« 相変わらずの猛暑の中、今日はアオサギ2羽 | トップページ | 九華公園でシジュウカラの若者 »

2022年8月11日 (木)

九華公園でアオサギとダイサギ……サギソウは累計14輪にてフィナーレ

Dsc09665c  今日は、山の日。6年前に新たに作られた祝日ですが、私の現役時代にはなかった祝日で、どうも休みという実感が湧きません。また、山の日の意義は、「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ことだそうですが、個人的には「はぁ、そうですか」という気がしてしまいます。意義そのものは分かるのですが、私としてはだから国民の祝日にする? ということなのです。さらに、世間では今日からお盆休みという方も多いようですが、我が家の子どもたちは2人とも仕事で、こちらも他人事のような印象をもってしまいます。

Dsc09317c  今のところ、猛暑日には届いていません(34.5℃)が、暑いこと。朝からハシボソガラスも「今日も暑そうだなぁ」とぼやいているように見えました。カラスは、黒服ですから、暑さはひとしお応えそうです。

Dsc09066c_20220811144901  さて、今朝も7時半から散歩。住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀南公園、外堀、入江葭町、吉津屋町、新築公園、アピタ桑名店、常盤町、御坊さん、三崎通と6.2㎞。2時間半コース。木陰では風も通りましたが、日向は暑いこと。

Dsc09090c Dsc09101c  住吉神社の前では、スズメたち。3羽ほどの子スズメ。まだ嘴が黄色いのが見えます。七里の渡し跡を過ぎ、幡龍櫓のところで、ホオジロ。幼鳥のように思います。

Dsc09150c Dsc09127c  続いて、証拠写真ですが、ダイサギと、コサギ2羽が飛ぶところ。揖斐川右岸から、揖斐長良川の中州を飛ぶのを見ています(250mほどの距離)。

Dsc09199c Dsc09225c_20220811144801  九華公園には、今日もアオサギさん。ただし、若はおらず、大人の方だけ。九華橋近くの樹上で、左の写真のようなポーズを撮っていたのですが、何を思ったのか、急に飛び立って、あたりを一回り。それにしても、左の写真、がに股で面白い(自画自賛)。

Dsc09292c Dsc09554c  神戸櫓跡の松の木のてっぺんにいったん降り立ちました。カラスがすぐそばにいたのですが、互いに知らん顔。アオサギさん、その後、もといた九華橋近くの樹上に戻っていました。

Dsc09354c Dsc09441c  二ノ丸堀には、いつのまにかダイサギが1羽やって来ていました。奥平屋敷跡を一回りしたときにはおらず、二回り目のときに気づきました。見えている間に3回ほど、漁を試みたものの、いずれも失敗。

Dsc09524c  アーちゃんは、今日は、吉之丸堀の上にある四阿の下でお休み中。九華公園、ほかには、スズメ、ドバト、キジバトなど。グラウンドには1羽だけでしたが、ツバメが飛んできてエサをとっていました。ツバメの姿はほとんど見かけなくなりました。

Dsc09590c  九華公園の外周遊歩道の東のお宅で、ハナトラノオ。漢字では「花虎の尾」だそうです。

Dsc09621c_20220811144801 Dsc09623c  常盤町にある総合福祉会館のところで、これもヒマワリの仲間なのでしょうね。パッと見て、「夏らしい景色」と思ったのです。

Dsc09630c_20220811144801  お盆になりますので、恒例で、御坊さん(桑名別院本統寺)にお参り。郷里に檀那寺はあるのですが、遠方でもあり、こちらにお参りさせてもらっているのです。

Dsc09649c_20220811144701  玉重橋まで戻ってきて、タカサゴユリ。これまた夏らしいかと思ったのです。暑いのであれば、暑そうな、夏らしい写真も一興か、という次第。

Dsc09057c  ところで、ずいぶんサギソウで楽しんできましたが、とうとう最後の1輪が咲きました。手前というか、下の花がそれ。累計14輪が咲きました。5鉢を購入し、すべてにつぼみがついたものの、1鉢は花が咲かず。残り4鉢で14輪という成果でした。秋から冬を越させて、また来年につなげたいと思っています。

9784569849263  余談。アピタ桑名店の新光堂書店で時代小説の文庫本の新刊を買おうと思ったのですが、未入荷。ついでに見て回ったら、幕末の桑名藩主・松平定敬を取り上げた小説が売られていました。「流転の中将(PHP出版、¥1,980)」がそれ。現在、去年の市民大学郷土史学科「桑名藩の事件簿」のまとめを行っていますが、当然、戊辰戦争や、定敬の動きはメインテーマの1つ。午後から早速読み始めています。

| |

« 相変わらずの猛暑の中、今日はアオサギ2羽 | トップページ | 九華公園でシジュウカラの若者 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こころんさん、おはようございます。

サギソウ、去年は失敗しましたので、なんとかリベンジをと思っていました。
5鉢のうち、4鉢で咲き、累計14輪ですから、まあ上手くいったところですね。
来年も、是非と思っています。

昔から、サギソウを育ててみたいと思っていましたが、7年前にこころんさんからいただいて、それが実現したのを思い出します。
その節は、ありがとうございました。

ところで、トラノオは、毎年、このお宅で咲くのを見ていましたが、名前を調べたのは初めてでした(微笑)。

投稿: mamekichi | 2022年8月12日 (金) 03時56分

こんばんは

サギソウ、楽しまれたようですね。
一輪咲かなかっただけというのは
とても優秀な成績を修められたと思います。
うちはこの天候の下で途中で枯れたり
虫に喰われてしまったりと
mamekichi さんの成績には到底及びません。
でも今年、花数が増えたし球根の数もそれなりに
増えそうなので来年もより多くの花が楽しめそうです。

ハナトラノオは今の季節なんですね?
うちにもあったのですが
水やりをしてても目に止まらないということは
消えていったのか草と思って抜いたか…
明日探してみます(^-^;

投稿: こころん | 2022年8月11日 (木) 23時28分

しばっちゃん、こんばんは。

サギは、種類にもよりますが、川や田んぼ、池などあちこちにいます。

花木はあまりよく知らないので、なんとも申し上げられません。
ハナトラノオも調べて、名前が分かったような次第です。
調べてみたら、ハナトラノオはシソ科で、トラノオはリュウゼツラン科だそうですからかなり違うと思います。

タカサゴユリの種は、風に乗ってあちこちに広がるそうですよ。
でも、連作障害のような現象が起き、数年経つと、他の地へ旅立つように去ってゆくとか。

投稿: mamekichi | 2022年8月11日 (木) 20時10分

きょうは、朝、比較的暑くはありませんでした。なぜか、体調がよくて、朝から体を動かしていました。サギは時々近所でもみ見かけます。花虎の尾「」は、観葉植物の「虎の尾」(サンすべリア)と似ているのでしょうか?ユリは、家にもなぜか3年ほど前から育っていて、咲いています。徐々に株が増えています。

投稿: しばっちゃん | 2022年8月11日 (木) 18時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 相変わらずの猛暑の中、今日はアオサギ2羽 | トップページ | 九華公園でシジュウカラの若者 »