« ジョウビタキとモズ | トップページ | 20221105JRさわやかウォーキング「地酒と文化に触れる蟹江町散策」(一回完結) »

2022年11月 4日 (金)

コザクラインコ、再び……アオジのメスと、ムシクイの仲間か??

Dsc09419c_20221104152001  22℃を超え、暖かい日になりました。水曜日の授業のQ&Aは、昨晩できあがったものを今朝早くにチェックし終え、印刷などをお願いしました。これで安心して、いつも通りに散歩に行けます。ということで7時半から、住吉神社前、九華公園、貝塚公園、内堀南公園、外堀、入江葭町、吉津屋町、新築公園、常磐町、老松公園、寺町と6.1㎞。

Dsc09595c Dsc09702c  今日はまずはこちらから。そうです、あのコザクラインコです。9月30日にも今日と同じく、九華公園の奥平屋敷跡で見ています(2022年9月30日:コゲラがスゴい勢いで木をつつく……九華公園でコザクラインコも)。そのあたりにいる種類のインコではありませんから、1ヶ月ほど前に見たのと同じ個体だろうと思います。この間、どうしていたのかは分かりませんが、見ていたら、木の実をついばんでいましたから、それなりにたくましく生きているような気がします。

Dsc09460c Dsc09522c_20221104152001  さて、散歩に出てすぐ、諸戸氏庭園の前の桜並木にシジュウカラがいたものの、上手く撮れず。住吉神社前で西の空をダイサギが通過。九華公園に着いて、相撲場あたりでヤマガラ、シジュウカラ、メジロの混群がいたものの、撮れたのは、シジュウカラのみ。

Dsc09797c  奥平屋敷跡では、聞き慣れない鳥の声がすると思って探したところ、上述のように、コザクラインコがいたのです。他には、ジョウビタキのオスが何度かやって来ました。ヒヨドリが賑やかだったほか、カワラヒワ、メジロも姿を見せました。さらに、この時点では正体不明の鳥を見ています。これについては、後で。

Dsc09862c Dsc09882c  二の丸跡へ行く途中、神戸櫓跡の方を見たら、コサギが1羽、吉之丸堀にいました。しかし、写真を撮っている途中で飛び立って、東の揖斐川の方へ行ってしまいました。アオサギさんは、辰巳櫓跡にある松の木に、隠れるように止まっています。最近は、ここが好みの場所のようです。

Dsc09919c Dsc09905c  カモは、今日は合計56羽。今日も増えていたのは、キンクロハジロのみ。46羽になっていました。ハシビロガモは、6羽(3ペア)で変わらず。

Dsc00669c_20221104152001  ヒドリガモは、今日は4羽のみ(2ペア)。ヒドリガモは、たいてい二の丸堀の東側のエリア、キッチン寿さんの近くにいます。

Dsc00621c  九華公園の外周遊歩道の東では、モズのオスを見たものの、野球場のフェンスにいて、しかも後ろ姿。遊歩道の南で、2種類の鳥。この写真は、奥平屋敷跡でも見た「正体不明」の鳥。奥平屋敷跡では、遠くに後ろ姿しか見えませんでした。アオジのメスと思います。アオジは、大山田川や町屋川でたまに見ますが、九華公園や貝塚公園では珍鳥。

Dsc00228c_20221104154101  もう1種類は、こちら。よく動いて苦労しました。苦労したのに、あまりよい写真は撮れず。写真のように、ソメイヨシノの木の高くて、明るいところを移動していました。鳴き声は聞かれませんでした。根拠はありませんが、ウグイスではないような気がします。センダイムシクイなどとしたら、11月にいるのはどうかと思います。それ故、はっきり書くとお手上げ。ネットで検索すると、11月以降に見られるムシクイの仲間のほとんどは、オオムシクイという情報がありましたが、それだと判断する材料もありません。

Dsc00857c_20221104152001  このあと、貝塚公園でオスのジョウビタキ、老松公園で雌のジョウビタキを見たものの、いずれもピンボケで残念。住吉入り江まで戻ってきて、イソヒヨドリのメスの証拠写真です。

Dsc00881c  明日から諸戸氏庭園は、秋の特別公開が始まります。紅葉がきれいであれば、是非とも見に行きたいと思っています。明日は、またJRさわやかウォーキングに行く計画。「地酒と文化に触れる蟹江町散策」。甘強酒造さんがコースに入っていて、試飲と直売があります。

| |

« ジョウビタキとモズ | トップページ | 20221105JRさわやかウォーキング「地酒と文化に触れる蟹江町散策」(一回完結) »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジョウビタキとモズ | トップページ | 20221105JRさわやかウォーキング「地酒と文化に触れる蟹江町散策」(一回完結) »