« 九華公園でゴイサギ5羽にホシゴイ1羽 | トップページ | 町屋川でキジ再び……今日のおやつは「千なり」 »

2022年4月 2日 (土)

午後から名古屋で相談会……ついでに両口屋是清のリニューアルした「千なり」をゲットしてきました

Dsc08402c  朝のテレビの天気予報では、明日は雨ということで、「花見に行くなら今日だ!」といっていました。しかし、晴れ間はあったものの、基本的に曇りで、気温も14℃くらいでした。午後からは相談会を予定していましたので、10時頃には帰ってこようと、「時間制限散歩」(何でも、名前をつけるとそれらしくなります……苦笑)。今日はしかも、娘が花見がてら一緒に行くというので、8時スタート。住吉神社、九華公園から京町、寺町と5.4㎞ほど。冒頭の写真は、住吉入江の三崎見附跡に近いところのソメイヨシノ。ここが整備されてから20年近くになりますので、桜も見事。

Dsc08099c Dsc08145c  住吉水門の下流側・右岸には、コガモらしき姿が4羽。揖斐川は、けっこう波立っていましたが、カンムリカイツブリが1羽。すっかり夏羽になっていました。七里の渡し跡の堤防の法面にはヒドリガモたち。12羽。草を食べていました。ほかに堤防には、コガモも1ペア。

Dsc08130c  いつもの蟠龍櫓のところですが、ちょっと違ったアングルから。ワンパターンですと、ぼけるかも知れませんから(爆)。

Dsc08165c Dsc08186c  九華公園には8時半に到着。鎮国守国神社の社務所裏でよくよく探すと、ゴイサギが2羽にホシゴイが2羽。

Dsc08193c Dsc08201c  こちら、ホシゴイ。ゴイサギの幼鳥は、黒褐色の羽の白い斑点を星に見立てて、ホシゴイとよばれています。生まれてから3年ほどはこの色・模様。これら2羽をよく見ますと、背中の下の方の色が変わってきていますから、そろそろゴイサギに出世するのでしょう。

Dsc08392c  九華公園は、8時半過ぎからかなりの人出でした。すでにブルーシートを敷いて、花見をしている方たちもいましたし、場所取りもしてありました。露店も平日より早くから準備していますし、堀めぐりの準備も行われていました。

Dsc08363c  カモは、キンクロハジロが合計8羽だけ。毎年、ソメイヨシノの花とカモのコラボ写真を撮っていますが、今年は、こちら。なかなかよいところには来てくれませんでした。

Dsc08229c  奥平屋敷跡では、コゲラがちょうど登場。娘を連れて行ったので、娘のバードウォッチングの「ビギナーズ・ラック」かも知れません。

Dsc08332cDsc08353c  鎮国守国神社の境内にある豊後梅には、とても小さな実がつき始めていました。また、九華公園では少ないのですが、イロハモミジにも葉っぱがかなり出てきています。

Dsc08409c  拙宅前の住吉入江まで戻って来ました。玉重橋の東のたもとにあるしだれ桜もかなり咲いて来ました。エドヒガンの系列のヤエベニシダレではないかと思いますが、花木にはうといので、アヤシい(苦笑)。

Dsc08414c  午後からは予定通り、名古屋での相談会に行ってきました。お二人のお子さんの相談。当初は、1月末に予定したのですが、新型コロナにともなうまん延防止等重点措置が発令されていましたので、延期していただいていました。ようやく約束が果たせたというところです。お子さんご本人と親御さんに来ていただき、それぞれ1時間ずつ面接。仮の報告書は差し上げてあったのですが、やはり直接お目にかかって、お話しするのはとても重要ですし、意義があります。

Dsc_6354c  国際センターで相談会をしたのですが、近鉄名古屋駅からは徒歩。行く途中、ユニモールの入り口で両口屋是清の店があるのに気づいたというか、思い出しました。名古屋や近辺の方はよくご存じのお店と思います。「千なり」というお菓子で有名なのですが、先日、テレビでこの「千なり」がリニューアルされ、4月1日から販売されるというのを見ていました。「帰りにここで、新しい千なりを買わなくっちゃ」と思って、相談会へ。「何をしにいっているのだ!?」とお叱りを受けるかも知れません(微苦笑)。

1648884670770c Dsc_6355c  帰りに立ち寄って、無事にゲットしてきました。23年ぶりに新しくなったそうです。これまでは、「小豆粒あん」と「抹茶あん」の2種類だったのですが、そこに「林檎あん」が加わったのです。5個入り(税込み¥918)を買ったら、左の写真のように、「4月1日新発売 ご試食ください」ということで、抹茶あんのものを1ついただけました。明日のおやつですので、まだ食べていません。この「千なり」は、カステラ風の焼皮に豊臣秀吉公ゆかりの馬印「 千なり瓢箪」をかたどった焼印が押されています。瓢箪は、昔から、末広がりの形から縁起がよいとされています。それが3つ揃うと三瓢子(三拍子)、6つ揃えば六瓢(無病)ともいわれるというのは、両口屋是清のキャッチコピー。

| |

« 九華公園でゴイサギ5羽にホシゴイ1羽 | トップページ | 町屋川でキジ再び……今日のおやつは「千なり」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

Mライトさん、こんにちは。

春先からヒドリガモが、このように堤防の法面に集まって、草を食べているのをよく見ます。
北へ帰る前に集まって、食事をしているのかと思うのですが、確信はありません。

コゲラが巣穴を掘っている木の枝は、この先で折れてしまっています。
純粋な生の木ではなく、半分くらい枯れかかっているのだと思います。
こういうところに良く巣穴を掘っているのを見ます。
樹皮の様子は、枯れてきたためでしょうか。

投稿: mamekichi | 2022年4月 3日 (日) 14時15分

こんにちわ~
草むらにヒドリガモ 餌でもあったのかな
水辺でないのが 珍しい感じします。
コゲラのとまってる木の樹皮すごいですね~
乾燥なのか 虫のせいなのかわからないけど
まるでキノコが生えてるみたい。

投稿: Mライト | 2022年4月 3日 (日) 13時00分

しばっちゃん、おはようございます。

ゴイサギもきれいです。
鳥たちなど、自然のものは美しいと思います。
ホシゴイの星、ハートが逆さまになっているようにも見えます。

娘はときどき、思い出したように、「一緒に行く」といいます。
この間から、「桜が満開だ」といっていたら、「花見に行く」ということで、一緒に歩いてきました(微笑)。

投稿: mamekichi | 2022年4月 3日 (日) 04時23分

ひらいさん、おはようございます。

ゴイサギ・ホシゴイは、このところよくいます。
2月だったか、次々と10羽以上が飛び出てきたことがありました。
隠れ上手ですから、もっと隠れているかも知れません。
繁殖してくれるとありがたいのですが、近くをヒトがたくさん通るので、難しいでしょうね。

コロナ、下げ止まりなのか、増えているのか、微妙なところですが、落ち着いた日々が戻って来て欲しいところです。

ところで、千なり、テレビで見て、私も懐かしくて買ってしまいました。
前に食べたのはいつだったか、思い出せないくらいです。
「をちこち」もありましたね。

投稿: mamekichi | 2022年4月 3日 (日) 04時20分

ゴイサギの色もきれいですね。ホシゴイの星模様も魅力的です。自然は美しいですね。娘さんと一緒に花見とはうらやましい。私など、以前息子に散歩に誘ったら断られましたが「私が死んだら、おかんと一緒にここを散歩したなあ、という思い出が残るよ」と言ったら、しぶしぶついてきました。でも、どこに散歩に行ったのか、私が忘れてしまいました。確か東京の文京区だったかな。

投稿: しばっちゃん | 2022年4月 2日 (土) 23時33分

mamekiciさん、こんばんは!

ゴイサギ&ホシゴイは、最近九華公園に常駐ですね、繁殖シーズンなので、ここで子育てとかしてくれると良いのですが、人が大勢来るので環境的には難しいですかね。
桜も満開、九華公園も賑やかですね、コロナはまだ続いていますが、少しずつ平常に戻って行けると良いですね。
両口屋是清の千なり、懐かしいです、もう何十年も食べてないです、23年ぶりの新商品とは驚きですね、をちこちとかも懐かしいです。

投稿: ひらい | 2022年4月 2日 (土) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 九華公園でゴイサギ5羽にホシゴイ1羽 | トップページ | 町屋川でキジ再び……今日のおやつは「千なり」 »