« 近鉄ハイキングで“昭和レトロな町でおひなさん 早春の鈴鹿山脈を眺め「あげきのおひなさん」へ”(その3)……鈴鹿山脈を眺めながら、久保院、麻績塚古墳・久保院八十八ヶ所道からいよいよ阿下喜の町へ(まだ続く) | トップページ | 今日は、JRさわやかウォーキング「老舗造り酒屋できき酒と蟹江のまちを散策」へ(予告編) »

2018年3月 3日 (土)

ヒドリガモの諍い、エナガとカラスは巣作り中……住吉入江で翼の欠けたキンクロさん

Img_7377c

 風も弱く、暖かい日になりました。冒頭の写真は、住吉神社の前なのですが、階段を降りて、堤防の下のところまで行って撮ったもの。いつものものとは、ちょっと見え方が違います。今日も、近鉄のハイキングはあるのですが、昨晩は珍しく飲み会をして、かなり飲みましたのでパス(笑)。明日、JRさわやかウォーキングに行こうかと思っています。
Img_7379c 堤防の下に降りたのは、カンムリカイツブリがいたからです。夏羽に変わりつつあるように見えます。もっと寒い頃は、揖斐川にもたくさんカンムリカイツブリがいましたが、このところあまり見なくなっています。
Img_2216c 七里の渡し跡では、ヒドリガモ同士の諍い。2羽のオスがバトルを展開。両Img_7398c 者とも、頭を低くし、尾羽を立ててやり合っていました。何がきっかけになったのか分からないくらいでしたから、きっと些細なことなのでしょう。5ペアいましたが、このあと大半が、堤防に上がって、草を食べていました。毎年、今頃、ここ七里の渡し跡や、蟠龍櫓近くの堤防に上がって草を食べる様子が見られます。
Img_7387c オマケ(苦笑)。ブロ友のひらいさんに、「鳥のお尻の写真で遊べる」と誉めていただいたことがありますが(微笑)、今日は、お尻とは行きませんでしたが、ヒドリガモのオスの後ろ姿。狙って撮ったものではありません。
Img_2224c 九華公園には9時に到着。いつものようにまずは、ゴイサギ・アオサギの確Img_2228c 認。ゴイサギは、やはり5羽。これで安心して、次に進めます(微笑)。アオサギは不在。ただし、最近は、本丸跡南側の松の木にいたり、奥平屋敷跡にいたりします。
Img_2286c こちらは、首長のゴイサギ(笑)。いつもは縮めていますが、こんなに伸びるものなのです。このあと、身繕いに入りました。
Img_2240c カモさんたち、最近メンバーは固定されています。ハシビロガモのオス2羽、メス2羽とキンクロハジロ。今日は55羽。ユリカモメは今日も来ません。
Img_2251c エナガは、ペアリングが済み、巣材を探しては運んでいきます。この2枚Img_2255c は、二の丸跡で撮ったもの。同じ個体です。二の丸跡の松の木や、鎮国守国神社の境内に運んでいくところが見られます。羽毛は、卵を産むところに敷くといいます(こちら)。
Img_2276c カラスも、木の枝を折り取って、咥えて運んでいく様子が見られます。これも巣作りを行っているのでしょう。他にも、カラスが2羽一緒に行動しているところをよく見るようになりましたので、カラスも繁殖の準備に入ったと思われます。
Img_2244c 九華公園ではこのほか、ツグミ、ドバトなど。シメは、ここ数日姿を見ていません。今日は、ジョウビタキも、オス・メスともに見かけませんでした。貝塚公園にも行ったものの、ツグミ2羽、シロハラ1羽を見ただけ。今年の貝塚公園は、鳥がいません。
Img_2304c 暖かくなってきましたので、九華公園の堀では、カメたちがボツボツと出て来て、甲羅干しをしているところを見るようになりました。ミドリガメがほとんどですが、この2匹は、イシガメのように思えます。野球場の南のところでいつも見かけます。
Img_2321c 代わってこちらは、帰り道、三崎見附近くの住吉入江で見たキンクロハジImg_2326c ロのオス。左の写真では分かりませんが、このキンクロさん、左の翼が欠けていました。去年の初夏(たとえば、5月22日:コアジサシ、コチドリ(いずれも抱卵中あり)、ケリそして帰れなくなったキンクロ……5/22遠征その1 河口堰周辺編)、長島の大島水門のところにも翼が欠けたキンクロハジロのオスがいました。こういうことは思っているよりもよくあるのかも知れません。ちなみに大島水門のキンクロさんは、右の翼が欠けていましたので、このキンクロさんではありません。
Img_7444c 寺町商店街の河津桜。どうしても足が向いてしまいます(微笑)。まだ、数Img_7448c 本でしか咲いていませんが、咲き具合が気になるのです。明日は、JRさわやかウォーキングで、蟹江に行こうか、思案中。「老舗造り酒屋できき酒と蟹江のまちを散策」です。「酔泉」というお酒を造っている山田酒造 を訪ねるのですが、昨日の飲み会で、越乃寒梅をしこたま飲んだばかりで……。まぁ、明日の朝、決めることにしましょう。

| |

« 近鉄ハイキングで“昭和レトロな町でおひなさん 早春の鈴鹿山脈を眺め「あげきのおひなさん」へ”(その3)……鈴鹿山脈を眺めながら、久保院、麻績塚古墳・久保院八十八ヶ所道からいよいよ阿下喜の町へ(まだ続く) | トップページ | 今日は、JRさわやかウォーキング「老舗造り酒屋できき酒と蟹江のまちを散策」へ(予告編) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おユキさん、おはようございます。

そうそう、大事な「お尻愛好家」をお一人、忘れていました m(_ _)m
今後とも、ご愛顧を賜りますように。

その他、「ナンじゃコレ写真」、写した当人も、写したときには気づいていないこともあります(苦笑)。
「見れども見えず、聞けども聞こえず」ですね。

投稿: mamekichi | 2018年3月 5日 (月) 10時32分

mamekichi先生、おはようございます。

ヒドリガモさんのお尻が目に入ってしまいました。
やはりここはコメントしておかないと(笑)。

パソコンで拝見していると、拡大しないとわからない、「ナンじゃコレ写真」がけっこうあります。

ずいぶん目が慣れてきたと思っていても、やはり「ナンじゃコレ」はあるのです(笑)。
お尻愛好家の方も、思ったよりいらっしゃって、意外でした^^。

投稿: おユキ | 2018年3月 4日 (日) 08時29分

pnさん、おはようございます。

お尻写真愛好家が、ひらいさんと私だけでなく安心しました(微笑)。
狙ってうまく取れるものではありませんが、ついついカメラを向けたくなります。

脇の下というのもこれまたマニアックな感じで良いですね。

エナガが地面に降りるところは、九華公園でごくたまに見ます。
咥えていた羽毛を拾ったように思えました。

投稿: mamekichi | 2018年3月 4日 (日) 07時36分

omachiさん、おはようございます。

「北円堂の秘密」、存じ上げませんでしたが、また読ませていただこうと思います。
ありがとうございました。

投稿: mamekichi | 2018年3月 4日 (日) 07時26分

ひらいさん、おはようございます。

春めいてきましたね。
私も、歩いていると汗を掻くようになりました。

お尻写真愛好家は、我々だけではなかったようです(pnさんのコメントもお読みください)。
狙って撮れるものではないというところが味噌です(微笑)。

カラス、エナガ、ヒバリそして、カワラヒワなども繁殖期に入ってきているようですね。
ヒナの写真も是非撮りたいと思います。

ユリカモメは、最近九華公園にはほとんど来ませんが、やはり海の方にはまだいるということですね。
町屋川方面にもまた行ってみようと思います。

キンクロさん、去年の大島キンクロに続いて2羽目ですね。
これでは飛べないでしょう。
見守ってやろうと考えています。

投稿: mamekichi | 2018年3月 4日 (日) 07時24分

mamekichiさん、こんばんは!

私もお尻写真は撮ってしまいます。
今日もカイツブリのお尻写真を撮ってまいりました。
脇の下も狙っています。

地面に降りるエナガ、珍しいですね!
私は見たことがありません。

投稿: pn | 2018年3月 3日 (土) 21時26分

歴史探偵の気分になれるウェブ小説「北円堂の秘密」を知ってますか。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索すればヒットし、小一時間で読めます。その1からラストまで無料です。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレに最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。
夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。
岡潔が後半生を暮らした奈良が舞台の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。
(日本史の好きな方には面白いと思います。)

投稿: omachi | 2018年3月 3日 (土) 19時39分

mamekiciさん、こんばんは!

随分春めいてきましたね、自転車移動だと結構汗もかきました。この時期冬鳥も多く見られますし、花も綺麗に咲いててお得な気分です。(笑)
そして、お尻写真!楽しめますよね~。(笑) 割とタイミングが難しいので撮影するのも運次第ですが、撮影出来た時の達成感は半端無いです。(笑) これからもお尻で楽しみましょう!
既に野鳥達は繁殖期に入ってるようですね、エサも豊富になってくる頃ですし、これからが楽しみです。
ユリカモメは、本日木曽川の導流堤に大勢集まっておりました、旅立ちの日も近いのでしょうか。
最後にキンクロさん、翼を失ってしまうとは残念ですね、渡れないのは間違いなさそうなので、暑いですがこちらで元気に暮らして欲しいです。

投稿: ひらい | 2018年3月 3日 (土) 18時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 近鉄ハイキングで“昭和レトロな町でおひなさん 早春の鈴鹿山脈を眺め「あげきのおひなさん」へ”(その3)……鈴鹿山脈を眺めながら、久保院、麻績塚古墳・久保院八十八ヶ所道からいよいよ阿下喜の町へ(まだ続く) | トップページ | 今日は、JRさわやかウォーキング「老舗造り酒屋できき酒と蟹江のまちを散策」へ(予告編) »