« 20180428近鉄ハイキング「多度観音堂から美濃街道を歩き雨尾山飛鳥寺へ」(予告編) | トップページ | 20180423勝手に近鉄ハイキング「名古屋線・津新町駅から松菱、お城公園など」(その1)……津新町駅界隈、松菱百貨店、藤堂家墓所の寒松院 »

2018年4月29日 (日)

九華公園のツツジは盛りを過ぎました……4ヶ所の巣でツバメ、桑名七里の渡し公園の拡張工事

Img_2955c

 ゴールデンウィーク2日目も好天。さすがに昨日の近鉄ハイキングは、暑いImg_2983c 中11㎞も歩いて、疲れました。今日も、四日市で行われているのですが(四日市の古刹垂坂山観音寺を目指して)、パス。8時半からいつも通り、住吉神社、九華公園、京町、寺町、田町ルート、6.2㎞。九華公園のツツジ、ピークは一昨日くらいだったそうで(管理人さん談)、今日はすでに植え込みの下の方の花は傷んできています)。クローズアップか、遠景の写真なら見られます。今日は、水鏡に挑戦してきました。
Img_1091c まずは、こちら。去年11月に九華公園管理事務所に「水鳥カウントボード」Img_1068c を設置していただきました(2017年11月16日:九華公園に「水鳥カウントボー」設置(微笑)……今日も「なんちゃって紅葉」あります)。このときは48羽でしたが、今日は、たったの2羽になりました。散歩友達のTさんは、「寂しいから、この間の10羽のままにしておいてください」と無茶振りをされました(笑)。
Img_1151c 話が後先するのですが、九華公園で鳥もあまりいないので帰ろうかと思っImg_1098c たら、カワウがウナギと格闘しているのを発見。「鵜が難儀するから“ウナギ”」という話を聞いたことがありますが、まさにその通り。
Img_1154c 見つけたときから12分ほど格闘していましたが、最終的には、丸呑みできませんでした。二の丸堀を東から西へ移動しながら、何度も咥えなおしたりしていたのですが、残念でした。カワウにもウナギがご馳走なのかどうかは分かりませんが。「こんな大きなウナギが九華公園にいるのか?」と思われるかも知れませんが、過去にもカワウが格闘しているのを見ていますので、確実にいるとお答えできます。
Img_1072c 今日の九華公園、スズメ、カワラヒワなどはいたものの、鳥はいません。Img_1085c ツグミがまだ1羽、二の丸跡にいました。しかし、もう4月も終わりですからじきにいなくなると思います。エナガは、一時期は親鳥が3~4組いたように思うのですが、この頃はサッパリ。今日は、本丸跡でエサ集めをしている1羽を見たのみ。ヒナも見られません。
Img_1167c ツバメさん。昨日出かけた多度では、町中の本当にあちこちを飛び交っていました(余談ですが、多度大社に向かう道中では、ウグイスの鳴き声もそこかしこから聞こえました)。わが家のまわりでも、朝早くから飛んでいます。
Img_1173c 散歩コースでチェックしてあるツバメの巣は、京町に4ヶ所、田町に3ヶ所Img_1177c (他に入江葭町に1ヶ所)。このうち、今日は、4ヶ所で巣に親が就いていました。これからまだ来るかも知れませんが、昨年までの経験上、その可能性は低いかと思います。左は、呉服屋さん、右はマンション駐車場の様子。いずれも京町。
Img_1186c こちらは田町の2ヶ所。左はある商店の軒先、右はパン屋さんの向かいImg_2987c のお宅。パン屋さんのツバメは、近寄ると巣から飛び立ちますので、卵があるか、気になりますが、観察を続けましょう。
Img_2991c 帰りに桑名七里の渡し公園に寄って来ました。空いています(笑)。子どImg_2992c も達が走り回ったりできてよいと思うのですが……。現在、拡張工事が南東エリアで行われています。拡張工事は、2段階で実施されるようです。取り敢えずは、修景池、せせらぎの石橋が設けられる他、植栽も増えると書いてありました。池ができると、野鳥がもっとくるかと期待します。7月末完成予定。

| |

« 20180428近鉄ハイキング「多度観音堂から美濃街道を歩き雨尾山飛鳥寺へ」(予告編) | トップページ | 20180423勝手に近鉄ハイキング「名古屋線・津新町駅から松菱、お城公園など」(その1)……津新町駅界隈、松菱百貨店、藤堂家墓所の寒松院 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、おはようございます。

カワウ、相変わらずやってくれます。
昨日は、散歩する人も多くて、見物も数名あったのに、残念な結果でした(微笑)。

「鵜が難儀するから“ウナギ”」は、元魚屋さんのご隠居から聞きました(笑)。

ツグミはまだいますが、その他はほとんどいなくなりましたね。
ツグミはエサがあるとそこにとどまる習性があるようです。
そのため、渡ってくるときも、遅かったりするといいます。

ツバメ今年、散歩コースでは4ヶ所。
雛の誕生が楽しみですね。

七里の渡し公園はまだ木が育っておらず、木陰もありませんし、ベンチも少ないので暑いと人は来ないかも知れません。
桑名市は、さくらまつりも、つつじまつりもとくにイベントをしないので、もうちょっと積極的にやってもらいたいですねぇ。

ところで、さすがにユリカモメはいなくなっていたんですね。
加工場の排水、この繁殖の時期にアオサギが集まるとは、よほど魅力的なものが出ている?

投稿: mamekichi | 2018年4月30日 (月) 07時35分

mamekichiさん、こんばんは!

カワウのウナギ漁、相変わらず豪快ですね。写真では呑み込めそうな感じに見えましたが、そう簡単には行かないようですね。また他の獲物探し、大変です。そして、鵜が難儀するから「ウナギ」これは凄い!、また誰かに教えてあげなくては。(笑)
ツグミは、まだ居るようですね、毎年割りと遅くまで見かける気もしますが、記憶が怪しいかも。(笑) ツバメももうすぐ雛誕生ですかね、これからのお楽しみです。
最後に公園、新しい公園なので、まだこれからかとは思いますが、人が居ないのもさみしいですね。桑名市が何かイベントでもやって盛り上げて欲しいところです。

本日は、いつもの海岸&加工場排水を少しだけ確認して来ました、海岸はユリカモメは既にゼロでしたが、加工場は少しだけ排水されており、アオサギ達が集まっており、楽しめました。

投稿: ひらい | 2018年4月29日 (日) 18時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 20180428近鉄ハイキング「多度観音堂から美濃街道を歩き雨尾山飛鳥寺へ」(予告編) | トップページ | 20180423勝手に近鉄ハイキング「名古屋線・津新町駅から松菱、お城公園など」(その1)……津新町駅界隈、松菱百貨店、藤堂家墓所の寒松院 »