« 20190428近鉄ハイキング「『阿漕』砂浜ハイキングと津グルメ散策」へ(その3)……阿漕浦砂浜を歩いて津ヨットハーバーへ、津グルメはパスし、弁当を食べ、松菱百貨店へゴール(完) | トップページ | 20190511JRさわやかウォーキング「四日市港開港120周年記念 ポートビルからの展望と萬古まつりを楽しもう」へ(その1)……JR富田浜駅をスタートし、浜園緑地を経て四日市港ポートビルを楽しみ、霞★夢くじら公園から四日市ドームへ »

2019年5月10日 (金)

河口堰でコアジサシとキアシシギ、M池公園でカイツブリの営巣とバン、オオヨシキリ

Img_5006c  今日はまた好天で、気温も25℃を超え、過ごしやすい日になっています。いつもの散歩コースにはあまり鳥がいませんし、揖斐Img_5203c 長良川の中洲からオオヨシキリの鳴き声が聞こえるようになったので姿も見たくなり、プチ遠征。長良川河口堰とM池公園、その他へ行ってきました。左の写真は長良川河口堰、右はM池公園。8時半出発、11時50分帰宅。歩いたのは、たぶん4㎞弱。

Img_7895c  河口堰でコアジサシを目撃しました。東側と西側の魚道あたりで、それぞれ2羽。いずれでもダイビングして、小魚を咥えていくImg_7951c のが遠くに見えました。管理橋の上から見ていましたので、クリアな写真は望むべくもなく、それはちょっと残念。左の写真は河口堰東の魚道上空、右は西の魚道上空でそれぞれ撮ったもの。

Img_7925c  こちらは、東側の魚道でダイブして、小魚をゲットし、南へ飛んで行ったところ。ほとんど証拠写真ではありますが……。去年は、ざっと確認したところではコアジサシは見ていないと思います。ブロ友のひらいさんも先日、導流堤方面で多数確認しておられますが(2019.05.02 GW日記(6日目))、営巣地はどこでしょう?

Img_5038c  また、河口堰では、たぶんキアシシギと思いますが、親水広場の東に3羽。10mあまりの距離で見ていたのですが、逃げることImg_5042c もありませんでした。シベリアから東南アジアやオーストラリア方面に渡る途中、日本には旅鳥としてやって来ます。全長は約25cm。その名の通り、足が黄色。ここで休んでいたのかも知れません。

Img_8019c

 近くにはイソシギが1羽。このイソシギは、アユ孵化用の水路にいたのが、私に驚いて、逃げたもの。イソシギは、この水路あたりにたいてい1羽はいます。

Img_5078c  そのアユ孵化用水路には、珍しくコチドリも2羽。コチドリはたまにこの親水広場で見かけます。コチドリを見ていたら、ツバImg_5069c メが2羽、水路に降りてきていました。泥を取りに来たようで、嘴でくわえていくのが見えました。巣を補修するのに使うのでしょう。

Img_5002c_1  その他は、いつものメンバー。まずは、コサギさん。左のコサギは、河口堰東の魚道にいたもの。写真を撮ったら魚道にいたImg_5011c ものが、堤防上に逃げました。右の写真のダイサギは、堰西側の閘門へのアプローチ、下流側で。目元が緑色ですから、婚姻色かも知れません。

Img_7998c_1

 アオサギは、3羽。じっとしていたのは、堰西側の魚道上流にいた、左の写真のアオサギさんだけ。他は、例によって逃げ足の速いこと。こちらが気づくか気づかないかのうちにもう飛び立っているのです(苦笑)。

 ところで、河口堰の管理橋を往復して東側に戻って来たら、70代後半と覚しき男性がカメラを提げて歩いてこられました。「何を撮っているの?」と聞かれ、あれこれ話していました。名古屋からいらして、ダムカードを収集しているということで、河口堰のものも見せてもらいました。このあと、菰野に立ち寄って、石榑トンネルを抜けて、滋賀県の姉川まで行くとおっしゃいます。いや、元気な方でした。

 M池公園に行く前に臨駐に立ち寄ってみましたが、鳥影はゼロ。ヒバリもコチドリもいません。

Img_5193c  そのM池公園は、カイツブリの繁殖地でありますし、オオヨシキリも今頃もう来ているはず。しかし、到着したとき、カイツImg_5150c ブリのあの響き渡るようなさえずりが聞こえず、ちょっと心配になりました。しかし、公園の散歩道に沿って一周したところ、カイツブリは合計11羽を確認。営巣し始めている巣も3ヶ所ありました。他にカメが乗っていて、カイツブリが回りをウロウロしている巣も1ヶ所。

Img_5180c  オオヨシキリは、去年たくさんいた、もとの花菖蒲園にはいませんでした。花菖蒲園だったところは蘆が生えるのですが、まだ伸びてきておらず、オオヨシキリの鳴き声はしません。蓮田まで来たら、ここに生えている蘆や、周りにある木からオオヨシキリの鳴き声が聞こえてきました。葦の方が近かったものの、まったく見えません。50mほど先の木にいるのが見えましたので、撮ったのが左の写真。全くの証拠写真(苦笑)。

Img_8126c  さらにこの蓮田で近くを動く鳥がいるのに気づきました。枯れた蓮の陰になってあまりよいショットは撮れなかったのですが、バンがいました。全長32cm。クイナの仲間。水田を害敵から守る「田の番をする鳥」としてバンの名が付けられたといいます。今年2月3日、JRさわやかウォーキングで訪れた呼続公園で遠くから見ましたが、近くで見るのは初めて(2019年2月 3日:20190203JRさわやかウォーキング「節分の尾張四観音・笠寺観音と旧東海道めぐり」へ(予告編))。遮るものがないところまで出てこないかとしばらく待ったものの、出て来てはくれませんでした。

Img_8099c M池公園でもアオサギを何度か見たものの、やはりすぐに逃げます。何度も繰り返し書いていますが、見て、写真を撮るだけですからもっとフレンドリーにしてもらいたいもの。

Img_8140c  M池公園からの帰り道、先日も確認したケリの巣を見てきました。長島町内の国道1号線沿いにある2ヶ所です。M池公園からImg_5204c 近い方では、巣のある空き地に入るや否や、巣に就いていた親鳥が慌てて飛び出てきて、猛攻撃を受けました(苦笑)。クルマに突っ込んできそうな勢い。これは、確実に卵を抱いていると思えます(左の写真)。早々に撤退。もう1ヶ所、別のところではこれに懲りて遠くからそっと見てみました。ケリが巣に就いており、ここも抱卵中と思えます。今日は、どちらの巣もケリは1羽しかいませんでした。

Img_5007c  先日の相談会の報告書も何とか仕上げ、本日午後、投函しました。明日は、近鉄ハイキングも、JRさわやかウォーキングも四日市方面であります。近鉄ハイキングは、「伊坂ダムを訪ねて」。近鉄富田駅から十四川堤、伊藤手延製麺所、亀屋佐吉、丸井屋老舗から伊坂ダムを経て、三岐鉄道・三岐線・暁学園前駅がゴールという8㎞コース。伊坂ダムは、去年(2018年)7月14日、猛暑の中汗だくになって歩きました(20170714近鉄ハイキング「湖面を渡る風が心地よい夏の伊坂ダムを訪ねて」(予告編)……猛暑でしたが、10㎞あまりを完歩!)。このコースはたぶん去年と同じと思われます。JRさわやかウォーキングは、「四日市港開港120周年記念 ポートビルからの展望と萬古まつりを楽しもう」ということで、JR関西線・富田浜駅から、浜園緑地、四日市港ポートビル、霞★夢くじら公園、三滝公園から萬古まつり会場を経て四日市駅がゴールという約9.8㎞コース。こちらもこれまでのハイキング/ウォーキングでほとんど歩いたところ。思案中ですが、JRさわやかウォーキングの方へ行こうかという気がしています。近鉄ハイキングは去年とまったく同じコースと思われることと、JRさわやかウォーキングでは、富田浜駅に降りたことがないからという、ささいな理由(笑)。明日の朝の気分で最終的には決めます。

| |

« 20190428近鉄ハイキング「『阿漕』砂浜ハイキングと津グルメ散策」へ(その3)……阿漕浦砂浜を歩いて津ヨットハーバーへ、津グルメはパスし、弁当を食べ、松菱百貨店へゴール(完) | トップページ | 20190511JRさわやかウォーキング「四日市港開港120周年記念 ポートビルからの展望と萬古まつりを楽しもう」へ(その1)……JR富田浜駅をスタートし、浜園緑地を経て四日市港ポートビルを楽しみ、霞★夢くじら公園から四日市ドームへ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、こんばんは。

遠征、いささかの成果がありました。
河口堰で久しぶりにコアジサシを目撃できました。
ここに来るということは、あまり遠くないところに営巣地を見つけたのかも知れませんね。

河口堰のサギも少しずつ増えているようですので、これからまた楽しめそうです。
そして、キアシシギを確認しました。

M池公園では、到着した問いはカイツブリの鳴き声が聞こえず心配したのですが、3ヶ所で営巣していました。
ちょっと少なくなったのかも知れませんが、頑張って子育てをしてほしいものです。
コガモは昨日も5~6羽がいました。
バンは蓮田で見たのですが、今日はいなかったんですね。

私の方は、今日はまたJRさわやかウォーキングに行っていました。
四日市港でしたが、鳥はほとんど見ませんでした。
また、ひらいさんのブログ、拝見します。

投稿: mamekichi | 2019年5月11日 (土) 20時20分

mamekichiさん、こんにちは!

遠征お疲れ様でした、今回も大収穫だったようで何よりです。河口堰にもコアジサシが来るようになったんですね、この辺りでは良く求愛給餌を見ましたが、今年はどうなるのでしょうか、期待したいところです。
河口堰に来るサギ達も増えて来ましたね、特にアオサギはそろそろヒナも巣立つ頃かなと思っていますので、どんどん増えて来ると楽しくなりそうです。実は本日もいつものサギ山に行って来ましたが、ヒナが翼をバサバサやってる姿をあちこちで見たのと、以前ヒナが4羽居た巣に2羽しか居なかったので、もしかしたらもう飛べるようになったのかなと思ったりです。
そしてM公園、カイツブリが賑やかそうですね、冬に行った時、巣のスチロールが全く無くなっていたので心配しておりましたが、ちゃんと公園の方で用意してくれるようですね。また夏前辺りにヒナが孵った頃が楽しみです。実は自分も本日、こちらに寄って来ました。(笑) 特に代わり映えしなかったですが、残念ながらバンは不在でした、替わりにコガモが数羽居ました。
最後にケリ、順調に子育て中ですね、また自分も確認してみます、そのケリが居る所が有ると、とある人からの情報で本日見に行って来ましたが、言われた所には不在、ちょっと離れた所に居て威嚇されましたが、巣が有るようには思えない状態でした、但し教えて頂いたこの場所、今年は無いと思いますが、もしかしたらコアジサシの大繁殖場所になるような気がしているので、数年単位で確認してみようと思っています。(海が近い、人や野犬等が殆ど来ない、とてつもなく広い砂地)

投稿: ひらい | 2019年5月11日 (土) 12時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 20190428近鉄ハイキング「『阿漕』砂浜ハイキングと津グルメ散策」へ(その3)……阿漕浦砂浜を歩いて津ヨットハーバーへ、津グルメはパスし、弁当を食べ、松菱百貨店へゴール(完) | トップページ | 20190511JRさわやかウォーキング「四日市港開港120周年記念 ポートビルからの展望と萬古まつりを楽しもう」へ(その1)……JR富田浜駅をスタートし、浜園緑地を経て四日市港ポートビルを楽しみ、霞★夢くじら公園から四日市ドームへ »