« 20220528松阪ウォーキング(予告編) | トップページ | 三崎通のお宅のツバメの巣では、巣立ちが始まっていました »

2022年5月29日 (日)

カイツブリのヒナが登場……コアジサシは2羽だけ

Dsc02459c  全国的に暑いようで、桑名でも最高気温は、33.9℃になりました。しかも、上天気。朝7時台からずっと晴れています。昨日の松阪ウォーキングの疲れがないわけでもありませんが、こんな上天気なのにくすぶっていてはもったいないと、長良川河口堰と三ツ又池公園へ出かけてきました。8時にクルマで出発、11時過ぎに帰宅。鳥果は、まあまあ。

Dsc02475c Dsc02494c  長良川河口堰には1時間ほど滞在。関の東側の魚道には、上流側・下流側ともにコサギが1羽ずつ。他は、カワウが1羽いただけ。う~ん、ちょっと期待はずれかも知れないという気がします。

Dsc02541c  西側では、閘門の下流側にアオサギが隠れていたのに、気づかず、逃げられました。上流側にはコサギが1羽。これまた逃げられたものの、下流側の魚道に降りて来ました。

Dsc02927c  親水広場も、静か(苦笑)。中洲からオオヨシキリの鳴き声は聞こえるものの、なかなか姿は見えず。3羽ほど見たものの、親水広場からは50~60mほど先。天気もよすぎて、こんな写真しか撮れません。

Dsc02560c  コアジサシは、いたものの、たった2羽。それもじきに姿を消してしまいました。5月15日には、10羽ほどいたのに、どこに行ったのでしょう(2022年5月15日:コアジサシの求愛給餌とオオヨシキリ@長良川河口堰)。

Dsc02602c_20220529164101 Dsc03209c  他には、コチドリ。「ピウ ピウ」という鳴き声がよく聞こえますので、「ピウピウ鳥」と名付けたいくらい(微笑)。今日は、お尻ばかりをこちらに向けていました。他にももう1羽、コチドリがいましたし、ハクセキレイも1羽。東側に戻る途中、西側の閘門のところにアオサギが戻っていました。

Dsc02550c Dsc03259c  いささか余談ですが、こちら十万山。管理橋の西の端から南側を見たところ。揖斐長良川の中洲で、桑名水郷花火大会の打ち上げ場所。最後にお約束のアユのぼりを撮影して、河口堰は終了。

Dsc03283c  三ツ又池公園。そろそろカイツブリが卵を抱いているかと思ってやって来ました。

Dsc03343c  ところがすでにあちこちでヒナの姿が見られ、うれしい方に期待が外れました。合計3箇所の巣で、計7羽ほどのヒナが見られました。

Dsc03374cDsc03638c  こちらは、親から食べ物をもらったところ。エビのようです。右の家族は、子だくさん。よく見ていただくと、ヒナが4羽いるのがお分かりになると思います。

Dsc03565c  公園の北側エリアで、モズのオス。歩いていたら、揚げ雲雀が聞こえたので、振り返ったら目の前にいたのです。他に見た鳥は、カワウ9羽と、上空を通過したコサギ1羽。ここにも以前、コアジサシが来ていて、求愛給餌も見られたのですが、今日は、コアジサシは見ていません。去年は、オオヨシキリもいたのですが、旧花菖蒲園のところは葦が少なく、また、睡蓮園は短く駆られてしまっていて、オオヨシキリが来る環境ではありませんでした。ちょっと期待してきたのに、残念。今日は天気が良すぎて、写真はイマイチでした。それも、残念。

Dsc03688c  代わりに(はなりませんが)、ヌートリア(苦笑)。以前、ここで子連れヌートリアを見たことがあります。常駐しているのでしょう。

Img_4179c_20220529164101 Img_4185c  余談は、ベランダ園芸のその後。万年青の花は、2つとも、少しずつクリーム色の部分が出て来ました。

Img_4196c_20220529164101 Img_4205c_20220529164101  サギソウは、5鉢とも順調のようです。アサガオも、順調ですが、葉っぱの一部が変色しているところがあるものがあります。もう少し育つのを待って、間引くことにします。「おつまみ枝豆」(右の写真で奥の鉢)は、上手く行かなかったようです。

Dsc02501c Dsc02459c  今週は、水曜日に江戸橋での非常勤があるだけ。今のところ、他の予定はありません。来週になると、市民大学郷土史学科の2回目がありますから、1回目の復習&まとめを済ませなくては(微笑)。

| |

« 20220528松阪ウォーキング(予告編) | トップページ | 三崎通のお宅のツバメの巣では、巣立ちが始まっていました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

Mライトさん、おはようございます。

2枚目のコサギの写真は、河口堰の管理橋の上から、魚道にいるところを見下ろして撮ったもので、割と近い距離にいました。

目元や、足先のピンク色は、婚姻色を示しています。

鳥たちの指や爪は、体にに合わず大きなものがほとんどです。

ちなみに、この魚道は、アユが遡上していくところです。

投稿: mamekichi | 2022年5月30日 (月) 11時38分

おはようございます
コサギ 素敵に撮れてます
純白で清らかな羽根 眩しいほどです。
目元のピンク 風にそよぐ繊細な羽根、
その割にガッシリした爪。
水に浸かってても 気持ちよさそう^^

投稿: Mライト | 2022年5月30日 (月) 09時39分

ひらいさん、こんばんは。

今日は暑かったですね。
老体には堪えます(苦笑)。

さて、カイツブリのヒナは、3箇所にいました。
ずいぶん早いように思えます。

親の背中に乗るところが見られないかと思ったのですが、それらしいシーンもありませんでした。

河口堰は、静かで、サギたちもあまりいませんでした。
コアジサシは、顔見せだけです。

オオヨシキリも見られたものの、遠すぎて、まともに写真が撮れませんでした。

投稿: mamekichi | 2022年5月29日 (日) 19時36分

しばっちゃん、こんばんは。

今日はとくに暑くなりましたね。
河口堰だけで帰ろうかと思ったくらいでした(苦笑)。

カラスは、繁殖シーズンの終わり頃ですね。
ヒナがいて、警戒しているのかも知れません。
ヒナがいると神経質になっているので、要注意です。

投稿: mamekichi | 2022年5月29日 (日) 19時34分

mamekichiさん、こんばんは!

遠征お疲れ様でした、自分も本日河口堰に行っておりましたが、都合により午後からとなってしまいました。
カイツブリ公園、既にヒナが居るんですね、近いようで遠いところなので、中々寄れませんが、6月中には行ってみようと思います、もう親鳥の背中に乗れるような大きさでは無さそうで残念です。
河口堰はひっそりとしていましたね、この時期は子育てシーズンなので仕方ないとは思いますが、アオサギはそろそろ巣立ちも近いと思うので、堰に集まってくる事を期待しています、コアジサシは自分が行った時は不在でした、子育て場所も発見出来ずです。

投稿: ひらい | 2022年5月29日 (日) 19時06分

きょうあ暑かったですね。買い物に行きましたが、ぐったりしました。洗濯物は良く乾きましたが。朝から、近所の電信柱にいるカラスの夫婦が、かん高い声で鳴いていました。カラスが多くなったように思います。

投稿: しばっちゃん | 2022年5月29日 (日) 19時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 20220528松阪ウォーキング(予告編) | トップページ | 三崎通のお宅のツバメの巣では、巣立ちが始まっていました »