« 猛暑故、桑名七里の渡し公園に見倣って「休園日」にしたい(笑)……今日の37.8℃は全国1位とか | トップページ | アブラゼミ、カマキリに襲われる……諸戸氏庭園では主屋の揚屋作業が進む »

2018年8月28日 (火)

河口堰と大山田川でカワセミ、大山田川ではホシゴイ2羽とハグロトンボ(?)

Img_1325c

 修行の日々を重ねておりますが、普段の散歩コースではほとんど野鳥がおりません。たまには楽しみがないと続きませんので、今日は、長良川河口堰、上之輪新田、大山田川へと出かけてきました。8時10分出発、11時前に帰宅です。歩いたのはぜいぜい3㎞くらいでしょう。
Img_1229c この間の台風の影響がまだ残っているのか、水量はかなり多く、しかも濁っImg_1298c ていました。失敗したか?という気持ちも湧いてきたのですが、めげずに河口堰の管理橋を渡り、親水広場を1周してきました。出かけてきた甲斐がありました。西側の魚道でカワセミを目撃。いったん見失ったものの、再登場してくれ、写真が撮れました。カワセミは、管理橋を挟んで上流、下流をかなり行ったり来たりしているようでした。
Img_1223c 他の野鳥、数、種類は必ずしも多くはありませんでしたが、ほぼいつものメImg_3957c ンバーを確認してきました。アオサギは、合計5羽ほど。堰の東西ともにいます。ダイサギは、同じく合計5羽。右の写真は、西側の閘門脇のところで撮ったもの。
Img_1266c_2 コサギは2羽を確認。今日は、東側の魚道観察室のところにはいませんでしImg_1289c た(水量が多かったためと思います)。この写真は、西側の魚道でエサ探し中のところ。親水広場には、ハクセキレイが3羽。
Img_1279c 同じく親水広場では、イソシギ。2回見ましたが、別個体かどうかは不明。最初は、こちらが気づくか否かという時点で逃げられました。イソシギも逃げ足が速いというか、警戒心が強いというか。この写真は、看板の陰からそっと撮ったもの。イソシギの正面顔は、これまで見たことはありません。
Img_1256c 河口堰西側、南にある揖斐長良川の中洲の切れ目にはミサゴの姿。このオレンジの柱によくいます。ただし、この柱は、河口堰の管理橋から150m以上南にありますので、なかなかクリアな姿は捉えられません。
Img_3978c こちらは、コサギとダイサギが1枚に収められた写真。手前がコサギ、奥Img_3970c がダイサギ。比べてみると、大きさ、色などの違いが分かりやすいかと思います。今の時期、嘴はダイサギは黄色、コサギは黒。また、コサギは足先が、足袋か靴下でも履いたように黄色をしています。右の写真は、ダイサギの飛び姿。首は曲げて飛びます。
Img_4039c 上之輪新田では、ダイサギ、コサギ、ケリを見たのですが、遠すぎて証拠写真にもならない写真しか撮れませんでした。次いで、沢南橋近くの大山田川へ。ここでまたもや、カワセミが登場。ちょっと遠くて、こんな写真だけです。今日はラッキーでした。河口堰の後、どこへ行こうか迷ったのですが、こちらに来て良かった(微笑)。
Img_4043c カワセミが飛び去った直後、ホシゴイも登場。このホシゴイ、最初は川のImg_1348c 深いところを泳いできたように見えました。最初はマサカホシゴイとは思えず、カルガモにしてはヘンな鳥と思ったくらい。Googleで「ホシゴイ 泳ぐ?」で検索したら、ホシゴイが泳ぐシーンを載せているブログがありました(こちら)。「泳ぐ」シーンが撮れていたら良かった。
Img_1356c 近くの鉄橋を近鉄特急「しまかぜ」が通過していきましたので、そちらにImg_4071c 気を取られていたら、ホシゴイがいなくなりました。沢南橋に回って、堰を見たら、そこにホシゴイが1羽。「さっきのホシゴイと違うか?」と思って何枚か写真を撮ったら、何と2羽が写っていました(右の写真)。奥のホシゴイにはまったく気づかず仕舞い。我ながら笑えます。
Img_1345c 大山田川では、ハグロトンボのメスと思われるトンボも目撃。このトンボもチョウのようにヒラヒラと飛びます。写真が不鮮明で残念。53-68mm。オスは金緑色ですが、メスは全身が黒くなっています。

| |

« 猛暑故、桑名七里の渡し公園に見倣って「休園日」にしたい(笑)……今日の37.8℃は全国1位とか | トップページ | アブラゼミ、カマキリに襲われる……諸戸氏庭園では主屋の揚屋作業が進む »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、おはようございます。

去年の今頃も河口堰へよくいっていた記憶があります。
修行だけでは辛いものがあるからです(笑)。

河口堰の後はどこへ行くか決めていなかったので、思いつきでしたが、正解でした。

イソシギ、追いかけ写真が多いのですが、昨日はうまく行きました。
アタマやお尻を振り振りするのはとてもカワイイです。

大山田川、久しぶりに様子を見てきました。
サギの姿はなかったようですが、gentagontaさんによれば、コサギは来ているようです。

最後のホシゴイ2羽には参りました。
まったく気づいていませんでした(笑)。

投稿: mamekichi | 2018年8月29日 (水) 07時40分

mamekichiさん、こんばんは!

野鳥も少なめなので、大勢揃っている所に行くのは正解ですよね、しかもカワセミダブルゲット!、羨ましい限りです。サギ達も今のところ、河口堰をエサ場にしているようですね、mamekichiさんにお会いした日依頼行ってないので、そろそろ確認に行かねばと思っています。イソシギの正面顔、カッコイイですね、イソシギもすばしっこいので、中々思ったように撮影出来ませんね、シギとかチドリは、時々シャックリというか頭を上下に動かす仕草をするのも面白いです。
大山田川にも野鳥が集まっていますね、ホシゴイも最近はサギ山くらいしか見かけないので、この辺りに来ているのは珍しい気がします、2羽居た事に気付かない、気が1羽に集中しているという事ですね。自分もアオサギ撮影した横にカワセミが写ってた事が有り、凄くショックでした。

投稿: ひらい | 2018年8月28日 (火) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 猛暑故、桑名七里の渡し公園に見倣って「休園日」にしたい(笑)……今日の37.8℃は全国1位とか | トップページ | アブラゼミ、カマキリに襲われる……諸戸氏庭園では主屋の揚屋作業が進む »