« 近鉄ハイキング「巨大かぼちゃ『中風封じの田村寺』と垂坂公園を訪ねて!!」へ(その1) | トップページ | 近鉄ハイキング「巨大かぼちゃ『中風封じの田村寺』と垂坂公園を訪ねて!!」(12/22)へ(その2) »

2017年12月23日 (土)

キュートなユリカモメに参りました

Img_1305c

 さすがに13㎞歩くというのは、疲れました。今日は、昼食後、1時間ほど爆睡しておりました(苦笑)。「何事もホドホドが肝心」といいますが、「ほどほど」ほど(親父ギャグではありません)難しいことはありません。今日はいつも通り、8時40分から11時半、住吉神社、九華公園、貝塚公園、春日神社などを回って5.9㎞。今日も暖かい日です。
Img_1341c 今日は何といってもこの写真です! うまい具合にポーズを撮ってくれたように見えます。こういう写真が撮れますから、鳥見は止められません(微笑)。九華公園二の丸橋にて。
Img_9123c その九華公園の二の丸橋、先日は、合計10羽くらいしかユリカモメが並びImg_9103c ませんでしたが、今日は、80羽以上が集まっていました(数えられたのは、81羽)。そっと近づいて行くと、3~4mくらいのところまで近寄っても大丈夫でしたので、いろいろと試してみました。
Img_9168c 左は、ちょっとビビって、そっと離れようとする、ユリカモメの若。3mくらい以内に行くと、やばいようです。この写真、116mmで撮って、ノートリミング。
Img_9191c 左は、250mmで撮って、やはりノートリミング。上左と同じ個体のユリカモメ。Img_9150c 右は、橋のたもとに降りて、ちょっと見上げるような感じで撮ってみました。ワンパターンからの脱却で、これからもあれこれ試みてみようと思っています。
Img_9250c 公園内を一周して、二の丸橋の南の袂に来たら、キンクロハジロが2~3Img_9255c 羽潜っているところに、ユリカモメも集まって騒ぎになっていました。浮かんできたキンクロハジロを追いかけたり、ダイビングするユリカモメがいたり。
Img_9260c はっきりとは捉えられませんでしたが、オレンジ色のものを咥えて浮かんでくるユリカモメがいました。何か餌になるものがここにいる(ある?)ようです。このオレンジ色のものが何かは、不明。
Img_1284c さて、話を戻して、揖斐川沿いから。住吉水門のところでは、ツグミ。おとImg_1285c といもここで見ました。ツグミも好みの場所があるでしょうから、同じツグミかと勝手に決めています。揖斐川には、カンムリカイツブリが合計7羽ほど。カンムリカイツブリも潜水名人に変わりなく、結構長い時間潜って、かなり遠いところに浮上してきます。
Img_9098c 九華公園のカモ、しばらく40羽台が続いていましたが、今日は54羽。ただImg_9265c し、ヒドリガモの姿が見られなくなりました。ハシビロガモのオス2羽、メス2羽、ホシハジロのオス1羽とキンクロハジロ。他にオオバンが2羽。オオバンも居着いたのかも知れません。
Img_1307c 公園内を一回りして、アオサギ、ゴイサギを再確認に行ったところ(どちらImg_1314c も今日はいませんでした)、北門近くの堀にイソシギが1羽。10月頃から時々見ています。今日は、右のように、イソシギ、ヒヨドリ、キジバトのスリー・ショットも撮れました。ヒヨドリやキジバトも水に入るんだというのも、新発見でした。
Img_1326c 同じ頃、土俵の近くでは、ツグミが2羽、地上に降りて、採餌中。両方とも、黒っぽい木の実を啄んでいました。このあと、モズが出て来たのですが、あいにくピンぼけ写真(苦笑)。
Img_9273c モズは、貝塚公園でもでてきました。証拠写真ですが、載せておきます。貝塚公園、例年、ツグミがわんさかいるところなのですが、今シーズンは、未だゼロ。ヒヨドリも少なめ。ウグイスの地鳴きらしきものは時々聞こえます。
Img_1351c 今日は、一周してもシロハラが見つからなかったのですが、帰る寸前、Img_9282c 木々の下で待っていたら、ひょっこり出て来ました(微笑)。じっと動かず、観察と写真撮影だけしていましたら、目の前数mのところで餌探し。
 ということで、今日のバードウォッチング、鳥の種類は多くはなかったものの、しっかりと楽しめました。そろそろ年賀状をつくらねばなりませんが、パソコンを更新したため、今迄使っていたハガキ作成&住所管理ソフトが使えなくなり、データ移行と、使い方習熟に手間取っています(苦笑)。

| |

« 近鉄ハイキング「巨大かぼちゃ『中風封じの田村寺』と垂坂公園を訪ねて!!」へ(その1) | トップページ | 近鉄ハイキング「巨大かぼちゃ『中風封じの田村寺』と垂坂公園を訪ねて!!」(12/22)へ(その2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、こんばんは。

ユリカモメ、気に入っていただけたようで、ありがとうございます。
おっしゃるように、アオサギなどよりははるかにフレンドリーです。
今日は、3m以内に接近できました。
最初のツーショット写真は、ちょうどうまい具合に撮れました。

最近、散歩友達の方たちも、ユリカモメはカワイイ顔をしているのに、けっこうエグいという認識が行き渡ってきています(苦笑)。
餌取り合戦になると、本当にキンクロさんには、酷い仕打ちをします。
今日も同様でした。

ヒヨドリ、イソシギ、キジバトのスリーショットは、たぶん狙っても撮れないでしょうね。
イソシギを追いかけていたとき、キジバトは近くにいたのですが、そこへヒヨドリがやって来て、これまたうまく撮れました。

九華公園あたりでは、センダンの実もほぼ食べ尽くしていますので、ヒヨドリやムクドリは、これから餌に苦労する季節ですね。

投稿: mamekichi | 2017年12月24日 (日) 18時36分

mamekichiさん、おはようございます!

ユリカモメ、キュートですねぇ、星型の嘴が最高です。良く見ると鼻の穴みたいなのもありますね、ユリカモメはサギ達よりはフレンドリーなようで、割と近づけますよね。九華公園のユリカモメなら、人慣れしてると思いますし。
キンクロさん、ユリカモメにいじめられてますね。(笑) ハクセキレイと同じで可愛い顔しててもやる事はえげつないです。
ヒヨドリ、イソシギ、キジバトのショット、これは羨ましい、ヒヨドリファンとしては是非とも見たいシーンです。ヒヨドリは、最近やっと姿を見るようになってきましたが、相変わらずの暴れん坊で、小型野鳥を蹴散らしたり、大声で叫びながら飛び回ったりと、撮影どころでは無い状態です。

投稿: ひらい | 2017年12月24日 (日) 08時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 近鉄ハイキング「巨大かぼちゃ『中風封じの田村寺』と垂坂公園を訪ねて!!」へ(その1) | トップページ | 近鉄ハイキング「巨大かぼちゃ『中風封じの田村寺』と垂坂公園を訪ねて!!」(12/22)へ(その2) »