« 志登茂川寄り道に、津駅ビルで本屋、土産に平治煎餅……いったい何をしに行ったのか(^_^) | トップページ | アオサギ、ダイサギ、コサギの揃い踏みシーン……ダイサギの漁失敗とそのリベンジも »

2021年11月11日 (木)

鳥見運、復活かなぁ……写真をパソコンで見て気づいたものもあり、微妙

Img_2099c_20211111192601  昼過ぎまではよく晴れていましたが、14時を回った頃から雲も広がってきました。気温は、最高18.7℃で、日が陰らなければさほど寒くは感じません。いつものように、7時半から散歩。住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀南公園、外堀、入江葭町、吉津屋町、新築公園、老松公園、寺町と5.8㎞。密かに毎日6.0㎞を目標にしているのですが、若干足りませんでした。

Img_1439c_20211111192601 Img_1456c_20211111192601  今日も鳥見はそれなりに充実しました。我が家の前の住吉入江では、キンクロハジロが1羽。10月31日(バードウォッチングの吉日)に続いて、第2号。諸戸氏庭園と桑名七里之渡し公園の境の木には、ジョウビタキのメス。ちょっと距離がありました。

Img_1474c_20211111192601 Img_1482c_20211111192601  住吉神社にお参りして、揖斐川を眺めたら、まずはキンクロハジロたちが目に入りました。その数は、9羽。さらに、何気なく「アオサギの集合場所」の写真を撮ったのですが、帰宅してパソコンで見たら、それにカンムリカイツブリが写っていました。現地ではまったく気づかず。右の写真で、右下に写っている白い点のようなものがそれ(自分の記録のためですので、不出来な写真はご容赦あれ)。

Img_1485c_20211111192601  さらに揖斐川の下流にもカモたちの姿。中洲に近く、単眼鏡ではどの種類かよく分からず。これまた帰宅してパソコンで見たら、マガモらしき姿がありました。マガモ以外のカモもいるのですが、判然としません。中央にいる2羽は、マガモのオスに見えます。

Img_1506c_20211111192601 Img_1553c_20211111192601  三の丸公園には、いつものハクセキレイが2羽。左の写真はそのうちの1羽。三の丸水門まで来て、「この間は、ここでイソヒヨドリのメスを見たな」と思ったら、今日はまさにグッドタイミングでイソヒヨドリのオスがやって来ました。こんなこと、あるのか?!というくらい絶妙のタイミング。

Img_1563c Img_1585c_20211111192601  九華公園に着いて、北門を入ってすぐの堀にダイサギ、コサギ、ゴイサギの三者が揃い踏み。最近、コサギやダイサギが来ていることがありますので、いつも以上に慎重に堀に近づいた成果(微笑)。ゴイサギを見たのは、春先以来。先日(11月7日)、ブログの記事には書き忘れたのですが、ホシゴイが1羽、鎮国守国神社の社務所の裏にあるビワの木から飛び出てきたことがありました。ゴイサギ、ホシゴイは少数、このあたりに潜んでいるような気がします。

Img_1666c_20211111192601 Img_1619c_20211111192601  ダイサギも、コサギも、いったん逃げてまた戻ったりしていました。10分ほど見ていたのですが、どのサギも獲物はありませんでした。

Img_1771c_20211111192701  奥平屋敷跡、今日は一段と静か。最初のうちは、ヒヨドリも、ドバトもほとんどいませんでした。小1時間いるうちにヒヨドリも、ドバトもやって来ましたし、ハクセキレイ、カワラヒワ、メジロも来ました。ただし、少数。左の写真は、いつもここに来る片脚のハクセキレイ(右足はいつも曲げています)。

Img_1785c_20211111192701 Img_1819c_20211111192701  奥平屋敷跡の中や周囲を歩いて、鳥を探しまくったら、神戸櫓跡の東にある高い松の木にアオサギがいるのを見つけました。アオサギは、思わぬところにいることがときどきあります。朝日丸跡でジョウビタキのオス。

Img_1760c_20211111192701 Img_1829c_20211111192701  カモたち、今日はかなり活発に動き回っていました。合計49羽。ハシビロガモは、オス6羽、メス5羽に増えていました。ヒドリガモもオスが1羽増えて、2ペアに。ホシハジロのオスは1羽で変わらず。他はキンクロハジロ。

Img_1866c_20211111192701 Img_2021c_20211111192701  このあと、いつものように鎮国守国神社にお参りし、社務所裏などをもう一度見てきました。アオサギは、もう1羽がいました(計2羽)。ダイサギは、同じダイサギが、公園内のあちこちを移動していました。右の写真は、朝日丸跡に来たところ。このところ、ダイサギがときどき来ているのですが、見ていると、カワウが、堀で集団で漁をしているのを付いて回っているように思えることがあります。

Img_2040c  九華公園の外周遊歩道で、再びジョウビタキのオス。朝日丸跡で見たオスと同じ個体かも知れません(200mも離れていないところですので)。貝塚公園では、ヒヨドリとカワラヒワのみ。他の公園では、何もおらず。

Img_1956c_20211111192701  散歩から帰ってからは、昨日の授業のQ&A書きに邁進。昨日は、「青年期の人間関係の悩み」がテーマでしたので、学生諸君の感想、コメントもかなりの分量になっていました。Q&Aを書くのもけっこう大変でしたが、一応完成。明日の朝にでもチェックして、仕上げ。

Img_1943c_20211111192701 Img_1947c  オマケ。オマケ扱いしているとお叱りがあるかも知れませんが……。柿安さん、11月8日に創業150周年を迎えたということです。中日新聞は、昨日の朝刊・三重版にその記事が載っていました。明治4(1871)年に桑名市で、牛鍋店として開業しています。記念碑には、初代・赤塚安次郎氏の写真が載っています。津藩藤堂家の家老の血筋で、柿の商いから牛鍋屋に転じたとあります。初代・安次郎氏が果樹園において柿を栽培しており、「柿の安さん」「柿安」と評判になり、「柿の安次郎」から「柿安」になったのが社名の由来だそうです(こちら)。

| |

« 志登茂川寄り道に、津駅ビルで本屋、土産に平治煎餅……いったい何をしに行ったのか(^_^) | トップページ | アオサギ、ダイサギ、コサギの揃い踏みシーン……ダイサギの漁失敗とそのリベンジも »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 志登茂川寄り道に、津駅ビルで本屋、土産に平治煎餅……いったい何をしに行ったのか(^_^) | トップページ | アオサギ、ダイサギ、コサギの揃い踏みシーン……ダイサギの漁失敗とそのリベンジも »