« 酒蔵みてある記“銘酒「三重の寒梅」丸彦酒造をたずねて”へ(その1)……伊勢松本駅をスタートし、松本神社、建正山正一位稲荷大明神あたりをウロウロ | トップページ | 寒い中散歩に出たらご褒美がありました……ウグイス、ジョウビタキ、シメ、ビンズイなどなど »

2018年1月28日 (日)

地面から冷えてくるような日……朝は鳥見、午後は研究会へ【「三重の寒梅 大寒しぼり 限定酒」について付記しました】

Img_4243c

 今日も、冷える日でした。最低気温は-3.5℃、最高も2.8℃にとどまったようです。拙宅マンションの大規模修繕工事も終盤となり、北側のシートや足場もかなり解体され、玄関先からまた、藤原岳などがよく見えるようになりました。今朝は、ご覧のとおり、かなりの積雪。
Img_4276c 午後から出かける予定がありましたので、8時40分から10時半過ぎまで、住吉神社から九華公園、江戸町、本町あたりを散歩して来ました。4.4㎞。九華公園では、地面が冷たい感じで立ち止まって話していると、足の裏から冷えてくる気がしました。江戸町、本町あたりを歩いたのは、あることを調べようと思ってですが、それはもう少しきちんとしてから、書くに足りる内容があれば、書くつもりです。
Img_5317c 三の丸水門まわりの堤防では先日から、ヒバリの姿が見られるようになっImg_5312c ています。今日は、これまでで最も多く、6羽が一所懸命に餌を探していました。割と近くまで行っても、気づかないくらい。その側には、メスのホオジロが1羽。ホオジロもこのところ時々見かけます。
Img_4265c 9時頃九華公園到着。しかし、この寒さのせいか、ドバトやスズメはそれなりImg_5470c にいたものの、ヒヨドリの声もあまり聞こえません。鎮国守国神社の社務所裏には、ゴイサギが1羽。いかにも寒そうな感じでした。1時間ほど後にもう一度見に行くと、2羽になっていました。右の写真では、右上にいるのが、9時過ぎからいた方のゴイサギ。
Img_5333c カモは計49羽。メンバーは、相変わらずハシビロガモのオス1羽、メス2羽Img_5338c の他は、キンクロハジロ。ヒドリガモはすっかり、お見限り(笑)。ホシハジロも、来なくなりました。ユリカモメは、日曜の今日は餌をもらえることを学習したのか、かなりたくさんいました。が、きちんと数えられたのは、74羽まで。数えている途中から、餌をやる人が2人。大騒ぎで、とてもカウントできません(苦笑)。
Img_5357c 管理事務所の南で、久しぶりにジョウビタキのメス。寒いせいか、ふっくらしています。人呼んで「ジョビボール」。割と人懐っこい鳥なので、しばらく相手をしてくれました(微笑)。寒かったものの、気持ちはちょっとほっこり。
Img_5361c 近くの「カメの甲羅干しスロープ」には、オオバンが1羽上陸。オオバンは、今年は、九華公園に常に2~3羽はいます。定着というか、常駐というか。カモたちの側にいたり、あちこち泳いで餌を探したり。独自の行動パターンです。
Img_5382c 奥平屋敷跡では、シロハラが1羽。例年、鎮国守国神社の境内にある森Img_5395c にいることが多いのですが、今年は、ここ奥平屋敷跡や、北門を入った土俵の近くでよく見ます。奥平屋敷跡への入り口では、ビンズイが数羽。ビンズイは、少しずつ移動し、二の丸跡や、本丸跡でも見ました。これで九華公園に居着いてくれると楽しめるのですが……。
Img_5436c 朝日丸跡では、こちら、ハシボソガラスさん。割と近くを歩いても、ここから動きません。はじめの方にも書きましたが、地面から冷えてくる感じでしたので、このカラスさんも同じようなことを感じていたのかも知れません(苦笑)。地面に出た木の根っこの上にずっといました。
Img_5457c ハクセキレイは、相変わらず九華公園内のあちこちで見かけます。ハクセキレイも、餌には苦労しているようですが、こちらは何かを嘴で啄んでいました。
Img_5448c 九華公園、去年は今頃、すでに白梅も、紅梅も咲き始めていたのですが、今年はまだこんなつぼみ(写真は、九華招魂社の前の白梅。紅梅も同様です)。椿も少ししか咲いていません。乙女椿もまだまだです。次の土曜は、節分。そろそろ、椿や梅の花が見たいところです。
Dscn5963c ところで、午後からは、こちら、愛知県日進市にある某女学園大学へ。心理アセスメントの研究会に行ってきました。WISC-Ⅲを用いた、小学校6年生の男のお子さんの事例。報告してくださった方は、まだお若い先生でしたが、よく考えておられ、アセスメント結果をきちんと踏まえた支援を実践していらっしゃいました。ついついあれこれと講釈を申し上げてしまいましたが、多少ともお役に立てたのであれば、幸いです。
 “酒蔵みてある記“銘酒「三重の寒梅」丸彦酒造をたずねて”の続編は、また明日以降、書くつもりです。
Img_5283c 【付記(1/28)……「三重の寒梅 大寒しぼり 限定酒」について】
 危うく書き忘れるところでした。昨日の土産である「三重の寒梅 大寒しぼり 限定酒」、夕食の時に味わいました。辛口で、ややフルーティ。後口を引かず、美味しいお酒でした。米は山田錦。アルコール度数は17度。「純米吟醸原酒」なので、醸造用アルコールは添加されていません。いやぁ、堪りませんねぇ(微笑)。

| |

« 酒蔵みてある記“銘酒「三重の寒梅」丸彦酒造をたずねて”へ(その1)……伊勢松本駅をスタートし、松本神社、建正山正一位稲荷大明神あたりをウロウロ | トップページ | 寒い中散歩に出たらご褒美がありました……ウグイス、ジョウビタキ、シメ、ビンズイなどなど »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

TAKUさん、こんにちは。

本当に寒い日が続き、参ります。
寄る年波で、寒さが一段とみにしみるようになった気がします(苦笑)。

今年は、椿もまだほとんど咲かず、梅も少しつぼみが膨らんだかなという感じで、咲くのが待ち遠しいところです。

「南岸低気圧」ということば、以前はまったく知りませんでしたが、すっかりなじみになってしまいましたね。
あまりありがたくない低気圧です(笑)。

鳥たち、寒くなりますと皆羽の下に空気を含み、丸くなります。
今日もたくさん、まん丸の鳥を見てきました。
キンクロさん、今年は少し少なめですが、堀にてお待ちしているとのことでした。

「酒蔵みてある記」、寒かったのですが、甘酒の振る舞いと、試飲で暖まりました(微笑)。
三重県は、案外酒蔵が多いんだそうですね。
歩くのは大変ですが、楽しめますよ。

松彦酒造、確かに川島の昔からの町の細い道沿いにありました。
大賑わいでしたよ。

投稿: mamekichi | 2018年1月29日 (月) 12時59分

おはようございます!
寒い日が続きますね(^^;)

寒い中でも、梅の花が開花すると気分的に春が少しずつ近づいていると実感するところですが、今年はまだのようですね。

また今週も南岸低気圧が来るとかで、はやく暖かくなってほしいものです(^^;)

“ジョビボール”可愛らしくてたまりません(^^)
寝ぐせのついた黒ーい鴨さんも見たくなってきたので、また九華公園にも行ってみます(^^)!


前回の記事の酒蔵みてある記、楽しそうですね(^^)
丸彦酒造、川島に住んでいる同僚を迎えに行ったときに狭い道に入ってしまい、そのときに、三重の寒梅ここなんだ!と思った覚えがあります(笑)

投稿: TAKU | 2018年1月29日 (月) 09時11分

ひらいさん、こんばんは。

今日は(も?)、冷えましたね。
バールフレンドのお二人もいらしたのですが、「足下から冷える」とおっしゃって、早々に帰って行かれました。
本当に足の裏から冷えてきた感じでした。

手袋をしてカメラを扱うのは、難しいですね。
私は、毛糸のものを使っていますが、とっさの操作が遅れる感じがします。

野鳥たち、いつものことながら、この時期の餌探しは大変なようです。
ユリカモメは、餌がもらえるので、大騒ぎ。
キンクロさんたちカモは、勢いに負けて、今日は争奪戦にはあまり参入していませんでした。

ゴイサギも、他の鳥も保温体制でしたね。
ゴイサギが、顔を突っ込んでいるところがどうなっているのか、気になっているのですが、今ひとつよく分かりません。

山に近いところは寒かったでしょうね。
昨日の近鉄ハイキングでも、雪がかなり降って往生しました。

投稿: mamekichi | 2018年1月28日 (日) 21時45分

mamekichiさん、こんばんは!

今日も寒い一日でしたね、歩くと割と温まるのですが、指先だけは痛くなってきます。手袋しながらカメラを使うのは結構難しいので、結局使わずです。
寒いですが、野鳥達は元気にエサ探しですね、九華公園ならエサゲットの確率も高くなりそうなので、集まる数も多くて楽しそうです。
二羽のゴイサギ、全く同じ格好ですね、寒い時の保温方法ですね。
今日は鈴鹿インター近くの竜ケ池と大安の両ケ池に行っておりましたが、両場所共に雪が降って寒かったです。

投稿: ひらい | 2018年1月28日 (日) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 酒蔵みてある記“銘酒「三重の寒梅」丸彦酒造をたずねて”へ(その1)……伊勢松本駅をスタートし、松本神社、建正山正一位稲荷大明神あたりをウロウロ | トップページ | 寒い中散歩に出たらご褒美がありました……ウグイス、ジョウビタキ、シメ、ビンズイなどなど »