« 20211106「東海道・伊勢街道歩いて伊勢参りツアー」第14回「櫛田~斎宮」(予告編) | トップページ | 尻すぼみでした(苦笑) »

2021年11月 7日 (日)

立冬に冬の使者ユリカモメが飛来

Img_0855c_20211107161101  九華公園に冬の使者であるユリカモメがやって来ました。私としては、今シーズン初確認。1羽のみでした。去年は、11月6日に5羽を確認しています(2020年11月6日:九華公園にユリカモメ飛来……去年より半月早い)。去年の記事のタイトルにあるように、一昨年は11月22日でした。ちなみに、今日は暦の上では立冬ですから、まさにユリカモメは、「冬の使者」です。

Img_0983c_20211107161101  さて、散歩はいつもよりやや遅く、7時45分からスタート。住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀公園、紺屋町、新築公園、アピタ、常磐町、寺町と6.8㎞。歩いた距離がやや長いのは、アピタに寄ったのもありますが、九華公園で鳥を追いかけてウロウロしたためもあります。それは後ほど。

Img_0518c_20211107161101 Img_0500c_20211107161101  三の丸水門のところで、イソヒヨドリのメス。イソヒヨドリは、久しぶり。ここで、揖斐川の上空をミサゴが通過したものの、写真は撮れず、残念。ハクセキレイは、三の丸公園に2羽。三の丸公園にもたいていハクセキレイがいます。

Img_0553c_20211107161101  九華公園には8時過ぎに到着。カルガモのアーちゃんが出迎え。というか、実はたぶん餌をもらおうと思って寄って来たのです。

Img_0690c_20211107161101 Img_0646c  奥平屋敷跡は、今日はそれなりに賑やかでした。まずは、ジョウビタキのオス。地鳴きの声で少し離れたところからも見つけられます。モズのオスは、二の丸跡にやって来たところをとらえました。

Img_0575c_20211107161101 Img_0611c_20211107161101  あの片脚を痛めたハクセキレイも、ほぼ毎日やって来ています。他には、カワラヒワが数羽。今日は珍しく、ドバトやハシボソガラス、ムクドリが不在。ヒヨドリは、相変わらず賑やかで、飛び回っています。

Img_0738c_20211107161101  二の丸跡に行こうと思ったら、コサギが飛んでいるのを発見。コサギを追いかけて、奥平屋敷跡から鎮国守国神社の社務所の裏などへウロウロ。これが歩数が伸びた要因の1つ。

Img_0774c_20211107161101 Img_0778c_20211107161101  カモは合計58羽。ヒドリガモのオスが1羽、メスが2羽、ホシハジロはオス1羽、ハシビロガモは6羽。オスはたぶん2羽。

Img_0929c_20211107161101  貝塚公園では、ジョウビタキのメス。このメスも、木に止まって尾を振っていたので、音がしてここでもまた追いかけました。

Img_0804c_20211107161101  アピタでは欲しいものはなく、他へ出直し。今週は、火曜日の午前中にインフルの予防接種を予約してあります。水曜日は、江戸橋での仕事。土曜日の午後には名古屋で相談会。今風の言い方をすると、「準備を加速」しなければなりません。

| |

« 20211106「東海道・伊勢街道歩いて伊勢参りツアー」第14回「櫛田~斎宮」(予告編) | トップページ | 尻すぼみでした(苦笑) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ミリオンさん、こんにちは。

ユリカモメ、やって来たのですが、今日は見当たりませんでした。
去年も、さほどたくさんではありませんでしたが、今年はどうでしょう?

カモたちは、毎年同じカモも来ているように思えますが(来てすぐに人によってくるかもがいます。餌をもらえることを覚えていると思います)、ユリカモメはどうでしょうね?

六華苑や諸戸氏庭園にカワセミがいるそうです。
諸戸氏庭園の世話をしている方は毎日のように見かけるとおっしゃっていました。
我が家の前の住吉入江にもごくたまに出て来ます。
土日は、賑わったでしょうから、警戒して姿は見せなかったと思います。

インフル予防接種は、内科ではないところでいつもしてもらっていますので、予約してきました。
内科の方では、前回受診したときに、「今日、打ちますか?」と聞かれました。

医療機関によっては、入ってくるワクチンが限られているようです。
家内の母は、数が限られているから、早く打つようにと言われたようです。

投稿: mamekichi | 2021年11月 8日 (月) 15時10分

今年もユリカモメがきたんですね。
ユリカモメはちゃんと来る時期がわかってるんでしょうね。
くる場所は毎年同じところになのかな。

野鳥好きの方が六華苑にカワセミが出没すると聞いて、
この土日に行ったら、秋の舞楽会で人が多くてダメだったとブログに書いてる方がいました。

インフルエンザの予防接種は通院してる病院で聞いたら、
予約はなしでOKです、何なら今からでもいいですよとのこと。
ワクチンが少ないかもと聞いたので一応聞きました。

投稿: ミリオン | 2021年11月 8日 (月) 13時47分

pnさん、おはようございます。

冬鳥、増えてきました。
カモがいつもの年よりも早めからたくさん来ているように思います。
ユリカモメも来ましたので、いよいよバードウォッチングシーズン到来という気がします。
ただ、この秋は、ヤマガラをまったく見ていません。

コガモは、大山田川には姿を見せているようです。

pnさんの山方面は、最近は行っていませんが、鳥が住みにくくなっているというのは、残念ですね。

さて、ジョウビタキが尾をふるわせ、木などに当たって音がするのは、じかに何度も見聞きしていますので、間違いはありません。
あの「ヒッヒッ」という感じの鳴き声とは明らかに異なる音が聞こえます。

投稿: mamekichi | 2021年11月 8日 (月) 06時28分

mamekichiさん、こんばんは。
冬鳥、増えてきていますね。
こちらはカモが1羽も来ておりません。
元々少なくコガモぐらいしか来ないのですが、
一時期5羽ほどいたコガモもいなくなり、
現在は0の状況です。

pn山は開発や外来植物の繁殖などの
理由で鳥たちが住みにくくなってきています。
そこに住む生き物よりも、利用する人間が
優先されてしまうのはちょっと残念です。

さて、ジョウビタキですが尾羽が木をたたいても
人に聞こえるほどの音はしないと思います。
カッカッと聞こえるのは地鳴きの一部ですので、
その音のことではないでしょうか。
(ヒタキの名前の由来になる音ですね)

投稿: pn | 2021年11月 7日 (日) 21時11分

ひらいさん、こんばんは。

ついにユリカモメがやって来ました。
立冬にやって来ましたので、まさに冬の使者にピタリ。
ジョウビタキ、モズはまたよく見られるようになり、バードウォッチングも冬仕様ですね。

ミコアイサ、私も見に行きたいと思っています。

ひらいさんの冬の使者は、ダリア・コスモスまつりの終わりなのですね。

投稿: mamekichi | 2021年11月 7日 (日) 19時26分

mamekichiさん、こんばんは!

今年もユリカモメ飛来ですか、いよいよ冬到来と言う事ですね、まだ寒いと感じる事は少ないですが、少しずつ冬が近づいている感じです。他の野鳥ラインナップも豪華になって来たので、散歩も楽しくなりますね。自分も、ミコアイサを確認したいなと思っています。
自分が冬になったなと感じるのは、N里のダリア・コスモス祭りが終わった時ですかね、昨日見た感じだともうちょっと楽しめそうでしたが、コスモスは1/3程抜かれていたので、そろそろ見納めと言う感じでした。来年のチューリップ祭りの準備も始まりましたし、春も楽しみです。

投稿: ひらい | 2021年11月 7日 (日) 18時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 20211106「東海道・伊勢街道歩いて伊勢参りツアー」第14回「櫛田~斎宮」(予告編) | トップページ | 尻すぼみでした(苦笑) »