« 梅雨空、戻る……鳥の餌台は大繁盛 | トップページ | 九華公園にゴイサギ登場……2ヶ月ぶり »

2021年6月13日 (日)

鳥の少ない時期、「餌台」が救いの神

Img_8409c_20210613134201  梅雨空が続いています。今日は最低気温が22.0℃、最高気温は今のところ(14時頃)、24.3℃とほとんど変わらず。河口堰方面でオオヨシキリや、万助溜でチョウトンボが出ていないかなど行きたいとは思うものの、雨に降られるのもイヤだと思い、普段通り。しかし、今日も散歩中に小雨に見舞われました(苦笑)。懲りないというか、少々降っても平気というか。いつも通り、7時半から散歩開始。住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀公園、京町、吉津屋町、新築町、アピタ桑名店(新光堂書店へ)、常磐町、御坊さん、寺町と6.5㎞。今朝も、96歳の方に出遭いました。お元気です。

Img_8420c  拙宅マンションを出てすぐにハクセキレイが1羽。しかし、写真は撮れず。昨日と同様、揖斐長良川の中洲からはオオヨシキリの鳴き声。三の丸水門のところまで来たら、揖斐川のまん中あたりにカルガモが2羽。一昨日、三の丸水門近くの高水敷にもカルガモが上がってきていました。同じカルガモかも知れません。

Img_8450c Img_8463c_20210613134101  九華公園までほぼ15分。今日も途中では、鳥がほとんどいませんので、超スピード散歩(本当は、1㎞あまりですから、まぁ普通に歩くペースなのですが)。鳥の餌台、行ってみたら餌はスッカラカン。離れて見ていると、スズメたちが「まだか」とばかりに、入れ替わり立ち代わり、チェックに来ます。

Img_8536c_20210613134201 Img_8588c_20210613134201  Oさんが餌を補給してくれると、しばらくして、スズメがやって来ます。餌台にすぐにやって来るのは、ヒナが多いようです。大人たちは、まずは下にこぼれた餌を拾っています。次第に餌台まで上がってくる大人のスズメも出て来ます。鳥が少ない今の時期、バードウォッチングにはこの餌台は、救いの神(微苦笑)。

Img_8506c_20210613134101 Img_8494c  ところで、梅雨空ですと、産卵に上がってくるミドリガメは少ない印象があります。昨日は見かけず、今日は、左の写真の1匹のみ。奥平屋敷跡にあるステージの裏手で穴を掘っていました。しかし、毎度同じことを書きますが、卵を産んでもかなりの確率で、カラスにほじられ、食べられてしまいます。

Img_8639c_20210613134101 Img_8695c_20210613134101  鎮国守国神社の境内でカワラヒワ。ペアでいて、もう1羽は羽毛をたくさんくわえていました。まだこれから営巣するようです。外周遊歩道の南側で、ヒヨドリ。あまりにも鳥がいないので、ヒヨドリの写真も撮ったというワケ(苦笑)。

Img_8734c_20210613134101 Img_8744c  内堀公園は側を通過したのみ。京町Hの巣では、1羽のヒナが元気でした。羽ばたいていましたので、巣立つのも遠くはないかも知れません。京町Sの巣、留守かと思ったのですが、いました。そろそろヒナが孵ってもよいと思うのですが、どうでしょう。

Img_8670c  このあと、アピタの本屋へ。新聞広告に載っていた、欲しいと思った本はまだ入っておらず。代わりに文庫本を1冊。その後、御坊さんにお参りして、三八市を覗いて帰途へ。住吉入江あたりまで来たら、また、ポツポツと降ってきました。散歩友達のYさんに久しぶりに会ったものの、ゆっくりと話すこともできず。Yさん曰く、「コロナのワクチンを打つのを迷っていた」とか。ちょっと話をしたら、「それじゃ、明日予約するか」ということに。

Img_8661c Img_8654c  余談。先週、九華公園ではツツジの剪定作業が行われていました。しかし、ごく一部ではバッサリ切られていました。また、切り方が荒っぽいところもたくさんあります。神戸櫓跡のあたりでは、バッサリ切られ、見通しがよくなっていました。「切り方が荒っぽい」ところは、前管理人のOさんに伺ったら、エンジントリマーで刈るときに、機械を速いスピードで動かしたから、「ぶった切った」ようになったのだそうです。ゆっくり動かせば、切り目はもっときれいになるそうです。このように「ぶった切って」しまうと、来年、花が咲かない可能性も高いとか。それは、ぶった切っただけでなく、木全体(根っこも含め)を揺さぶってしまう結果になるので、よくないのだそうです。来年のツツジが心配になります。

Img_8371c_20210613141001 Img_8376c_20210613141001  アサガオ日報。順調です(とはいえ、今の時期、水やりをきちんとすればよいだけ)。大きい鉢の方は、本葉がもう3~4枚出てから、丈夫そうな苗を選んで、他は間引く積もり。さらに、先日書いたように摘芯して、脇芽を伸ばします。小さい鉢の方も、同じようにすると思いますが、去年のように「藪仕立て(爆)」でもおもしろいかなどと思ったりしています。

Img_8430c_20210613134201  明日は、市民大学郷土史学科の第2回の予定でしたが、先日、パブリックセンターから連絡があり、「まん延防止等重点措置が出ているので、6月は中止。次回は、7月」となりました。その後、桑名市のまん延防止等重点措置は、今日までになりましたが(こちら)、今さら元には戻せないようで、連絡はありません。水曜は、いつも通り、江戸橋での仕事。土曜日は、社会福祉法人の評議員会で菰野へ出かける予定。

| |

« 梅雨空、戻る……鳥の餌台は大繁盛 | トップページ | 九華公園にゴイサギ登場……2ヶ月ぶり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅雨空、戻る……鳥の餌台は大繁盛 | トップページ | 九華公園にゴイサギ登場……2ヶ月ぶり »