« イカルと、ヘンなゴイサギ | トップページ | 法事のついでに「應仁寺(おうにんじ)と三河の蓮如上人展」へ »

2018年2月 9日 (金)

弥富野鳥園で猛禽類、サギ山、三ツ又池公園も見てきました

Img_5645c

 天気もよく、暖かくなるという予報で、弥富方面へプチ遠征。三ツ又池公園Img_5737c と、某所のサギ山の様子を偵察。ついでに弥富野鳥園にも立ち寄って来ました。三ツ又池公園では、いつものように、ウォーキングコースに沿って一周。しかし、期待したほど野鳥はおらず、ちょっと残念。サギ山も、右の写真のように、まだボツボツと集まり始めたかな、という印象でした。
Img_8104c 今日は、こちらから。弥富野鳥園の上空を旋回していた猛禽類(笑)。オオタカか、ハイタカか??と、迷っています。弥富野鳥園の昨年の観察記録を見ますと、2月前後にはどちらも記録に載っています。 2月4日に行われたミニ観察会では、オオタカが観察されています。

Img_8108c

Img_7999c さて、三ツ又池公園。昨年末や、昨シーズンは、ミコアイサが来ていました。最近はいないようですが、淡い期待を抱いて、久しぶりにやって来ました。12月28日以来です(三ツ又池公園でミコアイサのオス、ミサゴ……アクアプラザながらへも(微笑))。このときは、ミコアイサのオスを確認しています。結論から書きますと、ミコアイサは不在。それどころか、カイツブリ、カンムリカイツブリ、オオバン、コガモ、カルガモくらいしかいませんでした(涙)。
Img_5655c カイツブリは、合計で10羽以上はいたと思います。小さい体ではあるものImg_5656c の、あの独特の鳴き声が響き渡っており、元気いっぱいという様子です。カンムリカイツブリ、今日見たのは、この1羽のみ。
Img_5658c 中之島の南側、日当たりのよいところは、ほとんどカルガモが日向ぼっこ。ごくわずか、コガモとカワウが混じっていました。ただ、ここも一回りしてきたら、誰もいなくなってしまっていました。ゴミ収集の小舟が通ったからかも知れません。
Img_5683c 今日最も多かったのは、こちら、コガモ。数10羽は確実。それ以上いたかImg_5679c も知れません。歩いて見て回っているうちに他からもかなりたくさん、飛来していましたし。
Img_5707c 池の南の方や、ここ蓮池では、薄く氷が張っていて、近くの水路の堤防Img_8019c の上にコガモが集まっていました。凍ってしまって、居所がなくて、困ったという感じです。
Img_5696c 公園の周囲の水田にも、ツグミとムクドリがいたくらいで、一周2㎞あまりのウォーキングコースを45分ほどでクリア(いつもは、野鳥を見て、写真を撮りながら1時間~1時間半くらいかかるのに!)。
Img_5766c 弥富野鳥園へ移動。ここの駐車場にクルマを置いて、徒歩でサギ山を見Img_8040c_2 てきました。往復1.3㎞ほど。現地に着いたときには、サギ山上空を、アオサギが10数羽、舞っていました。サギ山に降りたものもいますし、どこかへ飛び去ったものもいました。サギ山にいたアオサギは、道路を挟んだところから見える範囲では、10羽ほど(9カ所)。例年、コロニーができると、ダイサギなども混じりますが、今日はアオサギのみ。
Img_5716c 左の写真の2羽のアオサギは、すぐ近くにいましたので、ペアのような気Img_5723c がします。向かって右側のアオサギさん、嘴のピンク色が一段と濃いような感じ。右の写真のアオサギは、かなり高いところに陣取って、あたりを睥睨しています。
Img_8056c 去年は、2月8日に来ていますが(ミコアイサ、三ツ又池公園に再登場……弥富のサギ山も)、そのときとほぼ同じような印象です。最盛期は、まだ1ヶ月も2ヶ月も先でしょうが、また、折を見てチェックに来ようと思います。
Img_8080c 野鳥園からサギ山へ往復する途中、モズ1羽と、このオスのジョウビタキImg_5763c 1羽を目撃。野鳥園の中では、ツグミが何羽かいました。もう少し丁寧に見て回ると、たくさんの野鳥を見つけられるのだろうと思います。また一度、ゆっくり来た方がよさそうです。
Img_5771c 野鳥園の中にある池。その側まで降りていけますし、行った先には、水Img_5777c 鳥たちを刺激しないで観察できるよう、シートに覆われた観察場所があります。ここまで行ってみたのですが、残念ながら、水鳥はほとんどいませんでした。
Img_5775c アオサギ3~4羽、カワウなどが見えただけでした。ここから建物に戻るときに、はじめに載せた猛禽類が飛んでいるのに気づいたのです。
Img_5715c 明日は、実家方面で所用があり、出かける予定。ついでに美術館に立ち寄って、展覧会を見てきたいと思っています。さらに、日曜日は、またもや(苦笑)、近鉄ハイキングに出かけようと企んでおります(微笑)。

| |

« イカルと、ヘンなゴイサギ | トップページ | 法事のついでに「應仁寺(おうにんじ)と三河の蓮如上人展」へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

pnさん、おはようございます。

三ツ又池公園は、昨シーズンに比べ、野鳥の種類、数ともかなり少なく、ちょっと残念でした。

猛禽は、おっしゃるように、尾羽のところがやたら細く、それも迷う一因でした。
大きさはトビくらいありましたから、オオタカかと思ってはいました。

九華公園、シメは1羽だけですが、居着いています。
イカルは、初めて見ましたが、大騒ぎをしていて、退屈しませんでした。

投稿: mamekichi | 2018年2月10日 (土) 05時58分

ひらいさん、おはようございます。

しばらく行っていませんでしたので、三ツ又池公園とサギ山、ついでにというつもりで弥富野鳥園に出かけました。

三ツ又池公園は、ちょっと寂しい感じでしたが、カイツブリの元気な鳴き声に励まされました(笑)。

猛禽類は、大きさもトビくらいはありましたので、オオタカだろうと思ったのですが、今ひとつ自信が持てないでいました。

ミコアイサはもう一度みたいので、両ヶ池にも行ってみようかと思っています。

サギ山は、ありがたいですね。
おっしゃるように「安心の場所」です。
治水神社の様子も見たいですし、ついでにひらいさんがタゲリをご覧になったあたりも見てきたいところです。

投稿: mamekichi | 2018年2月10日 (土) 05時54分

mamekichiさん、こんばんは。

三ツ又池公園、さみしいですね。
猛禽は尾羽が抜けてしまっているのでしょうか?
すごく細くなっていますね。私ならオオタカとします。
(断定はいたしません)

こちらは今年シメが全くいません。
九華公園はシメが定着していてうらやましいです。
イカルはいろいろな場所で見かけるので多いかもです。

投稿: pn | 2018年2月 9日 (金) 20時38分

mamekichiさん、こんばんは!

遠征お疲れ様でした、自分も明日からの3連休中に確認しに行こうと思っておりました、事前に情報が判って安心しました、もちろん行かないと言う選択肢は有りませんのでご安心下さい。(笑) やはり自分の目で見たいというのは有りますね。
オオタカ・ハイタカ、下から見ると良く判りませんが、やはり猛禽類はカッコイイですね、オオタカは一度だけ長良川で確認しましたが、それっきりです。
三ツ又池公園も、ミコアイサが居ないとちょっと寂しいですね、結局今年度は未確認のままです。3連休中に来てくれないかと期待しています。
このサギ山が有れば、アオサギ確認の心配は無用ですね、やはり安心の場所です。(笑)

投稿: ひらい | 2018年2月 9日 (金) 20時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イカルと、ヘンなゴイサギ | トップページ | 法事のついでに「應仁寺(おうにんじ)と三河の蓮如上人展」へ »