« 汗ばむ陽気、6.6㎞……モズ、カモは28羽、コゲラ、ジョウビタキのオス、ヤマガラ | トップページ | 20181012近鉄ハイキング「こもガク&大日本市菰野博覧会を楽しもう!」へ(その1)……菰野駅をスタート、西覚寺、忠魂碑・地蔵堂、道標を見て、廣幡神社へ »

2018年10月25日 (木)

仕事のあと、桑名市博物館で「村正II―村正と五箇伝―」を見てくる

Dscn0350c

 天気もよく、昼は気温も上がって、絶好の散歩日和でしたが、本日は、仕事。こちら、地元の市役所で朝9時から14時半頃まで教育委員会関係の会議に出て来ました。具体的なことは書けませんが、これもお務め。役に立つと考えていただける限りは、微力を尽くしたいと思っています。
Dscn0369c 仕事が終わって、桑名市博物館へ行って、“特別企画展「村正II」”を見て来ました。昨日も書きましたが、10月6日から始まっています。村正は、伊勢国桑名の刀工です。室町時代中期以降、代々活躍しました。文亀~天文年間 (1501~55年)に同名の刀工が数代ありますが、永正年間(1504~21年) の作品に傑作が多いそうです。
Img_9250c  村正の屋敷は、走井山の下あたりにあったと伝わっています。三岐鉄道北勢線の馬道駅から走井山に上る階段のところに「伝村正屋敷跡」という案内板が立てられています。に書かれています。また、お墓は、これも、言い伝えですが、南寺町の仏眼院にあるそうです。「千子宗入禅定門(せんごそうにゅうぜんじょうもん)」「承応四年(1655年)正月十六日」と刻まれているそうですが、何代目の墓かは不明といいます(桑名ふるさと検定 くわなのいろは)。仏眼院には何度も行ったことはありますが、墓地には立ち入ったことがありません。
 「村正」は、よく切れることから多くの武士たちに求められたようですが、その一方で、徳川家に祟るといわれた数々の妖刀伝説があり、いろいろ興味深いところです。しかし、尾張徳川家は家康の形見として村正を伝承し、現在では徳川美術館に所蔵されていますから、それはまさに「伝説」なのかも知れません。今回の展覧会でも、徳川美術館が所蔵する、家康が所持したという村正が一振展示されています。徳川美術館は徳川家康が村正を嫌ったのは「後世の創作」であるとしているといいます(Wikipediaの記述)。
Muramasa1 こちらがその出品リスト。今回は計46振りが展示され、そのうち30振りがMuramasa2 村正、2振りが弟子の作品といいます。1513年の制作年と「妙法蓮華経」の銘が刻まれた通称「妙法村正」は、村正がつくった刀ではただ一つ、重要美術品で、15年ぶりに公開されたそうです。さらに、刀剣コレクションで有名な東建コーポレーションが、重要文化財2振り、重要美術品7振りなどの名陶を特別に出品しています。今回初公開というものもありますし、村正だけでなく、備前、美濃などの有名なものを見られます。興味がおありの方には、一見の価値ありと思います。小生は、とある時代小説で有名な「兼元孫六」も見られ、満足(微笑)。
Dscn0364c 桑名市博物館では、毎回の展覧会で一点は、写真撮影可というものを設定して下さいます。たまたまいらっしゃった知人の歴史案内人Kさんなどと話をしていたので、説明書きを撮り忘れてしまったのですが、これも村正。1階の階段脇に展示されています。
Dscn0359c こちらは出品リストにはありませんので、今回の展覧会とは別と思いますが、2階の展示室に本多忠勝公Dscn0360c の具足(写し)があり、これも撮影可能でした。「黒糸威胴丸具足(くろいとおどしどうまるぐそく)・鹿角脇立兜(かづのわきだてかぶと)」です。
Dscn0372c 桑名市博物館で行われている“特別企画展「村正II」”は、11月25日(日)まで。原則として、月曜休館。午前9時30分から午後5時まで。今回は、高校生以上は、入館料¥1,000。詳細は、博物館のリンク先でご確認ください。ちなみに、今日は割と空いていましたが、会期末が迫ると、混雑するかも知れません。
 なお、今回の展覧会は、2016年に行われた“特別企画展「村正 」-伊勢桑名の刀工-”の続きです(2016年9月27日:妖刀「村正」を見る……桑名市博物館にて)。

| |

« 汗ばむ陽気、6.6㎞……モズ、カモは28羽、コゲラ、ジョウビタキのオス、ヤマガラ | トップページ | 20181012近鉄ハイキング「こもガク&大日本市菰野博覧会を楽しもう!」へ(その1)……菰野駅をスタート、西覚寺、忠魂碑・地蔵堂、道標を見て、廣幡神社へ »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 汗ばむ陽気、6.6㎞……モズ、カモは28羽、コゲラ、ジョウビタキのオス、ヤマガラ | トップページ | 20181012近鉄ハイキング「こもガク&大日本市菰野博覧会を楽しもう!」へ(その1)……菰野駅をスタート、西覚寺、忠魂碑・地蔵堂、道標を見て、廣幡神社へ »