« 昨日と同じくカワセミ、アオサギ……ランチは又木茶屋で超お値打ちに | トップページ | 20180825ナガシマスパーランドの花火【今年の熊野大花火について中日新聞の記事を追加しました(8/26)】 »

2018年8月25日 (土)

河口堰、排水機場、弥富サギ山から鍋田干拓へ

Img_0939c

 熱帯夜で、真夏日が戻ってきました。が、めげずに遠征。長島町、弥富市方面であります。8時10分スタート、11時半帰宅。まずは、長良川河口堰ですが、ご覧のように台風のあとということで水量はかなり多く、しかもまだまだ濁っています。写真は、河口堰東(長良川左岸)の魚道、上流側です。
Img_3539c 最近いつも見ますが、魚道観察室の真ん前にコサギが1羽。同じコサギのように思いますが、確かめようはありません。帰り際にもここに居るのを確かめて、魚道観察室内に回ったものの、そのときには姿はなし。残念ながら今日も、観察室からのコサギ撮影は失敗。
Img_3549c さらに上流側、吹き流しの向こうにはアオサギ。いつものところにいつもの野鳥ということです。
Img_3544c 下流側にも、コサギ3羽、アオサギ1羽がいたものの、覗くかImg_0943c 覗かないかのうちに逃げられました。2枚の写真は、逃げた先。下流側の堤防や、浮きのロープの上。
Img_3554c 管理橋を西側に渡る途中、下流側の揖斐長良川の中洲の上空にミサゴのようです。獲物を物色しているように見えましたが、次第に降下してきて、中洲上空で見失ってしまいました。
Img_0967c 河口堰西端下流側の中洲の切れ目には、ダイサギやアオサギ、そしてカルガモの姿があります。アオサギはこのほか少し離れたところにもう1羽。カルガモも他に10羽以上。
Img_3591c 親水広場に降りたところで、揖斐川、伊勢大橋の上空あたりに猛禽類らImg_3598c しき姿。向かって左はトビのように見えますが、右は不明。トビの子どもか、カラスか? 親水広場、今日は静か。ハクセキレイが3羽ほど。イソシギは不在で、スズメ、カワラヒワが少しだけ。
Img_1041c 長島町内の県道7号線を南下。途中でアマサギの集団を発見。この時Img_3636c 期、稲刈りのコンバインの後ろに集まっていることがよくありますが、このとき、稲刈りは行われておらず。いずれにしても水田にいる昆虫やカエルなどを捕って食べていると思われます。ちなみに、コンバインで稲刈りが行われていると、これらの小動物が飛び出てくるので、容易に捕食できるということだそうです。
Img_1047c 次へ行く途中、某排水機場に立ち寄ってみました。アオサギが1羽いたほImg_1049c か、遠くに白いサギの姿。よく見ると、カワウや、ケリが混じっています。サギは大きさがカワウと変わりませんので、コサギでしょうか。
Img_3685c 弥富野鳥園近くのサギ山を確認。ところが、写真のような状況。たぶんダImg_3688c イサギと思いますが、あちこちに散在してはいるものの、飛び立って飛び回ったりすることが多く、「繁殖期」という感じはありません。もうほぼ終わったのでしょう。
Img_3696c 巣にじっとしている様子はなく、ご覧のように飛び回っていました。ヒナと一見して分かる個体もいませんでした。ちょっとガッカリしましたが、もう8月も下旬ですから、また来年ということです。この時点で10時半。時間的にも大丈夫でしたし、新天地を開拓したいという気持ちもあって、鍋田干拓の方へ回ることにしました。
Img_3716c IKEAの物流センターや、海部地区のクリーンセンター、弥富市の火葬場や霊園がある方面へ(伊勢湾岸道の南)。左の写真は、海部地区のクリーンセンターと、NHKのラジオ送信所のアンテナ。背後の雲は、まだまだ夏であることを誇示しています(苦笑)。
Img_1085c ほとんどが水田で、いくつか畑が混じっているというふう。左の写真は、Img_3714c 西の方角、ナガシマスパーランドが遠くに見えるところ。ここで、猛禽類が飛んでいるのが見えたのですが、あいにくのピンぼけ写真(苦笑)。トビやミサゴではないようです。
Img_1089c 水路では、ダイサギやコサギの姿が見られました。ここに写っているのImg_1087c は、コサギ。歩き回ってエサ探し中。橋の上から見下ろすと、小魚がけっこうたくさん泳いでいるのが見えます。
Img_3719c 北の伊勢湾岸道方面では、コンバインが稲刈りをしていたのですが、そImg_3720c の回りにたくさんの白いサギの姿。コンバインの後ろに群がるのは、チュウサギとアマサギといいますから(唐沢孝一著、目からウロコの自然観察、中公新書)、チュウサギやアマサギかと思いますが、遠くて判別不能。
 ということで、河口堰から弥富市内をぐるっと回ってきました。総走行距離は35㎞ほど。鍋田干拓はほとんど来ていませんので未開拓でしたが、猛禽類もよく見られるという話ですから、これからはもう少し来てみる価値がありそうです。

| |

« 昨日と同じくカワセミ、アオサギ……ランチは又木茶屋で超お値打ちに | トップページ | 20180825ナガシマスパーランドの花火【今年の熊野大花火について中日新聞の記事を追加しました(8/26)】 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、おはようございます。

台風も無事過ぎ去りましたので、遠征してきました。

河口堰のアオサギとコサギ、同じ場所にいますね。
九華公園のアオサギと同じく、落ち着く場所なのか、エサがとりやすいところなのか。
いずれにしても、いつもいるところにいてくれるのはありがたいことです。

弥富のサギ山はやはり終了という状態でした。
帰ってきてからひらいさんのブログ記事を拝見した次第。
蟹江は、まだまだ楽しめそうですね。

鍋田干拓はおっしゃるように、面白いところがありそうです。
いつぞや富浜緑地の方は回ったのですが、そちらより昨日行った、水田地帯の方が良さそうです。
少しずつ回ってみようと思います。

投稿: mamekichi | 2018年8月26日 (日) 05時26分

mamekichiさん、こんばんは!

本日も遠征でしたか、自分はちょっと用事が有り、別の所へ遠征しておりました。河口堰辺りも野鳥撮影に困る事は無くなってきましたが、サギ山はほぼ終了という感じ、1つ始まると1つ終わるというところでしょうか。
河口堰のコサギとアオサギ、いつもこの場所に滞在していますね、マイエサ場なのか、休憩所なのか良く判りませんが、居ると安心しますね。
県道7号沿いのアマサギ集団、もうどこにでも居る感じで、先日も5~6箇所集団が有りました。本日も途中に有る信号交差点付近と、セブンイレブンちょっと手前辺りに居るのを確認しました。
排水機場も、いつものメンバーですが、残念ながらキンクロさんはどこに居るのか判らない状態、秋に仲間が来る前に何とか探し出したいところです。
こちらのサギ山、今年は終わりですね、昨日蟹江のサギ山を通過した時は、まだ大勢居ましたので、もう少し楽しめそうですよ。
新天地の開拓、あの辺りは色々面白い所が有りそうですよね、途中通行止めになっている所が有るのですが、その先に何か有るのではと思っています。

投稿: ひらい | 2018年8月25日 (土) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昨日と同じくカワセミ、アオサギ……ランチは又木茶屋で超お値打ちに | トップページ | 20180825ナガシマスパーランドの花火【今年の熊野大花火について中日新聞の記事を追加しました(8/26)】 »