« オオバン、今シーズン初見 | トップページ | 20211106「東海道・伊勢街道歩いて伊勢参りツアー」第14回「櫛田~斎宮」(その1)……櫛田駅をスタートし、豊養稲荷社、道標、櫛田川渡場跡を見て、櫛田橋を渡り、松阪市早馬瀬町へ »

2021年11月17日 (水)

志登茂川でバードウォッチング、さらに近鉄百貨店四日市店にも寄り道(微笑)

Dscn4744c  水曜日、江戸橋での仕事の日です。今日で、後期も6回目。出席率は芳しくありませんが(70%代半ば)、推測するに「とにかく登録だけしておこう」と思った学生がいつもより多かったのではないかという気がします。もちろん、何らかの理由でドロップアウトしてしまう学生もいますので、それはそれで気になります。今日は、「自己と他者」というテーマ。自尊感情、自己評価の維持、社会的比較、自己開示、自己呈示などについて話をし、最後に、自尊感情の測定演習。自尊感情を測定した結果は、来週フィードバックします。

Dscn4746c Dscn4749c  さて、天気はよく、風も弱く、さらに、潮の具合もまあまあということで、志登茂川に寄り道してきました(あれこれ屁理屈を並べているだけで、結局、寄ってくるのです)。四日市港潮汐表では、10時41分が干潮で、16時42分が満潮。数は多くはなかったものの、あちこちにサギやカモが点在。まず、上流方向。右の写真、嘴が黒く、さほど大きくありませんので、コサギと思われます。

Dscn4751c Dscn4752c  コサギのさらに上流側には、アオサギと、たぶんオカヨシガモと思います。アオサギさんは、魚を捕ったところのようです。カモは、水面に頭をつけて、餌をとっているようでしたが、なにぶんにも遠い。コンデジ(Nikon coolpix s7000)の20倍ズームや、単眼鏡(8倍)ではよく分かりません。アオサギたちからほど近いところには、これはセグロカモメか?

Dscn4759cDscn4763c  対岸には、アオサギ。日の光がよく当たりすぎて、白く写っています。少し下流側の右岸よりには、ヒドリガモたちが10羽ほど。という次第で、いろいろと見てきましたが、何となく、「一応、見てきた」という感じが強い寄り道鳥見でした。

Dscn4787c Dscn4789c  電車に乗って桑名に向かったのですが、四日市で途中下車して、さらに寄り道。近鉄百貨店四日市店へ。ここ数年、毎年秋の恒例行事にしています。恵那寿や栗きんとんを買いに行ってきたのです。6個入りで¥1,728でした。この地方で栗きんとんといえば、川上屋など他にも有名店がありますが(似たような名前もたくさんあって、私には、区別がついていない面もあります)、我が家の好みは、ここ恵那寿やさんのもの。ここは毎年、近鉄百貨店四日市店で出張販売があるのです。ちなみに、今日は、近鉄百貨店四日市店にはあの「へんば屋」(へんば餅)も出店していましたが、それはまた、歩いて伊勢参りツアーの時に本店に立ち寄ろうと思っています。

Dscn4739c  帰宅後は、取り敢えず出欠チェックと、今日実施してきた自尊感情尺度の結果の集計を済ませました。あとはQ&A。とはいえ、これがなかなか労力と時間を要します。しかし、今日の学生のコメントに、「他の学生が何を考えているか知ることで、自分だけが心配しているんじゃないと分かって安心した」とか、「毎回みんなが書いた感想をまとめてレジメにしてもらえると分かりやすい。たくさんの量があって大変なのに、返事もしっかりつけてもらってありがとうございます」といったコメントもあり、何とも嬉しいことでした。

| |

« オオバン、今シーズン初見 | トップページ | 20211106「東海道・伊勢街道歩いて伊勢参りツアー」第14回「櫛田~斎宮」(その1)……櫛田駅をスタートし、豊養稲荷社、道標、櫛田川渡場跡を見て、櫛田橋を渡り、松阪市早馬瀬町へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

大学」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

グルメ・スイーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オオバン、今シーズン初見 | トップページ | 20211106「東海道・伊勢街道歩いて伊勢参りツアー」第14回「櫛田~斎宮」(その1)……櫛田駅をスタートし、豊養稲荷社、道標、櫛田川渡場跡を見て、櫛田橋を渡り、松阪市早馬瀬町へ »