« スズメのなる木にアオサギ……午後からは、鳥少なし | トップページ | 20180217酒蔵みてある記「伊藤酒造の銘酒「鈿女」と智積養水をたずねて」(予告編) »

2018年2月16日 (金)

イカル再見……常信寺の梅、開花進む

Img_9395c

 常信寺の梅です。かなり咲いてきました。こうやってとってもそれなりに見らImg_9396c れる景色になりました。右の写真も、同じく、常信寺の白梅。散歩コースあたりでは、鎮国守国神社よりもこの常信寺の方が、梅がよく咲いています。今日は、8時半から11時過ぎまで、住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀公園、寺町と5.7㎞。暖かくて楽な散歩でしたが、鳥は思いの外少なかったのはちょっと残念。
Img_9307c 三の丸公園と、吉之丸コミュニティパークの間で、イカル1羽を発見。シメがImg_9312c 側にいて、互いに牽制しあっているような感じでした。イカルは、2月8日にここで見て以来です(イカルと、ヘンなゴイサギ)。
Img_6179c 九華公園では、アオサギが珍しいところにいました。ここ数年、見たことがなImg_9333c かった場所です。神戸櫓跡に生えている木の上。色・模様からして、昨日、奥平屋敷跡にいたアオサギと思います。10時頃いつもこの下にいらっしゃる女性が、興奮して、「ねぇねぇ、あの鳥なぁに? 大きくてビックリ。初めて見た」と尋ねてこられたくらい。初めて、間近でご覧になるとビックリされるでしょうね。
Img_6174c ゴイサギは、今日も3羽。ただし、そのうち1羽は、どう見ても色が薄め。すぐImg_6177c 近くにいたゴイサギは、右の写真。左の写真のゴイサギは、大人への変身中かと思い、あれこれ検索中。まだはっきりとしたことは分かっていません。分かれば、追記します。
Img_9343c カモたち、今日は57羽。メンバーはほぼ同じ。ハシビロガモのオス3羽、メImg_9346c ス2羽とキンクロハジロ。今日は、ホシハジロのオスは見当たりませんでした。左は、公園内の野球場の南。カルガモとハシビロガモが集まっていました。ちなみに、ユリカモメは、4羽ほどしか来ていません。
Img_9351c このほかには、ジョウビタキのオス(左の写真)や、メジImg_9367c ロ、シロハラ、エナガなどを確認したくらい。モズの鳴き声もしていたものの、姿は見えず。
Img_6204c 貝塚公園では、シロハラを目撃したものの、撮影できたのは、ジョウビタキのメスのみ。毎週、月・水・金は、シルバー人材センターの方が清掃に入っていらっしゃいますが、清掃の場所によっては、鳥はほとんど見られなくなります。このほか、アオジのメスか?と思う鳥も見たのですが、はっきりとは確認できませんでした。
 明日は、またまた、近鉄ハイキング「酒蔵みてある記」がありますので、行こうかと思っています。四日市市内で、「伊藤酒造の銘酒「鈿女」と智積養水をたずねて」が開催されます。日曜(2/18)は、蟹江駅で、「歴史と文学のまち蟹江町散策と山田酒造「醉泉」・「最愛」」もあるのですが、連チャンはちょっと大変かと思っています。
【付記】 ブログの容量が、またもや減ってきました。大量の写真をアップしているので、当然ですが……。「お知らせ」にも書きましたように、2012年12月までのデータは削除しつつありますが、抜本的な対処が必要かも知れません。この2月4日までの記事は、「猫の欠伸研究室(アーカイブ)」の方にもあります。

| |

« スズメのなる木にアオサギ……午後からは、鳥少なし | トップページ | 20180217酒蔵みてある記「伊藤酒造の銘酒「鈿女」と智積養水をたずねて」(予告編) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おユキさん、説明不足でしたが、いただいたコメントが長かったり、複数あったりすると、テキストエディタでコメントを書いた上で、コピペしています。

どうやらそれに失敗したみたいです。
以下は最初に書いたはず(?)のコメントを、脳内再現したものです(爆)。

梅はかなり咲いてきて、よい香りも漂っています。

ボケの花は、前は時々見ましたが、最近はあまり目にしないように思います。

ボケの花は、最初に体調を崩して休んだ頃(今から13年ほど前)、病院の帰りに「惚けているからちょうどよい」と、盆栽を買ってきてしばらく世話をしたことがありました。

イカルとシメは、同じアトリ科の鳥で、食べ物も似ています。
そのため、あのような大きくて、力がありそうな嘴をしています。

ということで、惚けた話を書いたせいでボケをかましたという、始末でした。

投稿: mamekichi | 2018年3月 5日 (月) 20時01分

おユキさん、失礼しました。

3つもコメントをいただきましたので、取り紛れました(とおユキさんのせいにしています)。

老人力が身についてきたせいかもしれませんので、くれぐれもお気をつけいただければ幸いです。

投稿: mamekichi | 2018年3月 5日 (月) 19時55分

ammekichi先生、こんにちは。

先生~(汗)。
いくらボケの花の話だからって、ボケをかましてくださらなくても・・・。
”イカル”ますよ!(笑)。

投稿: おユキ | 2018年3月 5日 (月) 16時23分

おユキさん、おはようございます。

書き散らしたものが溜まっております。
先週、今週と立て続けに行きましたので、書く方も追いついていないという現状もあります故、ゆるりとどうぞ。

さて、富田一色薬師堂の薬師如来のいわれは、たぶん伝承で、それを裏付ける文書などはないと思います。
伝承には真実も含まれるでしょうが、永年伝わる間に「伝言ゲーム」のような状況が生じて、話が変わってしまっていることも多い気がします。

試飲でよい気分になりますし、即売会で酒を買い、あわせてそこに出店している店でつまみを買い、宴会をしている方もあります(笑)。
一人で行くとそこまでしようとは思いませんが、どなたか連れがあると、やってしまいそうな危険性を感じています(微笑)。
今のところ、お風呂屋さんはコースにありませんから、何とか庄助さんになることはないと信じています。
が、参加された方の話を聞いていると、「帰りに○○駅で降りて、ビールを飲んでいこう」とか聞こえて来たりしますよ。

まぁ、身上をつぶすほどの小遣いは与えられておりません故、今のところは大丈夫かと思っています。

投稿: mamekichi | 2018年3月 5日 (月) 10時42分

mamekichi先生、こんばんは。

この記事から、もう何日も経っていますが、こちらでも梅は咲いています。
ただ、ボケの花を、今年はあまり見ないことに気付きました。
梅より早い時期に咲く花と思っていたのですが、勘違いだったのでしょうか。
ボケの花、そちらはいかがでしたか?

イカルさんとシメさん、よく似ていますね。
ポチポチと何度もクリックして、見比べてしまいました。

投稿: おユキ | 2018年3月 4日 (日) 20時11分

ひらいさん、こんばんは。

イカル、いるようですね。
おっしゃるようにすてきな鳴き声ですぐに分かりました。
シメと一緒にいて、牽制し合っているようでした。

アオサギ、鎮国守国神社の社務所裏に来る個体とは、色模様が若干異なるようです。
遠目には分かりませんが、この女性、出勤前にいつもここで一休みしていらっしゃり、そのときにご覧になったようです。

今日は、ご推察の通り、またもや近鉄ハイキングの酒蔵みてある記へ行っておりました。
ジンクス通り、雨・霰・強風に見舞われながらも完歩してきました(微笑)。
試飲の量がちょっと物足りませんでしたが、風邪は引かなかったようです。

ところで、SDカードが真っ二つとは、そんなことがあるものなんですね。
データ転送後だったというのは、まさに不幸中の幸いでした。

投稿: mamekichi | 2018年2月17日 (土) 21時09分

mamekichiさん、こんにちは!

イカルがずっとご滞在中ですね、自分はなばなの里辺りで見た事が有りますが、あの鳴き声は素敵ですね。アオサギも存在をアピールしてるのでしょうか、散歩の皆さんの評判も上々のようですね。
今日も風が非常に強く寒いですが、近鉄ハイキングに行かれているところでしょうか、風邪などひかないよう充分ご注意下さい。
自分は、本日ヘコミ復活散歩に行ったつもりが、帰宅後マイクロSDカードが真っ二つになり、またヘコんでおります。(笑) データ転送後だったので、まだ運が良かったです。

投稿: ひらい | 2018年2月17日 (土) 14時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スズメのなる木にアオサギ……午後からは、鳥少なし | トップページ | 20180217酒蔵みてある記「伊藤酒造の銘酒「鈿女」と智積養水をたずねて」(予告編) »