« モフモフのエナガのヒナ!……ツバメも卵を産んだ様子、九華公園のツツジは満開 | トップページ | 20180414 JRさわやかウォーキング「桑名の山野辺散策とサンジルシ醸造をたずねて」(その3、完)……走井山勧学寺、三猿、サンジルシ醸造、有王塚を経てゴール »

2018年4月27日 (金)

コチドリのバトル、タシギ、河口堰では「アユのぼり」……河口堰、長島へ

Img_0360c

 エナガのヒナも気になったものの、予定通り長良川河口堰方面、長島町内Img_0359c 方面へ行ってきました。アユが遡上するようになりましたので、吹き流しがあの「アユのぼり」に変更されていました。右の写真は、河口堰の上流、東側から西を見たもの。この管理橋の上を渡って、西側まで歩きながら、野鳥を見るという次第。
Img_0278c キンクロハジロなどのカモも、カルガモも、オオバンもすでに姿はありません。いたのは、カワウ、コサギ、ダイサギ、ハクセキレイ、スズメ、ムクドリ、ヒヨドリ、ホオジロ、ヒバリ、カラスなど。西側の葦原からはわずかにオオヨシキリの鳴き声も聞こえました。左は、河口堰の東(左岸)にいたコサギ。ちょっとピントが甘いのですが、嘴の根元や、足先がピンク色。これは、婚姻色。
Img_0281c 管理橋を渡っている途中、ダイサギが西から飛んできました。目元が緑色Img_0290c で、足は真っ黒。右は、管理橋の西(右岸)にある閘門へのアプローチのところ。手前はダイサギ、向こう2羽はコサギ。アオサギはどこにも姿がありません。弥富か、治水神社のコロニーに行ったのでしょうか。
Img_0296c 西側の魚道にいたのは、このコサギのみ。このコサギも、嘴の根元あたりImg_2896c がピンク色を呈しています。その西側の魚道あたりでは、作業と、何か撮影が行われていました。このため、野鳥が少なかったかも知れません。
Img_2881c 冬の間は行かなかったのですが、親水広場も一回りしてきました。管理Img_2872c 橋から親水広場の西には、揖斐長良川の中洲があり、葦原になっています。そこにいたのは、ホオジロ数羽。曇天で距離もありましたので、あまりクリアには撮れていません。はじめに書きましたように、このあたりではオオヨシキリの鳴き声が聞かれました。
Img_0320c 親水広場から管理橋に戻る途中、上空をトビが通過、旋回。こちらも残Img_0335c 念ながら、証拠写真レベル。しかしまぁ、久しぶりにトビが見られましたので、少し満足(微笑)。
Img_0302c あちこちにハクセキレイがいます。この頃九華公園ではほとんど見ませImg_0350c ん。今日見かけたハクセキレイの中には雑草の茎を咥えて飛んでいるのもおり、巣作りの最中と思われました。
Img_2901c 魚道観察室を見て、外に出て来たら、ヒバリが3羽。このあと、縄張りを巡ってバトルを展開。かわいいのにけっこう激しい(笑)。この写真は、バトル前。ちなみに魚道観察室から見ると、流れが速く、流量も多いため、魚影はありませんでした。
Img_0376c  河口堰をあとにして、近くの某所へ移動。去年、コチドリ、ケリ、コアジサシがいたところ。入っていく道路では、ヒバリがお迎え。ペアで道路を挟んでいました。
Img_0381c 広い敷地内を巡回。ケリは、2羽を確認。少し離れたところにいましたが、Img_0387c 逃げるときは同一行動でしたので、ペアであろうと思います。ケリがいたあたりをよく探したものの、巣らしきものは見当たりませんでした。去年、ヒナを見ていますから、またときどき見に行くことにします。
Img_0394c ここで他にいたのは、コチドリ。去年、コチドリもここで子育てをしていました。今日見たコチドリは、6羽ほど。見かけはかわいいのですが、けっこう素早く走って移動しますし、今日見ていたら、飛翔能力もかなり高い印象でした。ツバメ並のように見えます。
Img_0403c しばらく見ていたら、ここでもコチドリの縄張り争いと思われるバトルが始まりました。けっこう激しいです。左の写真、後ろ姿ですが、手前の2羽がペアと思われます。向かって右の個体は、羽毛を膨らませて、おそらく大きく見せるディスプレイ行動をしています。バトルシーンで繰り返し、この行動を見ます。
Img_0413c 上の写真の続き。ちょっと離れたところに移動しても、バトルを継続。押さえ込むとか、跳び蹴りのようなアタックとか、いろいろ展開されます。スズメのバトルを見たときも似たようなパターンでしたから、小型野鳥では同じようなファイティングスタイルなのかも知れません。コチドリには悪いのですが、見ているのは面白い(微笑)。
Img_0446c さらに、このあと、長島町内を県道7号線に沿って、ケリとケリの巣探し。クルマですから、あまり脇見はできませんし、急には止まれません。水田の中の道にときどき乗り入れて、まわりを見回すのですが、まずはケリそのものがあまりいません。先日、船頭平閘門に御衣黄を見に行ったとき見つけた、長島インター近くの水田に行っても、巣がありません(4月10日; デザイン公園と船頭平閘門で御衣黄、治水神社でアオサギ)。最近は、農家の方が嫌がって壊すこともあると聞きます。このケリさんは、インターの北側の水田で発見。
Img_0435c このケリがいた近くで、別の鳥影を発見。水田の中央であまり近くには行Img_2910c けませんでしたが、超望遠コンデジで見ると、右のように、タシギと思われる鳥が2羽。上手に隠れています。
Img_0433c 最後は、シオカラトンボのメスと思います。トンボは、今シーズン初見ですね。タシギ、ケリのいた近くの水田脇にて撮影。明日は、またいつものように九華公園あたりで、エナガや、カワラヒワのヒナを見たいと思っています。

| |

« モフモフのエナガのヒナ!……ツバメも卵を産んだ様子、九華公園のツツジは満開 | トップページ | 20180414 JRさわやかウォーキング「桑名の山野辺散策とサンジルシ醸造をたずねて」(その3、完)……走井山勧学寺、三猿、サンジルシ醸造、有王塚を経てゴール »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モフモフのエナガのヒナ!……ツバメも卵を産んだ様子、九華公園のツツジは満開 | トップページ | 20180414 JRさわやかウォーキング「桑名の山野辺散策とサンジルシ醸造をたずねて」(その3、完)……走井山勧学寺、三猿、サンジルシ醸造、有王塚を経てゴール »