« 屋上からの眺め | トップページ | 20220602諸戸氏庭園花菖蒲 »

2022年6月 2日 (木)

ムシクイに遭遇……鳥はやはりいません(苦笑)

Dsc05311c  今日も28.5℃と暑くなりました。午前中の散歩では、かなり汗を掻いて帰ってきたくらい。いつもと同じく、7時半から散歩を開始。住吉神社、七里の渡し跡、江戸町、九華公園、貝塚公園、内堀南公園、外堀、京町、春日さん、田町、諸戸氏庭園と6.1㎞。諸戸氏庭園では、花菖蒲を見てきましたが、それは別の記事にしました。11時過ぎに帰宅。

Dsc04734c  相変わらず鳥はいません。散歩友達の間では、去年もこれほど鳥はいなかったのかというのが、毎日話題になります。ちなみに、去年の今頃のブログを見ると(2021年6月1日:鳥の餌台は、来客ゼロ、2021年6月3日:淡々と散歩(苦笑)……鳥はいません、6月2日は江戸橋での仕事でした)、鳥はいないとぼやいてはいるものの、ホオジロや、シジュウカラのファミリー、カワラヒワのファミリーを見ていますし、ミドリガメの産卵シーンも見ていました。今年は、シジュウカラやカワラヒワのファミリーは見ません。写真は、今日、九華公園で見たハクセキレイのオス。奥平屋敷跡では、メスも見ましたし、カワラヒワも見ましたが、遠くて、載せられるような写真はありません。

Dsc04916c_20220602204901  鎮国守国神社の一の鳥居あたりや、九華公園の外周遊歩道の南で、ムシクイ。貝塚公園にもいました。センダイムシクイではないかと思うのですが、確認は出来ませんでした。センダイムシクイは、地鳴きでは、「ジッ」「ヴィ」と鳴くそうですが、それに近い印象はありました。

Dsc05070c  京町のお宅のツバメの巣は、今日行った時は不在。写真は、田町にある商店の巣。ヒナはやはり4羽でした。今日は、親が餌をやりに来たシーンは、タイミングがずれてうまくとれませんでした。当初は5羽がいたのですが、1羽は落下してしまったのかも知れませんが、確かめる術はありません。

Dsc04704c Dsc04706c  話は戻りますが、江戸町にある歌行燈本店さんのアジサイ。かなり咲いてきましたが、勝手に期待したのよりはまだ少ない感じ。まぁ、勝手に期待していたのですから、やむを得ません。もうしばらく楽しませてもらえると考えることにします。

Dsc04765c Dsc04767c  九華公園の花菖蒲、咲いてはいるものの、「花菖蒲園がある!」と威張れるほどではありません。テレビのニュースではあちこちで花称場見ごろと伝えていますが、それに比べるとかなり恥ずかしい状況。花菖蒲は、三重県の県花でもあり、また、桑名市の花でもあります。市役所の担当の方には九華公園に足を運んで、現状をしっかりと認識していただきたいと強く願っています。これらの写真は、九華公園で撮ったものではありますが、写真は撮り方によっては真実を伝えません。

Dsc05014c Dsc05024c  内堀から外堀に行くあたりでチョウの写真。左の写真はナミアゲハ、右の写真はアオスジアゲハです。ナミアゲハは、アゲハチョウとも呼ばれ、もっともよく見るアゲハの仲間です。アオスジアゲハは、なぜか私の好みのアゲハで、以前は良く撮っていました。写真はありませんが、ここ2~3日前から、コシアキトンボが良く飛ぶようになりましたし、ギンヤンマと思われるトンボも見るようになりました。

Dsc04803c  余談は、鎮国守国神社の境内にあったもの。鎮国守国神社には、たくさんの梅の木が植えられています。拝殿前に、このように1袋¥300で売られていました。梅は好きなのですが、自分のところで梅干しにつけたり、梅酒を造ったりしたことはありませんので、見てきただけです。昨日の授業のQ&A二はちょっと苦労しましたが、夕方までには一通り終えられました。熟成期間を経て、明日、印刷をお願いする予定。

| |

« 屋上からの眺め | トップページ | 20220602諸戸氏庭園花菖蒲 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

しばっちゃん、おはようございます。

諸戸氏庭園は、専属の庭師さんがいらっしゃって、よく手入れされていて、花菖蒲もきれいです。
白い花菖蒲も、光に輝く感じで、いいですね。

梅酒、梅ジュース、いずれも好きですが、自分でつくったことはありません。
今の時期、スーパーに行くと必要なものは売っていますが、自分でつくろうというところまではいきません(微笑)。

投稿: mamekichi | 2022年6月 3日 (金) 04時54分

白の花菖蒲もきれいですね。紫陽花も、アゲハチョウも、とてもきれいです。きょうも暑い日でしたが、風はさわやかでした。梅ジュース、梅酒を作ったことはあります。梅をブランディーにつけると美味しいと聞いて作ったのですが、私はブランディーが飲めないと気がついて、そのまま一瓶、友だちにあげました。先日は、神戸の友だちから2018年ものの梅酒を頂きましたが、すぐ、飲んでしまいました。

投稿: しばっちゃん | 2022年6月 2日 (木) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 屋上からの眺め | トップページ | 20220602諸戸氏庭園花菖蒲 »