« ミコアイサ@M池公園 | トップページ | 鎮国守国神社の社務所裏のゴイサギ&ホシゴイは、10数羽(驚) »

2019年1月21日 (月)

寒い上に雨に降られ、鳥もいません……余談はシラウオ漁としらうお丼

Img_9502c

 最高気温が6.7℃で、ほとんど曇り。散歩に出た午前中は、アメダスのデータには出なかったものの、時々雨に降られました。底冷えがするという感じです。雨が降るとは思わず、いつも通り、8時半から、いつものコースを散歩。住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀公園、京町、寺町と6.2㎞。寒くて参りました。
Img_8859c 住吉神社や、柿安コミュニティパークでスズメたちが、集団で餌を探しています。大寒を過ぎたこの時期がたぶんもっとも餌が少なくなります。左の写真は、住吉神社の境内にて。砂利の隙間にまで嘴を突っ込んで餌を探していました。
Img_8870c 九華公園到着は、8時50分。寒いのでさすがに散歩する人の姿は、まばら。Img_8874c ヒヨドリも少なく静かです。鎮国守国神社の社務所裏には、ホシゴイが4羽と、ゴイサギが3羽の計7羽。最近は、葉っぱもすっかり落ちましたし、寒くなると日当たりの良いところに出てくるようになりましたので、確認しやすくなっています。ゴイサギ・ホシゴイを合わせて、たぶん7~8羽と思います。
Img_8901c カモは、合計85羽。半数以上は、九華橋の近くで、このキンクロさんのように、保温体勢でお休み。日も当たりませんし、こういう天気では餌をくれる人も居ませんから、カモたちもテンションは上がらないようです。
Img_8896c カモの内訳は、ハシビロガモのオス5羽、メス5羽、ホシハジロはオスのみ3羽、ヒドリガモは2ペア。他はキンクロハジロ。カルガモは1羽、オオバンは2羽。ユリカモメは、今年になってからほとんどこなくなってしまいました。散歩友達も、「ユリカモメが欄干に並ぶところが見たい」といっています。
Img_9489c 今日は、小型の野鳥はほとんどいませんでした。ハクセキレイ数羽、シメ1羽、カワラヒワ数羽の他は、ツグミ1羽。この意味でも、テンションは上がりません(苦笑)。「何だかなぁ」と思えてきます。知り合いの伊賀町のご隠居様と話していたら、上空をアオサギが3羽、東南方向からやって来ましたので、慌てて、鎮国守国神社の社務所裏へ。
Img_8920c 1羽が降りてきていましたが、他の2羽は見当たりません。久しぶりにアオImg_8934c サギさん登場であります。しかも、近くにゴイサギやホシゴイをしたがえていて、右の写真のような「スリー・ショット」が撮れました。今日は、これだけですねぇ(苦笑)。貝塚公園ではヒヨドリしかいませんでした。
Img_8867c ところで、赤須賀漁港では、1月15日にシラウオの初競りが行われたそうRimg00310205 です。漁師5組が39.5㎏を競りにかけ、価格は例年並みだと中日新聞(1/16)にありました。はまぐりプラザの食堂はまかぜでは、「しらうお丼」が¥1,500で食べられます(ハマグリの吸い物付き)。入荷の都合等で一日の販売数に限りがあり、なくなり次第終了です(火曜定休)。提供されるのは、3月中旬までの見込み。4年前に一度だけ食べに行ったことがあります(2015年2月5日:はまぐりプラザでしらうお丼を食し、ユリカモメを堪能……カンムリカイツブリ、今日も登場)。そのときは、確か¥1,200でした。この写真は、たぶんシラウオ漁をしているところと思います(2隻の漁船がペアとなって、長い網を引きます)。右の写真は、4年前に食べたしらうお丼。
 本日の野鳥リスト:
  • ヒヨドリ(諸戸氏庭園、九華公園
  • オオバン(住吉入江、九華公園)
  • ホシハジロ オス(住吉入江)
  • ヒドリガモ オス、メス(住吉水門、九華公園)
  • スズメ(住吉神社、七里の渡し跡)
  • カワラバト(蟠龍櫓)
  • イソヒヨドリ オス(蟠龍櫓)
  • ウグイス(鳴き声のみ)
  • ホシゴイ
  • ゴイサギ
  • ツグミ
  • ハシビロガモ オス、メス
  • キンクロハジロ オス、メス
  • アオサギ
  • シメ
  • ハシボソガラス(九華公園、貝塚公園)
  • カワラヒワ(内堀公園)

| |

« ミコアイサ@M池公園 | トップページ | 鎮国守国神社の社務所裏のゴイサギ&ホシゴイは、10数羽(驚) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

季節」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おユキさん、おはようございます。

昨日は本当に冷えました。
ソーラーパワーは偉大です(笑)。

スズメさんの写真は、実は、「保険をかけた」ものです。
鳥はいないと思いましたので、それに備えて撮ったものなのです(微笑)。
今の時期、スズメたちもさほどたくさんいるわけではありません。

スズメやムクドリ、ヒヨドリ、ドバトなどもよく見るとおもしろいのですが、私も普段は撮りませんねぇ(苦笑)。

ユリカモメ、今年は餌をやる人が例年よりも少ないので、来ないかという気がします(本気半分、冗談半分です)。
鳥たちにとっては、餌の確保と、安心安全がもっとも重要なことと思いますので。

ゴイサギ、ホシゴイは割りと見つけやすくなりました。
アオサギはこのところ、ちょっとサボり気味でしたが、久しぶりに登場。
こんなに接近しているのは珍しい。

しらうお丼、もう4年前になります。
この間、¥300も値上がりしました(笑)。
季節を感じる食べ物です。
今朝も中日新聞の地方版に載っていました。

投稿: mamekichi | 2019年1月22日 (火) 07時38分

mamekichi先生、こんばんは。

今日は本当に、冷えましたよね。
この頃は雨も、パラついては止み、またパラパラ降っては止み、という感じで、スッキリしません。
昨年の豪雨の時期が嘘みたいです。

ところで、こういうスズメさんたちの様子を撮るのも良いですね。
私など、まだ未熟者ですから(笑)、珍しい鳥はいないかと探してしまい、スズメさんだと、少しだけ舌打ちしてしまう始末です。
スズメさん、ごめんなさい。

ユリカモメさんたち、今年はどうしたのでしょう。
本性は現金でがめついとはいえ、姿がないと寂しいですね。

アオサギ、ゴイサギ、ホシゴイの3ショット。
一羽ずつのコンプリートも珍しいように思います。

しらうお丼、もう4年も前になるのですね。
年を取ると、月日が経つのが早いです(苦笑)。

投稿: おユキ | 2019年1月21日 (月) 20時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミコアイサ@M池公園 | トップページ | 鎮国守国神社の社務所裏のゴイサギ&ホシゴイは、10数羽(驚) »