« 九華公園のパネル展示を「桑名の城跡・47」に変えていただきました | トップページ | 20180217酒蔵みてある記「伊藤酒造の銘酒「鈿女」と智積養水をたずねて」(その1)……一生吹山「登山」、一生吹配水池、毘沙門天を経て、東名阪自動車道の下まで »

2018年2月19日 (月)

ツグミ・デーでした

Img_0014c

 鎮国守国神社の拝殿前にある白梅です。少しずつ咲いてきました。やはり、去年より半月ほど遅い印象です。朝は冷えていましたが、日が昇るにつれ、少し暖かくなりました。8時40分から11時半過ぎまで、まったくいつものように散歩(笑)。「判で押したように」とは、このことです。住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀南公園から京町、寺町と5.7㎞。
Img_6314c 今日はさながら「ツグミ・デー」でした。合計10羽を確認。昨年並みになってImg_6406c 来たという印象です。左は、揖斐川の堤防で、右は内堀南公園で。右の写真、背景には餌を啄むスズメたちも写っています。
Img_9926c こちらは、散歩に出たとき住吉入江にいたヒドリガモのオス。メスはいませImg_6319c んでしたから、単独オスの方と思います。このほか、住吉神社前の揖斐川には、コガモが9羽、ヒドリガモが22羽、カンムリカイツブリが1羽と賑やか。
Img_9934c 蟠龍櫓の東の堤防には、今日もヒバリの家族。枯れ草に紛れていて、なかImg_6318c なか見分けがつきません。地鳴きではなく、さえずりに近い鳴き声が聞こえていました。すでに春が来ているのかも知れません。
Img_0053c 九華公園のゴイサギは、いつも通り3羽。社務所裏のクスノキには1羽。こちら、社務所北のところに2羽。向かって右下のゴイサギは、羽の色が薄いと、まったく同じパターン。今日は、アオサギは不在。
Img_9951c カモも、数が64羽と多かったことを除けば、いつもと同じ(苦笑)。ハシビImg_0060c ロガモのオス3羽、メス2羽、ホシハジロのオス1羽、他はキンクロさん。もう2月も半ばですから、ヒドリガモや、ホシハジロのメスなどは来ないかも知れません。ちなみに、ユリカモメは今日もゼロ。餌がもらえないからというのがもっとも考えられる理由。
Img_6351c オオバンもすっかり、九華公園の堀に定着しています。左の写真は、甲羅干しスロープに上がったところ。あの、大きな「弁足」がよく見えています。オオバンは、ここに上陸して、身繕いをしています。
Img_6360c 今日は、いろいろな小型野鳥が出て来ていました。ビンズイ(左の写真)Img_0029c の他に、シメ(右)。ビンズイは、奥平屋敷跡や本丸跡で、シメは吉之丸コミュニティパークでも見ましたが、これは本丸跡で。何か、丸いものを食べています。よく見つけるものです。
Img_0050c シロハラは、3ヶ所で確認。奥平屋敷跡と、土俵近くで2羽。写真は、土俵近くにいたもの。ここでは、この2羽が互いに牽制し合うように鳴いていました。テリトリー争いかという印象があります。今日は、このほか、エナガ、シジュウカラ、コゲラ(以上は群れで移動)、ジョウビタキのメス、オスなども見たものの、きちんとした写真には撮れずじまい。
Img_6403c 貝塚公園、今日は、造園業者の方が入って、手入れの最中でした。ツグミ1羽を見たほかは、このシロハラ、カワラヒワくらいで残念。
Img_0073c 梅が咲いてきましたので、桜が気になります。これは、寺町商店街にある河津桜。つぼみは結構大きくなってきている感じがします。なばなの里では、ごく一部ですでに咲き始めているといいます(2018.02.12 アオサギ探しの旅、運が良いのか悪いのか(笑))。
Img_6336c 余談です。昨日、「桑名の城跡・47」のパネル展示などについて書きましImg_6341c たが、今日、Oさんがさらにこのような看板を設置してくださいました。恐縮です。ほとんどはOさんの手によるお仕事で、元ネタを提供しただけなのに、です。「九華公園を楽しく歩こう」の資料とともに、管理事務所前にファイルを置いていただいています(左の写真)。
Img_6347c 昨日も載せましたが、この「城跡マップ」は、Oさんの力作です。一目瞭然とはこのこと。お近くの方、機会がおありでしたら、是非実物をご覧にお立ち寄りください。

| |

« 九華公園のパネル展示を「桑名の城跡・47」に変えていただきました | トップページ | 20180217酒蔵みてある記「伊藤酒造の銘酒「鈿女」と智積養水をたずねて」(その1)……一生吹山「登山」、一生吹配水池、毘沙門天を経て、東名阪自動車道の下まで »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

歴史散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 九華公園のパネル展示を「桑名の城跡・47」に変えていただきました | トップページ | 20180217酒蔵みてある記「伊藤酒造の銘酒「鈿女」と智積養水をたずねて」(その1)……一生吹山「登山」、一生吹配水池、毘沙門天を経て、東名阪自動車道の下まで »