« カワウさんのクローズアップ……住吉神社の不思議な掲示 | トップページ | 黒い鳥の写真ばかり(苦笑)……桑名七里の渡し公園拡張工事再開の模様 »

2019年8月28日 (水)

「雨読」の日は、ベランダからイソヒヨドリ観察(^_^)

Img_7383c  朝から断続的に雨となっています。九州北部や中国地方では、大雨特別警報も解除され、雨も小康状態となったそうですが、被害がないことを願っています。雨ですので、「晴歩雨読」「淡々と飽きもせず」のモットーにしたがって、「雨読」の日としました。ただ、朝一番には、散髪に行ってきました。ずいぶん昔、「偶数月の最終週、水曜日の朝9時から散髪」と書いたことがあったと思います。別にこだわりがあるとか、これでないといけないということではありませんが、決めておけば考える必要がないということです。5年前から前期は、水曜日に江戸橋に仕事に行くようになりましたので、4~7月はこの原則通りにはやれませんが、フツーに暮らしています(微笑)。

Img_7362c  散歩には行っておりません。朝から時々、窓の外でイソヒヨドリの声がしていました。先週でしたか、朝5時半頃ベランダを見Img_7365c たら、イソヒヨドリがいるのを見つけました。それ以前にも、大雨の時、ベランダの、お隣とのしきりの壁にイソヒヨドリが避難してきていたり、拙宅マンショ近くで何度も目撃したりしていました。今日は、オスのイソヒヨドリです(というのも、メスも見たことがあるのです)。この写真は、我が家の南にある2階建てのアパートの屋根に降りてきたときに撮ったもの。

Img_7374c_20190828165201  引いて写真を撮ると、こんな感じ。写真の真ん中に写っています。イソヒヨドリ、去年くらいからか、桑名駅の近くや、国道1号線の辺りのビルでも見ます(同じイソヒヨドリかも知れませんが、その辺りは確かめようがありません)。Birderというバードウォッチング雑誌の2019年5月号には「イソヒヨドリの内陸進出-磯にいる鳥ではなくなった-」という記事がありましたが、高野山や吉野山でも見られるそうですし、東京・渋谷でも繁殖しており、マンションのベランダにも来るという記述があります。家内の実家がある津市榊原町でも見ます。「ビルヒヨドリ」か、「ヤマ(イワ)ヒヨドリ」になりつつあるのかも知れません。世界的には、岩場にいるのが標準だそうですから、世界標準に近づきつつある?

| |

« カワウさんのクローズアップ……住吉神社の不思議な掲示 | トップページ | 黒い鳥の写真ばかり(苦笑)……桑名七里の渡し公園拡張工事再開の模様 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カワウさんのクローズアップ……住吉神社の不思議な掲示 | トップページ | 黒い鳥の写真ばかり(苦笑)……桑名七里の渡し公園拡張工事再開の模様 »