« 寒い上に雨に降られ、鳥もいません……余談はシラウオ漁としらうお丼 | トップページ | 鳥は少なし……午後から博物館で「うたう春、ものかたる秋―定信とめぐる文学―」を見る »

2019年1月22日 (火)

鎮国守国神社の社務所裏のゴイサギ&ホシゴイは、10数羽(驚)

Img_9504c

 朝、出がけには今にも降り出しそうな雲(実際、今日も見事に降られましImg_9543c た……笑)、帰りにはほとんど上天気。といっても藤原岳など、鈴鹿の山には雪雲が懸かっていましたが。8時20分からいつも通り、住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀公園と2時間あまり歩いてきました。その後、再び所要に出かけ、今日歩いたのは7.1㎞。
Img_8978c まずは、驚きの報告から。といっても証拠となる写真はありません。「エッ!?、 アレ?! どうなっているの!?」と思っているうちに事態が進行しImg_9531c てしまったからです。いつもの、鎮国守国神社の社務所裏。今日もゴイサギ&ホシゴイがいるなと思って数を数えていたら、次から次へと飛び出してきたのです。知人女性と一緒に見ていたのですが(この方も野鳥観察がお好き)、二人とも茫然自失(笑)。少なくとも15羽、たぶん20羽以下のゴイサギ、ホシゴイが、まるで手品師がハトでも出すように飛んだのです。右の写真の中央の木(たぶん楠と思います)にこんなにいたんだと思えるくらいでした。
8cb3c462  九華公園から春日神社に行く堀に中橋という赤い橋が架かっていますが、その脇の木に2008~2012年にかけてゴイサギのコロニーがありましたが、その再現フィルムのようでした。たとえば、2012年1月3日の「初散歩には、ご褒美がありました」の記事をご覧ください。写真は、その記事から再掲しました。九華公園でゴイサギコロニーが復活してくれれば、ありがたいですが、そうそううまく事は運ばないでしょうねぇ。
Img_8968c もう一つは、ミサゴ。蟠龍櫓のところで、知人お二人と出会って、話をし、分かれた直後、「白い、大きな鳥が飛んでいる」と思ったら、ミサゴでした。蟠龍櫓東の日々側上空を旋回しつつ、さらに東に向かって行ってしまいました。
Img_9510c さて、寒くて今日も、散歩する人も、鳥も少なく、ちょっと物足りません。左のImg_8963c スズメは、住吉神社近くで。右は、七里の渡し跡にいたヒドリガモたち。
Img_8994c 九華公園は、今日も静かでした。見かけたのは、ハクセキレイ、ツグミ、Img_9002c シメ、シロハラ、カワラヒワ、ヒヨドリ、ムクドリ、カワラバトなど。あまり近くには現れませんし、こんな天候ですから証拠写真ばかり。
Img_8995c カモは合計73羽。今日もテンションが上がらない様子です。皆、保温体勢Img_9013c で休んでいます。ハシビロガモのオス3羽、メス3羽、ヒドリガモは2ペア、ホシハジロはオスだけが3羽。他はキンクロハジロ。オオバンは2羽、カルガモは1羽。今日もユリカモメは、来ません。すっかり見限られています。
Img_8936c オマケは、寒そうな写真で恐縮。出がけに撮った藤原岳の様子。週末に向け、さらに寒くなるそうで、参ります。26日(土)には、近鉄ハイキング“酒蔵みてある記 銘酒「三重の寒梅」丸彦酒造をたずねて”、27日(日)にはJRさわやかウォーキング“新春に二千年の時を刻む大神宮へのおかげ参り”があり、出かけたいと思っているのですが、どうでしょう。
 本日の野鳥リスト:
  • スズメ(住吉神社)
  • ムクドリ(住吉神社、
  • カワラバト(住吉神社、
  • ヒドリガモ オス、メス(住吉入江、七里の渡し跡、揖斐川、九華公園)
  • カンムリカイツブリ(揖斐川)
  • オオバン(揖斐川、九華公園)
  • コガモ オス、メス(揖斐川、七里の渡し跡)
  • セグロカモメ(揖斐川)
  • キンクロハジロ メス(柿安コミュニティパークの西の堀)
  • ハクセキレイ(柿安コミュニティパーク、九華公園)
  • カワウ(揖斐川、九華公園)
  • ゴイサギ
  • ホシゴイ
  • ハシビロガモ オス、メス
  • キンクロハジロ オス、メス
  • ホシハジロ オス
  • シメ
  • ヒヨドリ(九華公園、貝塚公園)
  • ツグミ
  • キジバト(九華公園、貝塚公園)
  • カワラヒワ
  • ウグイス(貝塚公園)

| |

« 寒い上に雨に降られ、鳥もいません……余談はシラウオ漁としらうお丼 | トップページ | 鳥は少なし……午後から博物館で「うたう春、ものかたる秋―定信とめぐる文学―」を見る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寒い上に雨に降られ、鳥もいません……余談はシラウオ漁としらうお丼 | トップページ | 鳥は少なし……午後から博物館で「うたう春、ものかたる秋―定信とめぐる文学―」を見る »