« 江戸橋での非常勤は、ほぼ折り返し点 | トップページ | 「なんちゃって紅葉」はそれなりになってきました »

2022年11月17日 (木)

九華公園に冬の使者・ユリカモメ登場……円通寺の大イチョウの黄葉はまだ早かった(苦笑)

Dsc01144c_20221117172201  今日は17.3℃と最高気温もやや低くなりましたが、風は強くはなく、日中は寒いということはありません。まったくいつものように、7時半から散歩へ。住吉神社、九華公園、貝塚公園から今日こそということで、柳原、新屋敷を通って円通寺へ。大イチョウを見て、伝馬公園、一色町、大央町、老松公園、寺町と、なんと7.6㎞の「大散歩(今、勝手につくった名前です)」。

Dsc01897c Dsc01978c  大イチョウの話はあとから書きますが、そのほかに今日はこちらから。待望のユリカモメが、九華公園にやって来たのです。去年は11月7日の立冬に来ていますから(2021年11月7日:立冬に冬の使者ユリカモメが飛来)、10日遅いことになります。今日来ていたのは、4羽。私にとって、ユリカモメはまさに「冬の使者」というイメージ。余談ですが、昨日の授業の最後に学生たちにユリカモメの写真を見せたら、「ユリカモメという鳥は実在すると知って驚いた。電車の名前としてつくられたのだと思っていた」というコメントがあって、驚かされました。

Dsc01158c_20221117172201 Dsc01181c_20221117172201  さて、最初から。諸戸氏庭園、桑名七里の渡し公園あたりにはヒヨドリや、キジバトしかいませんでした。住吉神社前から揖斐川をよくよく眺めたら、遠くに白い点のようなものが浮かんでいます。単眼鏡で見て、カメラのズームで見て確認したら、カンムリカイツブリでした。今シーズン初見(といっていいのか?)。さらに揖斐長良川の中州近くに、カモが40羽くらい見えました。キンクロハジロが大半のようでしたが、ホシハジロのオス、メスも混じっていました。ホシハジロも今シーズン初見。

Dsc01199c  また、オオバンらしき姿も見えています。オオバンも今シーズン初。ということで、超証拠写真が3枚続きましたが、観察記録という意味で、ご容赦ください。

Dsc01219c  住吉水門のところには、アオサギの若者。機嫌が良くないのか、怖そうな表情をしていますし、アタマがモシャっています(「モシャる」は仲間内のジャーゴン。ボサボサ状態をこう呼んでいます)。ここなど、水門のところや高水敷の下の堤防にときどきアオサギやダイサギがいます。柿安コミュニティパークでジョウビタキのオスを見たものの、写真は撮れず。

Dsc01429c Dsc01394c  九華公園は、今日はなんだか静かでした。ヒヨドリが少なかったのです。奥平屋敷跡に入るあたりで、ヤマガラ、シジュウカラ、コゲラの混群に遭遇。ヤマガラとコゲラはなんとか撮れたものの、シジュウカラの撮影は上手くいかず。奥平屋敷跡では、今日は、ヒヨドリ、ドバト、ハシボソガラスがごく少数。今日は、鳥たちはあまりいません。

Dsc01965c Dsc01841c  九華公園の堀には、再び水が入れられています。そのためか、キンクロハジロも戻ってきていて、18羽を確認。ハシビロガモも8羽いましたが、ヒドリガモは今日は姿が見えませんでした。

Dsc01872c  堀の水が入っている/いないと関係があるのかどうか良く分かりませんが、アオサギさんも戻ってきていました。水が少ない間には、いなかったのです。辰巳櫓跡の松の木の中。最近、お好みの場所。貝塚公園も今日は静かで、ヒヨドリの鳴き声も聞こえませんでした。

Dsc02042c  途中、端折りますが、法城山円通寺。真宗本願寺派のお寺。元亀3(1572)年、江場城主の子・佐藤秀道が出家して教円と名乗り、開基したと伝わります。去年も大イチョウを見に来ています(2021年11月19日:円通寺の大イチョウ……法盛寺で渡部平太夫の墓、顕本寺でもイチョウを見てきました)。高さは30m、幹囲は5.7m、樹齢は400年以上だといいます(7年前に尋ねたとき、お寺の方に400年以上と伺いました)。六華苑の長屋門のところにも大きなイチョウがありますが、円通寺の方が大きいと思います。

Dsc02056c  こちらがその全景。比べられると思い、右端に乗用車を入れて撮影したもの。黄葉にはまだ早かった感じ(苦笑)。去年も、同じ失敗をしています。学習しません。このイチョウの木、わが家のベランダからも見えるのですが、けっこう黄葉しているように見えたのです。今月末か、12月に入る頃が見頃かも知れません(2020年12月9日:円通寺の大イチョウを見てきました)。

Dsc02117c Dsc02133c  本堂側の様子。風格が感じられます。いつものように木に手を当てて、そのパワーをいただいてきました。

Dsc02207c  このあと、旧桑名城惣構(もっとも外側の堀)に沿って、伝馬公園、一色町西の遊歩道と歩いて帰宅の途に就いたのですが、もう1月になっているものがあり、中央公園に立ち寄って見てきました。それは、この写真の中央に写っているもの。NTT西日本桑名ビルにあるタワーが、たぶん塗装工事か何かでシートに覆われているのです。

Dsc02223c Dsc02274c_20221117172001  アップで見るとこんな感じ。わが家のベランダからは右の写真のように見えていて、先日からズーッと気になっていたのです(微苦笑)。右の写真の中央に写っています。

Dsc02252c_20221117172001  ところで、昨日の授業のQ&A、まだ書き終えていません。他にすべきこともあったりして、作業が進んでいないのです。これを書いている時点で80%くらいの状況。来週は祝日ですから、いつものように金曜日に送る必要はないのですが、サッサとやってしまいたいと思います。夕食後にもやることにします。

| |

« 江戸橋での非常勤は、ほぼ折り返し点 | トップページ | 「なんちゃって紅葉」はそれなりになってきました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

季節」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 江戸橋での非常勤は、ほぼ折り返し点 | トップページ | 「なんちゃって紅葉」はそれなりになってきました »