« 今日は、アオサギやダイサギも登場 | トップページ | 20220507東海道ウォーキング「亀山宿~関宿」(超予告編) »

2022年5月 6日 (金)

ツバメのヒナが登場……「桑名城下切絵図」を入手

Dsc04070c  世間には10連休という方もいらっしゃるそうですが、今日は、一応、平日。散歩コースの小学校では、子どもたちの声が賑やかに聞こえていました。月曜以来のいつものコースでの散歩。7時半過ぎから、住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀公園から桑名市博物館に立ち寄り、新築公園、さらに寿町で用事を1つ済ませて帰宅。6.4㎞。九華公園では、つつじまつりの期間中ですが、もうほぼ終わり。何回か書きましたように、花芽が出なかった木も多く、咲きそろったところが見られず、不消化というか、不完全燃焼というか。来年に向けては、きちんとした手入れをしていただきたいところ。

Dsc04186c   今日のトピックスは、こちら。京町の呉服屋さんのツバメの巣で、ヒナが4羽、誕生していました。月曜日に見たときには、親ツバメは巣に就いていました(2022年5月 2日:センダイムシクイ、九華公園に登場……午後からは市民大学郷土史学科へ)。月曜の夕方から昨晩まで家内の実家に行っていましたが、その間に孵ったのでしょう。

Dsc03803c  散歩の初めから。桑名七里の渡し公園のところで、スズメのヒナ。もう1羽いたのですが、写真が撮れたのはこの1羽のみ。歩いていると、ところどころで、スズメのヒナらしき鳴き声も聞こえてきます。「ヒナ・シーズン」が到来で、楽しみです。

Dsc03828c  住吉神社のところで、ハクセキレイ。たまたま撮れたシーンなのですが、羽ばたいて、飛ぶ直前のシーン。端っこの方に写ったのをトリミングしましたので、バランスの悪い写真になってしまいました。

Dsc03986c 九華公園内某所のコゲラの巣。昨日、一昨日は、親がひっきりなしにエサを運んで来ていたそうですが、今日は、餌を運んでくるシーンは、小1時間見ていた間で1回のみ。

Dsc04022c Dsc03873c  大半はこのように、何も咥えずにやって来て、すぐに巣穴に入っていきます。ほどなくして顔を覗かせるのですが、よく見ると、糞らしき物を咥えて出て来ます(右の写真、拡大注意)。これが4~5回繰り返されていました。

Dsc04089c  このあと回った貝塚公園、内堀公園、新築公園では、スズメやムクドリが少数いたくらい。左の写真は、内堀公園で撮ったハクセキレイの正面顔。昨日まで、実家ではいろいろと見られたのに比べると、ちょっと寂しい。ツバメの巣チェックをしてきたのは、京町と吉津屋町の4箇所。博物館と吉津屋町のお宅にはツバメは来ていません。巣を修復していた京町のお宅も、まだツバメは巣に就いてはいません。

Dsc04072c  明日は、東海道ウォーキングで、亀山宿から関宿までを歩く予定。予報では晴れ、最高気温は25℃ほど。歩くと汗を掻くかも知れません。写真は、貝塚公園で撮ったツマグロヒョウモンのメス。

Kuwanakiriezuc  ところで、桑名市博物館に立ち寄って来たと書きました。月曜の市民大学郷土史学科の講義で、「桑名城下切絵図ー文政8年城下絵図による桑名藩士居宅ー」が刊行されたと大塚先生がおっしゃったので、早速入手してきました。1部¥1,500。文政8年は、1825年。居住者名が記された城下絵図と、桑名藩士の氏名、知行高など由緒をまとめた分限帳(ぶげんちょう:大名の家臣の名前・知行高・役職などを書き上げた公的な帳面。分限とは本来富・財産を指しますが、さらに広げて身分・地位等をも意味します)とをひとまとめにしたもの。桑名藩士の子孫という方も多いかと思いますが、そういう方にはご先祖の住まいや石高が分かる資料です。私にとっては、細かい城下絵図が見られ、また、分限帳が読みやすく編集されていますので、眺めて、今と比較したり、あれこれ想像したりして楽しめるものです。

Taichimarukiriezu1c Taichimarukiriezu2c 【追記(5/6)】 この「桑名城下切絵図」には、我が家あたりも載っていました。「惣堀」とあるのが、桑名城の惣堀(もっとも外側の堀)。「山田彦左衛門」は、江戸時代の桑名の豪商。現在は、諸戸氏庭園になっています。我が家のところは、惣堀のすぐ外側にある町屋のところ。しかし、現在の我が家の近くに「舟手組屋敷」があったとは。今の船場町あたりにしかなかったと思っていました。これは、おもしろい資料です。¥1,500で十二分というか、ヒョッとしたら百分くらい楽しめるかも知れません。

| |

« 今日は、アオサギやダイサギも登場 | トップページ | 20220507東海道ウォーキング「亀山宿~関宿」(超予告編) »

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こころんさん、こんにちは。

ツバメの子育てシーズン到来です。
毎年この時期の散歩では、ツバメの巣チェックが定例コースになります。

お知り合いがおっしゃるように、結構ヘビやカラスにやられるようですが、さすがにこのあたりではタカに襲われるというのは聞いたことがありません。

今日は、亀山から関まで歩いてきました。
好天でしたが、少々暑くてへばりました(微笑)。
しかし、関宿はずっと以前から訪ねてみたかったところで、これで念願が叶いました。
観光客は、まばらで、ゆっくりと回ってこられましたよ。

投稿: mamekichi | 2022年5月 7日 (土) 17時23分

こんにちは
また今年もツバメの子育てシーズンですね。
犬の散歩でたまに会う人の家に毎年巣を作るそうで
無事育てばいいけど
蛇やカラスにやられたり、
鷹が襲いにくることもあるそうです。
鷹が自宅で見れるのも羨ましいですが
ツバメにとって命がけのシーズンでもあるんだと
思いながら話を聞いてました。
今日はウォーキングされてるんですね。
関宿は趣があっていいですね。

投稿: こころん | 2022年5月 7日 (土) 13時23分

しばっちゃん、こんばんは。

いよいよ鳥たちのヒナが見られるシーズンになりました。

スズメのヒナは、ほおの黒いところが薄いのと、嘴が黄色いのが主な特徴ですし、見た目も押さない印象があるかと思います。
ヒナは、カワイイです。

ツマグロヒョウモンは、メスの方が目立つ色・模様をしています。

聞き慣れない鳥の声がよく聞こえるようになられたとは、私の「悪影響」ですね。
散歩友達の間でも、意図したわけではありませんが、鳥に興味を持つ方が増えています(微苦笑)。
その方たちには、「自己責任で」とお願いしています(笑)。

投稿: mamekichi | 2022年5月 6日 (金) 20時43分

スズメのヒナは羽がゆわふわしている感じがします。かわいいです。ツマグロヒョウモンも羽の色が奇抜ですね。映画「XMEN」は、私の息子が「おかんが観る映画としては、らしくない映画」と評価していました。聞き慣れない鳥の声がよく聞こえるようになりました。多分、少し鳥の声を意識してきたからかもしれません。

投稿: しばっちゃん | 2022年5月 6日 (金) 20時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は、アオサギやダイサギも登場 | トップページ | 20220507東海道ウォーキング「亀山宿~関宿」(超予告編) »