« 20191201近鉄ハイキング「お伊勢さん参りハイキング 昔も今もお伊勢参り~旅12日目~【最終日】伊勢街道、旅人気分で一層賑やか古市から念願のお伊勢さんへ」……無事内宮に参拝し、全行程踏破(予告編) | トップページ | いよいよ本格的な冬という感じなるも、小型野鳥もカモもユリカモメも少なし »

2019年12月 2日 (月)

午後から市民大学講座……今日は修了式で修了証をいただきました

Dscn2188c  止み間もありましたが、夕方まで雨。時々強く降るときがあるという日でした。「晴歩雨読」のモットーのもと、現在進行形の用事がいくつかありますので、午前中は、必要な資料を整理しつつ、内容の確認をしていました。午後は、パブリックセンターへの市民大学ゼミナール郷土史学科の講座に行ってきました。今年度は、「城と城下町」というテーマで7回シリーズの講義&演習。今日が最終回です。

Dscn2209c  今日は、桑名城の家臣の屋敷、藩主の菩提寺そして城下の変遷について。前回までは、城の実測図(寸法が入ったもの)から、指定された建物や構造物のサイズをチェックするという演習がありましたが、今日は、講義のみ。

Dscn2204c  今日の資料。桑名城二の丸の左下(南東)に、「服部半蔵」という名前が書かれています(もとの絵図は、石水博物館にあるそうです。この地図は、上が西)。これは、幕末の桑名城の絵図に描かれた家臣の屋敷の配置図。服部半蔵は、もちろんあの服部半蔵。初代・服部石見守半蔵正成(まさなり)は徳川家康の部下で、江戸城で彼が守っていた門は半蔵門と呼ばれ、現在も残っています。彼の息子は兄が石見守正就(まさなり)といい、弟が二代目半蔵正重(まさしげ)と称しました。正就の妻は、桑名藩主松平定勝の娘でした。この正就は不祥事を起こして家康から暇を出されたため、妻は三人の息子を連れて実家に戻り、息子たちが松平家に仕えたのです。定勝の息子の代に松平家は松山、桑名、今治に分かれましたので、服部家の息子たちも三つの地に分かれました。次男は石見守正辰(まさとき)と称して桑名松平家の親族として代々続きました。一方、二代目半蔵正重も徳川家から暇を出されて、桑名松平家に仕えるようになりました。「服部半蔵」の名は、この正重の子孫が受け継いでいます。その屋敷がここ。桑名藩では家老職にありました。服部半蔵屋敷の下にある「松平信濃守」は、松平定綱公の弟の子孫で、藩主一族の屋敷。

Dscn2207c  もう一軒、桑名城の西にも服部家の屋敷が描かれています(上記の絵図と同じ絵図から)。左の写真・中央上に、逆さまになってはいますが、「服部石見」とあります。ここは、前のパラグラフで触れた服部石見守・正就の子孫。正就は、上述のように、藩主・松平定勝の娘を妻にしていますので、藩主一族として処されています。家老職よりもランクは上、藩主よりは下という位置づけです。桑名藩には、もう一人、吉村権左衛門という家老職がいました。その出身は、福島正則に仕えていたのですが、福島正則が改易されたときに浪人になります。あちこちの大名からの誘いがあったものの、吉村は一万石を欲しいと要求したため、引き受ける大名はありませんでした。春日局の仲介もあって、桑名藩主となった松平定綱が彼を寛永20年(1643年)に名目は五千石、実質は一万石で招いたといいます(父・息子をあわせて一万石ということでした)。

 などなど、今日も興味深い話が盛りだくさん。まとめたいと思っているのですが、なかなか(苦笑)。サボっているだけなのですが……。年末年始くらいに今年の歴史講座の内容、資料をきちんとまとめたいと思っています。

191202shuuryousiki  今日は、初めに書きましたように、最終回で、修了式も行われました。7回のうち5回以上出席すると修了証がいただけます。これで3枚目(3年連続)。「所定の課程」って何? とか聞かれると困りますが、私自身は7回とも皆出席で、めでたく修了証を授与されてきました。この年になりますと、こういう機会でもないとこのような賞状をいただくこともなくなりました。額に入れて飾ったりはしませんが、謹んで、五十音順に並べていただいたところから自分で受け取ってきました(微笑)。

Dscn2194c  帰りには、虹が出ていました。北日本を中心に荒れ模様の天気のようですが、このあたりは明日、明後日と天気は良さそうです。散歩と仕事に邁進しましょう。

| |

« 20191201近鉄ハイキング「お伊勢さん参りハイキング 昔も今もお伊勢参り~旅12日目~【最終日】伊勢街道、旅人気分で一層賑やか古市から念願のお伊勢さんへ」……無事内宮に参拝し、全行程踏破(予告編) | トップページ | いよいよ本格的な冬という感じなるも、小型野鳥もカモもユリカモメも少なし »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 20191201近鉄ハイキング「お伊勢さん参りハイキング 昔も今もお伊勢参り~旅12日目~【最終日】伊勢街道、旅人気分で一層賑やか古市から念願のお伊勢さんへ」……無事内宮に参拝し、全行程踏破(予告編) | トップページ | いよいよ本格的な冬という感じなるも、小型野鳥もカモもユリカモメも少なし »