« 20190126近鉄ハイキング“酒蔵みてある記 銘酒「三重の寒梅」丸彦酒造をたずねて”へ……補遺編その2 伊勢三郎、河島御厨神明神社、西福寺(完) | トップページ | 20190127JRさわやかウォーキング「新春に二千年の時を刻む大神宮へのおかげ参り」へ(その1)……外宮、豊川茜稲荷神社に参拝し、祖霊社を見て、古市参宮街道へ »

2019年1月31日 (木)

久しぶりに白魚漁……スッキリしない天気で、鳥も散歩友達も少なし

Img_0945c 午前中、散歩に出がけに少しぱらつきましたが、昼過ぎまでは天気は持ちました。午後は2時過ぎから次第によく降ってきています。8時半からいつも通りの散歩。住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀公園から吉津屋町、京町、新築町、寺町と多少バリエーションをつけて6.0㎞。

Img_0900c 写真だけでわかるように撮るのが難しいのですが、揖斐川では、久しぶりに白魚漁が行われていました。冬の風物詩。漁船2隻がペアになって、長い網をゆっくりと引いていくのです。2隻の漁船からロープが後方に伸びており、この先に網があります。ここで獲っているシラウオはサケ目シラウオ科の白魚で、日本海側で獲れるシロウオはハゼ科であり別物です。シラウオ、捕獲量は激減しているのですが、今年も少ないと聞いています。長良川河口堰の下ではまったく獲れないようです。
Img_9607c 揖斐川に漁船が出ていると、水鳥もほとんど見られません。七里の渡し跡Img_9611c で、コガモたちが9羽ほど。ここは、川口水門の奥になります。餌をとったり、休んだりしています。もう一つ下流側の三の丸水門では、まずハクセキレイ。ハクセキレイは寒くても元気に見えますが、さすがにちょっとふっくらしている感じ。
Img_9613c 同じ三の丸水門の下流側には、今日もヒバリ。こんな天候でよく見えなかったのですが、10数羽いました。ふと覗き込んだら、一斉に飛び立ってしまったのです(苦笑)。まだ修行が足りません。
Img_0921c 九華公園のゴイサギ、ホシゴイ、今日は合計6羽。ゴイサギが2羽、ホシImg_9670c ゴイが4羽。右の写真では、ホシゴイ2羽が接近していますが、これは、下にいるホシゴイが別のところから「押し出されてきた」ため(ゴイサギがやって来て、逃げてきたのです)。お互い、ある程度の距離を置いて、「パーソナルスペース」を保ちたいようで、このあと2羽とも移動しました。
Img_9679c ちなみに、上にいたホシゴイ、飛ぶ前にご覧のように、白い液体状のものを噴射(笑)。身を軽くして動くのです。
Img_0928c カモは、今日も合計89羽。数は、昨日と同じ。ホシハジロのオス、メスが各1羽、ヒドリガモは1ペア、ハシビロガモはオス3羽、メス6羽。他はキンクロハジロ。オオバンは2羽いましたが、カルガモは姿が見えません。ユリカモメはすっかりご無沙汰。
Img_9655c シメや、カワラヒワもいましたが、きちんとした写真には撮れず。本丸跡でImg_9682c モズのオス。貝塚公園では、メスのモズ。モズは、いったん止まると、少しそこにいてポーズを取ってくれます(微笑)。
Img_0913c 午後は、読書したり、先日のJRさわやかウォーキングの写真の整理をしたり。伊勢では、600枚以上、写真を撮ってきたのです(笑)。

| |

« 20190126近鉄ハイキング“酒蔵みてある記 銘酒「三重の寒梅」丸彦酒造をたずねて”へ……補遺編その2 伊勢三郎、河島御厨神明神社、西福寺(完) | トップページ | 20190127JRさわやかウォーキング「新春に二千年の時を刻む大神宮へのおかげ参り」へ(その1)……外宮、豊川茜稲荷神社に参拝し、祖霊社を見て、古市参宮街道へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

季節」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 20190126近鉄ハイキング“酒蔵みてある記 銘酒「三重の寒梅」丸彦酒造をたずねて”へ……補遺編その2 伊勢三郎、河島御厨神明神社、西福寺(完) | トップページ | 20190127JRさわやかウォーキング「新春に二千年の時を刻む大神宮へのおかげ参り」へ(その1)……外宮、豊川茜稲荷神社に参拝し、祖霊社を見て、古市参宮街道へ »