« 20230212近鉄ハイキング酒蔵みてある記「水郷 蟹江散策と山田酒造『醉泉』・『最愛』」へ(一回完結) | トップページ | 九華公園に今日もミサゴとカンムリカイツブリ……花のない梅に「ウメジロウ」とはこれいかに? »

2023年2月13日 (月)

九華公園にカンムリカイツブリが初登場(たぶん)

Dsc03842c  早朝に少し降って、その後8時くらいから昼頃まで雨でした。午前中は用事があったので、駅方面へ。用事に行った先で、人が多くて座る席がなかったのですが、若い男性が譲ってくださいました。こういうとき、「年寄り扱いするな」などと逆ギレする高齢者もいるようですが、私は親切は素直に、ありがたくいただくことにしています。午後からはもう降りそうもありませんでしたから、14時から1時間あまり、住吉神社、九華公園、歴史を語る公園、京町、寺町と歩いて、合計5.0㎞。

Dsc04252c  今日のハイライトは、こちら。といっても、珍しくもないカンムリカイツブリの写真なのですが、九華公園の堀にいたのです。記憶では、九華公園の堀でカンムリカイツブリを見たのは、初めて。「九華公園野鳥図鑑+1」です。これで九華公園で確認した野鳥は68種類。

Dsc03907c Dsc03923c  さて、散歩の初めから。揖斐川でもカンムリカイツブリを1羽見たのですが、後ろ姿で遠いところ。七里の渡し跡でも、カンムリカイツブリ。ここでは、以前にもカンムリカイツブリを見ていると思います。ヒドリガモが5ペアいたほか、コガモのオスも1羽。柿安コミュニティパーク西の堀でも、ヒドリガモ1ペアと、コガモ2ペアが餌を食べていました。

Dsc04021c  九華公園には14時20分に到着。スズメ、ドバト、ヒヨドリが、先日までより少し多い印象。サギたちは今日はいません。左の写真は、先日から注目している神戸櫓跡の松の木。繁殖期のカワウが2羽ずっといますので、営巣か? と思っているところ。この写真は、いつもとは別角度の西から撮ったもの(いつもは南側から見ていました)。やはり巣のようなものがあるのは、確実なようです。観察を続けることにしましょう。

Dsc04358c_20230213164601 Dsc04667c  本丸跡のエノキの下には、今日もシメがいます。近くには、カワラヒワのペアも降りてきて、餌を探しているようでした。

Dsc04455c Dsc04548c_20230213164601  さらにグラウンドに近いところでは、ヤマガラ、コゲラ、シジュウカラの混群。ヤマガラは数羽、コゲラは2羽、シジュウカラは10羽近くですので、今シーズンよく見る、例の混群と思います。最近、メジロは一緒にはいません。

Dsc04623c Dsc04585c_20230213164001  鎮国守国神社の境内では、シロハラ。気づかずに近づいて、逃げられたのを探しました。尾がちょっと枝かぶりになりました。ここにずっといるようです。枝垂れ梅は、かなりよく咲いてきました。明日は天気がよさそうですから、また梅の写真もとることにします。

Dsc04077c Dsc04168c  カモたちは皆活発です。午後の方が活動性が高まるのかも知れません。キンクロハジロが23羽、ハシビロガモが16羽、ホシハジロが2ペア、ヒドリガモも2ペアで、合計47羽。

Dsc04194c  ユリカモメは、22羽。さすがに散歩をする人は少なく、餌はもらえていません。

Dsc04711c  今週は、とくにアポはありません。金曜に江戸橋での非常勤の授業の追試験が実施されるはず。試験問題の原稿と実施方法はすでに渡してありますので、専任の先生が試験をしてくださり、その後、答案用紙が届きます。日曜は、「近鉄ハイキング酒蔵みてある記」で早川酒造部を訪ねる企画がありますが、今のところ、週間予報では雨。追試の採点をすることになるのかも知れません。明日からは寒の戻りとか。相変わらず「散歩生活ときどき仕事」「淡々と飽きもせず…」のモットーで行くことにします。

| |

« 20230212近鉄ハイキング酒蔵みてある記「水郷 蟹江散策と山田酒造『醉泉』・『最愛』」へ(一回完結) | トップページ | 九華公園に今日もミサゴとカンムリカイツブリ……花のない梅に「ウメジロウ」とはこれいかに? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 20230212近鉄ハイキング酒蔵みてある記「水郷 蟹江散策と山田酒造『醉泉』・『最愛』」へ(一回完結) | トップページ | 九華公園に今日もミサゴとカンムリカイツブリ……花のない梅に「ウメジロウ」とはこれいかに? »