« 20200202JRさわやかウォーキング「~新春キャンペーン~令和2年2月2日に、津の真ん中ウォーク 藤堂高虎ゆかりの地と日本三観音『津観音寺』を訪ねて」へ(補遺編)……比佐豆知神社と四天王寺 | トップページ | 20200208近鉄ハイキング「酒蔵みてある記 銘酒「鈿女」伊藤酒造と智積養水をたずねて」へ(一回完結) »

2020年2月 7日 (金)

九華公園の堀に初氷……石垣の修理工事が行われていました

Img_1091c  今朝はさすがに冷え、-2.8℃でした。日中は次第に風も止み、6.9℃までしか上がりませんでしたが、午後は穏やかな感じになImg_6539c りました。堀の水を抜いている九華公園では、あちこちで薄く氷が張っているのが見られました。今シーズン初氷です。

Img_6567c_20200207165801
 カモたちも、氷の張っているところを避けて集まっていました。キンクロハジロは合計44羽、Img_1139c_20200207165801 ホシハジロのオスが1羽戻って来ました。ハシビロガモは、オスが9羽、メスが3羽。堀の水が減ってからは、奥平屋敷跡東の大きな石がゴロゴロしているところがお気に入り。ユリカモメは、12羽。堀の水が再度減ってからはあまり来なくなりました。

Img_1196c_20200207170001 さて、散歩は、8時20分から11時頃まで、7.3㎞もウロウロ(苦笑)。住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀公園、京町、新築町方面、寺町商店街と歩いたコースはほぼ同じなのですが、九華公園と寺町で余分に歩いたのです。九華公園では、あとで書きますが、例の石垣が崩れたところの修復工事が行われていたので、見て回ったのと、寺町では、昨日咲き始めていたはずの河津桜の一部がなくなっていたので、探したのです(個人的な結論としては、誰か2枝ほど持ち帰ったと思います)。

Img_1063c_20200207170501 住吉入江には、キンクロハジロのオス1と、ホシハジロのオス1羽。七里の渡し跡では、コガモが13羽、オオバン1羽。揖斐川では、カンムリカイツブリが1羽。このカンムリカイツブリは夏羽にかなり変わってきていました(遠かったので、豆粒以下に写った写真しかありませんので、割愛)。三の丸水門のところでは、久しぶりにヒバリが1羽。

Img_6528c Img_1068c_20200207171501  中橋のゴイサギコロニーには、ゴイサギが5羽にホシゴイが1羽。昼近くに来ると、10羽前後いるのが見えるようです。今日は、木の奥に引っ込んでいるのが大半。外に出て来ていたのは、右の写真のゴイサギのみ。

Img_1071c_20200207171501  九華公園、アオサギさんはいつものところ。よく見ると、嘴の色がわずかImg_6583c にピンク色になってきている感じがします。このアオサギさん、繁殖期に入るのも近いかも知れません。他には、ダイサギが1羽。

Img_1121c  本丸跡では、シメが出て来てエサを拾っています。ようやく良く降りてくるようになりました。このほかは、メジロの群れや、カワラヒワが集団で地面に降りてエサ探しをしているのが見えます。

Img_1092c  9月の台風で崩れた朝日丸跡の石垣、ようやく修理が始まりました。小型のパワーショベルを使って、作業員の方が5名。工Img_1110c 期は一応今日、明日の2日間を見込んであるそうですが、たぶん今日1日で終えられるというお話しでした。まずは、付近のツツジの木を撤去しながら、石垣の石を1つずつパワーショベルで拾い上げていっていました。

Img_1137c_20200207172801  こちらは、崩れた部分の石垣をほとんど撤去し終えたところの様子。お城の石垣ですと、最下部に胴木をおき、その上に根石、さらに石を積んでいき、裏側(土に接する側)には裏込として栗石を入れてあります(たとえば、こちら)。栗石があるのは見えますが、最下部は水に浸かっていてどのようになっているのかは不明でした。閑はあるのでずっと見ていてもいいのですが、さすがにそうも行かず、この写真を撮って、撤収。

Img_1144c_20200207173501  立教小学校の東にある「はあぶ工房Together」の敷地で、ジョウビタキのオス。真ん丸で、まさにジョビボール。見事でした。Img_6658c 貝塚公園は、今日も静かでしたが、南西エリアに行ったら、シロハラ2羽の鳴き声。互いに牽制するかのような感じでした。1羽は見つけ、証拠写真を撮れましたが、もう1羽は不明。

Img_6659c  内堀公園でも、ジョウビタキのオス。手すりにあがったり、地面に降りてエサを探したりImg_1151c_20200207173501 と、しばし楽しませてくれました。ツグミが登場したものの、電線にいて、空抜けの写真。

Img_1158c  新築町方面から寺町に向かって歩いているとき、西の空にトビが3羽。遠いので、これまた証拠写真。

Img_1155c  京町交差点のお茶屋さんで見つけました。今年の「桑名城お堀めぐり」のポスター。3月28日(土)~4月12日(日)の予定。夜桜舟巡りもあります(3/28、4/3、4/4、4/10、4/11)。桜の開花状況によっては日程も変わると思います。暖冬でしたから開花は早いかも知れません。

 明日は、近鉄ハイキング「酒蔵みてある記 銘酒「鈿女」伊藤酒造と智積養水をたずねて」に出かけるつもりです。気温は今日より上がって、風も午前中は弱そう。このコース、3回目になりますが、最初に行ったときは、風&雨、雪に降られたという苦い思い出のあるコースなのです(2018年2月17日:20180217酒蔵みてある記「伊藤酒造の銘酒「鈿女」と智積養水をたずねて」(予告編))。一生吹山という標高109mの山を越えねばなりません。まぁ、ゆっくりと行くことにしましょう。

| |

« 20200202JRさわやかウォーキング「~新春キャンペーン~令和2年2月2日に、津の真ん中ウォーク 藤堂高虎ゆかりの地と日本三観音『津観音寺』を訪ねて」へ(補遺編)……比佐豆知神社と四天王寺 | トップページ | 20200208近鉄ハイキング「酒蔵みてある記 銘酒「鈿女」伊藤酒造と智積養水をたずねて」へ(一回完結) »

コメント

おユキさん、おはようございます。

今日は少し暖かくなるようですね。
酒蔵みてある記(四日市市)に行ってきます。
今日も、同級生K氏と二人です(微笑)。
一生吹山(標高109m)登山もあります(苦笑)。

さて、九華公園の石垣は、結局、ようやく修理されました。
管理人さんも、「やるのかやらないのかハッキリ連絡がない」と右往左往しておられました。
胴木やら、木杭やらもしてあるか見たかったのですが、それは水の中。

この冬は暖かかったのと、そもそも小型の野鳥が少ないので、ふっくらしたシーンがあまり見られませんね。

投稿: mamekichi | 2020年2月 8日 (土) 05時23分

mamekichi先生、こんばんは。

なんとか、寒さの峠を越えたようですね。
これが最後になりますように。

九華公園の石垣、結局、修理をしたのですか。
やるとかやらないとか、右往左往、文字通り、「ウロウロ」しましたね(笑)。
しかし、よりにもよって、一番寒い日に水の中とは。

栗石?と思いながら、写真を拝見しました。
なるほど、栗のようです。リンク先も見て、確認しました(笑)。

ジョビボール、本当に真ん丸!見事です。
今シーズンは、暖かかったので、なかなか丸い鳥さんが見れなかったように思います。

明日は酒蔵みてある記なんですね。
苦行にならないことを祈って(笑)。

投稿: おユキ | 2020年2月 7日 (金) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 20200202JRさわやかウォーキング「~新春キャンペーン~令和2年2月2日に、津の真ん中ウォーク 藤堂高虎ゆかりの地と日本三観音『津観音寺』を訪ねて」へ(補遺編)……比佐豆知神社と四天王寺 | トップページ | 20200208近鉄ハイキング「酒蔵みてある記 銘酒「鈿女」伊藤酒造と智積養水をたずねて」へ(一回完結) »