« 終日雨で「晴歩雨読」なるも、今ひとつ(苦笑) | トップページ | 20200329「勝手に三岐鉄道北勢線ハイキング『桑名の員弁街道を歩く』(星川~東員)」(予告編) »

2020年3月28日 (土)

雨上がり、鳥も散歩友達も少なし

Img_7969c  雨は朝7時までには上がり、気温も上昇。19.6℃。しかし、晴れ間もあったものの、曇天。散歩に出た8時にすでに15℃もあり、雨上がりということもあって少し蒸し暑い感じでした。いつも通り、住吉神社、九華公園、貝塚公園、入江葭町、吉津屋町、京町、寺町とちょうど6.0㎞。寺町商店街、今日は三八市。土曜日でもあり、外出自粛もあり、いつも以上に賑わっている感じでした。

Img_7990c_20200328160001  住吉入江には、カモもオオバンもいませんでした。揖斐川も静かで、カンムリカイツブリが2羽。他にはキンクロハジロが2羽。カンムリカイツブリは、夏羽になってきています。もう1羽のカンムリカイツブリは、もうすっかり夏羽でした。ユリカモメがときどき飛んでいきます。

Img_1380c  川口水門(七里の渡し跡のところ)の下流側の高水敷には、ヒドリガモが100羽ほど集まっていました。やはImg_1382c_20200328160001 りこのあたりは、ヒドリガモが帰る前の集合場所になっている気がします。皆、懸命に草を食んでいました。他には、揚げ雲雀が聞こえましたが、どこにいるか見つけられず。

Img_7997c  三之丸公園のソメイヨシノも咲き始めました。写真の蟠龍櫓のところ、ソメイヨシノが満開になると、私の好きな景色になります。

Img_1395c  こんな雨上がりですから、鳥はあまり見ません。九華公園もドバト、ムクドリ、スズメ、カワラヒワ、ハクセキレイ、ツグミ、シジュウカラなどがいたものの、これという写真は撮れず。カモは、合計20羽と激減。ハシビロガモのペアが1組、ホシハジロのオスが2羽と、他はキンクロハジロ。

Img_8013c_20200328160101  左は、本丸跡の藤棚のところのソメイヨシノ。曇天ですから、色が出ません。右は、管理事務所の南にあるヤマザクラ。これImg_8004c は、ソメイヨシノより早く咲き始めました。散歩する人も少なく、散歩友達にも会いません。管理人Nさんと、前管理人のOさんだけ。

Img_8027c  貝塚公園もソメイヨシノはかなり咲いてきました。こちらも鳥は少なかったのですが、ツグImg_1411c_20200328160101 ミ1羽とシロハラ2羽。

Img_1420c Img_1422c  他にはあまりにも鳥がいませんでしたので、ヒヨドリや、ムクドリも撮ってきました(苦笑)。

Img_8000c_20200328160001  余談。柿安本社のところに出ていた花見弁当の宣伝幟旗。九華公園の隣に本社がありますが、公園には「飲食を伴う宴会等自粛のお願い」が掲示されています。柿安さん、それに挑戦するかのように、けっこう強気(?)。ちなみに、花見シーズン(とくに近年)、公園に柿安さんのレジ袋に入った弁当のゴミが捨ててあるようになりました。

Img_8052c_20200328160101  ところで、明日は、「勝手に三岐鉄道ハイキング『桑名の員弁街道を歩く』」(三岐鉄道北勢線・星川駅から東員駅)の予定。10時半スタートで、お隣の東員町まで。雨は朝、あがるという予報ですから、何とか歩けると思います。途中には、神社仏閣、城跡のほか、市天然記念物のクロガネモチの木や、穴太徳次郎(あのうのとくじろう、穴太徳)の碑があり、個人的はこれらを楽しみにしています。穴太徳次郎は、慶応2年4月8日(1866年5月22日)の「荒神山の喧嘩」で、神戸の長吉(かんべのながきち)と私闘を展開した、桑名を縄張りとした博徒。荒神山は、私が大学院を修了して最初に就職した鈴鹿にある病院近くの観音寺。近鉄ハイキングなどで出かけた記事もあります(2018年12月 2日:20181202「鈴鹿の隠れた紅葉の名所「荒神山の喧嘩」で有名な荒神山観音寺を訪ねて」へ(予告編)……最初の勤務地あたりを訪ねて、センチメンタルジャーニー)。

| |

« 終日雨で「晴歩雨読」なるも、今ひとつ(苦笑) | トップページ | 20200329「勝手に三岐鉄道北勢線ハイキング『桑名の員弁街道を歩く』(星川~東員)」(予告編) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ミリオンさん、こんにちは。

桜が見頃になってきましたね。
今日、星川から東員まで歩いてきましたが、咲き具合はさまざまでしたが、そろそろソメイヨシノが楽しめますね。

ところで九華公園の「飲食を伴う宴会等の自粛のお願い」は、なかなか微妙な内容の掲示で、判断は微妙ですね。
明確な基準はないと思うのですが、私個人のセンスでは、数人以上でアルコールの入った宴会はやめて欲しいということではないかと理解しています。
お二人くらいで弁当を食べるくらいは構わないと思いますが、どうでしょう?

荒神山の争いは、おっしゃるように任侠の世界(賭場の権利)の縄張り争いです。
今は、もう流行りませんが、浪曲や映画で盛んに取り上げられました。

投稿: mamekichi | 2020年3月29日 (日) 16時47分

こんにちは、桜の花が見頃になってきましたね。
飲食を伴う宴会等自粛は、2人ぐらいで弁当を食べるのもいけないのかと聞きたい。
弁当を食べるだけで宴会はしなければ・・と思います。

荒神山の争いは任侠の世界の縄張り争いですか?

投稿: ミリオン | 2020年3月29日 (日) 15時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 終日雨で「晴歩雨読」なるも、今ひとつ(苦笑) | トップページ | 20200329「勝手に三岐鉄道北勢線ハイキング『桑名の員弁街道を歩く』(星川~東員)」(予告編) »