« 20221105JRさわやかウォーキング「地酒と文化に触れる蟹江町散策」(一回完結) | トップページ | ムシクイ、まだいます »

2022年11月 6日 (日)

ムシクイの仲間か??再び

Dsc00885c  今日も好天で、散歩日和です。いつものように、7時半から散歩へ。住吉神社前、九華公園、貝塚公園、内堀南公園、外堀、内堀公園、京町、寺町と6.4㎞。10時過ぎに帰宅。

Dsc00930c Dsc00957c  諸戸氏庭園前でカワラヒワ、住吉神社近くでジョウビタキを遠くに見つつ、七里の渡し跡に近づいたら、ヒドリガモのオスの鳴き声が聞こえてきました。ヒドリガモは、3ペア。他にコガモも2羽。

Dsc01058c_20221106145101  九華公園の奥平屋敷跡で、今日は、カワセミを数回目撃。しかし、大変残念なことに、目撃しただけでオシマイ(苦笑)。ジョウビタキのオスも一瞬見ただけ。土日は、案外鳥が少ないのです。諦めて二の丸跡へ移動しようと思ったら、管理事務所近くのイチョウの木でオスのモズ。モズの鳴き声は、二の丸跡にあるクスノキの上の方からも聞こえたのですが、姿は確認できず。

Dsc01081c Dsc01639c  九華公園にいたカモの数、今日は、37羽。ちょっと減っています。その要因は、キンクロハジロ。27羽しかいません。一昨日は、46羽いたのに。左の写真はオス。ハシビロガモは、変わりなく、3ペア。右の写真はオス。

Dsc01620c Dsc01628c  ヒドリガモは、2ペア。一昨日よりも1ペア、減っています。去年の今頃は、ホシハジロのオスもたまに姿を見せていたのですが(2021年11月5日:今日はダイサギの日)、今年はまだ見ていません。また、ユリカモメは11月7日にやって来ていました(2021年11月7日:立冬に冬の使者ユリカモメが飛来)。今年はどうでしょう?

Dsc01177c Dsc01597c_20221106145101  九華公園の外周遊歩道の東を歩いていたら、目の前にジョウビタキのメスがやって来ました。近くにシジュウカラも登場。

Dsc01322c_20221106145101  さらに、一昨日も見たムシクイの仲間か??と思われる鳥にも再遭遇(2022年11月 4日:コザクラインコ、再び……アオジのメスと、ムシクイの仲間か??)。桜並木を移動しながら、虫を捕まえて食べているところ。今日も鳴き声は聞かれませんでしたが、頭の上部が見えました。頭央線はありませんでしたから、センダイムシクイの線は消えました。

Dsc01683c Dsc01667c_20221106145001  貝塚公園(右の写真)ではヒヨドリとメジロ、内堀公園ではカワラヒワとスズメ。内堀公園では、トンボがまだいました。アキアカネと思います。秋は深まってきています。

Dsc01109c_20221106145101  しかし、鎮国守国神社境内にある「マイなんちゃって紅葉」スポットは、まだこんな感じ。色づき始めた程度です。

Dsc01722c  今週は、水曜日に非常勤の講義、金曜に歯科治療、土曜日夜は、管理組合の理事会。そうそう11月8日(火)の宵に皆既月食が起こるそうです。時間帯や月の高度、継続時間などが好条件で見やすい月食である上に、月食中に月が天王星を隠す天王星食も起こるといいます。この月食中の惑星食は、非常に珍しい現象とか。写真は、なばなの里のアイランド富士と、木曽御嶽山。御嶽山に向かって左手には乗鞍岳も見えます。

| |

« 20221105JRさわやかウォーキング「地酒と文化に触れる蟹江町散策」(一回完結) | トップページ | ムシクイ、まだいます »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 20221105JRさわやかウォーキング「地酒と文化に触れる蟹江町散策」(一回完結) | トップページ | ムシクイ、まだいます »