいにしてもらえないかなぁなどと、密かに思っています。

Dscn3544c  明日は、午後から、名古屋で特別支援教育支援員養成講座の講師。天気が良く、暑くなるとか。午前中は、いつも通りに散歩に行ってくることにしましょう。

| | | コメント (2)

2020年10月 8日 (木)

結局、プリンタは新調することに……おやつは、中津川・川上屋の栗きんとん

Img_2612c  台風14号と秋雨前線の影響で、終日雨。毎時間2~3mmくらい降り続いています。気温も上がらず、最低気温14.8℃、最高気温16.3℃とほとんど上がらず、しかも11月の気温とか。寒い1日。さすがに散歩はしていません(苦笑)。初めから降っているときは、歩きには行きません。

Img_2633c_20201008153601  代わって、不調に陥ったプリンタの対処を朝からしていました。壊さない程度に(爆)、外せるところを外しImg_2637c て掃除してみたり、給紙・排紙部分を調べて見たり。多少のゴミは出てきたものの、用紙の破片が詰まっていたりはしないようでした。しかし、相変わらず、給紙ができません。プリンタ本体に向かって右側で引っかかってしまうのです。何回試みても、同じ。クリーニングをしようと思って、ダイソーで「FAX&プリンタ用クリーニングシート」を買ってきたものの、給紙ができないのでは、使いようがありませんでした(苦笑)。後のために保管しておきます。

Px049a_120_90  これまで使っていたプリンタは、エプソンのPX-049A。愚息が、就職して半年間実習に行っているときに買って、持ち帰ってきたもの。4年前に発売されたもので、まだ修理対応期間中ですが、調べたら基本修理料金は¥7,000。私は、たぶんごく普通のお宅で使うよりも、はるかに酷使しています。コロナ以前から、形の上では自営業で、授業資料や報告書、趣味でまとめたものなどかなり印刷しています。コロナ以降、非常勤の授業は、遠隔授業になりましたが、内容を検討するプロセスで、印刷量はむしろかなり増えました。裏紙も使いますから、それもよくないのかも知れません。ウーンとしばし考え込んだ結果、私にとっては消耗品に近いものと割り切って、新調することにしました。

Ph_visual_ewm752t_img01  印刷量がかなりになりますから、大容量インクのタイプにすることにし、EpsonのEW-M752TCanonのG6030ブラザーのDCP-J988Nなどを候補に検討。ネットでの評判(価格.comなど)を見るのですが、あれこれ書いてあって、逆に決まらない状態に(苦笑)。ブラザーのDCP-J988Nは、安価でADFもあって魅力的でしたが、スキャナーがイマイチで、写真のきれいさに劣るとあり、また、CanonのG6030も評判は必ずしも芳しくない。ということで、かなり消去法的に、EpsonのEW-M752Tを選択。ネットショップで価格を比べ、エディオンで発注(¥39,900)。土曜日に届く予定。

Img_2627c_20201008153601  本来でしたら、「晴歩雨読」ですが、今日は、プリンタのことでかなりの時間をつぶしてしまいました。珍しく、スイーツの話し。昨日の「桑名城惣構ツアー」で案内したSさんご一行から土産をいただいたと書きましたが、それがこちら。どうして我が家の好物をご存じかと思ったのですが、皆様、この方面にゆかりがおありのようでした。中津川・川上屋の栗きんとん。今日のおやつに美味しくいただきました。とくに娘は栗きんとんが大好物で、「5つくらい平気」といいながら、朝から1つ食べて出勤しております。

Img_0666c_20201008153601  今年は、9月の末には、すやの栗きんとんを食べています。これは、娘がJR名古屋タカシマヤで買ってきたもの。これで、あImg_0673c_20201008153601 とは、恵那寿やの栗きんとんを制覇すれば、この地方の有名栗きんとんをコンプリートできるのですが……。実は、恵那寿やさんの栗きんとんは、9月8日に非常勤先に遠隔授業講習会に行った帰りに買おうと、途中下車までして四日市近鉄百貨店に立ち寄ったのですが、16時過ぎと時間が遅くて完売でした。リベンジを謀らねば(笑)。

14  台風14号が気になります。今のところの予報では、このあたりは、土曜日が大雨となっています。土曜の午後くらいに東海地方に最接近のようです。どちら様も、十分気をつけましょう。

| | | コメント (0)

2020年7月10日 (金)

サギソウにつぼみ、常盤町の巣でツバメのヒナ誕生……余談の方が多い(苦笑)

Img_6668c  相変わらずの梅雨空で、午前中は小雨模様。遠隔授業の準備、出席確認は、さておき、一昨年の市民大学歴史講座のまとめにある年表をチェックしながら、主な出来事に注釈をつけていました。午後からは雨が上がりましたので、14時半過ぎから16時前にかけて散歩。知り合いに会うことはないかと思ったのですが、3名ほどに出会いました。住吉神社、九華公園、京町、常盤町、寺町、住吉入江と5.0㎞。止み間に歩いたのですから上出来。

Img_6687c  午後から、しかも梅雨空ですから、スズメ、ムクドリ、カワラヒワくらいしか見当たりません。九華公園では、造園業者さんが来て、花菖蒲園の草取り作業をしておられました。3箇所ともやっておられたのですが、株分けしたのはこの2号菖蒲園の半分ほど。来年、きちんと咲くか、大いに気になるところです。

Img_6707c_20200710174401  鳥がいないこともあって、ツバメの巣のチェック。左の写真は、京町の呉服屋さんのツバメの巣。今日は、親Img_6723c_20200710174401 がマジメに(?)巣に就いていました。右は常盤町のお宅にある巣。ヒナが3羽誕生していました。写真には写っていませんが、もう1羽、巣の端っこにぶら下がっていました。たぶんアクシデントで死んでしまったのだろうと思います。親がエサを運んで来て、ヒナがアピールしている間に落下。かわいそうですが、残りのこの3羽が元気に育つことを願っています。

 散歩写真は以上(苦笑)。

Img_6524c  ベランダ園芸の目玉、サギソウ、いよいよつぼみが出て来ました。4鉢のうち2鉢で、それぞれ1つずつ。「サギソウ、咲きそImg_6528c_20200710174501 う」などとオヤジギャグが浮かんできます(爆)。去年咲き始めたのは8月2日でした(2019年8月2日 :サギソウが咲きました……石取祭は明日午前0時から叩き出し)。この様子なら、今年はもう少し早くから咲くと期待しています。

Img_6610c_20200710174501  シラサギカヤツリ。左の写真は、7月7日に苞が出来てきたと書いたもの(2020年7月7日 Img_6603c研修会資料を仕上げ、アサガオを植え付けた「雨読の日」)。写真がイマイチですが、その苞が開いてきました。右は、別の茎に咲いた花と苞。眺めてると、結構おもしろいのです。

Img_6641c_20200710174601  以下は、余談。その1。パソコンで、SONYのPC TV Plusというアプリでテレビや録画を見ています(テレビにつないだSONYのブルーレイレコーダーを使ってです)。テレビのチャンネル権は、放棄はしていないものの、実質上はありません(苦笑)。このPC TV Plus、テレビを見ると多少タイムラグが生じますが、実際には困りません。ただ、これまでは、どうやっても番組表が取得出来なかったのです。SONYのWebサイトにある対応策をすべて、何度も試みたにもかかわらずでした。「SONYのアプリはやっぱりクソだ」と思っていたのですが、今朝、アプリのバージョンアップがあり、それを適用したら、ご覧のとおり、番組表が現れました(微笑)。これで、録画の予約もパソコンから可能。きっとあちこちで不具合が生じていたのを、ナイショで直したのでしょう。ちなみに、SONYのWebサイトには、次のように説明がありました。富士通のパソコンを使っている私の環境は、「特殊な使用環境」だったのでしょう(笑)。

2020年 7月7日 PC TV Plus Ver.4.3.2 アップデート
・特定のグラフィックス・ディスプレイ環境における再生エラーや、特殊な使用環境下で番組表が表示されない不具合の修正、その他アプリの操作性や動作安定性を向上しました。

Img_6648c  余談、その2。6月30日に桑栄メイトのドムドムハンバーガーが閉店したということを書きました(2020年6月30日:雨読の日は、遠隔授業準備に専念……【追記(6/30)桑栄メイトのドムドムハンバーガー、今日閉店】)。昨日、新聞の折り込みで「桑名の遺産『桑栄メイト』~その記憶、消えぬよう~」というくわなラボ×OTONAMIEの無料タブロイド紙が入っていました。桑栄メイトは7月31日に閉館します。このタブロイド紙とほぼ同じ内容が、OTONAMIEのWebサイトで読めます。「【保存版】桑栄メイトの閉じ方~桑名の遺産その記憶消えぬよう〜」がそれです。ドムドムバーガー桑名店の閉店後までのことを書いた記事もあります(47年間お疲れ様でした!!ドムドムバーガーの閉店最終日を密着レポート。)。閉館までにもう一度行って、食事などしてきたいと思いますが、大賑わいかも知れません。

 余談、その3。新潮新書のメールマガジンを購読しています。今日届いたものに、おもしろい内容がありました。「今月の編集長便り」に載っていた「携帯CMの話」です。 

 明らかに年を取ってきたと思うのは、テレビなどで過剰に賑やかな番組やCMを見ると、妙にイライラする傾向が強まっていることです。特に苦手なのは携帯電話のCMで、なんだかよくわからないけれども、やたらと歌い踊り浮かれているようなトーンのものや、一応笑いを誘うつもりのつくりのものなど。
 そもそもおじさんになると、携帯に電話がわざわざかかってくる時は、何か悪いことやトラブルが起きた時のことが多いのです。浮かれられません。「まだ揉めているのか」とか「また誰か死んだのか」などと反射的に思ってしまいます。
 あんなに携帯持って踊っていられるのは、恋愛中の若者あたりでしょうか。
 そんなわけで、携帯電話に望むのは通信料金を下げてほしい、という程度です。私が少数派というわけではなくて、編集部内でも大体そんな感じでした。

 いやぁ、同感です。世の中、歌い踊り浮かれているようなことが多い気さえします。もろもろの組織の名前、商品やサービスの名称などもです。おじさんになると、携帯に電話がかかってくるときは、悪いことやトラブルが起きたときのことが多いというのも頷けます。まぁ、年を取った証拠と半ば諦めてはいますが……。

 ちなみに、上に引用した文章は、新潮新書の7月の新刊『スマホ料金はなぜ高いのか』(山田明・著)の宣伝なのですが、日本の通信料金はやはり世界的に見ても高く、その最大の理由は寡占状態にあるようです。あんなにCMで「お得なプラン」「多彩なプラン」を宣伝する費用があるのなら、こっちに還元してほしいと思うのはセコいのでしょうか、と編集長さんは書いておられますが、我が意を得たりとはこのこと。

 さらに、新潮新書の余談を続けます。7月の新刊に『トヨタに学ぶ カイゼンのヒント71』(野地秩嘉・著)というのもありました。「新型コロナをきっかけに職場のムダを一掃したい、という気持ちを持つ方にお薦めの1冊」だそうです。「リモート会議」をするようになったというニュースをよく見ますが、「『いやそもそもその会議、やる必要あるの?』と問いかけてみる。そんなところからカイゼンを始めてみよう」という内容だそうです。私の前職である大学も、会議の多いところでした。けっこう無駄があると思って、自己点検評価や、FD(ファカルティデベロップメント)など、新しいことを始めるとき、基本方針だけを審議事項として提出し、合意を得られたあとは、ほとんど報告で済ませてみたことがありました。そのうち、某教授がそれに気づいて、「やり方がおかしいぞ、審議しろ!」とクレームをつけられましたが、他の先生からは、そのクレームはあまり顧みられませんでした。「あとで文句をいわれないために会議をしている」と感じていましたが、同様の考えの方も多かったのでしょう。新潮社でも、この数カ月でずいぶん会議のリストラが進んだそうですが、「不要不急」の最たるものは、会議なのかもしれません。

 雨読の日続きで、ネタ切れを来したわけではありませんが、余談ばかりでお後がよろしいようで(爆)。

| | | コメント (0)

2020年6月19日 (金)

「雨読の日」は、パソコンに向かってしゃべっていました(微苦笑)

Img_3598c_20200619131401  午後から空が明るくなってきて、雨雲も切れてきましたが、午前中はけっこう降っていました。「雨読の日」です。とはいえ、昼前に、100均ショップと郵便局へ行ってきました。散歩は、今日は、無理という感じ。

Img_3589c  雨読の日ということで、江戸橋の非常勤先の遠隔授業の準備。6月7日にも書きましたが(2020年6月 7日:コアジサシのヒナが誕生……余談はアベノマスク、199万PV達成と江戸橋方面の遠隔授業準備について)、「ネット番ラジオ講座」というイメージで、授業資料はpdf、音声ファイルはmp3をアップロードします。午前中、パソコンに向かってしゃべっていました(笑)。Windowsのボイスレコーダーで録音しているのです。オマケのアプリなのに、けっこう使えます。ポーズボタンもあって、時折止めて、のどを潤したり、次を考えたりしながら話をしています。しかし、目の前に学生の皆さんがいないと、何だか調子が出ませんし、とても物足りません(苦笑)。もとよりライブ感はありませんが、「いったい誰に向かってしゃべっているのか?」という気がしてしまいます。受講者名簿は届きました。昨年後期に担当した授業を取ってくれた2年生の皆さんの印象は残っているのですが、1年生については、いい方が悪いものの、お互いに「見ず知らず」な訳です。1年生の皆さんにとっても、同じような感覚だろうと思います。放送大学のラジオ講座を2コマ担当したことがあると、以前書きましたが、これとはやはり別。ラジオ講座は、受講者とは直接出会わないことを前提に、しっかり原稿を書いて、話をしたのです(読み上げた、といった方が良いかも知れません)。パソコンに向かってしゃべるのに慣れた方が良いのか? など余計なことを考えたりしてしまいます。

Img_3567c_20200619131401  話の埋め草に、ベランダ園芸とベランダの新住人など。左の写真は、ベランダ園芸のすべて。あまり場所を取るなというのが、至上命令(苦笑)。右端のネギは、切れ端の根っこを植えたもの。何度が収穫しましたので、さすがに元気がなくなっている気がします。

Img_3569c_20200619131401  こちらは、万年青。ちゃんと世話をすれば、こんなに伸びるんだ、と改めて感心しています。「サボっていImg_3571c_20200619131401 ただけじゃないか」といわれること必至です(苦笑)。右は、サギソウのうちの1鉢。よく見たら、斑入りの葉っぱがありました。いや、これはさらに楽しみになってきました。

Img_3581c  ベランダの新住人、エビ。元気にしています。まだ卵は孵っていません。雑食性のようで、メダカに与える乾燥赤虫(フリーズドライ)を少しずつ与えています。一応食べてはいるようです。

Img_3587c_20200619131401  メダカの睡蓮鉢。卵が孵って、赤ん坊がいると書きましたが、その後見当たりません。親メダカに食べられたのかも知れません。熱帯スイレンは、相変わらず葉っぱばかりが繁っています。Facebookの知り合いに尋ねたら、日当たり不足ではないかといわれました。しかし、ベランダですので、日の出から日没まで陽を当てるのは至難の業。去年、最初についていたつぼみ以外、出てこなかったのも日照不足のせいかという気がします。

Img_3578c_20200619131401  明日は午後から仕事の予定。天気は回復しそうですから、午前中は散歩もと思っています。

| | | コメント (2)

2020年6月 7日 (日)

コアジサシのヒナが誕生……余談はアベノマスク、199万PV達成と江戸橋方面の遠隔授業準備について

Img_1619c_20200607174301  一段と暑くなり、32.2℃。もう真夏です(苦笑)。午前中、長良川河口堰、水辺の楽校など長島方面へプチ遠征してきましたが、暑いこと。日当たりを歩いているとクラクラしそうでした。いきなり7月並の暑さでは、体の調節が追いついて行かない気がします。マジメに熱中症に気をつけないといけません。冒頭の写真は、水辺の楽校にて。南国に来たかのような写真です。

Img_1476c_20200607174301  某所にて、コアジサシが1組営巣していると何度か書きましたが、ついにヒナが誕生していました。左の写真Img_1492c_20200607174301 で、親の下に何かがいるのが分かります。30mくらい先でしょうか。超望遠コンデジ写真です。3羽という情報もいただいたのですが、2羽のように見えます。

Img_1541c  親はエサを運んで来ていました。結構広いところに、この親子1組で、無事に繁殖するか心配していましたが、ヒナの誕生までは来ました。跡は、ヒナが元気に育ってくれるのを願っています。

Img_1355c  そのコアジサシ、長良川河口堰では、今日も親水広場の方の監視塔のところに10羽ほどがやって来ていました。河口堰には8時25分に着いて、親水広場には8時45分頃に行ったのですが、コアジサシたち、8時50分頃、一斉に飛び立って、伊勢大橋を越えて東の方へ飛び去ってしまいました。この方角のどこかに繁殖地があるのか、どうか。気になります。

Img_1236c_20200607174201  さて、その長良川河口堰。サギは、着いたときにアオサギが1羽、なばなの里方向に飛んで行ったのみ。カワウだけが魚道あたImg_1227c りにいました。魚道観察室が開いていないかと期待したのですが、まだ「当分の間の間(と書いてあります)」閉鎖中でした。まぁ、コサギなども魚道にはいませんでしたから、いいのですが、残念。

Img_1417c_20200607174201  管理橋の西側まで行くと、カモが1羽。先日も見かけたオカヨシガモと思われます(2020年5月26日:長良川河口堰でオオヨシキリ【鳥名について付記しました(5/27)】)。冬鳥としてやって来るカモですから、何らかの理由で帰らなかった/帰れなかったと思われます。

Img_1279c_20200607174201  管理橋の西の端から真南、中洲の切れ目に立つオレンジ色の柱には、たぶんダイサギ。他にはカワウもいましたし、柱の根元にはカルガモの姿もありました。

Img_1317c_20200607174201  親水広場では、ホオジロのオスが囀っていました。ちょっと枝が被った写真ですが……。他Img_8708c_20200607181101 には、カワラヒワ。たぶんヒナでしょう。

Img_1398c  中洲からは、相変わらずオオヨシキリの鳴き声が賑やかに聞こえてきます。いつも、親水広場の北の端から西方によく見えるところにオオヨシキリが1羽います。同じオオヨシキリのような気がしますが、もちろん確認はできません。

Img_1445c  管理橋を東に戻る途中、後ろからスゴい勢いでサイクリスト集団。8人ほど(このあとからも走ってこられました)。今日は、ウォーキングしていたのは、私の他に3人。サイクリストはこのグループを含め10人以上に遭遇。自転車をゲットすると、車で来なくても、わりと楽に河口堰まで来られるかも知れません。

Img_1579c_20200607174301  このあと、コアジサシの営巣を見に行ったのですが、すぐ近くでケリ3羽。1羽(右の写真)はヒナかな? という気もすImg_1583c_20200607174301 るのですが、大きさには違いはなし。今ひとつ、はっきりせず。

Img_1620c  さらに、今日もまた水辺の楽校へ。暑い中、草刈り作業が行われていましImg_1613c_20200607174301 た。先日、キジの鳴き声を聞いたあたりもすっかりきれいになっていました。この間とは別のところから、キジの鳴き声は聞こえたのですが、1回のみ。今日も遭えず仕舞い。

Img_8888c_20200607174201  ウグイスの鳴き声は今日もあちこちから聞こえていましたが、姿は見えず。一通り回って来たものの、これといった鳥の写真は撮れず。暑さが余計に身に応えます。途中、猛禽が頭上を舞っていました。先日、ここにチュウヒの巣があるのではないかという話を聞いたので、期待したのですが、これはトビですねぇ。ということで、河口堰と水辺の学校では、暑い中合計4.5㎞ほどを歩いてきました。

Img_1215c_20200607182101  余談その1。「アベノマスク」、我が家にもようやく届きました(昨日、夕方届いたようです)。あちこちで散々話題になっていますので、今さら取り上げる意味はありませんが、会議で言えば「報告事項」です(苦笑)。実物に接しての私のイメージは、やはり「小学校の給食当番のマスク」です。とくに申し上げることは、他にはありません。

200607access  余談その2。お陰様で、今日、このブログのページビューが199万アクセスを越えました。このところ、毎日150PV前後で推移しています。緊急事態宣言がでていた間は、このブログも、「猫の欠伸研究室(アーカイブ)」もアクセスが増えていました。5月には、このブログの方は、1日あたり平均170PV、「猫の欠伸研究室(アーカイブ)」の方は、何と1日平均200アクセスと本家以上に大繁盛。感謝申し上げます。お知らせにも書いてありますが、ココログの容量制限のため、2005年10月26日のブログ開始当初から2014年12月末までの記事は、「猫の欠伸研究室(アーカイブ)」にあります(こちらの本家からは削除しました)。 このココログの本家「猫の欠伸研究室」には、2015年1月以降の記事を残してあります。2015年1月から2020年5月31日までの記事は、両方にあります。気の向くままの勝手な内容を垂れ流しておりますが、今後ともよろしくお願い申し上げます。

Converter  余談が続き、その3。江戸橋方面の非常勤、今日は、遠隔授業の第1回用のファイルを用意しました。「ネット番ラジオ講座」というイメージです。授業資料はpdf、音声ファイルはmp3と指定されています。音声ファイルの約60分については3つに分割。pdfファイル、音声ファイルとも1ファイルあたりの容量は、5MB以内という制限があります。pdfの方はFoxit PDF Printer(Foxit Readerという無料アプリに付属)でつくると、かなり小さいファイルになります(WordやPowerpointで「pdfで保存」を選ぶと、なぜかかなり膨大なサイズになってしまいます)。音声ファイルは、Windowsに付属するボイスレコーダーというアプリで録音しましたが、デフォルトではビットレートが175kbpsのようで、1時間の音声ファイルが80MB程度になってしまいます(m4aファイル形式)。「音声データ(mp3) は音質を下げて(ビットレート固定で 24kbps を推奨)、データ量を5MB 以内にしたもの」と指示されていますので、サイズを小さくするため、online Audio Converterというweb上の無料サービスを使いました。これで音声ファイルはいずれも5MB未満になりました。次に、私がやる作業は、ファイルを聞き直して、聞き取りにくくないかを確認する必要があります。online Audio Converterでは、詳細設定を選んでも、ビットレートは32kb、サンプルレートは32000khzが最低になります。しかし、音声ファイルの指定サイズは何とかクリアしていますから、まぁいいかと思っています。あとは、試しにアップして、チェックをクリアしないといけません。実際の遠隔授業では、共有フォルダにアップした授業資料と音声ファイルの共有設定をして、学生諸君にメールでそれを通知する必要があります。このあたり、ちょっと手間がかかるという次第。出席、課題への回答、質問などもすべてGoogle Formというアプリの世話になります。これで、たぶん説明会(6/10)に行く必要はないのですが、説明会に行くと、交通費&手当がもらえるようで、気になります(微笑)。

Img_1148c

 明日(6/8)は、くわな市民大学郷土史学科での講義の初日。何も連絡がありませんから、予定通り午後、開催されるはず。今年のテーマは「歴史を裏から見る」です。裏側にこそ真実があるという考え方もありますから、興味深い。その他、土曜日(6/13)には評議員を引き受けたある社会福祉法人の評議員会が午後からあります。3月は新型コロナウイルス感染症のため、持ち回りになりましたので、会議に行くのは初めて。菰野まで出かけます。写真は、九華公園のアジサイ(6/6撮影)。

| | | コメント (2)

2020年5月26日 (火)

長良川河口堰でオオヨシキリ【鳥名について付記しました(5/27)】

Img_7466c_20200526164301  夕方4時前くらいから降ってきましたが、午前中は曇り。長良川河口堰方面へ出かけてきました。その後、長島あたりや、町屋川に行ってきました。「遠隔授業マニュアルも届いて大変」などといいながらです(苦笑)。ご相談も複数いただいているのですが、そちらの作業は現在進行形。報告書は1つ仕上げ、午後から投函してきました。それ故、遊びほうけている訳ではありません。河口堰では、私とほぼ同年代かと思われる方から「何の写真を撮っているんですか?」と声をかけられ、しばし歓談。「古希だ」とおっしゃっていました。鳥や、植物その他自然にも造詣が深く、楽しい一時でした。この方、我が家の近くにお住まいのようで、歩いてこられたそうです。こういう出会いがあるのも、散歩の楽しみ。

Img_7323c_20200526164601

 長良川河口堰、今日は東西の魚道あたりにサギの数は少なく、アオサギが3羽、コサギが1羽のみ。カワウも数Img_7329c_20200526164601 羽。「今日は、失敗か?」と思ったのですが、ここまで来たからには一通り見てこなくてはなりません。

Img_9089c  親水広場に降りていく通路近くで、ホオジロのオス。延べ3羽見ましたが、実質はたぶん2羽。樹上の高いところや、写真のように交通標識の上で囀っています。この標識の上は、ホオジロにとってなかなか気に入った場所のようで、ここで囀っているのをよく見ます。

Img_9109c_20200526164601  コチドリ。コチドリも親水広場の常連さん。いつもなら1羽しか見ませんが、今日は合計3羽。また、ペアでいたようで、鳴き交わしていると思われるシーンにも遭遇しました。声は遠くまでよく通るのですが、体長16cmと小柄ですから、なかなか見つけられません。気づかずに近づいてしまい、逃げられることもよくあります。

Img_9193c_20200526164701  コアジサシは、到着したときには姿はなかったのですが、しばらくして登場。合計10羽足らずと、多くはあImg_9180c_20200526164701 りません。求愛給餌をしたそうなオスも見えたのですが、見ていた範囲ではうまくは行かなかったようでした。

Img_9124c  そして、待望のオオヨシキリ。ようやく、今年初めてその姿を見られました。ちょっと遠かったのと、背景が、新設工事中の新しい伊勢大橋の橋脚とあまりよい条件ではありませんでした。夏鳥として葦原などにやって来ます。揖斐川の右岸を歩いていても、揖斐長良川の中洲から「ギョギョシ ギョギョシ ギョギョシ」と賑やかな鳴き声が聞こえてきます。「行行子・仰仰子(ぎょうぎょうし)」は、ヨシキリの異名で、夏の季語。

Img_9155c_20200526164701 Img_9198c_20200526164701  カルガモが珍しく、親水広場にいました。冬には、河口堰の上流側に20~30羽くらいがいるのですが、今の時期は珍しい。さらに、親水広場で見たのは初めて。右の写真は、西側の魚道あたりで見たカモ。カルガモのようであり、ちょっと違うようでもあり。たぶん、カルガモと他のカモとのハイブリッド。オカヨシガモではないかということでし(pnさんのご指摘、感謝します)。

Img_7458c_20200526164701  こちらは、帰りに東側の魚道で見たコサギ。今日見たコサギは、この1羽のみ。目元や足がピンク色ですから、繁殖期。こんなところにいてもいいのか?という気もします。

Img_9209c  このあと、先だって、コアジサシがいたところを見てきたのですが、何もいませんでした。ひらいさん情報では、コアジサシが巣に就いているようでしたし、コアジサシとコチドリがバトルをしていたといいますが、ご覧のとおり。このあと、ここには草刈り作業をする人がやって来ていました。ウ~ン、コアジサシが繁殖するのは難しいかも。長島町内でアマサギも探しましたが、今日は見つけられませんでした。

Img_9227c  23号線に出て、町屋川の緑地公園付近へ。キジ探しに3度目の挑戦でしたが、空振り(苦笑)。「三度目の正直」ではなく、Img_7472c 「二度あることは三度ある」でした。今日も、鳴き声もせず。「雉も鳴かずば打たれまい」といいますが、鳴いてくれないといるかいないか分かりません。川の対岸上空をミサゴが通過して行くのが見えたくらい。

Img_8973c  昨日も、冒頭にも書きましたが、江戸橋方面の非常勤、遠隔授業マニュアルが届きました。まずは、これを熟読せねばなりません。基本的には、資料(pdf)&音声ファイルを用意します。Google Formや、G Suiteを使うので、専用のGoogleのアカウントをつくります。個人用、とある研究会用でGoogleのアカウントは、Googleグループも含め、いくつか持っています(微苦笑)。さらに1つ追加。混乱しないように管理しなければなりません。まぁ、アタマを使うことをするので、ボケ防止にはよいかも知れません。面倒がらずに、まさに「淡々と飽きもせず……」のモットーでやらないといけません。写真は、九華公園の花菖蒲(5/25の撮影)。

| | | コメント (2)

より以前の記事一覧