« 節分の今日、河津桜の蕾が膨らむ | トップページ | 20200201JRさわやかウォーキング「加納城下町と節分の巨大赤鬼が立ち並ぶ中山道をぶらり散策」へ(その1)……清水緑地、高札場跡、加納城大手門跡、加納城跡と「屋敷神」 »

2020年2月 4日 (火)

立春の今日は、ツグミ&シロハラデー

Img_6383c  立春を迎えました。気温も11℃を超え、風は弱く、暖かくなImg_0818c っています。いかにも春という感じ。昨日の記事(節分の今日、河津桜の蕾が膨らむ)の冒頭に寺町商店街の河津桜のつぼみが膨らんだと書きましたが、今日はご覧のようなとこともありました。今年は、確実に例年よりも早く咲き始めそうです。

Img_6241c  今日は、朝一番に用事を済ませ、8時半から11時前までいつものコースを散歩。住吉神社、九華公園、貝塚公園、入江葭町、吉津屋町、京町、寺町と6.5㎞。寺町では、常信寺と桑名別院本統寺に立ち寄ってきました。住吉入江には住吉キンクロウズが3羽ト、ホシハジロウ(ホシハジロのオス)が1羽。揖斐川には、ヒドリガモが18羽いましたが、それ以外には鳥は見当たらず。柿安コミュニティパークにはツグミが1羽。例年ですと、2~3羽いても不思議ではありません。

Img_0836c  中橋のゴイサギコロニーでは、ゴイサギが6羽、ホシゴイが2羽。今日は、北、南両側から慎重に確認(微笑)。おおよそこれくImg_0840c らいはいつもいそうな感じです。ここでは繁殖したことはありませんので、春になると本当のコロニーに移動すると思います。

Img_0862c  九華公園には9時過ぎに到着。アオサギさんが久しぶりに「定位置」の鎮国守国神社の社務所裏にいました。しかし、今日は堀には、アオサギも、ダイサギもいません。堀に水が戻って(ただし、まだかなり少ない状況。その理由は最後に)、詐欺は堀には来なくなったと考えられます。

Img_0852c  アオサギがいるのは、北門を入ってすぐの堀の上。堀のまだ水がない部分には、昨日と同じく、シロハラが1羽。同じあたりには、ハクセキレイも2羽。つがいになっている?と思わせるように一緒に行動していました。

Img_0866c_20200204140701 Img_6346c  カモは、合計51羽。キンクロハジロが37羽と、ハシビロガモが14羽。ヒドリガモを見たという話も聞きましたが、私は未確認。堀の水が減ってしまって、カモの行動に影響したと考えられます。

Img_6333c_20200204140901  ユリカモメは、17羽。堀の水が抜かれたときは、堀のそこに降りて催事できましたので、100羽以上、時には200羽くらい(管理人さんによる)来たのですが、こちらも今シーズンの普通の状態に戻りました。

Img_6276c_20200204140901  今日は、ツグミをちらほら見かけました。左の写真は、奥平屋敷跡の西南エリアにいたもの。右は、朝日丸跡で見かけたツグImg_6300c ミ。これらは、ほぼ確実に別の個体。

Img_0918c  さらに、公園の外周の遊歩道南、二の丸橋の袂のソメイヨシノの木でもう1羽。同じ個体かどうか分かりませんので、一応、「延べ3羽」です。

Img_6289c  ちょっと話が戻りますが、二の丸跡では、シロハラ。北門の堀のところにいたシロハラとは別と考えています。

Img_6264c_20200204142801 Img_6306c_20200204142901  今日、このほか九華公園で見たのは、ハクセキレイやシジュウカラ、メジロ、カワラヒワくらい。この頃、ジョウビタキやモズは見なくなりました。

Img_6348c  貝塚公園でも、シロハラが1羽。メジロや、ウグイス(地鳴き)の声も聞こえましたが、姿は見えず。ヒヨドリはほとんどいません。

Img_0957c_20200204140801  散歩を終えて帰宅したら、マンションの玄関先の木にツグミが1羽。今日は合計5羽のツグミと、3羽のシロハラを見たことになります。それ故、タイトル通り、「ツグミ&シロハラデー」という次第。

Img_6353c_20200204140901  貝塚公園でも、今日は、白梅が咲き始めていました。九華公園や、鎮国守国神社でも同様ですが、あまり手入れがされておらず、施肥もされませんので、いまいち花が多くない気がします。もったいない。財政難で公園の樹木の十分な管理まで手が回らないようです。

Img_6367c  常信寺には、ミツマタやサンシュユの様子を見に行ったのですが、ミツマタはまだつぼみが出始めたくらいでした。常信寺でも、梅がかなり咲いてきていました。ここはさすがに手入れもされているようで、花もたくさん咲いています。

Img_6202c  ところで、九華公園・朝日丸跡の石垣が崩れたところについては、先月末に書きました(2020年1月31日:今シーズン初のウメジロウ……【付記:九華公園の石垣崩れについて(1/31)】)。昨日、管理人さんに伺ったところでは、この7日くらいから修理工事が行われるようです。そのために堀の水もあまり入れないでいるということでした。私たちからすると、「二転三転」したように思えますが(もちろん市役所は、それなりに検討し、計画的に運んでいるということなのでしょうが)、修理されるのであれば、とりあえずは安心。

 菰野町にあるパラミタミュージアムで開催されている「黄金期の浮世絵 歌麿とその時代展」と、四日市市立博物館の「昭和のくらし 昭和の面影」とを見に行きたいと思っているのですが、明日からは寒気が入ってきて寒くなるとか。どうしたものでしょう? 先送りにすると、見る機会を逸してしまうかもしれません。

| |

« 節分の今日、河津桜の蕾が膨らむ | トップページ | 20200201JRさわやかウォーキング「加納城下町と節分の巨大赤鬼が立ち並ぶ中山道をぶらり散策」へ(その1)……清水緑地、高札場跡、加納城大手門跡、加納城跡と「屋敷神」 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 節分の今日、河津桜の蕾が膨らむ | トップページ | 20200201JRさわやかウォーキング「加納城下町と節分の巨大赤鬼が立ち並ぶ中山道をぶらり散策」へ(その1)……清水緑地、高札場跡、加納城大手門跡、加納城跡と「屋敷神」 »