« 雨に降られ、鳥もおらず(涙) | トップページ | 淡々と飽きもせず、平凡な散歩 »

2017年11月30日 (木)

ミコアイサ、カワセミなど……両ヶ池公園へ

Dscn5291c

 「また、紅葉を見てきたの?」と思われそうですが、残念ながら、紅葉が目Img_4908c_2 的ではありません。実は、両ヶ池公園へ行ってきました。去年も今頃、ミコアイサを見に行っています(2016/11/29:ミコアイサ、ノスリ、アオサギ……いなべ市両ヶ池へ【写真を訂正(11/30)】)が、今年もそろそろと思って行ってきた次第です。
Img_4797c まずは、そのミコアイサですが、いてくれました。下池の方に、です。オスはImg_4824c 1羽、メスが7羽と見えました(ただし、右の写真にはメスは6羽しか写っていません)。オスは、まだエクリプスの状態のようで、「パンダ顔」ははっきりしていません。150m以上の距離がありますので、小生のカメラでは、トリミングしてもこれくらいの写真にしかなりません。去年は、三ツ又池公園にも来ていましたので、そちらもまた見てこなくてはなりません。
Img_4858c そして、想定外でしたが、カワセミもゲット。下池でも飛んでいくのが見えましたが、この写真は、上池の方で撮影。30mくらい先でした。湖畔の石の上に降りたところ。オスのカワセミ君。このあと、林の中へ異動していきました。
Img_4916c こちらは、イカルチドリと思います。アイリングはあるものの、あまり鮮明でないこと、嘴がコチドリより長い感じで、しかも先端が細くなっているからです。イカルチドリらしき姿は、上池・下池ともにあちこちに見られました。この写真は、上池の方で撮影。
Dscn5270c その両ヶ池、上池・下池とも水量がかなり少なくなっていました(左は上Dscn5277c 池、右は下池)。散歩中の方に伺ったところ、最近ずっとこういう状態だそうです。しかし、最近、カモの数は増えてきたとおっしゃっていました。今日は、両方の池の周囲をそれぞれ一周してきました(ほぼ3㎞)。
Img_4735c 上池の方、サギは、アオサギ3羽ほどと、ダイサギ1羽。アオサギは、離れて、Img_4744c点在。アオサギは群れません。ミルクロードに近いあたりにはダイサギがいました。ダイサギは、このあと異動して、餌探しを始めています。
Img_4728c 上池にもっともたくさんいたのは、コガモ。オスも、かなりオスらしくなってImg_4884c きています。石の上で休んでいるものがいたり、浅瀬にまで行って、餌をとっているものがいたりとさまざま。他に、ハシビロガモがいるのも確認できました(右)。
Img_4880c 一周してきたところでは、カイツブリがいるのも発見。上池の方にいたカモは30~40羽ほどでした。去年は、マガモや、オオバンなども含め、もっとたくさんいましたが、これだけ水が少ないと、カモたちも棲みにくいように思います。
Img_4758c こちらは、下池の様子。カモは100羽以上、カルガモも30~40羽くらい。他Img_4764c にミコアイサ、アオサギ、カイツブリ、シギの仲間などがいました。カモは、キンクロハジロが最も多く、他には、ホシハジロが多く、ハシビロガモやコガモもいました。
Img_4766c こちらもアオサギは3羽。やはり、あちこちに離れています。が、それぞれ、カワウの近くだったり、カルガモの側にいたりと、他の種類の鳥は近くにいても平気なようです。
Img_4776c 遠目には、ユリカモメか何かと思えました。かなり距離がありますし、全体が白っぽく写っていて、何か今ひとつよく分かりません。シギのように見えるのですが、シギの多くは、旅鳥。こんなに寒くなってから、こんなところにいるものか? などと動きがぎこちなくなったアタマを働かせていますが、写真も不鮮明ですし、分かりません。
Img_4770c
 歩いている途中、飛び立った鳥がいましたので、取り敢えず何枚か撮Img_4772c 影。現地で肉眼で見たときは、チドリか何かと思ったのですが、こうやってみると、?マーク(苦笑)。ヒバリの後ろ姿とは違います(こちら参照)。いやぁ、こうしてみると(そうでなくても、ですが)、まだまだ修行が足りません。
Img_4816c 下池の東では、アオサギが飛ぶところを捉えられました。両ヶ池の周りでは、以前、ジョウビタキ、ベニマシコその他を見ました。今日も、小型の野鳥を見かけたものの、はっきりとは確認できず、写真にも収められませんでした。
Dscn5267c ところで、両ヶ池に行く前に、いなべ市大安町内のとあるところで、田んぼに寄り道。2年ほど前に、ここでタゲリが目撃されたことがあったのを思い出して、「ひょっとしたら……」と淡い期待を抱いて、です。が、期待は裏切られるためにありました(苦笑)。
Img_4717c タゲリの代わりに、ケリが数羽。はじめは気づかず、驚かせてしまいましImg_4724c た。ケリは、春の繁殖期以来(桑名市長島町の田んぼや、某駐車場で見て以来)。
Img_4725c 他は、ホオジロと思います(左の写真)。数羽。そして、ハクセキレイ、セグロセキレイの姿がありました。
Dscn5299c 冒頭の写真とこの写真、両ヶ池公園の上池の北側で撮Dscn5302c りました。散策路があるのですが、最近は清掃や整備がされていないようです。西側には、東屋や板敷きの遊歩道もあるのですが、こちらも放置されたまま。野鳥観察を始め、自然観察には好適なところと思います。もう一度整備してもらうとありがたいところ。

| |

« 雨に降られ、鳥もおらず(涙) | トップページ | 淡々と飽きもせず、平凡な散歩 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、こんにちは。

去年も今頃確認に行ったので、それを思い出して行ってきました。
が、あの水の少なさには驚きました。
鳥の数も、激減でしたが、ミコアイサがいてくれてよかったです。
一眼デジカメの超望遠レンズはとても手が出ませんので、超望遠コンデジでもと思ってしまいます(微笑)。

今度はまた、三ツ又池も確認してきます。

投稿: mamekichi | 2017年12月 1日 (金) 12時19分

pnさん、こんにちは。
いつもありがとうございます。

シギ、「アオアシシギと思われる」と書きかけたものの、「この時期にシギ?」と考え込んでしまっていました。
「九州などでは越冬することもある」という記述もありましたが、判別は、難しいですね。

?マーク、タシギとは思いもよりませんでした。
何年も前に一瞬だけ、市内の水田で見たことがあったのみです。

両ヶ池公園は、池が大きいので写真は難しいのですが、鳥見には楽しいところです。
ただし、鈴鹿おろしの風がきついので、お気をつけください。

投稿: mamekichi | 2017年12月 1日 (金) 12時17分

mamekichiさん、こんばんは!

両ケ池にミコアイサ到着ですね、そろそろだとは思っておりましたが、ちょっと行ってくるかという距離では無かったので、行けず仕舞いでした、そしてカワセミやシギの仲間など野鳥も多く、絶好の撮影スポットになっておりますね、広い所なので、超望遠レンズが無いと中々綺麗に撮影出来ないところですが、また近々行ってみたいです。そしてそろそろ琵琶湖にも行かねばと思いつつ、今週末も別の所へお出掛けとなりそうで残念です。(結局どこに行っても楽しんでおりますけどね(笑))

投稿: ひらい | 2017年11月30日 (木) 21時16分

mamekichiさん、こんばんは。

いつもの予想になりますが、
シギはアオアシシギ、?マークはタシギだと思います。
広くて写真は難しそうですが、種類がたくさんいて
楽しそうですね!

旅鳥のはずのシギが越冬することもあるようです。

投稿: pn | 2017年11月30日 (木) 21時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨に降られ、鳥もおらず(涙) | トップページ | 淡々と飽きもせず、平凡な散歩 »