« 九華公園のカモは82羽 | トップページ | 揖斐川でミサゴのダイビング……午後からの散歩【野鳥リストを追加(11/26)】( »

2018年11月21日 (水)

20181121勝手に「近鉄バードウォッチング(笑)」in四日市楠町【野鳥リストを追加(11/26)】

20181121kusubirdwatching

 今日は、ブロ友のひらいさんのお勧めもあり(2018.11.18 排水確認!)、Img_2729c 四日市市楠町方面へ野鳥観察に出かけてきました。四日市港の潮汐表を確認したら、干潮が10時37分でちょうど良いということもあってです。名付けて“20181121勝手に「近鉄バードウォッチング(笑)」in四日市楠町”であります(微笑)。桑名駅を8時41分の松阪 行き急行に乗車、四日市で津新町行き普通に乗り換え、9時12分に楠駅に到着。¥400。楠町内を9㎞ほど歩き回り、楠港、鈴鹿川派川、吉崎海岸などを経て、北楠駅へ。よく歩いたとは思ったのですが、9㎞も歩いたとは思わず(歩数は、1,9437歩)。帰宅して昼食を摂ってから、2時間も爆睡(苦笑)。写真整理が遅くなりましたので、当日に取り敢えずバージョンをアップ。翌日(11/22)に加筆修正しました。
Img_2397c ブロ友・ひらいさんのブログでよく拝見していたアヤシげな排水

Img_2400c_2

2018.11.18 排水確認!)。ようやく今日、初めて見てきました。楠駅から東へ1㎞あまり。某水産加工会社からの排水。ここは、小女子、ちりめんなどを加工しているようです。きっと何か栄養分が含まれた水が排出されているのでしょう。コサギ、ユリカモメの他、少し離れてアオサギ数羽。工場の屋上にもアオサギ、ユリカモメ、カモメの仲間が多数。野鳥たちの人気スポット。
Img_2774c 水産加工会社からさらに東へ。海岸沿いには、多数のハマグリ畜養をしてImg_2447c いる会社があります。「蓄養」とは、中国で採れたハマグリを輸入して、地下から汲み上げた海水で養ったうえで、出荷することです。四日市市楠町からのハマグリの出荷量は全国流通量の半数以上を占めるそうです。
Img_2777c 四日市市楠町内には、あちこちに観光案内板があります。ここまでに訪Img_2779c れた水産会社は、案内板の右下あたりにあります。右にその部分を拡大して載せてあります。「現在地」とあるあたりにハマグリの笑顔が描かれていますが、ここが畜養場。「古い町並みの散歩コース。すぐ北に漁港があり、その近くも野鳥飛来地とされています。
Img_2781c 畜養場の東の堤防に上がってみた眺め。これは南の方。楠町の南は、すぐに鈴鹿市。近鉄名古屋線の駅でいうと、長太ノ浦、箕田、伊勢若松と続きます。伊勢若松といえば、この間の近鉄ハイキングで行ったところ(20180924近鉄ハイキング「ロシアを見てきた最初の日本人 鈴鹿の偉人・大黒屋光太夫のふるさとを歩く!」へ(予告編))。大黒屋光太夫が船出したあたり。
Img_2467c 海岸から派川方面へ向かいながら野鳥を観察。港にも、派川にもカンム

Img_2486c

リカイツブリの姿が見えます。漁港内でもっとも多かったのは、オナガガモ。 オナガガモたちは、エサ探しに夢中の様子。
Img_2500c 漁港にはその他、ホシハジロ、キンクロハジロ、オImg_2513c オバンなどの姿も見えました。アオサギもいたのですが、右の写真のようにやはり、すぐに逃げます(苦笑)。
Img_2565c
 派川の方へ移動。マガモや、ヒドリガモ、カルガモなどなどもいます。いやぁ、話には聞いていましImg_2832c たがというか、ひらいさんのブログでよく拝見していたのですが、このあたりはすごいところ。
Img_2560c
 アオサギも、ご覧のように並んでいます。写真に写っている範囲外にもいImg_2534c て、その数合計10数羽。上陸しているキンクロハジロも。上陸するキンクロハジロのほとんどは、メス。何か理由があるのかも知れません。
Img_2538c このあたりでカンムリカイツブリが魚をゲットしていました。ピントが今ひとImg_2542c つクリアでなかったのは残念ですが、揖斐川や、長良川河口堰ではあまり見られないシーンにも遭遇できました。
Img_2531c 伊勢湾が東に広がっています。開けていて、水のある景色は気持ちよいもの。大型の船、漁船など多数見えます。今日は、セントレアは雲というか、霞の彼方であまりはっきりとは見えません。
Img_2843c  次の目的地である吉崎や北五味塚へ向かうには、鈴鹿川派川を遡っImg_2581c て、新五味塚橋を渡らねばなりません。派川沿いの堤防を歩いていたら、河原に猛禽類が! トビのようです。獲物が何か、はっきりしなかったのですが、近くに羽毛のようなものが散乱していましたので、鳥だろうと思います。100m近くの距離でしたが、見ていたら獲物を放置したまま、派川の左岸へ飛んで行きました。
Img_2858c 新五味塚橋を渡るのに大回り。いったん橋の下をくぐって、宮崎本店のとImg_2862c_2 ころまで行って堤防道路から降りるというコースをとらねばなりませんでした。ちなみに、宮崎本店は清酒・宮の雪や、焼酎・キンミヤの蔵元。漁港の西の端からでも、1㎞以上を歩いてようやく、新五味塚橋南の南五味塚交差点へ。ここでスタートから3.5㎞。10時半。
Img_2864c 左の写真は、新五味塚橋の上から見た鈴鹿川派川の河口方面。向かっImg_2780c て右の堤防道路をひたすら歩いてきたのです。楠漁港の対岸にある衛生センターや、北勢沿岸下水道浄化センターの近くの海岸も気になったのですが、10時半を過ぎたということもあり、そのまま産業道路を北上。中央公民館のある信号で右折し、東へ。ここにある楠中央緑地公園は、今年5月19日の近鉄ハイキングで来ました(近鉄ハイキング「潮風薫るハマヒルガオと春のおとずれを感じて」へ……楠中央緑地公園、吉崎海岸でハマヒルガオそして御園神社(完))。右の地図にありますように、この東に野鳥飛来地がありますし、近鉄ハイキングでも行った吉崎海岸も見てこようという次第。
Img_2629c 吉崎海岸近くの、たぶん養魚池。地図で野鳥飛来地とあるところ。カワ

Img_2646c

ウ、カイツブリ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロもいましたが もっとも多かったのは、ハシビロガモ。集団で泳ぎ回りながら、エサ取り。アオサギも2羽飛んできたものの、すぐに飛び去りました。
Img_2903c このあたり、あちこちに太陽光発電のソーラーパネルが設置されていま

Img_2670c

す。水路にいたアオサギの写真を撮っていたら、案の定逃げます。その行った先が、ソーラーパネルの上(苦笑)。アオサギの体重は、12.~1.8㎏とありますから、乗っても大丈夫なのかも。右は、モズのメス。このあと吉崎海岸へ行く途中撮影。
Img_2677c 吉崎海岸からの景色。先だって、ひらいさんのブログでも見た光景。ユリImg_2682c_2 カモメと思いますが、漁船のおこぼれに預かろうということと思います。海岸には右のカモメの仲間のみ。もっと水鳥がいると思ったのに、いささか期待外れでした。吉崎海岸に入っていく、磯津漁港入り口で5.6㎞、時刻は11時10分頃。
Img_2912c 吉崎海岸から南の方角を見た写真。流木がかなり打ち上がっています。Img_2687c 中央やや右に見えている大きな建物は、北勢沿岸下水道浄化センター。ここへ来るときに通ってきたところ。工事中でした。右は、セントレア方面。霞の向こうに管制塔が見えていました。吉崎海岸にいたのは、11時25分まで。そろそろタイムアップ。勝手に設定したゴールである近鉄名古屋線・北楠駅へ向かいます。
Img_2961c 県道四日市楠線を西へ。中央緑地公園を南に見て、1.5㎞の直線をひたImg_2977c すら歩いて、北楠駅には、12時にゴール。北楠駅は、普通電車のみ停車する無人駅。昼間は、上下とも1時間に3本。12時12分の普通電車四日市行きに乗車。四日市で名古屋行き急行に乗り換え、桑名には、12時40分着。¥400。一駅分歩いたのに、運賃は同じ。これ如何に?
Dscn0473c 昨日の歩数。ニンテンドーのDS Lite(古い!)の生活リズム計で記録しています。桑名駅までの往復が1.8㎞、夕方、三洋堂桑名店などに出かけた分も含め、19,437歩。なかなか2万歩には達しません。「朝型のペガサスタイプ」だそうで、「天翔る」ということでしょうか(笑)。
 11/21当日書いた記事に加筆修正しました(11/22)。
 観察した野鳥のリスト(11/26追加):
  • ユリカモメ
  • アオサギ
  • コサギ
  • コガモ
  • オオバン
  • ジョウビタキ メス
  • ハシボソガラス
  • ハクセキレイ
  • カンムリカイツブリ
  • オナガガモ オス、メス
  • キンクロハジロ オス、メス
  • ホシハジロ オス、メス
  • カイツブリ
  • モズ メス
  • カモメ(セグロカモメ?)

| |

« 九華公園のカモは82羽 | トップページ | 揖斐川でミサゴのダイビング……午後からの散歩【野鳥リストを追加(11/26)】( »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、こんばんは。

ようやく楠まで行ってきました(これで「行く行くサギ」ではなくなりました……笑)。
取り敢えず、楠駅から東に向かっていったら、怪しい排水のところに出られましたので、一安心。

私の方は、明日は久居の酒蔵&実家へ、明後日はJRさわやかウォーキングと花火、土日の間にNTNシティホールでの神社と文化財展覧会へと、あれこれ計画中です。

投稿: mamekichi | 2018年11月22日 (木) 20時32分

mamekichiさん、こんばんは!

怪しい排水に行かれたのですね、野鳥達は気まぐれなので、いつ行っても凄い状態という保障が無かったので、楽園状態を確認頂けて良かったです。先日行った時は排水口周辺には殆どおらず、屋根上に集まっていましたが、昨日は美味しい液体が出てたようですね。
そして海岸~派川付近も凄い状態、先日はミヤコドリを確認、昨年はここでミユビシギも確認しました。
吉崎海岸近くの野鳥飛来地は、昨年もハシビロガモ天国だったのを覚えております。派川から吉崎海岸へ抜ける海岸は、まだ工事の為抜けられないのが残念です。
明日から3連休、そして土曜日は花火大会と、色々忙しい連休になりそうです。

投稿: ひらい | 2018年11月22日 (木) 20時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 九華公園のカモは82羽 | トップページ | 揖斐川でミサゴのダイビング……午後からの散歩【野鳥リストを追加(11/26)】( »