« 20180526JRさわやかウォーキング「~松阪撫子どんな花?~新緑の松坂城跡から眺める御城番屋敷」へ、なぜか近鉄で(その3)……本居宣長旧宅、松坂城跡(まだ書きかけです) | トップページ | 峰崎部屋のお相撲さんたちは、土俵の神事……朝稽古は明日からか? »

2018年6月24日 (日)

20180624勝手に近鉄・三交バスハイキング「朝日町天神山、苗代神社、縄生廃寺跡から東海道を江場まで」

Img_6684c

 今日は、こちらにやって来ました。「勝手にハイキング」シリーズ、第3弾であります(微笑)。近鉄名古屋線・朝日駅であります。桑名駅を8時58分の塩浜行き普通電車に乗って、2駅。¥210。9時7分着。ここから、天神山、苗代神社そして縄生廃寺跡を目指します。何を思い立ったかといいますと、九華公園で時々お目にかかるご夫婦(天神山近くにお住まいとのこと)から、キビタキやら鳥がたくさんいると教えていただいたのです。天神山には、苗代神社があり、そこから4~500mのところに縄生廃寺跡があります。バードウォッチングと歴史散歩が一度に楽しめるかもと思って出かけてきました。
Img_6690c 駅前にあった観光案内図。伊勢朝日駅から北のところに苗代神社と縄生廃Img_6688c 寺跡が示されています。1㎞あまりですので、まずは、近鉄の線路沿いに北に向かいます。左側に見えているのは、東芝三重工場。
Img_6700c 近鉄名古屋線の高架をくぐると、JR関西線の踏切があり、その向こうに天Img_6701c 神山が見えてきます。このあたりの景色や、江戸橋通いの時や、四日市へ行くときなどに見慣れた景色。苗代神社も、一度行こうと思っていたところです。
Img_6708c JR関西線の縄生踏切を越えたところに苗代神社の社名標が建っていまImg_6711c す。ここを右折(北東へ)すると、すぐに神社の前に出ます。「延喜式内社」とありますように、古い神社です。社伝によれば、白鳳年間に伊賀国の敢國(あえくに)神社より少名彦命を勧請して祀ったと伝えられています。また、後に山城国の北野神社より菅原道真公を勧請したといいます。
 ちなみに、白鳳年間(白鳳時代)は、「私年号」で、正式に朝廷で定められた年号ではありません(日本書紀には載っていないそうです)。狭義では天武~持統朝 (673~697年) から平城京遷都 (710年) までの約 40年間をいい、広義には大化改新 (645年) から平城京遷都までの約 60年間で、飛鳥時代と奈良時代との中間をさします。
Img_6726c 近鉄電車からもよく見えるのですが、二の鳥居の奥には長い、長い階段がありImg_6738c ます。しかも踊り場なし(苦笑)。9時過ぎの時間帯、まだ今朝まで降った雨が乾ききっておらず、滑りそうな感じがします。
Img_6735c 二の鳥居をくぐったところにある「明治天皇十年祭祈念」Img_6733c 碑や、「百度石」、また、「奉柏」と刻まれた碑を見ながら、石段を登り始めます。「奉柏」碑には、明治35(1902)年4月菅公千年祭○○」とありました。この年は、菅原道真公の千年紀に当たります。この年、それを祈念して本殿、社殿を新築再建しています。
Img_6758c 長い階段を上ったところには、社務所がImg_6753c あり、拝殿に行くにはさらに階段を上る必要がありました。左の写真が、苗代神社の拝殿。天神山の中腹にあります。拝殿に向き合うように、南側には神馬舎があります。白馬をかたどった木馬が鎮座。
Img_6723c 苗代神社の御祭神は、少彦名命(すくなびこなのみこと:大国主神の国土経営に協力した。農業・酒造・医薬・温泉の神として信仰される)と菅原道真公。相殿神は、建速須佐之男命五男三女神火之加具土神宇迦之御魂神応神天皇大宜都比売神(オオゲツヒメノカミ;食物を司る女神)、天照大御神豊宇気毘売神(以上は、神社検索三重による)。神社の説明には、このほか「不詳一座」とありました。
Img_6746c 由緒書き。先に触れたように、白鳳年間に伊賀国の敢國神社から少名彦命を勧請して祀った後、山城国の北野神社より菅原道真公を勧請したといいます。禁制になって、元和31617)年、桑名城主となった松平定勝公から松平家の家紋の使用が許され、さらに牛飼料として田三反の寄進がされるなど、桑名藩主の崇敬篤い神社となっています(当時は、桑名藩領)。明治40(1907)年、縄生鎮座の須佐之男舎、愛宕社、稲荷社、八幡社、両大神社、蛭子社の各境内社を合祀しています。
Img_6715_2c 拝殿の屋根や、拝殿正面には、確かに松平家の家紋である「梅鉢紋」があしらImg_6771c われています。
Img_6783c 境内に入る頃から、野鳥の鳴き声が聞こえてきていました。気になります。神馬舎の脇に上に登って行く道がありましたのでので、ちょっと濡れていて足下が気にはなったのですが、登ってみました。
Img_6785c しばらく登ると、ちょっと広いところに出ました。ここが頂上のようです。回Img_6788c りは木々に覆われて、眺望はほとんど利きません。野鳥の鳴き声は相変わらずしていますが、姿は見えず。ツバメが時々飛来するくらい。むしろヤブ蚊が多くて参りました。もう一本、道がついていましたので、そちらから降りることにします。
Img_6793c 天神山古墳があるはずなのですが、それらしきものは小生には分かりまImg_6744c せんでした。このあたりは竹林。この辺から桑名にかけて、竹林が続いています。どこへ降りられるか分からないまま来たのですが、結局、社務所の東に降りられました。
Img_6806c 苗代神社の南側の道路に出て、縄生廃寺跡を目指して北西へ向かいまImg_6808c す。途中、朝日町立梅林香苑の前を通過。白梅・紅梅が約50本あり、地元の方々が手入れしていらっしゃるようです。
Img_6811c 道路には、縄生廃寺跡への案内板があり、これにしたがえば行けそうでImg_6818c す。ちょうど苗代神社の裏手に当たるあたり。右の写真のようなところからさらに竹林を通っていきます。地元の方が農作業をしておられ、道を教えて下しました。と同時に「雨が降ったからぬかるんでいて、滑るぞ」ともいわれました。
Img_6821c こんなところを通って行くのです。たしかに落ち葉が濡れて、滑りそう。ぬImg_6827c_2 かるむほどではありませんでしたので、道なき道という感じのところをいってきました。右の写真が、縄生廃寺跡。正確には、ここに塔があった跡。江戸時代から「金光寺跡」として知られ、戦前には土取りの際に瓦片が多量に出土したと伝えられていました。中部電力が送電用鉄塔を建設するため、昭和61(1986)年9月から翌年3月に行った発掘調査で、その出土した軒丸瓦などから、7世紀末から8世紀初頭に造営された白鳳時代の古代寺院塔跡の存在が確認されました。
Img_6824c 塔の心礎中心の舎利孔(しゃりこう)と呼ばれる小さな穴から、唐三彩碗を伴った舎利容器が発見されています。これは、平成元(1989)年に重要文化財に指定されて、文化庁が保管しているそうです。
C5fb2274 縄生廃寺跡については、朝日町歴史博物館に詳しい展示があります。Ce3789e4 発掘状況のレプリカや、三重塔の復元模型もあり楽しめます。写真は、今年2月11日に近鉄ハイキングで立ち寄ったときに撮影しました(20180211近鉄ハイキング“駅長お薦め酒蔵みてある記 早川酒造部「天一」”へ(その1)……朝日町歴史博物館、若松園を経て、朝日町の水田地帯を、寒風に震えながら行く)。
Img_6732_2c 縄生廃寺跡で10時過ぎ。思ったより早い時間。いったん伊勢朝日駅までImg_6847c 戻ってきました。駅近くのポケットパークで一休み。朝日町には何度も来て、東海道も歩きましたし、名所旧跡、寺社仏閣もけっこう回っています。主なところでまだ行っていないのは、井後(いじり)神社移田(うつしだ)神社善照寺など。ただし、これらは、町の南西部にあり、もっとも遠い移田神社までは3㎞以上あります。かなり暑くなってきたので、これらはまたの機会とし、旧東海道を桑名に向かって歩くことにしました。
Img_6849c このあたりは、昨年11月9日に「旧・東海道ウォーク(安永~富田)」と称しImg_6745_2c て、安永から富田まで歩いたときに通っていますし(旧・東海道ウォーク(安永~富田)へ(前編))、上記の近鉄ハイキングでも少しだけ歩いています。
Img_6853c 縄生には「一里塚跡」の石碑があります。桑名の七里の渡や、西富田の庚申橋から、それぞれちょうど一里のところ。伊勢国には、12カ所に一里塚が設けられたといいます。この石碑は、平成13(2001)年に、東海道宿場・伝馬制度制定400周年記念事業で作られたもの。
Img_6856c 一里塚跡の石碑からわずかに桑名寄り、水谷たばこ店の店先に山口誓Img_6858c 子の句碑があります。この句碑には山口誓子の筆跡で、「露けさよ 祷りの指を 唇に触れ 誓子」と刻まれているのだそうですが、判読はかなり難しいです。昭和25(1950)年10月建立。誓子は、昭和16(1941)年、伊勢富田(四日市市富田)に移り、療養したといいますから、その頃の句かと思われます。
Img_6867c 伊勢朝日駅前のポケットパークからは1km弱で、町屋川Img_6869c (員弁川)に来ます。旧・東海道の橋は、現在の国道1号線の橋より少し上流に架かっていました。
Img_6896c 左の写真は、桑名市安永、料理旅館すし清さんのところにある公園に建っている説明板。江戸時代、この安永は、いわゆる立場であり、町屋川の船着き場でもあったところ。茶店では、名物の安永餅を売っていました。寛永12(1635)年に初めて橋が架けられたといいます。
Img_6887c すし清さんから少し北に伊勢両宮常夜燈。文政元(1818)年の建立。昔の灯標で伊勢神宮への祈願を兼ねたものです。桑名在住の材木商が連名で寄進し、「作名」は石工根来市蔵ほかとあります。常夜灯の脇に立つのは、里程標。町屋川の中央から北が桑名郡であること、三重県庁・桑名郡役所までの距離が刻まれています。里程標は、明治26(1893年)の建立。「三重縣廰拾一里丗甼余」、「桑名郡役所丗三町余」とあります。桑名郡役所は、現在の総合福祉会館だそうです(こちらを参照)。
Img_6904c 常夜灯からすぐ北に料理旅館玉喜亭があります。東海道中膝栗毛に「旅人を茶屋の暖簾に招かせて、のぼりくだりをまち屋川かな」と出てくるそうです。創業以来200有余年、すし清さんも藤で有名ですが、ここも立派な藤棚があります。前の道は東海道。
Img_6906c 前は何度も通ったのですが、一度も覗いたことがありませんでした。営業Img_6907c しているのかどうか定かではありませんが、藤棚は手入れされているようでした。平成3(1991)年に立てられた説明板がありました。藤は樹齢200数十年で、根が張っているので地震の時集結場所であったといいます。また、人馬の休息所とされていて、この向かいの母屋には「御馬口御洗水」の高札が残っているそうです。
Img_6912c 母屋はしっかり見てこなかったのですが、左の写真がそれだと思います。文政元(1818)年の建物で、昭和18(1943)年ころまで安永餅を作るのに使用されたかまどと、看板が今もあるといいます。現在の道よりも、低いところに立っていますが、上記の看板によれば、江戸時代の東海道は、今の道よりも低い位置にあったといいます。
Img_6928c 国道258号線を地下道でくぐり、しばらく行くと、西側(左手)に晴雲寺があります。浄土真宗大谷派、山号は清浄山。大永2(1522)年、東城(現在の九華公園付近にあったといいます)の城主・伊藤武左衛門の一族の明西(めいさい)が、一族の菩提を弔う寺として建てました。
Img_6930c 江戸へ下る大名は、この寺で衣服を改めて桑名城下に入ったといわれImg_6931c ています。
Img_6948c
 晴雲寺から500m足らず行ったところに城南神社に出ます。倭姫命が皇Img_6959c 祖神天照大神の鎮座地を求めて大和から近江、美濃を通り伊勢へ巡行の折り、この地に休息したとの言い伝えがあります。この故事に因んで、境内には、右の写真のように、「天照大神御遷幸旧蹟」という石碑があります。
Img_6957c こちらは、拝殿。御祭神は、天照大御神。合祀されているのは、保食神(うけもちのかみ:五穀をつかさどる神。食物の神)、少彦名神天目一箇命大山津見命火産霊神豊受比売命。明治41(1908)年、旧城南村各大字の神社を合祀、城南総鎮守となっていますが、昭和30(1955)年、各大字の神社は旧社地に分祀しています。このあたりは、昨年末からの町屋川へのバードウォッチング記事に書きました(1月23日:町屋川第2回遠征(寄り道編)……神社、古い看板、ホーロー看板など 、2月7日:町屋川遠征3回目余談……大貝須神社と、古い看板の話など )。
Img_6962c 倭姫命のご巡幸の言い伝えに因んで、古来、神宮式年御遷宮ごとに、Img_6953c 皇大神宮(伊勢神宮・内宮)一ノ鳥居、古殿舎の一部が下賜され、改築するという慣例になっています。現在の一の鳥居も、平成26(2014)年の御遷宮に際して、払い下げられたものです(建て替えられたのは、平成27(2015)年春)。境内には、乙石稲荷大明神も祀られています。もとは、明王院(みょういん)の邸内社で古くは越後高田にありました。宝永7(1710)年、桑名から越後に国替えになった松平定重公の崇敬篤く、守護所を仰せつかり、家中同様の扱いを受け、寛保元(1741)年奥州白河、文政6(1823)年桑名へと、松平越中守に随従しています。文政6(1823)年に桑名・柳原、同12(1829)年矢田川原、大正3(1914)年現地へ遷座しています。
 城南神社でほぼ11時半。5.5㎞を歩いてきています。ご覧のような上天気の中を歩いてきましたので、けっこう汗を掻き、疲れてきました。時間も時間でしたから、近鉄・益生駅まで行って1駅電車に乗るか、三交バスに乗るかと迷ったものの、バス停の方が近く、そろそろ、町屋川でのバードウォッチングの帰りによく乗っていた桑名駅前行きのバスが来る時間でしたので、バスで桑名駅まで行くことにしました。
Img_6967c
 いったん国道1号線まで出て、バス停を探します。国道安永か、若宮町がImg_6970c 近いはず。若宮町バス停で確認したら、11時55分に桑名駅前行きのバスがありました。少し時間がありましたので、もう一度東海道に戻り、日立金属桑名工場の前へ。ここは、今ではまったく面影はありませんが、江戸時代は家はなく、松並木が続いていたところ。鈴鹿山脈もよく見えたといいます。松並木は、伊勢湾台風の頃まで残っていたそうです(昭和34(1959)年)。
Img_6972c さすがに相当疲れました。夏場のハイキング、ウォーキングはよほど準Img_6974c 備してかからなければならないことがよく分かりました。国道1号線の若宮町バス停に来て、11時55分のバスで、桑名駅前へ。バスは5分遅れ。¥200。
180624asahiwalk1 歩いたルートは、これら2枚の地図の通り。いつものように、距離測βで180624asahiwalk2 確認しました。伊勢朝日駅から若宮町バス停までは、6.6㎞。これに桑名駅往復がプラス2.1㎞で、合計8.7㎞。けっこう歩きました。
Img_6737_2c バードウォッチングもともくろんだのですが、肝心の天神山では見られImg_6874c ず。鳴き声はウグイスその他、たくさん聞きましたが、写真を撮ったのは、伊勢朝日駅のポケットパークでハクセキレイ、町屋橋から見たサギ。このサギ、誰? 大きさはかなり大きいものの、ダイサギの夏羽とは違うような感じも。嘴の先が黒くなるのは、チュウサギの特徴。しかし、チュウサギは減っているらしい。迷います。

| |

« 20180526JRさわやかウォーキング「~松阪撫子どんな花?~新緑の松坂城跡から眺める御城番屋敷」へ、なぜか近鉄で(その3)……本居宣長旧宅、松坂城跡(まだ書きかけです) | トップページ | 峰崎部屋のお相撲さんたちは、土俵の神事……朝稽古は明日からか? »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

寺院」カテゴリの記事

歴史散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 20180526JRさわやかウォーキング「~松阪撫子どんな花?~新緑の松坂城跡から眺める御城番屋敷」へ、なぜか近鉄で(その3)……本居宣長旧宅、松坂城跡(まだ書きかけです) | トップページ | 峰崎部屋のお相撲さんたちは、土俵の神事……朝稽古は明日からか? »