« 雨にて「読み、調べる日」……ALKOOという歩数その他記録アプリの余談を追記しました | トップページ | ウグイスが1日中鳴いています »

2022年5月 2日 (月)

センダイムシクイ、九華公園に登場……午後からは市民大学郷土史学科へ

Dsc02853c  良い天気に恵まれました。気温は、22℃を超えましたが、風が強い。このあと、ゴールデンウィークはおおむね好天に恵まれそうです。今日は、いつも通り、7時半から、いつものコースを散歩。住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀南公園、外堀、京町、吉津屋町、南魚町、田町、三崎通と6㎞ちょうど。冒頭の写真は、柿安コミュニティパーク西の堀のところ。奥に番流櫓があるのですが、青葉にほぼ隠れてしまっています。

Dsc03150c  今日は、まずは、センダイムシクイ。場所は、九華公園の奥平屋敷跡。ここに着いたときから、鳴き声が聞こえていました。いたのは2羽。結構よく動き回りますので、なかなか写真に撮れません。膨大な枚数を撮ってしまいました(苦笑)。あの「チョッチョビー」という鳴き声が賑やかなくらい。聞こうと思えば、「鶴千代君」と聞こえます。

Dsc02975cDsc03331c  九華公園内某所にあるコゲラの巣。今日は、親鳥は忙しくしていました。写真のように、まさに入れ替わり立ち替わりです。巣から出ていってもたいてい10~15分でエサをたくさん咥えて戻ってきます。ヒナは育ってきて、食欲旺盛なのでしょう。

Dsc02921c  コゲラの雌雄判別は、難しいのですが、オスには頭頂部に赤い部分があります。肉眼ではほとんど確認できません。写真を撮ってたまたま写っていると、分かります。この写真でも小さく赤い羽が見えました。今日は、九華公園では、コゲラとセンダイムシクイを堪能(微笑)。ハシボソガラスの巣の様子を見るのも忘れていました。

Dsc03626c  今日、明日は、本来であれば、鎮国守国神社の金魚まつりなのですが(2019年5月2日:晴れて散歩日和……つつじを楽しんできました、2018年5月3日:長島町内プチ遠征と、金魚まつり……楽翁公百年祭記念宝物館一般公開も見てきました)、今年も中止。これで3年連続中止。氏子町内の子供会による金魚神輿も出るのですが、子供会が消滅してしまった町内もあるように聞きます。コロナ禍が収まって、金魚まつりを再開するのも大変かも知れません。

Dsc03642c Dsc03656c  その他の公園では、キジバト、ムクドリ、カワラヒワ、ヒヨドリくらいしかいませんでした。京町からはツバメの巣チェック。左の写真は、京町のお宅の巣。補修は終わっているようですが、ツバメはいません。右の写真は、京町の呉服屋さんの巣。4月中旬から下旬にかけて、親ツバメがずっと巣に就いていたのですが、ヒナは孵らなかった模様。たぶん、リベンジ中。博物館の巣には、ツバメは来ていません。

Dsc03751c Dsc03731c  三崎通のお宅の巣では、親ツバメが巣にいました。右は、田町の商店の巣。新築工事は終わったと思われますが、やはりツバメはいません。どうも、新築したり、修復したりしても、すぐに卵を産むということではなく、しばらく時間をおくようです。

Dsc03792c  帰り道、桑名七里の渡し公園を通ってきたのですが、小学生の遠足。この公園を出たら、もう1校の小学生たちが歩いて来るのに遭遇。連休の合間ですから、勉強するよりも、遠足の方が良いかも知れません。

Dsc_6397-1  午後からは、くわな市民大学郷土史学科の第1回講義でした。いつものようにパブリックセンターの2階にある大研修室にて。7回分で¥3,000。受付、開講式に引き続き、13時半から2時間、勉強してきました。何回か書きましたが、今年度のテーマは「桑名の史跡を深堀りする-『久波奈名所図会』を中心に-」です。講師は、桑名市博物館元館長の大塚由良美先生。

Dsc_6400-1 Dsc_6403-1  第1回の今日は、「川口付近」について。川口町は、七里の渡し跡近く。本陣、脇本陣、番所、舟会所、問屋場などがあり、また、湊もあったところです。各種資料や、久波奈名所図会などの江戸時代の図会、絵図も用いた話を伺ってきました。個人的には、これまでの市民大学のテーマの中で、もっとも興味があります。また、いつものように、復習をかねて講義内容を勝手にまとめ、資料をつくろうと思っています。

| |

« 雨にて「読み、調べる日」……ALKOOという歩数その他記録アプリの余談を追記しました | トップページ | ウグイスが1日中鳴いています »

趣味」カテゴリの記事

コメント

Mライトさん、こんにちは。

九華公園某所のコゲラの巣、おっしゃるとおり、撮り放題なのですが、コゲラの行動が必ずしも読めず、「エサを咥えてきた!」と思ったら、サッサと巣に入ったり、出て行くときは、顔を覗かせた瞬間に飛び出したりで、振り回されています(微苦笑)。

7年ほど前にも、巣立つ直前まで観察できたことがあったのですが、ヘビか烏にやられてしまい、うまく巣立てませんでした。
今年こそと思って、毎日のように見に行っています。

顔なじみかどうか、分かりませんが、鳥たちと目が合ったなと思うことは時々あります。

投稿: mamekichi | 2022年5月 3日 (火) 13時35分

こんにちわ~
公園某所のコゲラの巣 いいですね
巣立ち迄は?行けば撮れるんでしょ
撮り放題じゃないですか。

コゲラさんと 顔馴染みだったりして
「あっ また来てるよ ほらっ」て(#^.^#)

投稿: Mライト | 2022年5月 3日 (火) 12時54分

ひらいさん、おはようございます。

センダイムシクイは、先日、貝塚公園でも見ましたが、九華公園には今シーズン初登場です。
ムシクイの仲間の判別は難しいのですが、このセンダイムシクイ2羽はよく鳴いてくれて、すぐに分かりました。
木の実を食べながらかなりよく移動します。

コゲラは順調そうで、その分、親鳥はエサ運びに大わらわという感じです。
巣立ちはまだ見たことがありませんので、是非とも見たいと思っています。

ところで、アオサギのヒナ、いよいよ登場したんですね。
昨日から、家内の実家に来ていますので、すぐには行けませんが、また、是非行かないと。

投稿: mamekichi | 2022年5月 3日 (火) 07時41分

mamekichiさん、おはようございます!

センダイムシクイ登場ですね、見たことは無いですが、このような雰囲気の野鳥は多いので、自分は見ても判別出来ないかもしれません。こちら側にも居るかもしれないので、じっくり観察してみます。
コゲラも順調そうですね、小さな木の穴なので割りと安全に子育て出来るのかなと思っていますが、毎年何らかのトラブルが発生しているようなので気が抜けません。親鳥には頑張ってもらいたいです。
別件:連休中に中間報告する予定ですが、湾岸弥富のサギ山でアオサギのヒナ登場です、しかも既に親鳥と同じくらいの大きさで、ちょっとビックリでした。そろそろカイツブリの確認にも行かなければと思っています。

投稿: ひらい | 2022年5月 3日 (火) 06時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨にて「読み、調べる日」……ALKOOという歩数その他記録アプリの余談を追記しました | トップページ | ウグイスが1日中鳴いています »