« 鎮国守国神社の社務所裏のゴイサギ&ホシゴイは、10数羽(驚) | トップページ | 相変わらず寒い……諸戸氏庭園での文化財防火デーのイベントは見込み違いをしでかし、写真なし »

2019年1月23日 (水)

鳥は少なし……午後から博物館で「うたう春、ものかたる秋―定信とめぐる文学―」を見る

Img_9583c

 朝は冷えました。-0.1℃だったようです。日中は風も弱く、暖かく感じられるという予報でしたが、けっこう雲が多く、期待したほどではありませんでした。が、いつも通りの散歩です(笑)。他にすることはないのか?と思いますが、まずは歩いてこないことには始まりません。8時半前から住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀公園、京町、寺町と5.4㎞。10時半過ぎに帰宅。今日も鳥も、散歩友達も少なかったのです。
Img_9018c 住吉入江でヒドリガモのオス。この頃、ここによくいます。ヒドリガモはペアでいることが多いのですが、いつも単独行動。はぐれたのでしょうか、ちょっときになります。今日は、階段に上がって身繕いをしていました。
Img_9562c 川口水門脇(七里の渡し跡のところ)の堤防の草地に、ツグミ。この頃、たまにここにツグミがいます。例年であればあちこちでツグミを見るのですが、今シーズンは他では、あまり見かけません。このあと、三の丸水門のところで不用意に覗き込んだら、小型野鳥が逃げていきました。ヒバリ? ホオジロではない感じでした。注意が足りません。
Img_9032c 柿安コミュニティパークでシメ。西の堀にある水門脇の木に出て来ました。すぐにどこかに飛び去ってしまいました。このあたりでシメを見るのは、珍しいことです。
Img_9037c 九華公園のゴイサギ、ホシゴイ。昨日10数羽出て来たので、期待しましImg_9040c たが、ほぼいつも通り。ゴイサギ4羽とホシゴイ1羽。鎮国守国神社の社務所裏で、堀を挟んで西側から観察するしか手がないのが、痛いところ。じっくり観察を続けるしかありません。
Img_9059c カモは、88羽。今年はやや多め。ホシハジロのオス3羽、ハシビロガモのオス4羽、メス4羽、ヒドリガモは2ペア。他はキンクロハジロ。今日は二の丸堀の西側に3/4が集まっていました.オオバンは2羽、カルガモは1羽。ユリカモメは今日もいません。すっかりお見限り。
Img_9571c 今日も小型の野鳥はあまりいませんでした。鎮国守国神社の境内でオスImg_9074c のモズ。アオサギさんは、朝日丸跡の東南の端にずっと佇んでいました。いつも、社務所裏に来ているアオサギのような気はするものの、確証はありません。
Img_9081c 貝塚公園へもいつも通り行ったものの、ヒヨドリ、キジバト以外に見たのは、オスのモズのみ。いやぁ、本音を言えば、張り合いがありません(苦笑)。
Dscn0751c 午後からは、桑名市博物館で開催中の新春企画展「うたう春、ものかたる秋―定信とめぐる文学―」を見てきました。定信は、もちろんあの、老中Dscn0770c も務めた松平定信。徳川吉宗の孫ですが、安永3 (1774) 年、白河藩主松平定邦の養子となり、天明3 (1783) 年家督を継いでいます。鎮国守国神社に祀られている「守国公」が定信のことですが、桑名藩には直接の関わりはありません。定信の嫡男・定永が、文政6(1823)年3月、桑名に移封されています。その関係で、桑名には定信縁のものがたくさん残っています。定信というと、老中とか、寛政の改革など政治家というイメージですが、随筆、古文物の図録編纂煮も取り組んでいます。歌集や古典文学の筆写もたくさん出ています。自ら「写病」と日記に書いたといいます。しかも、写本は、大変小さく、文字も虫眼鏡でないと読めないくらいでした。自作の茶杓なども出ていて、その多才さが窺えます。
190123utauharu1 こちらの2枚が、出品リスト。2月10日(日)までの開催で、休館日は、毎週190123utauharu2 月曜。9時半から5時まで(入館は午後4時30分まで)。高校生以上は、150円の入館料が必要です。展示解説は、2月3日(日)、午後1時30分からあります(今日もあったのですが、遅れてしまいました)。
Dscn0760c 展示品は、もちろん撮影不可ですが、いつも1点だけは撮影が認められています。今回は、この「菊花紋散し御銚子(きくかもんちらしおちょうし)」。大正天皇即位式典の際、当時の外務大臣・石井菊次郎子爵が注文し、献納したものだそうです。
 本日の野鳥リスト:
  • ヒヨドリ(諸戸氏庭園、九華公園、貝塚公園)
  • カワラヒワ(諸戸氏庭園、九華公園)
  • ヒドリガモ オス(住吉入江)
  • ツグミ(川口水門)
  • ヒバリ?(三の丸水門)
  • カワラバト(三の丸水門)
  • スズメ(三の丸水門)
  • シメ(柿安コミュニティパーク、九華公園)
  • ムクドリ(柿安コミュニティパーク、貝塚公園)
  • キンクロハジロ メス(柿安コミュニティパークの西の堀)
  • ゴイサギ
  • ホシゴイ
  • ハシボソガラス
  • シジュウカラ
  • ホシハジロ オス
  • ハシビロガモ オス、メス
  • ヒドリガモ オス、メス
  • オオバン
  • カルガモ
  • アオサギ
  • モズ オス(九華公園、貝塚公園)
  • キジバト(貝塚公園)
  • メジロ(内堀公園)

| |

« 鎮国守国神社の社務所裏のゴイサギ&ホシゴイは、10数羽(驚) | トップページ | 相変わらず寒い……諸戸氏庭園での文化財防火デーのイベントは見込み違いをしでかし、写真なし »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鎮国守国神社の社務所裏のゴイサギ&ホシゴイは、10数羽(驚) | トップページ | 相変わらず寒い……諸戸氏庭園での文化財防火デーのイベントは見込み違いをしでかし、写真なし »