« 柿安コミュニティパークでクチナシの花が咲く……リニューアルオープンしたワッツを偵察 | トップページ | 鳥の少ない時期、「餌台」が救いの神 »

2021年6月12日 (土)

梅雨空、戻る……鳥の餌台は大繁盛

Img_8368c_20210612171601  梅雨空が戻って来ましたし、散歩中にいささか降られました。プチ遠征も考えたものの、雨に降られるとイヤだと思って、いつものように、朝7時半から歩き始め、住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀南公園、外堀、京町、寺町商店街、住吉入江と5.8㎞を歩いて、10時15分頃帰宅。貝塚公園あたりから、ときどき小雨に降られました。散歩に出てすぐ、諸戸氏庭園前のベンチに、ずいぶん久しぶりにお目にかかる男性の姿がありました。今は、たぶん御年96歳になられたはず(私のオヤジが生きていれば、同い年)。以前は、住吉神社から柿安コミュニティパークあたりでよく出遭っていました。「若い頃(90歳くらい)は、伊勢大橋を渡って、河口堰を回って歩いていた」とおっしゃった方。「最近は、あまり歩けなくなったので、このあたりを一周して、1㎞くらいしか歩いていない」とはおっしゃるものの、矍鑠としておられます。こういう出会いがありますと、元気が出てきます(屁理屈を言いますが、元気は「もらう」ものではありません。「出てくる」あるいは「湧いてくる」ものです)。

Img_7882c_20210612171601  さて、揖斐長良川の中洲からはオオヨシキリの鳴き声がよく聞こえてくるものの、相変わらず鳥影はあまりありません。九華公園に着くまでに見たのは、スズメ、ムクドリ、ドバト、カワラヒワ、ツバメくらい。我が家から九華公園の北門までは1㎞あまりありますが、20分足らずで到着します(苦笑)。

Img_7942c_20210612171601  九華公園でも鳥は少なく、今日も楽しみは、某所の餌台観察。昨日の朝、餌を補給してもらったにもかかわらず、今朝8時頃には、すべて食べ尽くされていました。「一粒も残っていない」と言っても過言ではありません。Oさんには、皆さんが、「毎日、餌やりに来てもらわないいけませんね」と言っています。

Img_7993c_20210612171701  私に少し遅れて、Oさんがいらして、餌を補給。餌を置いてすぐは、スズメたちは、餌台には来ません。その下にこぼれ落ちた餌を啄んでいます。そのうちに、餌台の方にもやって来るというパターン。見ていますと、餌台に同時に来るのは、3羽くらい。最初の内は、餌台に来て、餌をくわえては離れたところへ行って食べていましたが、最近は、ここにしばらく滞在して食べていきます。

Img_7993c_20210612171701 Img_8012c_20210612171701  今日、見ていたら、ヒナを連れてきて、親がくわえた餌をヒナに食べさせるという場面も見られました。親スズメ1羽にヒナ2羽というときもありました。

Img_8109c_20210612171601  朝日丸跡で、ハクセキレイのオス。餌になる虫を捕まえたようでした。ハクセキレイ、この頃少しずつ見る機会が増えています。

Img_7903c_20210612174601 Img_7907c_20210612174601  九華公園の花菖蒲は、すっかりオシマイという感じです。写真を載せると、イメージダウンになりかねませんので、止めておきます。公園内にはアジサイはさほどありません。管理事務所の南あたりに10数本。

Img_8175c_20210612171601 Img_8182c_20210612171601  貝塚公園、内堀南公園では鳥は、やはりあまりいません。小雨が降ってきました。折りたたみカサは持っていましたが、ちょっと急ぎ足でツバメの巣のチェックへ進みます。京町Hの巣を見て、ビックリ。大丈夫か? と思ったら、親鳥が来たら動き出しました。寝ていただけのようでした。

Img_8195c_20210612171601 Img_8204c_20210612171601  左は、京町Sの巣。今日は、親ツバメが巣に就いていました。5月25日頃、修復を終えていました(2021年5月25日:今日も、シジュウカラのヒナ【オリンピックについて余計なつぶやきを追加(5/25)】)。ツバメの抱卵日数は、13~17日といいますから、そろそろヒナが孵ると思います。右は、京町Mの巣。2つある内、手前のもの。修復は続いているようですが、顕著に進んだとはいえない印象でした。

Img_8224c_20210612171601  寺町商店街のベンチで一休みしてから住吉入江方面へ。昨日、寺町交差点の北のお宅で、ノウゼンカズラのつぼみがあったと書きましたが、今日は早速、4輪とも咲いていました。去年は6月15日に咲き始めました(2020年6月15日:九華公園の珍客とベランダの新住人……メダカの赤ちゃんも生まれました)。毎年同じことを書きますが、強烈なオレンジ色ですから、まさに夏の花というイメージ。

Img_8239c_20210612171601 Img_8311c_20210612171601  住吉入江。実は、寺町のベンチで休んでいたら、散歩の時にときどきお目にかかる女性から声をかけられました。「よく歩いていますね」と(苦笑)。「鳥を見ながら歩いている」と答えたら、「最近、きれいな鳴き声が聞こえる」とおっしゃいます。たぶんイソヒヨドリのこと。寺町、吉津屋町、京町、八間通、拙宅あたりと出没しています。そういう話をしたあと、住吉入江でイソヒヨドリに遭遇。メスばかり。ヒナもいました。見たのはたぶん、合計3羽。

Img_8352c_20210612171601  諸戸氏庭園。春の特別公開は明日まで。今日、明日と、10時半から12時、また、13時から15時、藤茶屋でかき氷のサービスがあるそうです。この間訪ねたときにもして欲しかった(苦笑)。メロン、桃、レモン味のシロップの甘くておいしいかき氷だそうです。

Img_8146c_20210612171601  ところで、あちこちに緊急事態宣言や、まん延防止措置が出ていますので、JRさわやかウォーキングは、6月20日まで中止。新型コロナが流行し始めた去年以来、中止がほとんどで張り合いがありません。近鉄ハイキングも、名古屋地区は常設コースの応用パターンという感じ(こちら)。あんなに入れ込んだのにという気がします。来年くらいになれば、コロナも落ち着いて、またJRさわやかウォーキングや近鉄ハイキングに行けるでしょうか。明日も、午前中、ときどき雨という予報。微妙ですねぇ。

| |

« 柿安コミュニティパークでクチナシの花が咲く……リニューアルオープンしたワッツを偵察 | トップページ | 鳥の少ない時期、「餌台」が救いの神 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、こんにちは。

餌台、今日も見て来ましたが、昨日置いた餌はすっかり食べ尽くされていました。
餌を置くまで、スズメが入れ替わり立ち代わりやって来て、「まだか」とチェックをしています。

アジサイを育てている人はけっこう多いようですね。

ハイキング関係は軒並み中止です。
参加すると歩くことができるのはもちろん、自分ではなかなか出かけられないところへ行けたり、普段見られないもの(お寺のご本尊など)も見られたりして楽しめるのですが、残念です。

河口堰のイベントも是非とも復活して欲しいですね。

投稿: mamekichi | 2021年6月13日 (日) 12時07分

mamekichiさん、おはようございます!

エサ台、大賑わいですね、スズメ以外にも来てくれると楽しさ倍増です。このところ、野鳥は少な目、自分も普段のコースでは余り見かけず、ちょっと張り合い無いです。
この時期アジサイが見ごろですね、個人宅や個人の所有地にも結構咲いているので、育てて楽しんでいる人も多い感じです。
ハイキング関係は、ずっと中止続き、楽しみにしている人も多いと思いますので、是非再開して欲しいですね。河口堰のイベントも、いつか再開されるのを期待しています。

投稿: ひらい | 2021年6月13日 (日) 08時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 柿安コミュニティパークでクチナシの花が咲く……リニューアルオープンしたワッツを偵察 | トップページ | 鳥の少ない時期、「餌台」が救いの神 »