« カワラヒワのラブシーンか!?……エナガもツバメも忙しそう | トップページ | 今日も相談会へ……余談はベランダにある藤 »

2018年4月14日 (土)

徒歩にてJRさわやかウォーキングへ(笑)……桑名の山野辺散策とサンジルシ醸造をたずねて(予告編)

Img_9060c

 雨は夕方以降ということでしたので、久しぶりにJRさわやかウォーキングへ行ってきました。本日は、桑名開催でしたので、散歩代わりにであります。桑名駅集合ですので、徒歩で行けるというのもメリット(笑)。「桑名の山野辺散策とサンジルシ醸造をたずねて」ということで、桑名駅の南にある、JR、近鉄、三岐鉄道と3つの幅の異なるレールを見て、諸戸水道貯水池遺構、太夫の大楠、走井山公園、勧学寺を経て、サンジルシ醸造を回るという、マップ上5.8㎞というコースでした。
180414jrwalkingmap 左はいただいたコースマップ、右は実際に歩いたルートを距離測β上に描20180414jrwalkingkuwana いたもの。相談会の報告や、準備など諸々ありましたし、地元開催ということもあって、予習はしていません。寄り道は2ヶ所です。本日は、予告編とし、また改めて詳しく書くことにします
Img_9056c スタートはJR関西線・桑名駅。わが家からは徒歩10分ほImg_9064c ど。東口のコンコースで地図をもらって、8時50分スタート。駅から南下します。多度にある東建多度カントリークラブで「東建ホームメイトカップ」が開催されており、シャトルバスも出ていました。石川遼選手も来ていたはず。
Img_9068c 桑名駅の南、ステーションホテル桑名の西あたりにこの看板。「幅の異なるImg_9069c 3線が並ぶ光景」とあります。歩きながらでは今ひとつよく分かりませんが、右の写真の踏切を渡ると、これら3つの路線を通れます。
Img_9071c この先の跨線橋に上がると、3つの路線がよく見えます。写真に向かって右から、三岐鉄道北勢線(ナローゲージ)、JR関西線(狭軌)、近鉄名古屋線(標準軌)となっています。写真の奥が北(名古屋方向)。あいにく、通過した時間は、電車は通りませんでした。
Img_9097c 跨線橋を降りてからは、上り坂。県立桑名高校の南東角あたりを左折Img_9100c (南へ).少し進むと、諸戸水道貯水池遺構があります。初代諸戸清六が、独力で上水道付設を計画し、東方の丘陵地の地下水を集めた貯水池がここです。これによって桑名市内に上水道が普及しました。近代的な上水道としては、全国で7番目。明治37年(1904)に竣工し、昭和4年(1929)まで使用されていました。
Img_9094c  この諸戸水道貯水池遺構の西には、諸戸徳成邸がありました。と過去形で書かねばならないのはとても残念ですが、桑名市が購入するという話もあったものの、結局それはならず、持ち主の方(諸戸家の子孫の方)が手放し、マンションを建てるということで、取り壊されてしまったのです(見学記事は、こちら:2013年11月30日;諸戸徳成邸特別公開へ行ってきました 、2015年5月17日;諸戸徳成邸特別公開 、2017年4月29日;「諸戸徳成邸」特別公開へ……「見納め」になるということで、3回見に行っております)。
Img_9091c 北側の、茶室があったあたりと、諸戸家の墓所は残っています。建物はImg_9088c すでになく、土地の造成工事が行われていました。マンションが建つという話を聞いています。マップにも表示はありませんので、ウォーキング参加者はほとんど気づかず。
Img_9117c ついで太夫の大楠。元々、六本楠という名称の楠(楠群)があり、楠が6Img_9120c 本あったといいます。 天正年間(1573~92)、三河の武士が、この六本楠に隠れて追手から逃れることができ、 一命を取り留めたそうです。後年その楠が枯れた時にその母親がお礼に植えたという話が伝わっています。幹が二つあり、測定が難しいといいますが、環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周6. 80m、樹高20m。説明板では、地上60cmの所で測ると、幹周は10.08mとあります。
Img_9127c 太夫の大楠の隣で、八幡社(南大山田神社)を見つけました。当然、寄り道です(苦笑)。Img_9137c 幸いコースからはほとんど外れません。詳細はまた改めてということにしますが、境内には文政9(1826)年にできた「両宮遙拝所」と、「八天宮」の石碑がありました。いずれもかなり古びています。
Img_9161c 神楽町というなかなかよい名前の住宅街を通り抜け、桑名市の上野浄Img_9198c 水場の脇から、走井山(はしりいざん)公園へ。ここの浄水場には見事なソメイヨシノの木がありますが、今年はもう葉桜。走井山も、100本以上の桜があり、花見の名所。走井山には、戦国時代に矢田城がありました。
Img_9164c 公園内には、桑名市遺族会が建てた殉国碑(2,158柱の碑)や、このあたImg_9206c りにたくさんあった庚申塚を集めたところもあります。もともと明治時代にここに庚申塚を集めたようですが、詳細は不明のようです。これ以外にも庚申塚はあります。
Img_9181c 公園の南には、お菊稲荷と、白龍龍神が祀られています。今までも走井山には何度も来ていたのですが、ここはじっくりと見ていませんでした。けっこういろいろとあり、また、興味深いというか、よく分からないことも出て来ました。調べてみようと思っています。
Img_9221c
Img_9218c 公園に隣接してあるのが、走井山勧学寺。戦国時代矢田城があり、織田信長に滅ぼされましたが、桑名藩主松平(久松)定重により跡地に本堂が再建されています。市内に現存する寺社建築としては最も古いそうです。高野山真言宗の寺。「久波奈名所図会」には、天平年間、行基の草創と伝わりますが、正確なことは未詳。境内には、仏足石の他、たくさんの地蔵堂があります。
Img_9234c 勧学寺から南に下ると、三岐鉄道北勢線・馬道駅に出ます。ちょうど三岐Img_9250c 線のナロー電車がやって来たので、ゆる鉄風に撮ってみました(微笑)。この階段を降りていく途中、「伝村正屋敷跡」の看板があります。村正はもちろん、あの刀鍛冶。馬道駅の横にあるマンションあたりに屋敷があったというのです。
Img_9261c 馬道駅脇の踏切のところに、この三猿の石像があります。これ、2005年5月からの気に入り(微笑)。体調を崩してしばらくの頃、このあたりに気分転換に散歩に連れてきてもらって、見つけたのです。今日は、久しぶりに対面してきました。
Img_9271c 馬道駅を過ぎてすぐに濃州街道を横切ります。この街道は、桑名市三ツ矢橋町から、東員町鳥取、いなべ市員弁町笠田、いなべ市北勢町阿下喜などを経て、いなべ市藤原町山口で巡見道に合流します。
Img_9317c 馬道駅あたりから1km半ほどでサンジルシ醸造に到着。味噌、醤油などImg_9283c をつくっています。もともとは回船業を営んでいたのですが、文化元(1804)年、桑名藩の命により醸造業を始めたといいます。
Img_9289c ここでは、味噌汁を試飲させていただきました。赤の豆味噌です。豆味噌は東海地方限定のようですが、これでなくては味噌汁ではありません(微笑)。子どもの頃から慣れ親しんだ味です(出身の愛知県西三河も同じです)。
Img_9308c 味噌蔵も見せてもらってきました。この写真は、天然醸造蔵。自然の環Img_9309c 境のもとで1年以上をかけて醸成させる蔵です。味噌の香りが堪りません(微笑)。
Img_9316c 即売所もあって、赤味噌500gを¥200で売っていたので、しばし逡巡しましたが、許可なく土産を買うのはどうかと思い、買わず。まぁ、地元の味噌蔵ですから、いつでも買えます。
Img_9320c 以上で本日の正式な立ち寄りスポットは制覇。ただし、個人的にもう1ヶ所寄り道。近鉄名古屋線・益生駅近くに「有王塚 付 俊寬塚(ありおうづかつけたりしゅんかんづか)」があります。あまり有名ではありませんので、ご存じの方は少ないと思います。ここも2005年5月に馬道あたりに来たときに初めて訪れました.ブラブラしていたら、俳句好きとおっしゃる男性が案内してくださったのです。俊寬は平家物語に登場します。有王はその侍童で、亡くなった師の俊寬の骨を高野山に納めるべく旅していた途中、当時、この付近にあった寺の前で没したという伝説によります。
Img_9351c あとはもう、JR関西線と近鉄名古屋線の線路沿いを北に向かって、ゴールを目指すだけと思っていたのですが、途中、三岐鉄道北勢線がJR・近鉄の上を通るところで、レトロカラーの電車がやって来てしまいました(微笑)。このレトロカラー電車、今まであまりきちんと撮影していません。時刻表(何故か三岐鉄道の時刻表を持っていたのです)をチェックすると、10分後に折り返し運転(西桑名駅11時05分発)。近くにいた母娘連れの方も、「えっ!? そうなの? じゃぁ待っていようか」と.この娘さんに「何でそんな時刻表まで持っているの?」と不思議がられました(苦笑)。
Img_9380c 撮影ポイントを迷ったものの、少し戻り、踏切を渡って、三岐線の東へ。カーブして上の写真のところへ出る前のあたりから。鉄ちゃんの方からすれば、もっと良いところがあるとなるのでしょうが、今日はこれで満足(微笑)。
Img_9410c 正式なコースに戻り、線路沿いを1㎞弱。このあたり、以前とはずいぶんImg_9413c 変わって、住宅地に変身しています。再び跨線橋を渡って、ゴールへ。右は、跨線橋の南側の歩道から撮ったもの。
Img_9416c ゴールは、桑名駅手前(南)にあるバスターミナルの一角に設けられていImg_9419c ました。多少の寄り道を経て11時25分に到着。実際に歩いた距離は、6.6㎞ほどでした。わが家から桑名駅までの往復を含め、8.6㎞ですので、普段の散歩に多少プラスアルファというくらい。
Img_9420c 毎度おなじみの「完歩パネル」ではありますが、恒例によDscn6728c り撮影。これをしないと終わった気分になりません。昼前には帰宅(微笑)。これでJRさわやかウォーキングのスタンプは、4個目。
 詳細な記事は、今週半ばくらいからの予定。

| |

« カワラヒワのラブシーンか!?……エナガもツバメも忙しそう | トップページ | 今日も相談会へ……余談はベランダにある藤 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

歴史散歩」カテゴリの記事

JRさわやかウォーキング」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、こんにちは。

昨日のJRさわやかウォーキングは、「手近で間に合わせ」増した(微笑)。
距離も、初心者向けということで、5.8㎞。
ただし、跨線橋を渡って、諸戸水道貯水池遺構から、太夫の大楠までは、上り坂で大変でしたが……。

諸戸徳成邸は、昨年春の特別公開の後、少しだけ調査があって、ほとんどが売却されました。
といっても、昨日、工事業者をみたら、諸戸アイサン住拓でしたから、身内で売り課したのかなという気がします。
個人所有でしたから、維持管理費用の捻出が大変だったようです。

あそこは眺望も抜群ですから、ハイクラスマンションとして売り出せるのではないかと思います。

ところで、レトロ電車の撮影、準備も何もなくて一発勝負(笑)。
跨線橋でもよかったのですが、あそこの方が走ってる感じがするかと思いついた次第です。
また、撮り方をご教示ください。

投稿: mamekichi | 2018年4月15日 (日) 17時06分

mamekichiさん、こんにちは!

昨日のさわやかウォーキングが桑名だったんですね、何とか天気も持ってくれたようで良かったです、さすがに地元という事もあり、知ってる所ばかりで楽しめましたが、諸戸徳成邸を壊してるのは知りませんでした、何度か行った事が有りましたが、行く度に老朽化が酷くなり、さすがに維持出来ないだろうなとは思っておりました。マンションになるとの事ですが、もうちょっと他の何か(記念公園とか野鳥の楽園とか(笑))に出来なかったのでしょうかね。
撮り鉄も楽しまれたようですね、下から見上げて撮影する車両は迫力が有りカッコイイです。

投稿: ひらい | 2018年4月15日 (日) 12時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カワラヒワのラブシーンか!?……エナガもツバメも忙しそう | トップページ | 今日も相談会へ……余談はベランダにある藤 »