« カワウ大集合と、トビとカラスのバトル……大山田川沿いを6.4㎞ | トップページ | カワセミとチョウゲンボウ@M公園……本日はプチ遠征に予定変更、明日こそ近鉄ハイキング »

2018年11月30日 (金)

九華公園にユリカモメ32羽、ツグミも再登場

Img_4038c

 8時20分、散歩に出る頃はわずかに時雨れていましたが、歩いているうちに青空も見えてきました。住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀公園から京町、寺町とワンパターンの散歩(苦笑)。6.4㎞。朝は5.7℃。曇っていて寒いということで、ダウンジャケットを着ていったくらい。
Img_3621c 揖斐川では、カンムリカイツブリ。先週土曜の花火大会以来、姿が見えませImg_4016c んでしたが、昨日くらいからまた戻って来ました。このほかは、キンクロハジロのメスが1羽。昨日見たような、カワウの群れは見当たらず。蟠龍櫓のところでは、イソヒヨドリのオス。時々見ます。一昨日、ハクセキレイを狙っていた旅ネコさん、今日は、このイソヒヨドリを狙っていましたが、うまくは行っていません。
Img_3639c 柿安コミュニティパークにある、伊勢湾台風を記念した金属製のモニュメントでは、ハクセキレイが遊んでいました。金属製ですので、自分の姿が映って、それに反応していたように思えます。ハクセキレイは、このように自らの姿に反応して、遊んでいるように見えることがあります。
Img_3651c 九華公園についたときには、アオサギはおらず。ホシゴイが1羽、後ろ姿。このとき、カワセミが南の方からやって来たのですが、写真を撮る余裕は与えてくれませんでした。このあとももう一度、飛んでいるところを見たものの、やはり写真には撮れず。
Img_3668c ヒドリガモのオス。現在いるのは、これらの写真にある2羽。右は、先日来Img_3672c 問題にしている「斑頭」。比べてみると、かなり違います。これはやはり、遺伝的な問題か? カモ、今日は合計64羽。ハシビロガモオス2羽、メス3羽、ホシハジロのオス2羽、メス2羽、ヒドリガモは2ペア、他はキンクロハジロ。昨日は、100羽くらいいた模様。
Img_3682c ユリカモメは、今シーズン初めて30羽越え、32羽を確認。野球場の外野Img_3728c フェンスの上に至り、公園上空を飛び回ったり。しかし、まだ橋の欄干には並んでくれません。右は、毎年恒例、ユリカモメのお尻写真。一部で好評をいただいています(そのはず)。
Img_4032c そして、久しぶりにツグミの姿。奥平屋敷跡でも鳴き声はしていたのですが、これは、鎮国守国神社の拝殿前にて。まだ地上には降りてきません。今日は、ヤマガラの姿はなし。シジュウカラ、カワラヒワなどはいました。
Img_3695c 9時半過ぎに再度チェックに行ったら、アオサギさんが登Img_3698c 場。身繕いに懸命。ホシゴイも2羽。貝塚公園ではヒヨドリ、カワラヒワくらい。内堀公園には何もおらず。
Img_3738c 帰り道、寺町から住吉入江に来たところで桜の木にモズ。どうも小型の野鳥は少なめ。明日は、近鉄ハイキングで四日市へ行こうかと思っています。「TV出演多数・話題の野呂食品を訪ねるハイキング 今が旬! 原木椎茸をもとめてウォーキング」です。椎茸はまぁいいのですが、三岐鉄道の平津駅から山城駅あたりは行ったことがありませんので。
 本日の野鳥リスト:
  • キジバト(諸戸氏庭園、九華公園、貝塚公園)
  • ヒヨドリ(諸戸氏庭園、九華公園、貝塚公園)
  • ムクドリ(桑名七里の渡し公園、九華公園)
  • カンムリカイツブリ(揖斐川)
  • キンクロハジロ メス(揖斐川、七里の渡し跡、柿安コミュニティパーク西の堀)
  • イソヒヨドリ オス(蟠龍櫓)
  • カワラバト(三の丸水門、九華公園)
  • スズメ(三の丸水門他)
  • ハクセキレイ(三の丸水門、九華公園)
  • カルガモ
  • カワセミ
  • ホシゴイ
  • ダイサギ(九華公園上空を通過)
  • ハシビロガモ オス、メス
  • ヒドリガモ オス、メス
  • ホシハジロ オス、メス
  • キンクロハジロ オス、メス
  • カワラヒワ
  • シジュウカラ
  • ツグミ
  • アオサギ
  • モズ(住吉入江)

| |

« カワウ大集合と、トビとカラスのバトル……大山田川沿いを6.4㎞ | トップページ | カワセミとチョウゲンボウ@M公園……本日はプチ遠征に予定変更、明日こそ近鉄ハイキング »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おユキさん、おはようございます。

ハクセキレイは、このように金属製で、シルバー色をしているところや、大きなガラスなどで遊んでいます。
以前載せた写真は、この公園の別の金属製の案内板で遊んでいたところだったと思います。

ジョウビタキなどは、クルマのドアミラーなどに映った自分の姿に反応します。
縄張りに他のジョウビタキが侵入してきたと思って、攻撃するのです。

ハクセキレイはなかなかじっとしていませんので、コンデジやスマホでは撮影は難しいかと思います。

カワセミは、そちらでも十分見られると思います。
一度見られたあたりにはいると思いますよ。

ユリカモメ、初お尻シーンです。
この日は、30羽以上やって来ていましたので、この様子が見られました。

ツグミは樹上にいるところをしたから捕りましたので、お腹が強調されてしまいました。
鳥の写真としては、「腹打ち」といって評価されないものです。
もう少ししたら、地面に降りてきてくれるでしょう。

投稿: mamekichi | 2018年12月 2日 (日) 07時31分

mamekichi先生、こんばんは。

ハクセキレイさん、そういえば、以前にもこのように、自分の姿と戯れている場面がありましたね。
寂しがりやさんなのでしょうか。

ハクセキレイさんには時々会いますが、なかなか写真には撮れません。
そういえば先日、カワセミさんらしきものを見かけました。
鳥が木に止まるところを見かけて、ヒヨドリさんとか、スズメさんとかといったものかと思いつつ、よく見たら青っぽい。
これは?!と思って目を凝らして見直したら、もうそこには居ませんでした。

しばらく注視が必要です。

初お尻asユリカモメですね(笑)。
いつもながら、ラインダンスのようで笑えます。
そのうち、ドレスを着るようになったりして。

ツグミさん、そういうつもりはないのでしょうが、お腹を出して気を抜いているように見えます。
いつもは澄ました様子を拝見しているので、ギャップに笑えました。

投稿: おユキ | 2018年12月 1日 (土) 19時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カワウ大集合と、トビとカラスのバトル……大山田川沿いを6.4㎞ | トップページ | カワセミとチョウゲンボウ@M公園……本日はプチ遠征に予定変更、明日こそ近鉄ハイキング »