« 話半分ではなく、話が半分(微笑) | トップページ | 冬鳥はいよいよ少なくなりました……博物館のツバメは巣の手直し中 »

2019年4月17日 (水)

江戸橋に行くときは雨というジンクスの行方やいかに(笑)?

Dscn0929c

 いよいよ江戸橋方面のお仕事、今年度初出勤でした。去年は、雨が多いというジンクスに見舞われてしまっていましたが(2018年6月20日:授業点描と通勤電車の楽しみ……オマケはジンクスの検証(笑))、さて今年はいかに(笑)? 左は実は、帰宅の時に近鉄・江戸橋駅で撮ったもの。このとき、12時過ぎ、霧雨。帰りに桑名駅を降りたら、小降り。帰宅後は、けっこうしっかり降ってきました。非常勤先でお世話になっている助手の先生からも、「先生、今年は雨、大丈夫でしょうかね?」とお気遣いをいただいてしまいましたが、初日は、微妙なところ。

Dscn0898c

 さて、授業は2時間目、10時半から12時。初回の出席者は50名ほど。皆熱心に聞いてくれましたので、スタートはたぶん上々。Dscn0903c 「たぶん」というのは、私の独断と偏見だけでは判断できないからです。出席票をざっと眺めたところでは、不評や批判はありませんでしたが……。4月中は来週もう1回あって、その次は、例の10連休を挟み、5月8日。7月末まで合計15回です。構内の桜は、ほぼ終盤。

Dscn0913c  今日は、帰りに見て来たいところがありました。それはこちら、江戸橋です。昨年度はまだ架け替え工事中でしたが、無事に完Dscn0918c 成したか見たいと思っていたのです。津市の志登茂川にかかる、現在は、津市道江戸橋上浜町線の橋ですし、このあたりの地名でもあります。伊勢街道の一部で、江戸時代にはすでに橋がかかっていたとされており、津藩主・藤堂氏の参勤交代時に橋の傍まで見送りに来たことが橋の名の由来とされます。橋にはそれにちなんだ飾りも付けられていました。こういう計らい、なかなかのもの。

Dscn0911c

 橋は完成していましたが、通行できるのはまだ人と自転車に限られていました。車道は通行止め。橋のたもとから川沿いの道へDscn0922c もまだ出られませんでした。歩道と自転車通路は、かなり幅広く取られています。これは、江戸橋駅からここを渡って、三重大学に通う学生や、教職員の方が多いからではないかと思います。

Dscn0920c

 橋から志登茂川の上流を覗いたら、カモメが1羽。ちょっと遠かったので、何かまではハッキリしませんでした。帰宅して、昼食後は、出席者名簿や、出欠の整理。これから、質問、コメントなどを読んで、補足説明をつくらねばなりません。

| |

« 話半分ではなく、話が半分(微笑) | トップページ | 冬鳥はいよいよ少なくなりました……博物館のツバメは巣の手直し中 »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

大学」カテゴリの記事

コメント

おユキさん、こんばんは。

アハハ、雨と江戸橋が関連づけられたのは、対応学習または対連合学習の成果であります(笑)。
高い学習能力をお持ちでいらっしゃると太鼓判を押します。

江戸橋は、たぶん4年の工期をかけて、ご覧のようになりました。
レリーフには、思わず微笑みました。
橋の名前の由来ですからね。

今年の学生たちには、出欠回数は厳格に取り扱うことと、演習&レポートについても、過去の例を出して、先制パンチを繰り出しておきました。

投稿: mamekichi | 2019年4月18日 (木) 21時36分

mamekichi先生、こんばんは。

昨日、天気が思っていたより悪くなり、すぐに「今日は先生が江戸橋のお仕事に行くんだっけ。」と思い出しました。
雨と江戸橋は、既に関連付けられています(笑)。

その江戸橋、きれいな橋になったのですね。
レリーフ(?)も、なんだか可愛らしい画風に思えます。
歩道と自転車通路が広いのは、江戸橋が架かった当時の往来を、想起させるようでもあります。

さてさて今年の学生さんには、どんなツワモノが潜んでいるのやら?(爆)。

投稿: おユキ | 2019年4月18日 (木) 18時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 話半分ではなく、話が半分(微笑) | トップページ | 冬鳥はいよいよ少なくなりました……博物館のツバメは巣の手直し中 »